どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/08/21

イエローナイフで人気のおすすめ観光地&名所5選!オーロラ以外も紹介!

カナダのイエローナイフという都市はご存知でしょうか?
カナダといえばオリンピックの舞台になったバンクーバーやシドニーが有名ですよね。

イエローナイフはカナダの中では少しマイナーな都市ですが、オーロラが見れることで有名です。
この記事では、そんなイエローナイフについて記載します。

Large aurora 1197753 640  1

イエローナイフ観光の基本情報

スーツケースを持った観光客

まずはイエローナイフの基本情報から確認しましょう。

イエローナイフ観光の基本情報
時差 -15時間
フライト時間 約15時間
言語 英語
通貨 カナダドル(CAD) (1.25カナダドル=100円)
ベストシーズン 11月~4月、8月~9月
気候 年間を通して気温が低く、夏でも最高気温は22度程度で過ごしやすい。冬はマイナス20度くらいまで冷え込むため、防寒対策が必須。

イエローナイフは、カナダの北極地方にある都市。
オーロラが見られる都市としてとても有名で、観光客のほとんどのお目当てがオーロラ観光です。

北極地方にあるため、夏でも最高気温が20度ほどとかなり涼しい都市。
逆に冬は、最高でもマイナス20度、最低マイナス30度ほどまで冷え込みます。

そのため、寒さが苦手な人は、夏にイエローナイフ観光に行くようにしましょう。
オーロラといえば冬のイメージかとは思いますが、実はイエローナイフでは夏でもオーロラを見れます。

イエローナイフは街がとても小さく、観光地は少なめですが、その分自然と戯れて遊ぶことができますよ。

<下に続く>

イエローナイフ観光ではオーロラ鑑賞は欠かせない!

イエローナイフのオーロラ

イエローナイフ観光に来たら絶対に外せないアクティビティがオーロラ鑑賞。
オーロラ鑑賞をしなければ、いったい何をしにイエローナイフに来たのかと言われてしまいますよ。

イエローナイフは、オーロラが発生しやすいオーロラベルトという場所の下に位置しています。
そのため、世界的に見てもオーロラの観測率が非常に高いです。

なんとその観測率は、3日間の滞在で95%もあります。
ほとんどの観光客がイエローナイフに2~3泊滞在し、オーロラを観測して帰っていきます。

とはいっても、オーロラにもレベルがあり、よく写真で見るような明るい緑やピンク色が必ずしも出るわけではありません。
オーロラの光りはじめは白っぽく、この白っぽい光もオーロラ観測率にカウントされます。

しかしながら、それはどのオーロラ観測値でも言えること。
イエローナイフが綺麗な光の強いオーロラ観測ができる可能性が高いのは間違いないです。

<下に続く>

イエローナイフ観光で人気のおすすめスポット5選

赤いスーツケース

ここまではイエローナイフのオーロラ観光について記載しました。
次にオーロラ以外のイエローナイフの観光スポットをご紹介します。

  1. プリンスオブウェールズ博物館
  2. ノーザンフロンティアビジターセンター
  3. グレートスレーブ湖
  4. Bullocks Bistro
  5. スシノース

プリンスオブウェールズ博物館

プリンスオブウェールズ博物館は、イエローナイフの人気観光地の1つ。
小さな街にある博物館ではありますが、意外と見ごたえたっぷりだったと評判の観光地となっています。

中はイエローナイフに生息していた動物のはく製や、原住民の暮らしなどが展示されています。
かなりリアリティのあるはく製で、迫力満点ですよ。

室内の観光地なので、冬のイエローナイフ観光の時は、寒さに凍える必要がなく助かりますね。
更に無料で入場できるということで、観光客には嬉しいポイントです。

プリンスオブウェールズ博物館

ノーザンフロンティアビジターセンター

ノーザンフロンティアビジターセンターは、イエローナイフのいわゆる観光案内所です。
イエローナイフに来たらまずは訪れておきたい場所ですね。

観光案内所なので、もちろんイエローナイフの観光について聞いてもok。
また、お土産も販売されているので、少しお買い物も楽しめますよ。

更に無料で、イエローナイフのピンバッジをもらえます。
また、有料にはなりますが、北緯60度に来た記念の証明書も発行してくれますよ。

ノーザンフロンティアビジターセンター

グレートスレーブ湖

グレートスレーブ湖は、特にイエローナイフの冬の観光におすすめの場所。
湖ではありますが、冬はカチコチに凍って、「アイスロード」という氷の道になります。

冬のみ現れるこの氷の道は、車も通れるほどの広さと氷の強度。
なんとこのグレートスレープ湖は、世界第十位になる、とても巨大な湖です。

夏の時期はグレートスレイブ湖のボートクルーズが観光客に人気。
秋は湖から美しい紅葉を楽しめますよ。

イエローナイフの日中の観光にとてもおすすめの場所です。

グレートスレーブ湖

Bullocks Bistro

Bullocks Bistro(ブロックス ビストロ)は、イエローナイフで観光客にとても人気のレストラン。
予約をしていないとなかなか入れないほどの、イエローナイフでは名物になっているレストランです。

Bullocks Bistroでは、イエローナイフにある、観光地にもなっているグレートスレイブ湖でとれた魚を使用した料理や、カナダらしい野生動物のステーキ等をいただけます。
決して安いとは言えないお値段ですが、ボリュームたっぷりなので、観光気分で行ってみてはいかがでしょうか。

スシノース

スシノースは、イエローナイフにあるお寿司やさん。
地元民、観光客問わず人気のお店となっています。

イエローナイフに来てまでお寿司?と思うかもしれませんが、日本の味が恋しくなってきたときにぴったりですよ。
また、北極イワナという現地ならではのお魚をネタにしたお寿司もあるので、行く価値ありです。

イエローナイフ市内の中心にあるので、街を観光したついでに行きやすい場所です。

スシノース
<下に続く>

イエローナイフ観光は夏でも楽しめる!

草むらにある鞄

イエローナイフといえばオーロラ、オーロラといえば冬。
そんなイメージを持ってしまっていませんか?

イエローナイフでは夏でもオーロラを見れるとして有名です。
そのため、夏でも問題なくイエローナイフ観光を楽しめます。

さらに、夏の日中は寒すぎずとても快適な気温。
オーロラ鑑賞の夜は冷え込みますが、冬と比べるとかなりマシです。

イエローナイフは小さな街ではありますが、せっかく来たらやはりブラブラと街歩きをしたいもの。
しかしながら冬のイエローナイフは、日中でもあまりの寒さで、ゆっくり街歩きなんてしてられません。

そのため、意外と夏の方が観光しやすくて良いかもしれませんよ。
更に、夏はオーロラを見られないと思いこんでいる観光客が多いため、人が少なく、比較的予約が取りやすくなります。

<下に続く>

イエローナイフはオーロラ以外も観光しよう!

歩く女性

イエローナイフといえばやはりオーロラ観光が注目されます。
その観測率は素晴らしく、オーロラを見たいという観光客は、イエローナイフに行くのが一番でしょう。

しかしながらイエローナイフにはオーロラ観光以外にも、博物館や氷の道などの観光地もあります。
イエローナイフに来たら、オーロラ観光はもちろんですが、他のものもぜひ見てくださいね。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line