どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/01/04

ミャンマーの首都ネピドーおすすめ観光地7選!行き方や治安、ホテル

東南アジアの秘境と言われるミャンマーの中でも、首都ネピドーは特に未開拓なエリアです。
ミャンマーといえばヤンゴン、というイメージが強いですが、独特な文化を持つネピドーも観光にいく価値が十分にあります。

旅行者にとっては、まだあまり知られていない土地だからこそ、訪問のしがいがあると言えるはずです。
穴場スポットであるネピドーをいかにして楽しむか、一緒に確認していきましょう!

Large flag 2526576 1920  1
目次

ネピドーが首都のミャンマーってどんな国?

ミャンマーってどんな国

東南アジアに位置する発展途上国のミャンマー。
人口約5100万人、国土面積が日本の約1.8倍であるミャンマーは、年間を通して温暖な気候である過ごしやすい国です。

多民族国家として知られており、全体の70%を占めるビルマ族の他にも、多くの少数民族が生活しています。
ミャンマーの90%の人々は仏教を信仰しており、観光客にも人気の「パゴダ」と呼ばれる建造物は、ミャンマー語で仏塔の意味。

また、最近では期間限定で日本人がノービザで入国できるようになったりと、ミャンマーと日本の結びつきも強くなっています。
日本製品の輸入が盛んであることも知られ、街に出ると日本メーカーの会社ロゴを多く目にすることに。

これまでは、東南アジア最後の秘境と言われるほどに外交がない謎めいた国で、経済成長も停滞気味でした。
しかし最近では、日本を含めた海外との交流も盛んになり、生活水準も高まりつつあります。

これからの成長が期待される国です。

ミャンマーが期間限定でビザ不要に!免除措置の条件や変更点は?【ビザの前に】ミャンマーってどんなところ? 東南アジアに位置する発展途上国のミャンマーは、こ...

<下に続く>

どうしてヤンゴンからネピドーに首都を移したの?

ヤンゴンからネピドーへ

ミャンマーの首都が今でもヤンゴンであると勘違いしている人は多いですね。
日本からミャンマーへの直行便がヤンゴン空港に到着することもあり、確かに「ミャンマーといえばヤンゴン」という印象は強め。

しかし、ヤンゴンがミャンマーの首都であったのは2006年までの話であり、現在はネピドーを首都として構えています。
そして、首都をヤンゴンからネピドーへと移した理由には諸説あり。

ネピドーが海近くに位置しているのに対し、ヤンゴンは内陸であったため、敵国からの侵攻を受けにくくなるという軍事的理由が有力になっています。
ヤンゴンの軍事的状況も垣間見える移転理由ですね。

<下に続く>

新しい首都!ネピドーってどんな街?

ネピドーの人口は2017年時点で120万人ほどです。
一方のヤンゴンは740万人となっており、ミャンマー最大の都市は、イメージ通りネピドーではなくヤンゴンといえます。

ヤンゴンの人口密度の高さを考慮して、7000平方キロメートルの広さを誇るネピドーへと首都機能を移行しようと考えたのです。
この広さと人口の少なさゆえに、現在のネピドーは主に過疎エリアとして注目されています。

賑やかなヤンゴンと打って変わって、ネピドーは人通りが少なく静かな街。
今のネピドーをゴーストタウンと形容する人も少なくありません。

この状況を単に「不気味な街」ととるか、「レアな観光場所」として捉えるかは、旅行者次第ですね。

ネピドーの天気は、ミャンマーのその他の都市と同じく、1年中最高気温30度近くが続く常夏となっています。
どの時期に旅行しに行くとしても、真夏の服装の用意が必要です。

現在はネピドーを商業エリアにしようと政策が進められているので、珍しい過疎的な雰囲気を味わいたければ、なるべく早めにネピドーを訪れることをおすすめします。

<下に続く>

ネピドーの治安は?英語は通じる?

ネピドー 治安

日本と比べた場合、ミャンマー全土の治安はそこまで良いとは言えません。
しかし治安状況を加味し、政府が外国人立ち入り禁止区域を設置しているため、通常の観光旅行をしている最中で危険に遭遇することはまずないと言えます。

また、国際化があまり進んでいないミャンマー全土において、それほど流暢に英語を話せる現地人はいません。
英語を使って簡単な意思疎通を行うことはできますが、近隣のマレーシアなどと比べると、英語力の水準は間違いなく低いです。

宿や公共施設では、レベルの高い英語をしゃべれるスタッフも常駐していることが多く、日常生活でそこまで不便することはないはず。

ミャンマーで英語は通じる?言語、公用語は?挨拶や会話で使える言葉、単語20選ミャンマーの言語、公用語は何?? ミャンマーの言語はミャンマー語です。ビルマ語とも呼ばれてい...

<下に続く>

ネピドーへの行き方は?直行便はある?

ネピドーへの行き方について、陸路と空路の両方を確認していきましょう。
2018年10月から2019年9月末まで、日本人はミャンマーへビザなしで入国できるようになっています。

陸路で移動

陸路の場合、日本人旅行者は、タイの指定された国境地点からミャンマーへの入国が認められています。
政府から定められているタイからミャンマーへの陸路入国地点は、Tachileik、Mayawaddy、Kawthaung、Hteekeeの4つ。

この地点からは、ビザなしでの入国が可能になっています。
タイ以外にもいくつかの国と隣接しているミャンマーですが、陸路での入国は限られたスポットからしか認められていない点に注意しましょう。

空路で移動

日本からミャンマーへの直行便は、ANA(全日本空輸)から1日1本出ている成田空港〜ヤンゴン空港までの空路のみとなっています。
従って、日本からネピドーに行く際には乗り継ぎ便の利用が必要です。

ヤンゴン空港からはネピドーへの国内線とタイのバンコクからネピドーまでの国際線も運航されているので、日本からの中継地点をタイにするのも一つの手段ですね。
日本人は、ヤンゴン空港・マンダレー空港・ネピドー空港からの入国が、ビザ不要で認められています。

ネピドー国際空港

発展途上国とはいえ、ミャンマーの主要空港は清潔感のある内観となっています。
ヤンゴン空港と同様、ネピドー空港も設備は充実

国内線では、ミャンマー・ナショナル航空、バガン航空、マンダレー航空、アジアン・ウィングズ・エアウェイズ、ゴールデン・ミャンマー・エアラインズが就航しており、ヤンゴン空港とマンダレー空港へと飛ぶことが可能です。

ヤンゴンとネピドーだけでなく、マンダレーにも人気の観光スポットが多数あるので、ぜひネピドー空港の国内線を使って行ってみてください。

国際線ではエアアジアがタイ・バンコクのドンムアン空港へ、バンコクエアウェイズが同じくバンコクのスワンナプーム空港へと就航しています。
ネピドーから、乗り継ぎなしで他国に出ることができるのは嬉しいポイントですね。

<下に続く>

実は色々観光できる!ネピドーのおすすめ観光地7選!

まだ都市機能がそこまで充実していないとはいえ、ネピドーでも観光旅行を楽しむことは十分可能です。
ネピドーのおすすめ観光地は以下の7つになります。

  1. ウッパタサンティ・パゴダ
  2. 軍事博物館
  3. ナショナル・ランドマーク・ガーデン
  4. 国立博物館
  5. ミョマ市場
  6. ネピドー噴水庭園
  7. 宝石博物館

では、それぞれの観光地を順番に見ていきましょう。

ネピドーの観光地①:ウッパタサンティ・パゴダ

ネピドーで最大の仏教寺院が、このウッパタサンティ・パゴダです。
仏塔というと、歴史のある建造物であるイメージが強いですが、ウッパタサンティ・パゴダは2009年に建てられました

このパゴダは、ミャンマーで最も有名な仏塔と言えるシュエダゴン・パゴダの実物大レプリカとして、首都ネピドーに建築されています。
多くの仏塔では入場料が必要になる一方で、このウッパタサンティ・パゴダは無料で立ち入りできるのが嬉しいところです。

ネピドーでも最も有名なパゴダですので、ネピドー滞在中、ぜひ一度は行って見てください。

ウッパタサンティ・パゴダ
住所:Uppatasanti Pagoda, Yaza Htarni Road, Nay Pyi Taw,Myanma
営業時間:5時〜22時
定休日:なし
入場料や利用料:無料
URL:http://myanmartravelinformation.com/where-to-visit-naypyitaw/uppatasanti-pagoda.html

ネピドーの観光地②:軍事博物館

日本と違い、ミャンマーでは今でも軍事的な話題が身近となっています。
首都がヤンゴンからネピドーへと移行したのも軍事的理由とされており、そんなミャンマーの軍事博物館には訪問する価値アリです。

館内展示物では、日本とミャンマーの国交の歴史も記されています。
規模の大きい博物館なので、予定をしっかりおさえてからの訪問がおすすめです。

軍事博物館
住所:Zeyathiri Township, Naypyidaw, Myanmar
営業時間:10:00~16:00
定休日:月曜日
入場料や利用料:無料
URL:http://www.aviationmuseum.eu/Blogvorm/defence-services-museum/

ネピドーの観光地③:ナショナル・ランドマーク・ガーデン

ミャンマーの観光地を一気に訪問したい!という方にオススメなのが、このナショナル・ランドマーク・ガーデンです
館内には、ミャンマーの主要観光地を複製したものがミニチュアサイズで展示されており、ツアーのようにしてミャンマーの主要スポットを見回ることができます。

すでにヤンゴンやマンダレーを訪問した旅行者も、総集編としてこのナショナル・ランドマーク・ガーデンを訪れてみるのもいいかもしれません。
ミャンマーの観光地を短時間で疑似体験できる、オススメの観光スポットです。

ナショナル・ランドマーク・ガーデン
住所:No.257/2, Yangon-Mandalay Union Highway.
Beside the famous Naypyitaw Zoological Garden, Zayar Thiri Township, Naypyitaw, Myanmar

電話番号:(959) 49 207987
営業時間:8:00~17:00
定休日:無休
入場料や利用料:US$10
URL:https://www.lonelyplanet.com/myanmar-burma/nay-pyi-taw/attractions/national-landmark-gardens/a/poi-sig/1544306/1335717

ネピドーの観光地④:国立博物館

ネピドーの国立博物館には、ミャンマー全土から集められた美術品が展示されています。
ミャンマーでは、大多数を占めるビルマ族を含め、多数の民族が暮らしていますが、各民族それぞれの歴史もこの国立博物館で知ることができます。

じっくりと見て回ると、2〜3時間は費やすスケールとなっています。
エリアによっては写真の撮影も許可されているので、ミャンマーの歴史を収めたい方はぜひ訪問してみてください。

国立博物館
住所:Yaza Thingaha Road, Naypyitaw, Myanmar
営業時間:9:00~16:30
定休日:月・祝日
入場料や利用料:5000チャット
URL:https://www.lonelyplanet.com/myanmar-burma/nay-pyi-taw/attractions/national-museum/a/poi-sig/1544209/1335717

ネピドーの観光地⑤:ミョマ市場

せっかくネピドーにきたのであれば、スーパーやコンビニに行くだけでなく、このミョマ市場にも行っておくべきです。
こちらの市場では、食料品だけでなく衣類や日用品等も揃っており、様々な用を足すことができます

何より、ミャンマーならではの商品がズラリと並ぶ市場は、一見の価値ありです。
早朝から活気付いているこのミョマ市場へ、ネピドー滞在中にぜひ行ってみてください!

ミョマ市場
住所:Zabu Thiri Township, Naypyidaw
電話番号:+95 67 420 212
営業時間:6:00~17:00
定休日:なし
入場料や利用料:無料
URL:http://travelnaypyitaw.org/index.php/ar/destinations/shopping/201-myoma-market

ネピドーの観光地⑥:ネピドー噴水庭園

ネピドー滞在中に公園に行きたくなったら、迷わずネピドー噴水庭園に行きましょう。
広大な土地と噴水の組み合わせで、訪問者にとって良き憩いの場になっています。

夜になると噴水にライトアップが施され、ロマンチックな雰囲気が漂います。

ネピドー噴水庭園
住所:Thabyegon Ward, Naypyidaw, Myanmar
Thabyegon Ward, Naypyidaw, Myanmar
電話番号:+95 67 432 326
営業時間:9:00~21:00
定休日:日曜日
入場料や利用料:
URL:https://www.lonelyplanet.com/myanmar-burma/nay-pyi-taw/attractions/water-fountain-garden/a/poi-sig/1369016/1335717

ネピドーの観光地⑦:宝石博物館

宝石王国として知られているミャンマー。
「ヒスイ」と呼ばれる有名な宝石は、世界の9割がミャンマー発祥のものとされています。

そんな宝石王国ミャンマーの首都にある宝石博物館へは、やはり訪問しておくべきでしょう。
高級な宝石から、お土産として購入できるお手軽価格のものまで、商品のラインナップも充実しています。

宝石博物館
住所:Yaza Thingaha Road,Naypyidaw, Myanmar
電話番号:+95 67 414 859
営業時間:9:30~16:00
定休日:月曜、祝日
入場料や利用料:US$5
URL:http://myanmartravelinformation.com/where-to-visit-naypyitaw/the-gem-museum.html

<下に続く>

ネピドーに滞在するなら!おすすめのホテル6選!

ネピドー滞在中のおすすめホテルを紹介していきます。
ネピドーで特におすすめするホテルは以下の6つです。

  1. ケンピンスキー ホテル ネピドー
  2. パークロイヤル ネピドー ホテル
  3. ザ ティンガハ ホテル ネピドー
  4. エメラルド パレス ホテル
  5. ヒルトン ネピドー
  6. ベガス ホテル ネピドー

続いて、それぞれのホテルを詳しくみていきます。

ホテル名①:ケンピンスキー ホテル ネピドー

ケンピンスキー ホテル ネピドーは、清潔感とミャンマー独特の雰囲気を併せ持った高級ホテルです。

プールも併設されており、ホテルでの贅沢な生活を望む方にはおすすめ。
市内へのアクセスも便利です。

ケンピンスキー ホテル ネピドー
住所:Kempinski Hotel Nay Pyi Taw, Shwe Pyi Taw Win Road, Nay Pyi Taw,Myanma
電話番号:+95 67 8106061
営業時間:チェックイン 14:00~/チェックアウト ~12:00
定休日:無休
URL:https://www.kempinski.com/en/nay-pyi-taw/kempinski-hotel-nay-pyi-taw/

ホテル名②:パークロイヤル ネピドー ホテル

高級ホテルチェーンのパークロイヤルも、ネピドーに出店されています。
市内中心部まで約7.5キロの距離であり、アクセスも抜群です。

朝食には日本食も含めたビュッフェが提供されます。

パークロイヤル ネピドー ホテル
住所:Jade Villa No. 13/14, Hotel Zone, Dekhina Thiri Tsp, Nay Pyi Taw, Myanmar
電話番号:+95 67 810 6088
営業時間:チェックイン 14:00~/チェックアウト ~12:00
定休日:無休
URL:https://www.panpacific.com/en/hotels-and-resorts/pr-nay-pyi-taw.html

ホテル名③:ザ ティンガハ ホテル ネピドー

ザ ティンガハ ホテル ネピドーは、5つ星でありながらも、コストパフォーマンスが高いホテルです。
最安で、1泊約6000円からの予約が可能になっています。

空港や市内中心部へのアクセスもよく、コスパ良く快適な滞在をしたしたい方に嬉しい場所です。

ザ ティンガハ ホテル ネピドー
住所:No.3, Yaza Thingaha Road , Dat Khi Na Thiri Township, Nay Pyi Taw, Myanmar
電話番号:+95 67 3414 123
営業時間:チェックイン 14:00~/チェックアウト ~12:00
定休日:無休
URL:https://www.edenhotelsandresorts.com/index.php/hotels-resorts/thingaha-nay-pyi-taw

ホテル名④:エメラルド パレス ホテル

https://www.instagram.com/p/Brb2dB3lyn3/

エメラルドパレスホテルでは、高級感を味わいながらも、アットホームな雰囲気に浸ることができます。
市内の主要観光スポットまでは約1キロメートルとなっており、アクセスの良さもピカイチです。

エメラルド パレス ホテル
住所:Yarza Thingaha Road,Nay Pyi Taw, Myanmar
電話番号: + 95 6741 9321
営業時間:チェックイン 14:00~/チェックアウト ~12:00
定休日:無休
URL:http://www.emeraldpalace.com/

ホテル名⑤:ヒルトン ネピドー

高級ホテルチェーンとして有名なヒルトン。
ヒルトン ネピドーも、充実した設備に定評のある快適なホテルになっています。

おしゃれな内観の中で、贅沢な宿泊体験が可能です。

ヒルトン ネピドー
住所:No. JV-001 Taw Win Thiri Road, National Guest House Zone, Dekhina Thiri Township,Nay Pyi Taw, Myanmar
電話番号:+95 67 8105001
営業時間:チェックイン 15:00~/チェックアウト ~12:00
定休日:無休
URL:https://hiltonhotels.jp/hotel/nay-pyi-taw/hilton-nay-pyi-taw

ホテル名⑥:ベガス ホテル ネピドー

一流ホテルながら、安価で滞在できるベガス ホテル ネピドー。
2人部屋を2000円台からで宿泊可能です。

ネピドーのホテルでは最安クラスとなっており、経費を抑えたい旅行者におすすめ。

ベガス ホテル ネピドー
住所:DC 001 Dekkhina Thiri Township, Nay Pyi Taw, Myanmar
電話番号:+95 67 342 2778
営業時間:チェックイン 14:00~/チェックアウト ~12:00
定休日:無休
URL:https://www.facebook.com/vegashotelnaypyitaw/

<下に続く>

ネピドーにショッピングモールやレストランはある?

観光地として旅行客の受け入れを進めているネピドーには、いくつか有名なショッピングモールとレストランがあります。
観光客が楽しめる娯楽施設が充実しているのは、主にネピドー空港の近場で、旅客用の宿が集まっているホテルゾーンと呼ばれる区域です。

このホテルゾーンには、ジャンクションセンターと呼ばれるショッピングモールが立地しています。
飲食・洋服・映画館等の娯楽設備が軒並み揃っている、ネピドーへの観光客は必ずいくべきスポットです。

レストランが充実しているのも、同じくこのホテルゾーンとなります。
大都市ヤンゴンに比べると、まだまだ店舗数は少ないですが、観光の合間に立ち寄る分には十分な数でしょう。

今後、観光客の増加につれて、さらにサービス施設は拡大していくと思われます。

<下に続く>

秘境の地・ネピドーで観光しよう!

秘境の地・ネピドー

日本人がノービザで入国できるようになったことで、今後ミャンマーへの観光客は増え続けていくと予想されます。
秘境の地であるネピドーも、新たに開拓されていくことでしょう。

今の過疎状態を経験できるのは貴重なことです。
ぜひ、まだベールに包まれているネピドーへと足を踏み入れてみてください!

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by
国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です! 毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!
関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line