どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/08/12

バンクーバーで人気のおすすめ観光地&名所20選!

バンクーバーは、アジア人の若者に人気の留学先です。
観光地としても人気があり、市内や郊外には多くの観光スポットやショッピングスポットもあります。

英語圏で比較的治安が良い国としても知られているカナダ。
バンクーバーで定番の観光地から、ローカルおすすめのスポットも紹介します。

Large %e3%82%ab%e3%83%8a%e3%83%80sim

バンクーバー観光の基本情報

カナダ

地名 カナダ
バンクーバー観光の基本情報
時差 -17時間(サマータイム時は-16時間)
フライト時間 直行便で約10時間
言語 英語、フランス語
通貨 カナダドル$1=約79円
ベストシーズン 6月~9月上旬
気候 夏は過ごしやすく、冬は雨が多い

バンクーバーはカナダ第3の都市で、ブリティッシュコロンビア州の最大の都市になります。
都市と自然が融合した街ともいわれており、都市部から少し離れるとカナダらしい自然観光スポットも数多くあります

バンクーバーには語学学校、大学、専門学校なども多くアジアを中心として世界中から多くの留学生を受け入れており、加えて日本人留学生やワーキングホリデービザを利用して現地で働いている若者もたくさんいます。
カナダ国内でも治安は良く、夏場はサマータイムのため夜9時~10時頃まで明るく、逆に冬は雪がほとんど降ることはありませんが、雨が多くなります。

<下に続く>

バンクーバー観光で人気のおすすめスポット20選

カナダ

では、バンクーバーの観光地をみていきましょう。
バンクーバーには、以下の観光地があります。

  1. イングリッシュ・ベイビーチ(English Bay Beach)
  2. スタンレー・パーク( Stanley Park)
  3. バンクーバー水族館(Vancouver Aquarium)
  4. ガスタウン(Gastown)
  5. カナダ・プレイス(Canada Place)
  6. チャイナタウン (Chinatown)
  7. ロブソン・ストリート (Robson Street)
  8. バンクーバー美術館 (Vancouver Art Gallery)
  9. バンクーバー博物館 (Museum of Vancouver)
  10. バンクーバー海洋博物館 (Vancouver Maritime Museum)
  11. バンクーバー展望台(Vancouver Lookout)
  12. グランビル・アイランド(Granville Island)
  13. キャピラノ吊り橋公園(Capilano Suspension Bridge Park)
  14. バンクーバー中央図書館 (Vancouver Public Library, Central Library)
  15. クイーン・エリザベス公園(Queen Elizabeth Park)
  16. ビクトリア(Victoria)
  17. ウィスラー (Whistler)
  18. バンフアッパーホットスプリングス( Banff Upper Hot Springs)
  19. ソルトスプリング島 (Salt Spring Island)
  20. ブリティッシュコロンビア大学(The University of British Columbia)

続いて、バンクーバーの観光地を、それぞれ詳しくみていきます。

バンクーバーの観光地①:スインッシュ・ベイビーチ(English Bay Beach)

バンクーバーにあるイングリッシュベイビーチは、地元民や観光客から大人気の場所です。
ダウンタウンエリアからも近いので、レンタカーを持っていない観光客でも気軽に訪れることができるバンクーバーらしい観光地でもあります

夕日が美しく、昼間は日光浴、散歩など思い思いに過ごしている人が多く、夏場の時期は特に人が増えます。
サイクリングができる場所もあるので、自転車を持っている留学生は、軽い運動にも適した場所で、風もとても気持ち良いです。

イングリッシュ・ベイビーチ English Bay Beach

バンクーバーの観光地②:スタンレー・パーク –( Stanley Park)

スタンレーパークも、バンクーバーの観光において外せない観光スポットのひとつです。
バンクーバーの北側に位置する広い公園で、散歩やサイクリングができるコース、展望スポット、水族館、ガーデン、ミニチュアの鉄道などがあります

とても広い敷地の公園なので、ある程度絞って訪れるのがおすすめです。
ダウンタウンからは徒歩で約20分~25分程度、バスも出ています。

スタンレー・パーク Stanley Park

バンクーバーの観光地③:バンクーバー水族館(Vancouver Aquarium)

バンクーバー水族館は、スタンレーパーク内にあるので、公園と併せての観光や雨の日用の観光スポットとしてもおすすめです
イルカショーなども毎日のように開催されており、ショーの時間については、公式ホームページでチェックできます。

とても可愛らしい海の生き物たちや、迫力あるサメ、小さな魚など様々な生物たちを見ることが可能。
日本の水族館とはまた違った展示方法で、とても興味深いです。

館内には、コーヒーショップやお土産店も併設されており、かわいいお土産もたくさん販売されています。

バンクーバー水族館 Vancouver Aquarium

バンクーバーの観光地④:ガスタウン(Gastown)

バンクーバーのダウンタウン北東にあるガスタウンは、バンクーバーの発祥地といわれています
レンガ造りのレトロな建物が多く立ち並び、カフェ、レストラン、土産店、セレクトショップなどが入っており、観光客にはお土産を買う場所としてもぴったりです。

ガスタウンのシンボルのような存在として、世界中でもここでしか見ることができない蒸気時計は、バンクーバー観光の写真スポットとしてとても有名で、日本の観光ガイドブックなどでも紹介されているので、見たことがあるという人も多いかもしれませんね。

ガスタウン(Gastown)

バンクーバーの観光地⑤:カナダ・プレイス(Canada Place)

海の直ぐ側にあるカナダプレイスは、1986年に開催されたカナダ万博の時に、カナダ政府館として使われたもので、現在はイベント、国際的な会議場として使用されています
夏の時期には大型クルーズ船のターミナルとなっており、タイミングが良ければ、世界中から訪れる大きな船を見ることもできるでしょう。

施設の中にはレストランや、お土産店もあります。
また Fly Over Canadaと呼ばれる、4D映像を駆使したバーチャルでカナダの大自然を体験できる面白いアトラクションもあり、観光客や若者に人気です。

カナダ・プレイス Canada Place

バンクーバーの観光地⑥:チャイナタウン (Chinatown)

バンクーバーのタウンタウンにあるチャイナタウンは、中国系の様々なお店があり、雰囲気はまさに中国のよう
北米でも2番めに大きいチャイナタウンは、中華料理店、中国製品を扱う雑貨店、お土産店、スーパーマーケットなど揃っています。

中華門、中国式庭園、博物館など観光スポット的な要素も兼ねています。
カナダの大手スーパーマーケットよりも安い値段で野菜など購入できるお店もあるので、ワーキングホリデーなど長期留学生にもおすすめのスポットです。

チャイナタウン Chinatown

バンクーバーの観光地⑦:ロブソン・ストリート (Robson Street)

ロブソンストリートは、バンクーバーのタウンタウンエリア内でも昼夜賑わっている通りのひとつです
カナダで人気のアパレルブランドのルルレモン、ルーツなどもあります。

雑貨店、お土産店、レストラン、カフェなどショッピングやグルメにもおすすめの通りのため、観光客や地元の若者にも大人気の場所となっています。

ロブソン・ストリート Robson Street

バンクーバー美術館には、カナダ国内にゆかりのある美術作品を中心に展示、保存されています
特別展や、おしゃれなアート作品なども展示されているので、美術館好きにはもちろん、若者にもぴったりの室内の観光スポットです。

カフェやお土産店もあり、この場所は入場券を持っていなくても入ることができるので、ティータイムにもいいですね。
シティーセンター駅から徒歩約3分と非常に近く、徒歩圏内に飲食店、デパート、アパレルショップなどの買い物スポットもあります。

バンクーバー美術館 Vancouver Art Gallery

バンクーバーの観光地⑨:バンクーバー博物館 (Museum of Vancouver)

バンクーバー博物館はMOVとも呼ばれており、バニアパーク内にあります。
あまり博物館に見えない外観が印象的で、バンクーバーやカナダの歴史などについて学ぶことができるので、初めてカナダを訪れる観光客にもおすすめです

またプラネタリウムや宇宙について体験できる面白いスポットも兼ね備えているため、子ども連れでも楽しめることでしょう。

バンクーバー博物館 Museum of Vancouver

バンクーバーの観光地⑩:バンクーバー海洋博物館 (Vancouver Maritime Museum)

バンクーバー海洋博物館は、バンクーバー博物館から徒歩圏内に位置しているので、同じ日の観光が便利です
船の模型やブリティッシュコロンビア州航海の歴史展示、船員の制服など見ることができ、一般的な博物館とはまた異なった内容でとても興味深い内容になっています。

外にも展示作品があり、周辺は緑豊かな公園なので、晴れている日には、観光がてら散歩してみるのもとても気持ち良いです。

バンクーバー海洋博物館 Vancouver Maritime Museum

バンクーバーの観光地⑪:バンクーバー展望台(Vancouver Lookout)

バンクーバーの展望台は、ハーバーセンターというビルの最上階にあります。
高さ約186メートルある展望台は、世界的に見るとそこまで高くはありませんが、展望台からはバンクーバーの街並みが360度どの角度からも一望でき、昼間は観光客や子ども連れ、夜はカップルにも人気の観光スポットとして有名です。

特に夜は、周辺のビルや建物がライトアップされているので、より美しいバンクーバーの街を楽しむことができます
またチケットは同じ日なら営業終了時間まで有効となっているため、時間が余ったときや、近くのホテルに滞在している観光客は、昼間と夜など2回入場することも可能です。

バンクーバー展望台 Vancouver Lookout

バンクーバーの観光地⑫:グランビル・アイランド(Granville Island)

グラウンビルアイランドには、マーケット、カフェ、レストラン、ギフトショップ、アートギャラリーなどが集まったエリアです
バンクーバーのダウンタウンからは、船またはバスで行くことができ、地元民や観光客で年間を通して活気があります。

ほとんどのお店が室内にあるので、雨の日や天候が悪くなりそうなときでも心配なく訪れることができ、お土産を買う場所にもおすすめです。
マーケットでは季節やそのときのタイミングによって、販売されているものは多少異なりますが、季節のフルーツや食材、焼き立てベーカリーや、大人の観光客におすすめのビールの醸造所もあります。

また食べ歩きにもぴったりなスイーツを取り扱っているお店もあり、グルメ好きなら是非訪れたいバンクーバーの観光スポットです。

グランビル・アイランド Granville Island

バンクーバーの観光地⑬:キャピラノ吊り橋公園(Capilano Suspension Bridge Park)

キャピラノ吊り橋公園は、カナダ国内でも有名な観光スポットで、世界中から多くの観光客が訪れます
バンクーバーの郊外にあり、目玉は全長137メートル、高さ70メートルある吊橋です。

絶景スポットでもあり、とても自然の空気が気持ち良い観光地なので、夏のシーズンには最も多くの観光客が集まります。
その他にも様々なアクティビティが用意されており、バンクーバーのダウンタウンから無料の送迎バスが出ているので、交通費も節約できますね!

キャピラノ吊り橋公園 Capilano Suspension Bridge Park

バンクーバーの観光地⑭:バンクーバー中央図書館 (Vancouver Public Library, Central Library)

バンクーバー中央図書館は、本が好きな観光客や、留学生におすすめのスポットです
図書館の館内は大学図書館のように広く、130万点以上の蔵書を保存、貸し出ししています。

放課後には熱心に勉強している学生もたくさんおり、長期滞在者なら無料で本などを借りることができるカードを作ることも可能。
頻繁に通っているという留学生も多く、英語に関する勉強本や日本の漫画や雑誌も揃っています。

バンクーバー中央図書館 Vancouver Public Library, Central Library

バンクーバーの観光地⑮:クイーン・エリザベス公園(Queen Elizabeth Park)

クイーンエリザベス公園は、バンクーバー内でも春先に桜がとても綺麗に咲く公園として、地元民から長く愛されています
カナダには花見をする習慣はありませんが、日本人と同じように桜の木の下で写真を撮るのが定番となっており、春にバンクーバーへ訪れるなら、是非立ち寄ってみたい観光名所のひとつです。

公園内には植物園があり、小鳥たちが自由に飛び回っていたり、年間を通して様々な植物を観察することもでき、イベント等も多く開催されています。

クイーン・エリザベス公園 Queen Elizabeth Park

バンクーバーの観光地⑯:ビクトリア(Victoria)

ビクトリア島へは、バンクーバーから船や水上飛行機などで訪れることができます。
花の都とも呼ばれており、春~夏にかけては年間で最も観光に適したシーズンです

島はコンパクトですが、歴史的観光地や飲食店も多くあり、近年は留学生が多いバンクーバーやトロントを避けてビクトリアへ留学する留学生もいます。
島のためアクセスは水上飛行機や船となっており、水上飛行機だと約30分~40分、船の場合はバンクーバー市内からの移動時間も含めて約2時間~2時間半で着きます。

水上飛行機からの景色はとても良く、時間が短縮できるため、日帰りでの観光もできます。
逆にじっくりと観光したいという人には泊まりがおすすめで、ダウンタウンエリアなら徒歩での観光が可能となっています。

ビクトリア Victoria

バンクーバーの観光地⑰:ウィスラー (Whistler)

冬のスキーリゾート地として有名なウィスラーは、バンクーバーから約2時間前後で着くため、週末の観光旅行としてもぴったりです
夏の時期には、ハイキング、乗馬など冬場以外でも種類豊富なアクティビティがあり、それぞれにあった観光の仕方が可能となっています。

人気観光地なので、バスやツアーも多くあり、現地ツアーや英語が心配という人には日本からのパッケージツアーもおすすめです。
山の麓には、観光客用のホテルや飲食店、お土産店が200以上あるため、アクティビティを楽しんだ後にもグルメやショッピングを満喫することができます。

ウィスラー Whistler

バンクーバーの観光地⑱:バンフアッパーホットスプリングス( Banff Upper Hot Springs)

バンフの中心部から少し離れた、バンフアッパーホットスプリングスはカナダ人や観光客にも人気の温泉施設です
大自然のカナディアンロッキーを眺めながら、温泉に入ることができる観光スポットで、男女混浴のため水着を着用する必要があります。

子どもから大人まで一緒に楽しむことができるので、様々な国籍や年代の人がおり、女性にはマッサージなどの有料オプションも人気となっています。

バンフアッパーホットスプリングス Banff Upper Hot Springs

バンクーバーの観光地⑲:ソルトスプリング島 (Salt Spring Island)

バンクーバーから船で約1時間半で着くソルトスプリングス島には、美しいビーチ、湖、ワイナリー、ハイキングなど、都会のバンクーバーとは異なる自然的観光スポットがたくさん!
春~秋の時期にかけては土曜日にマーケットも開催されており、地元民や観光客で賑わっています。

島の観光スポットとしてラベンダー畑が有名で、毎年7月頃にピークを迎えます。
バンクーバーからも近いので、日帰りで観光することも可能ですが、観光客用の宿泊施設もあるため、時間に余裕がある人は島で1泊するのもいいですね。

ソルトスプリング島 Salt Spring Island

バンクーバーの観光地⑳:ブリティッシュコロンビア大学(The University of British Columbia)

バンクーバー郊外にあるブリティッシュコロンビア大学は、カナダ国内の名門大学として知られています。
とても広いキャンパスには図書館、博物館、庭園などあり、世界中から集まる4万人以上の学生が学んでいます。

観光客はすべての建物内を見学することはできませんが、博物館やキャンパス内を散歩することができるので、海外の大学に興味がある人におすすめの観光スポットです

ブリティッシュコロンビア大学 The University of British Columbia
<下に続く>

バンクーバーで人気のおすすめ観光地&名所20選!のまとめ

カナダ

カナダはとても広い国なので、地域ごとに特徴や気温も大きく異なります。
中でもバンクーバーは、日本人に人気があり、都会と自然の両方を満喫できる観光地です。

観光日数に余裕がある人や長期滞在者には、複数都市観光もおすすめで、夏のカナダはとても過ごしやすいので、夏休みの旅行先や留学先としてもいいですね。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line