どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/11/28

スリランカ在住者がおすすめする人気観光地28選!

近年人気観光地として注目を集めている「スリランカ」
スパイスが効いた美味しい料理、自然豊かな観光地、ますます発展していく都市など、スリランカは1度訪れたら何度も行きたくなる魅力で溢れています。

今回は、そんなスリランカの魅力をスリランカ在住のmichiさん、そしてスリランカの虜になっているAkikoさんにお聞きしました!
スリランカ旅行に行く予定の方や検討している人は必見です!

Large mariana proenca 1384236 unsplash  1
本記事のコメンテーター

【観光の前に】スリランカの基本情報を紹介!

スリランカ

スリランカには語りつくせないほどの魅力で溢れています。
日本と同じ島国の「スリランカ」は近年、人気観光地として成長してる注目の観光地です。

「世界遺産」をはじめ、「数あるブッダの聖域」や「日本でも人気なセイロンティー」、「美味しいカレー」、「動物達と触れ合えるサファリツアー」などといった見所が満載。

そんな魅力溢れるスリランカですが、何がいちばんの魅力なのでしょうか?
そこで、スリランカをよくご存知のおふたりにお聞きしてみました!

Q. 在住者だからこそわかるスリランカ観光の魅力とは?

A.日本では体験できない大自然と仏教文化を味わって!

michiさんのコメント
日本とは全然違う自然があり、ナチュラルな動物たちと運がよければ出逢えたりもします。
Colomboのシティがあると思えば南に行けば海があり、中心に向かえば森しかありません。

仏教徒のスリランカ人と触れ合うのもおすすめします!
スリランカでは、POYA DAYと言って満月の日は、毎月祝日になり、全身白い服を着てお寺にお参りに行きます。
POYA dayにお寺に行くのもイチオシです!

A.小さい国土に魅力がギュッと凝縮されてる!
Akikoさんのコメント
小さな国土ながら海辺や低地は年間を通して暖かい一方、高地は涼しく常春のような気温を一度に味わうことができます。
ポルトガル、オランダ、イギリスの植民地の名残を感じることも。

お店や家庭ごとに味の違うスリランカカレーは、日本人の味覚に合うものが多いです。
近年注目のアーユルヴェーダで、心身のケアもできてしまう。
多くの自然や世界遺産を堪能するだけでなく、物価が安いので五つ星ホテルやカジノを楽しむことも。

とにかく魅力に溢れている国。
"Sri Lanka"、"聖なる光り輝く島"を意味する、魅力たっぷりな国へ1度は訪れてみて。

【スリランカ観光の前に】スリランカで起きたテロ事件について…

null

2019年4月21日にスリランカ最大の都市「コロンボ」を含む3都市、計8カ所で起こった自爆テロ。
日本人1人を含む、250人以上が死亡し、500人が負傷した最悪の事態でした。

実行犯は9人で事件を巡って中東の過激派組織「イスラム国(IS)」が犯行声明を出しました。

それを受け、スリランカ政府は「IS」の支援を受けた、国内過激派集団が犯行に臨んだとして、「ナショナル・タウヒード・ジャマア(NTJ)」と「ジャミヤトゥル・ミラトゥ・イブラヒム(JMI)」を非合法化しました。

世界中で起こるテロ事件に心が痛めつけられます。
スリランカを観光したいと思った際に、テロはがとても心配だと思います。
そこで、スリランカの情勢をよくご存知のお二人に、現在のスリランカのリアルな治安をお聞きしました。

\Q.テロがあったが、現在のスリランカの治安は?日本人が旅行に行って大丈夫?/

A.セキュリティー強化により以前より安全に!

michiさんのコメント
元々、スリランカは内戦後治安の良い国としてたくさんの観光客で賑わっていました。
残念ながらテロでたくさんの方々が亡くなってしまいましたが、以降空港や観光地でのセキュリティーが厳しくなっています。

いつどこで何があるかはわかりませんが、少なからず以前よりも良くなっているかと感じています。
と言っても、どうしても日本人として狙われてしまうところはあると思います。
なので最低限、頭の片隅に自分の身は自分で守る!っと思ってて下さい。

現にシーギリヤロックで日本語が話せるスリランカ人が日本人を狙って話かけてきます。
注意しましょう。

Akikoさんのコメント
テロ後、空港は勿論ホテルやデパートへ入るのに搭乗手続き波にボディ&荷物チェックが厳しくされるようになりました。
日本人は比較的弛いチェックですが。
警備がしっかりされているので、テロ以前よりも安全に感じます。

日本と違う国という意識と気を抜かなければ安心・安全に観光を楽しめます。

2019年4月に発生したテロ事件の影響で、一時危険レベル2でしたが現在(※2019/11/11)スリランカは危険レベル1に引き下げられました。
通常は危険レベル1なので観光中、危険を感じるような瞬間はありませんが細心の注意を払ってください。

スリランカの所在地

世界地図とパスポート

スリランカの正式名称は「スリランカ民主社会主義共和国」といい、インド洋に浮かぶ「島国」です。
「インドの涙」とか「インドの真珠」とも言われ、インドの直下に位置しているためこのように呼ばれています。

国土は北海道より小さいですが、その中に魅力がぎゅっと詰まっている国です。
リトルインドなんて呼ぶ人もいて、「インドよりカオスがなく、それでも程よいカオスがある」今、人気急上昇の観光地がスリランカです。

スリランカの主な特徴

スリランカ

スリランカと日本の時差は、スリランカが日本より3時間30分遅れています。
人口は約2027万人で小さな島に活気があふれている国です。

国民の70%が仏教徒の国で、仏教をとても大切に信仰しています。
以前は宗教間戦争がありましたが、今では互いに手を取り平和に暮らしています。

スリランカの言語

スリランカ

スリランカの共用語は「シンハラ語」「タミル語」「英語」です。
国民の多くが「シンハラ語」か「タミル語」を話します。

街の看板等はこの2つの言語で書かれています。
ですが、互いに何を言っているのかわからないそうなのでその連結として「英語」が話されています。

自分の言語+英語を話せるので我々、外国人観光客には英語で問題なくコミュニケーションが取れます。
ですが、中には英語が話せない方もいるので知っておいてください。

ちなみに国名の「スリランカ」はシンハラ語で「Sri=輝く」「Lanka=島」という「光り輝く島」という意味が込められています。

スリランカで英語は通じる?言語、公用語は?挨拶や会話のフレーズ20選スリランカの言語、公用語は何?? スリランカはインドの南にある島国です。スリランカは日本から飛...

他にもスリランカの通貨や物価、歴史や文化など、後半に説明してあります。
実はスリランカは日本にとって、関わりがとても深い国なのです。

<下に続く>

スリランカでおすすめの観光地28選!世界遺産の名所や歴史ある博物館など!

スリランカ

自然」「人間」「動物」が思いのままに共存するスリランカ。
そんな魅力溢れる「スリランカ」には世界中から称賛される観光スポットがたくさんあります。

スリランカの観光スポットを知って、スリランカの魅力を発見して下さい。

では、日本ともつながりの深いスリランカの観光地をみていきましょう。
スリランカには、以下の観光地があります。

  1. ローズクォーツマウンテン
  2. シーギリヤロック
  3. ミリッサ
  4. ユナワチュア
  5. ゴール旧市街
  6. ナインアーチブリッジ
  7. ミンネリア国立公園
  8. ムスリム街
  9. ルヌガンガ
  10. 聖セバスチャン教会
  11. キャンディ佛歯寺
  12. カタラガマ神殿
  13. モント ラビニア ホテル
  14. トリンコマリー
  15. キャンディ
  16. キャラニヤ
  17. ウィルパトゥ国立公園
  18. ポロンナルワ
  19. ベイラ湖
  20. スリー・パーダ(アダムス・ピーク)
  21. コロンボ国立博物館
  22. ゴールフェイスグリーン
  23. ピンナワラのゾウの孤児園
  24. ダンブッラの黄金寺院
  25. ベターマーケット
  26. ガンガラーマ寺院
  27. スパイスガーデン
  28. アヌラーダプラ

続いて、スリランカの観光地を、それぞれ詳しくみていきます。

スリランカの観光地1:ローズクォーツマウンテン

ローグクォーツ
提供:@michi_1017

ローズクォーツマウンテンのおすすめポイント!

michiさんのコメント
ローズクォーツというだけあって、本当にpink色。
女性は是非とも行きたいと思います。
日本人には人気のスポットですが、まだそこまで知られていなく混んでいないのも魅力の一つです!

ナマルウヤナ 国立公園内にある「ローズクォーツマウンテン」は気軽なハイキングが楽しめる観光スポットです。
45分ほどの森林浴を楽しみながら進んでいくと「ローズクォーツ」が一帯に広がる山頂エリアに到着します。

山頂までの最後の道は急な上り坂なので足元に注意してください。
ここまできたら全貌がわかってきます。

「ローズクォーツマウンテン」はピンクに染まる山なのです。
山全体にピンクの水晶が埋め尽くされていて天候にも左右されますが晴れていると鮮やかなピンクに染まります。

この美しさはまさに絶景ですが、山頂からみた大自然が、広がるスリランカも絶景です。
この自然が残ってるからこそこの絶景が楽しめるのです。

ローズクォーツマウンテン
住所:Madatugama - Pubbogama - Andiyagala Rd, スリランカ
電話番号:+94 253 253 816
営業時間: 7:00-17:00
定休日:なし
入場料や利用料:Rs.500

スリランカの観光地2:シーギリヤロック

シーギリヤロック
シーギリヤロック
シーギリヤロック
シーギリヤロック
シーギリヤロック
シーギリヤロック
シーギリヤロック
シーギリヤロック
シーギリヤロック
シーギリヤロック

シーギリヤロックのおすすめポイント!

michiさんのコメント
世界遺産なだけあってとても迫力ある岩山です!
1200段登るのですが、実の親まで殺して王様になり弟から逃げて王国を築き上げ最後は自殺をしてしまう…

シーギリヤレディーとして沢山女性たちを囲っていたみたいですが、心許せることなく孤独だったのでは…とか思います。
そんな歴史が詰まったとてもパワーの強い岩山だと思います。

Akikoさんのコメント
前日に移動して、日中は暑い&日差しが強いので早朝観光がベター。
宿泊には日本人が経営している岩見荘が日本人スタッフもいて安心です。
すぐとなりのメルローズヴィラの食事が美味しいので、オススメ!

「スリランカ」で知らない人はいないほどの人気観光スポット「シーギリヤ・ロック」は絶景です。
歴史的背景によって古代より修行の試験場であった岩山「シーギリヤ・ロック」の上に宮殿を建設してかつての王が住んでいました。

たったの11年間という短い期間、王位の座に付いていた「カッサパ1世」は「狂気王」と呼ばれていました。
そんな「狂気王」が残したのが「シーギリヤの古代都市」なのです。

ここ「シーギリヤ・ロック」は説明を聞いて観光するより自分の直感で観光していくのがおすすめです。
歴史的な背景や時代の変化、その中で、現在まで残った姿にきっと各自が感じる素晴らしさがあります。

360度のパノラマ絶景の中で当時の王は何を思い、何を感じて生きていたのか。
そして、こんな場所にたった数年で宮殿を完成させたとは思えないほど辺鄙な場所に計算された設計。

世界中の1度は訪れたい観光スポットとしてきっと刻まれていくと思います。

20代/男性

スリランカ1の観光スポットと行ってもいい場所です。
頂上までは階段で登っていきますがワクワクが止まりません。

頂上からみる絶景は言葉では表せない感動があります。
自分の目で見て感じて欲しいと強く思います。

私は勉強不足でしたが、歴史的な背景を理解してからいくと一層楽しめると思いました。

シーギリヤロック
住所:Sigiriya
営業時間:7:00-16:00
定休日:なし
入場料や利用料:30ドル
URL:シーギリヤ・ロック

スリランカの観光地3:ミリッサ

ミリッサ
提供:@michi_1017

ミリッサのおすすめポイント!

michiさんのコメント
ガルよりも南に位置する場所でココナッツツリーと綺麗な海が見わたせる場所です。

ミリッサ
住所:Mirissa, スリランカ

スリランカの観光地4:ユナワチュア

ユナワチュア
提供:@michi_1017

ユナワチュアのおすすめポイント!

michiさんのコメント
日本人のお坊さんもいて、いろいろ教えてくれます。
海とストゥーパと青空の景色が最高です。

ユナワチュア
住所:スリランカ Unawatuna

スリランカの観光地5:ゴール旧市街

ゴール旧市街
ゴール旧市街
ゴール旧市街
ゴール旧市街

ゴール旧市街のおすすめポイント!

Akikoさんのコメント
オランダ植民地時代の名残があって、ぐるっとあるくだけでも楽しくなっちゃいます。おしゃれな雑貨屋さんも多数あり。
夕暮れ時に時計台から灯台までを海辺をお散歩しながらサンセットを見るのがオススメ!
レストランはシーフードのお店がイチオシです。
michiさんのコメント
街歩きするのが楽しいです!
The Fort Bazaar → レストランもありますし宿泊もできます!

中庭も可愛いのでてオススメです。

世界遺産が多いスリランカですが、世界遺産と聞くと歴史的な建造物をイメージしてしまいます。
しかし「ゴール旧市街」は雑貨やカフェといったおしゃれな観光スポットが点在する世界遺産の街です。

半日ほどで旧市街全体をみて回れるので自由に思いのままに散策を楽しんでください。
異国情緒溢れる街並みに感動すすこと間違いなしで、どのシーンもフォトジェニックなので思いのままに撮影してください。

おしゃれ雑貨にカフェ、レトロな骨董品などが揃った「ゴール旧市街」に訪れてみてください。
とにかく見所に溢れた「ゴール旧市街」には絶景がたくさんあります。

日本人にはあまり知られていない「ウナワトゥナビーチ」は車で10分程で行けます。
欧米人でこのビーチを知らない人はいないというほど有名なビーチです。

ビーチに腰掛けまったりとした時間を過ごせるのも「ゴール旧市街」観光の魅力です。

40代/女性

海と町とのコントラストが最高でした。
遺跡からの景色や風は灼熱を忘れさせてくれました。
建物もオランダ植民地時代の西洋風なものと仏教徒ならではの仏像とのコントラストもまたいいです。

20代/女性

現地の友人に連れられた訪れました。
ビーチに腰掛けお酒を飲みながら友人と語りました。
海風を感じながらあっという間に時間がすぎてしまいました。

街もレトロな雰囲気を感じその中におしゃれなスポットがある今と昔の融合といった街でとても幸せな気分でした。

またいきたいと思う観光地です。

ゴール旧市街
住所:Church St, Galle 80000
電話番号:なし
営業時間:24時間
定休日:なし
入場料や利用料:なし
URL:ゴール旧市街

スリランカの観光地6:ナインアーチブリッジ

ナインアーチブリッジ

提供:@michi_1017

ナインアーチブリッジのおすすめポイント!

michiさんのコメント
線路を歩きアーチしている橋を電車が横ぎるのも見れますし、電車で通過するのもまた面白いです!

ナインアーチブリッジ
住所:V3G6+P8 アンバゴラパサナ, スリランカ

スリランカの観光地7:ミンネリア国立公園

ミンネリア国立公園

提供:@michi_1017

ミンネリア国立公園のおすすめポイント!

michiさんのコメント
ジープをかりて自然の動物たちに会いに行きます。
途中の道に野生のゾウに会えることもあります!

ミンネリア国立公園
住所:Maradankadawala-Habarana-Thirukkondaiadimadu Highway, Rambawilla 50150 スリランカ
電話番号:+94 77 648 7757
営業時間: 6:00-18:30
定休日:なし
入場料や利用料:US$20+ジープ1台あたりRs.5000-7000

スリランカの観光地8:ムスリム街

ムスリム街

提供:@michi_1017

ムスリム街のおすすめポイント!

michiさんのコメント
ムスリム街の中でもジャミ・ウル・アルファー・モスクがおすすめです!
ムスリム街にあり突如現れシマシマなモスクです。

街歩きしてみるのも良いと思います。

スリランカ最大の都市「コロンボ」を観光する際に欠かせない観光スポットが「ムスリム街」です。
仏教徒の多いスリランカでは珍しいムスリク教徒が多く暮らす街となったいます。

地元の方で賑わう活気溢れるスリランカを体験できる庶民的な街です。
路上に並んだ品物をみているだけで、十分楽しめますし、購入することも可能です。

赤と白のストライプ模様のモスクは色鮮やかで美しくフォトジェニックです。
コロンボを拠点として観光する方も多いと思うのでぜひ、観光しに足を運んでください。

ムスリム街
住所:2nd Cross Street

スリランカの観光地9:ルヌガンガ

ルヌガンガ
ルヌガンガ
ルヌガンガ
ルヌガンガ
ルヌガンガ
ルヌガンガ

ルヌガンガのおすすめポイント!

Akikoさんのコメント
世界的有名なジェフリー・バワの週末と晩年を過ごした別邸。
広大な庭がとても美しく、バワの未完の理想郷。

1日4度ガイドツアーを行っていて、要予約でランチ付きのツアーもあります。
ランチを食べる建物には、ランチ利用者しか入れなません。
素晴らしい景色を眺めながら、バワが実際に食べたレシピと同じカレーをここで食べるのもオススメ。
ホテルとしても利用できるのでぜひ興味がある方は泊まってみて。

スリランカの観光地10:聖セバスチャン教会(St. Sebastian's Church, Katuwapitiya)

St. Sebastian
St. Sebastian
St. Sebastian
St. Sebastian
St. Sebastian

聖セバスチャン教会のおすすめポイント!

Akikoさんのコメント
4月にあったテロで一番被害者の多かった協会。
既に復元されていますが、一部当時の現状を残していて、当時の悲惨さを感じることができます。
観光地ではありませんが、近くへ訪れる際はぜひ覗いてみてほしいです。

スリランカの観光地11:キャンディ佛歯寺

キャンディ佛歯寺
キャンディ佛歯寺
キャンディ佛歯寺

キャンディ佛歯寺のおすすめポイント!

Akikoさんのコメント
コロンボから遠いですが、内部は圧巻の美しさ。
展示物も多くあります。
特に壁や柱のレリーフが美しく、悠久の時を感じられます。
朝と夕方にはお祈りの時間があるので、太鼓の音が聞こえたら見学に行ってみて。

スリランカの観光地12:カタラガマ神殿

カタラガマ神殿
カタラガマ神殿

カタラガマ神殿のおすすめポイント!

Akikoさんのコメント
お祭りの時期に訪れるのがおすすめ!
装飾された象や、沢山の種類のスリランカ伝統舞踊を見ることができるパレードは圧巻です。
このお祭りを見に沢山の人々が押し寄せるので行きの渋滞は凄かったです。
遅くまで行われているのでご興味がある方はぜひ。

スリランカの観光地13:モント ラビニア ホテル

モントラビニアホテル
モントラビニアホテル
モントラビニアホテル
モントラビニアホテル

モント ラビニア ホテルのおすすめポイント!

Akikoさんのコメント
有名なスリランカカレーのシェフの美味しいカレーが楽しめます。
ビュッフェでは、一度に沢山の種類のカレーや伝統的な料理を堪能できます。ヴィーガン対応でデザートまであります。
ちなみにランチビュッフェ利用で、プールも利用できるのでリゾート気分を味わいたい方にはおすすめ。

ハイティーも手頃な値段で楽しめて、海を眺めながらのんびりデイステイを楽しむのもおすすめ。
海に沈む太陽も見えますよ。

スリランカの観光地14:トリンコマリー

トリンコマリーのおすすめポイント!

michiさんのコメント
綺麗なビーチに行ってリゾート気分ならトリンコマリー!!
ゆっくりできます!

ハネムーンも良さそうです。

トリンコマリー
住所:Trincomalee

スリランカの観光地15:キャンディ

スリランカ中部にある都市「キャンディ」は1988年に世界遺産に登録されました。
仏教の聖地としてスリランカ中部の中心的な都市となっています。

シンハラ人によって「キャンディ王国(1469年-1815年)」の間、最後の都として栄えていました。
現在でも約12万人が暮らす都市となっています。

街、丸ごと世界遺産に登録されていて、街自体が歴史的に貴重で重要な証となっています。

「キャンディ王宮建物群」を始め、仏陀の犬歯があるとされる「仏歯寺(ダラダー・マーリガーワ寺院)」見応えのある観光スポットなので、欠かさずに観光してください。

キャンディ
住所:Queen's Villa, Anagarika Dharmapala Mawatha, Kandy 20000
URL:キャンディ

スリランカの観光地16:キャラニヤ

キャラニヤのおすすめポイント!

Akikoさんのコメント
生まれてからの良くない行いを無かったことにしてくれると言われています。
行くたびに浄化されてリセットされた気分になります。

土曜日の早朝や満月の夜は、たくさんの地元の人が白色服に身を包み参拝して祈りを捧げています。とても良い空間になっていてオススメ。
お祈り参拝の邪魔しないように、写真撮影やマナーなどは気をつけて。

仏教の開祖「ブッタ(釈迦・仏陀)」が3度訪れたという伝説が残るスリランカで欠かせない観光地が「キャラニヤ」で、ブッタが「キャラニヤ」の川で沐浴をして説教を行なった聖地として、仏教徒が日々、祈りを捧げています。

スリランカ最大の都市「コロンボ」から北東11km離れた近郊にある街「キャラニヤ」には美しい寺院があります。
美しき仏教の聖地と言われる「ケラニ・ラジャ・マハ・ヴィハーラ」は欠かさずにみてください。

寺院を飾る、美しいレリーフの数々は観光を一層感動に変える素晴らしい彫刻です。
宗教画なども見応えがあるので、じっくり時間をかけて観光してください。

撮影禁止な場所もあるのでルールは必ず守ってください。
宗教上の思想で写真を撮る行為が冒瀆行為になりますので注意してください。

キャラニヤ
住所:
電話番号:+94 112 911 505
URL:キャラニヤ

スリランカの観光地17: ウィルパトゥ国立公園

ウィルパトゥ国立公園」は手付かずの自然が残るサファリ体験を楽しめる観光スポットです。
隣接している「Big Game Camp Wilpattu」で手続きを済ませたらサファリ体験ができます。

送迎用のjeepに乗り込んで進んでいく光景はまさに冒険で非日常を体験できます。
宿泊用テントに案内されたら荷物を置いてサファリ体験スタートです。

テントというより客室に近いイメージでトイレやシャワーも付いています。
電気も使用できるという極上のテントとなっています。

サファリ用のjeepに乗り込み自然と共存している動物たちの姿を直近で観察できます。
絶滅危惧種の生物や野生のヒョウを見られるのでかなり価値があります。

実際はなかなかレアな動物には出会えませんが出会えたらものすごい幸運です。
夜はテントに戻り、星空の下でBBQを楽しんでください。

海外でこういった野生的体験をする機会も少ないと思うのでぜひ、体験してください。

Hotel.com

Agoda

** ウィルパトゥ国立公園**
住所:Wilpattu National Park, Wilpattu, Nochchiyagama, Pahala Maragahawewa 41000
電話番号:+94 70 222 8222
営業時間:なし
定休日:不定休
入場料や利用料:シーズンによって変動
URL:ウィルパトゥ国立公園

スリランカの観光地18:ポロンナルワ

「ポロンナルワ」は最大都市コロンボや世界遺産キャンディと比べると聞き馴染みのない場所です。
しかし、有名観光都市と比べても負けないくらいの魅力が溢れた観光スポットなのです。

コロンボからは離れていますが、旅を楽しみながら移動していればあっという間に到着します。
有名な「シーギリヤロック」からは1時間ほどなので合わせて観光するのがおすすめです。

「1017年-1255年」の間、スリランカの首都だったので、その当時に建設された建築が今もなお多く残され、現在は世界遺産として登録されています。

「パラークラマ・バーフ1世の宮殿跡」を始め「ランコトゥ・ヴィハーラ」や「ラトナギリ・ワタダーゲ」といった建築物が有名で今でも当時の面影を残しています。

見所がとにかく多い「ポロンナルワ」はスリランカ観光の際には欠かせない観光スポットです。
圧倒的な大きさに驚き、当時の歴史を肌で感じてみてください。

ポロンナルワ
住所:Polonnaruwa
URL:ポロンナルワ

スリランカの観光地19:ベイラ湖

かつては1つの湖だった「ベイラ湖」ですがポルトガル統治時代の埋め立てによって2つに分断されました。
歴史的な背景を強く受けたスリランカでそういった一面に触れることも訪れた財産になります。

街は賑わい、カオスを楽しめる空間ですがそんなカオスに疲れる瞬間もきっときます。
そんな時「ベイラ湖」で街の喧騒から抜け出して癒されてください。

観光客はもちろん地元の方もおおく訪れる観光スポットです。
湖をみながらゆっくり流れる時間を楽しんでください。

ベイラ湖
住所:Beira Lake
営業時間:なし
定休日:なし
入場料や利用料:なし

スリランカの観光地20: スリー・パーダ(アダムス・ピーク)

「スリー・パーダ(アダムス・ピーク)」はサンスクリット語で「聖なる足跡」を意味します。
スリランカ最大都市「コロンボ」や世界遺産都市「キャンディ」からもアクセスのしやすい場所に位置します。

標高2238mの山頂から眺めるご来光はとても美しいと好評で、欧米人を始め近年多くの観光客がトレッキングを楽しんでいます。

地元の方には神聖な山として親しまれています。
山道は険しいエリアもありますが、補装された道もあるので安心して登れます。

夜中の2時-3時頃にトレッキングを開始すればご来光に間に合います。
山頂までの道に街灯が設置してあるので夜のトレッキングが心配な方でも安心してください。

結構な寒さになるので防寒具は必ず持って行ってください。
神聖な山の山頂でみるご来光は美しく心打たれますが、山頂でお祈りしている現地の方の姿はもっと心打たれました。

ぜひ、観光スポット「スリー・パーダ(アダムス・ピーク)」で神秘的な体験をしてみてください。

スリー・パーダ(アダムス・ピーク)
住所:Sri Pada / Adam's Peak
電話番号:なし
営業時間:なし
定休日:なし
入場料や利用料:なし
URL:スリー・パーダ(アダムス・ピーク)

スリランカの観光地21:コロンボ国立博物館

1877年に建設されたスリランカ最大の博物館です。
スリランカ観光の際にはぜひ、足を運んでいただきたい観光スポットです。

セイロン総督であった「ウィリアム・グレゴリー」によって建設された「コロンボ国立博物館」にはスリランカの全てを体験できます。

スリランカとなる前、歴史的文明である紀元前4世紀以前頃のアヌラーダプラ王国時代の遺跡を始め数ある、歴史的価値のある物が展示されています。

他にも、スリランカ民族やそれに伴った歴史を知れる観光スポットとなっています。
スリランカの歴史を知ることで、スリランカ観光がより一層楽しくなると思います。

コロンボ国立博物館
住所:Sir Marcus Fernando Mawatha, Colombo 00700 スリランカ
電話番号:+94 112 695 366
営業時間:9:00-17:00
定休日:なし
入場料や利用料:250LKR (※撮影は追加250LKR)
URL:コロンボ国立博物館

スリランカの観光地22:ゴールフェイスグリーン

島国のスリランカには美しいビーチがいくつか点在しています。
ゴールフェイスグリーン」もその中の1つで海沿いに芝生が、広がる珍しいビーチです。

スリランカ最大の都市コロンボに位置し多くの観光客が訪れる観光スポットです。
イギリス統治下時代に作られたもので、当時はゴルフや競馬場として使用されていたそうです。

この「ゴールフェイスグリーン」からの夕日はまさに絶景で、沈んでいく太陽を芝生に腰掛けながらまったりの眺める瞬間は贅沢なひとときとなるでしょう。

ゴールフェイスグリーン
住所:56 Colombo - Galle Main Rd, Colombo,
営業時間:24時間
定休日:無休
入場料や利用料:なし

スリランカの観光地23:ピンナワラのゾウの孤児園

スリランカの「ピンナワラのゾウの孤児園」は親とはなればなれになってしまった子象や、親を亡くした子象を保護している施設です。

まじかで象を見られるのでなかなか楽しい時間を過ごせます。
スリランカ観光の際にスリランカと象の繋がりは随時に感じると思います。

現在では1000頭以上の象が保護されています。
是非、スリランカと強い繋がりのある象をみに訪れてください。

40代/女性

ゾウを保護しようという活動そのものをもっと高く評価すべきだと思うほどのクオリティーです。
ゾウをなるべく自然そのままでの保護地域、水場などはまさに圧巻でした。
またたくさんのゾウをまじかで見られることもよかったです。

20代/男性

スリランカに訪れたことで象が好きになりました。
そのきっかけになったのがこの場所です。

たくさんの象をまじかで見えるので大迫力でした。
あとでこの施設の意味を聞き、とても大切にしていかなくてはいけないと強く思いました。

動物園の像とは違いリアルな瞬間を見れるのは魅力です

ピンナワラのゾウの孤児園
住所:B199, Rambukkana 71100 スリランカ
電話番号:+94 352 265 284
営業時間:8:30-17:30
定休日:なし
入場料や利用料:Rs.2500(大人)、Rs.1250(子供)
URL:ピンナワラのゾウの孤児園

スリランカの観光地24: ダンブッラの黄金寺院

「ダンブッラの黄金寺院」はスリランカ最大都市コロンボの東に位置する寺院です。
国内で最も保存状態が良いと言われる石窟寺院で、その歴史は紀元前3世紀まで遡ります。

当時は最大規模の僧院でしたが紀元前1世紀頃に寺院となりました。
「ダンブッラの黄金寺院」には確認されているだけで現在、80以上の洞窟と5つの重要な寺院があります。

「壁画」や「涅槃仏」といった貴重なものが形良く残っています。
神秘的な洞窟内はスリランカ屈指のパワースポットとして観光客だけでなく現地のスリランカの方のも人気です。

40代/女性

寺院からの景色がとにかく雄大です。
サルがそこかしこににて、それもまたいい感じになっています。

仏像は思っているよりもかなり大きくて神々しく、とても神秘的な気分になることまちがいなし。

階段がとても急でしたが一見の価値は十分にあります。

20代/男性

神秘スポットと名高いので期待値が高かったですがその期待値を超えてきました。

保存状態が本当に素晴らしくて感動しました。
神秘的な空間のとりこになってしまいました。

現地の方々も「みにいったか」といってくるほど人気な観光スポットでした。

** ダンブッラの黄金寺院**
住所:Kandy - Jaffna Hwy, Dambulla, スリランカ
電話番号:+94 66 2 283605
営業時間:7:00-19:00
定休日:なし
入場料や利用料:無料

スリランカの観光地25:ベターマーケット

「ベターマーケット」はスリランカの全ての物が揃っているような市場です。
小さな屋台がずらっと並び、スパイスや雑貨、衣料品などを取り揃えています。

実際に食事ができるので、観光の間に本場のスリランカ料理を堪能してください。
「ベターマーケット」のあちこちで販売されているアボカドミルクシェイクはぜひ観光の際に飲んでみてください。

スリランカの活気を十分に感じてスリランカを堪能してください。
スリランカ観光のワクワクが止まらなくなります。

40代/女性

活気に圧倒されてしまいました。
すべてものがそろうという噂通り、狭い場所に食べ物・食品・生活用品・衣服 スパイス・家電なんでもありました。

海に囲まれた国だけに魚がとても豊富な印象があり、他にも野菜や果物など、がその場で食べることができました。

20代/男性

アジアの活気を感じるとっても面白い場所でした。
交渉が何と言っても醍醐味で現地の人に話しかけるのが楽しくてたまりませんでした。

郷に行っては郷に従えの精神でなんでも挑戦してみました。
本場のスパイスはかなり辛いので要注意です。

ベターマーケット
住所:Pettah, Market Street, Colombo, Western Province, Sri Lanka
電話番号:+94 72 565 2773
営業時間:9:00-17:00
定休日:日曜日
入場料や利用料:なし

スリランカの観光地26:ガンガラーマ寺院

スリランカ最大の都市コロンボで最も大きいとされる「ガンガラーマ寺院」は圧巻の光景が広がっています。
敷地内にある仏像の多くは世界中からの贈り物で、それらが祀られています。

スリランカ観光でホット一息つきたいときに訪れる「ベイラ湖」の湖畔にあるので観光もしやすいです。
美しい景色と一緒に「ガンガラーマ寺院」を観光してください。

20代/男性

ボヤ(満月の日)と呼ばれる日にはたくさん人が訪れます。
びっくりするほど人でごった返します。

周辺の景色も美しくて湖を眺めながら一息つくには最適です。
観光の最中以外に疲れたと思う瞬間もありこういった場所が近くにあるのはありがたいです。

ガンガラーマ寺院
住所:61 Sri Jinarathana Rd, Colombo 00200
電話番号:+94 112 435 169
URL:ガンガラーマ寺院

スリランカの観光地27:スパイスガーデン

スリランカ観光で欠かせないのが「スパイスガーデン」です。
スリランカの古都であるキャンディに付近にはいくつかスパイスガーデンが点在しています。

スリランカ料理には欠かせない多種多様な「スパイス」や「ハーブ」が栽培されてます。
隣接しているショップでショッピングを楽しんだり、プチアーユルヴェーダ体験ができるので女性観光客に特に人気な観光スポットです。

日本語対応スタッフが数名いるので観光も安心です。
スパイスの奥深さに触れて楽しんでください。

20代/男性

様々なスパイスが実際に栽培されていました。
乗り物のキャッチに必ず「スパイスガーデンび行ったか?」と聞かれました。
それくらいスリランカでは当たり前のものでガイドさんも日本語対応している方が多いです。

期待はあまりしていなかったのですが実際に行ったら、以外に「へー」となることばかりで楽しかったです。

スパイスガーデン
住所:Thotagamuwa
電話番号:+94 35 2 240760
URL:スパイスガーデン

スリランカの観光地28:アヌラーダプラ

スリランカ最古の都「アヌラーダプラ」は紀元前5世紀ごろにスリランカで初めて都となった場所です。
インドから仏教が伝承された地でもあり、この地からスリランカ全土へ広がって行きました。

「アヌラーダプラ」の街は「新市街・旧市街・遺跡地区」に別れていて全てを巡るのには1日かかってしまいます。
なのでツアーで参加したり、タクシーをチャーターして効率よく回ることをおすすめします。

中でも「ルワンウェリ・セヤ大塔」は圧巻の観光スポットです。
像の彫刻が各所に施された美しい建造物に心惹かれていきます。

スリランカは各地にそれぞれの魅力があります。
ここ「アヌラーダプラ」の魅力を体験してスリランカ観光を楽しんでください。

40代/女性

遺跡の中ではとても珍しい印象がありました。
緑と土の中に真っ白の建物は見る者のを圧巻します。

1つ1つに距離があり、歩くのは不可能に近いと感じました。
効率よく観光していくのがポイントです。

アヌラーダプラ
住所:Anuradhapura
営業時間:なし
定休日:なし
入場料や利用料:なし
URL:アヌラーダプラ

<下に続く>

スリランカ観光でおすすめのグルメスポット8選!有名レストランやおしゃれカフェなど!

スリランカカレー1

スリランカの料理といえば何を想像しますか。
カレー」が一番初めに出てくると思いますが、実はスリランカ「カレー」以外にも美味しいものがたくさんあるのです。

島国のスリランカでは海の幸も豊富でシーフード専門店がたくさんあります。
高級なお店から地元の方に愛された食堂まであるの是非、スリランカ観光の際は自分だけのお気に入りレストランを見つけてください。

では、スリランカのグルメスポットをみていきましょう。
カレーやスパイス類が人気なスリランカには、以下のグルメスポットがあります。

  1. ハニー・ポット
  2. ニュー・バナナリーフ
  3. ナチュラル・コーヒー
  4. ザ・パルマイラ
  5. ラジャ・ボジュン
  6. ウパリーズ
  7. ホワイト・ハウス
  8. カリー・リーフ・レストラン

続いて、スリランカのグルメスポットを、それぞれ詳しくみていきます。

スリランカ観光のグルメスポット1:ハニー・ポット

スリランカの古都「キャンディ」から少し離れた場所にある絶景を楽しみながら食事が楽しめるレストランが「ハニー・ポット」です。

日本のガイドブックにも掲載されているので日本人観光客に人気なレストランとして知られています。
川沿いの地形をいかした店内は、美しい景色と美味しい食事を同時に楽しめる設計となっています。

また、値段もリーズナブルなのでローカルな地元の方も多いレストランです。
ここ「ハニー・ポット」ではシーフードミックスグリルが1番人気で、日本人の口にもよく合います。

是非、スリランカの古都キャンディを観光する際には立ち寄ってください。

ハニー・ポット
住所:Kandy
電話番号:+94 812 384 082
営業時間:12:00-21:00
定休日:なし

スリランカ観光のグルメスポット2:ニュー・バナナリーフ

スリランカ最大の都市コロンボにある「ニュー・バナナリーフ」は地元の方に愛されたレストランです。
コロンボに住むスリランカ人で知らない人がいないほどの有名店が「ニュー・バナナリーフ」となります。

まさに現地の習慣でいただくスリランカ料理は観光の際に1度は体験してほしい食べ方です。
料理がバナナの葉に並べられカレーやライスを手でいただくスタイルは非日常で刺激的です。

初めは手で食べるのは難しいいですが、徐々に慣れていきますので安心してください。
ぜひ、スリランカ観光の際はスリランカスタイルで食事を楽しんでください。

ニュー・バナナリーフ
住所:720 Galle Rd, Colombo, スリランカ
電話番号:+94 75 550 0001
営業時間:11:00-22:00
定休日:なし

スリランカ観光のグルメスポット3:ナチュラル・コーヒー

スリランカで本格的なコーヒーを楽しめる「ナチュラル・コーヒー」です。
スリランカといえば紅茶のイメージが強いですが、ここ「ナチュラル・コーヒー」のコーヒーは絶品です。

このお店は日本人がプロデュースしているので日本人に人気な味になっています。
高級なスリランカ産のコーヒー豆を使用しているのでお値段は少し上がりますが納得できる味です。

スリランカでは珍しい「抹茶ラテ」を提供しているので是非飲んでみて下さい。

スリランカには数々の紅茶のお店があります。
紅茶を飲む機会はたくさんあるので、あえてコーヒーを楽しんでみるのも通なスリランカ観光です。

ナチュラル・コーヒー
住所:No. 86 Colombo St, Kandy 20000 スリランカ
電話番号:+94 812 205 734
営業時間:7:30-19:00
定休日:なし
URL:ナチュラル・コーヒー

スリランカ観光のグルメスポット4:ザ・パルマイラ

「ザ・パルマイラ」もスリランカ・コロンボにある有名店です。
かなりの知名度があって街ゆく人にオススメされたレストランです。

スリランカ料理はもちろん充実していましたが、驚いたのは「インド料理」や「ジャフナ地方の料理」までもがかなり充実していてメニューがとにかく豊富です。

ここまでの品揃えはスリランカの名店にふさわしいと感じました。
本格料理をお手頃価格で食べられるのでぜひ、スリランカ観光の際は行ってください。

ザ・パルマイラ
住所:
電話番号:+94-112577345
営業時間:「Breakfast 6:30-10:00」「Lunch 12:00-14:30」「Dinner19:00 -22:30」
定休日:なし
URL:ザ・パルマイラ

スリランカ観光のグルメスポット5:ラジャ・ボジュン

「ラジャ・ボジュン」はビュッフェ形式のレストランなので自分好みの料理を選べる観光客に嬉しいレストランです。
スリランカの方はもちろん観光客にも知れた名店が「ラジャ・ボジュン」です。

とにかくメニューが豊富なので少しずついろんなものを食べてスリランカ料理を堪能してください。
メインからデザートまで揃っているのでスリランカ料理を食べるなら「ラジャ・ボジュン」で決まりです。

ラジャ・ボジュン
住所:Liberty Arcade, 282 R. A. De Mel Mawatha, Colombo, スリランカ
電話番号:+94 114 716 171
営業時間:12:00-23:00
定休日:なし
URL:ラジャ・ボジュン

スリランカ観光のグルメスポット6:ウパリーズ

スリランカ伝統料理を食べるなら「ウパリーズ」で決まりです。
ここ「ウパリーズ」はかなりの有名店でお昼時は多くの人で賑わっています。

数種類のカレーから好きな物を選べるので、辛いのが苦手な方でも安心です。
リーズナブルな価格で本格的なスリランカ料理が楽しめると、地元の方や観光客に大人気のお店となっています。

店内が綺麗に清掃されていて衛生面も安心できるお店なので、スリランカ観光の際はぜひ、行ってみてください。

ウパリーズ
住所:65 Dr C.W.W Kannangara Mawatha, Colombo 00700 スリランカ
電話番号:+94 112 695 812
営業時間:11:30-23:30
定休日:なし
URL:ウパリーズ

スリランカ観光のグルメスポット7:ホワイト・ハウス

スリランカの古都キャンディ中心部にある、「ホワイト・ハウス」はオシャレで雰囲気が良いレストランです。
「ホワイト・ハウス」では絶品の「スリランカ料理」をはじめとした、世界中の料理を楽しめます。

「インド料理」「中華調理」「西洋料理」「アメリカ料理」など多種多様な料理を提供しています。
自分でお好きな料理を選べるので満足度の高いレストランとなっています。

他にも、「ベーカリー」や「デザート」「フルーツ」の種類もかなり豊富で食後までしっかり楽しめます。
朝早くから営業しているので朝食で訪れるのもいいと思います。

周辺の人気観光地からも近いので観光のタイミングに合わせて立ち寄ってください。

ホワイト・ハウス
住所:No 42 Sri Dalada Veediya, Kandy 20000 スリランカ
電話番号:+94 812 232 765
営業時間:7:30-22:00
定休日:なし

スリランカ観光のグルメスポット8:カリー・リーフ・レストラン

スリランカにある人気ホテル「ヒルトン・コロンボ」の中に入っているレストランが「カリー・リーフ・レストラン」です。

店内はトロピカルな雰囲気が特徴的でまさに南国といった感じです。
ビュッフェスタイルなのでたくさんの料理が並んでいます。

カレーなどのスリランカ料理はもちろん、チャーハンや麺類もあるのでなんでも揃ったといった感じです。
食後のデザート等も充実してるので、思いっきり食事を楽しんでください。

「カリー・リーフ・レストラン」のチキンカレーは格別美味しかったので、是非食べてみてください。

カリー・リーフ・レストラン
住所:Sir Chittampalam Gardiner Mawatha, 2 Lotus Rd, Colombo 00100 スリランカ
電話番号:+94 112 492 492
営業時間:19:00-23:00
定休日:なし
URL:カリー・リーフ・レストラン

<下に続く>

スリランカ観光でおすすめのショッピングスポット5選!大型ショッピングモールも!

ショッピングモール

スリランカ観光でショッピングを楽しみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。
お土産にスパイスを購入したり、エステグッツや民族グッツなど現地オリジナルを取り揃えたショッピングモールがいくつか点在しています。

用途に合わせて是非、立ち寄ってみてください。
きっと探し求めていた素敵な物に出会えるはずです。

では、スリランカのショッピングモールをみていきましょう。
スリランカには、以下のショッピングモールがあります。

  1. One Galle Face
  2. コロンボ・シティーセンター
  3. MARINO MALL
  4. キャンディ・シティセンター
  5. アルピコスーパーセンター

続いて、スリランカのショッピングモールを、それぞれ詳しくみていきます。

スリランカ観光のショッピングモール1:One Galle Face

Akikoさんのコメント
こちらはコロンボ市内に、11/8にオープンしたばかりの新しいショッピングモール。
地下にはフードコート、スリランカのコスメやアーユルヴェーダのお店も入っていてトイレも綺麗です。
さらに海が見えるテラスも!

デパートもいいですが、時間が余ったら最近増えてきたショッピングモールを覗いてみるのも◎

室内で涼しいですし、帰国前にぶらり遊びにいくのはありかもしれません。
シャングリラホテルとも繋がっているので、そちらでハイティー(お茶会)をするのもオススメ。

スリランカ観光のショッピングモール2:コロンボ・シティーセンター

2018年9月にオープンしたばかりの最新ショッピングモールが「コロンボ・シティーセンター」です。
これまでのスリランカにはなかった近代的な作りでとても綺麗です。

スリランカではお馴染みのお店「ODEL」や「SPA CEYLON」なども入っています。
日本食を取り扱うレストランも入り、一日本人観光客から人気が高まっています。

今後ますます発展していくコロンボにできた最新のショッピングモールとなっています。
観光の思い出に自分へのお土産を買うならここ「コロンボ・シティーセンター」で決まりです。

コロンボ・シティーセンター
住所:137, Sir James Pieris Mawatha Colombo 02, Sri Lanka
電話番号:+94 11 2 044652
営業時間:10:0 0-22:00
定休日:なし
URL:コロンボ・シティーセンター

スリランカ観光のショッピングモール3:MARINO MALL

「MARINO MALL」も2018年にオープンした新しいショッピングモールです。
この「MARINO MALL」の特徴はとにかく大きいことです。

ゲームセンターなども入りアミューズメントパークとしても確立されたショッピングモールで、観光客が多く集まります。
5つ星ホテルと隣接していて、プールもついてる何から何まで揃ったショッピングモールなのです。

発展していくコロンボを支える重要な施設となっています。
「ファッション」「雑貨」「レストラン」などが入っているので是非、気にいった商品は購入してみてください。

MARINO MALL
住所:590 Galle Rd, Colombo 00300 スリランカ
電話番号:+94 112 595 595
営業時間:9:00-22:00
定休日:なし
URL:MARINO MALL

スリランカ観光のショッピングモール4:キャンディ・シティセンター

スリランカの古都キャンディにある近代的なショッピングモールが「キャンディ・シティセンター」です。
古都にある未来からきた近代的な建造物といった感じで独特な雰囲気を醸し出しています。

中は充実したコロンボのショッピングモールと変わらずたくさんのものがあるので手に取り気に入った商品を探して下さい。

ここはフードコートも充実していてガードマンがいるようなきちんと整備された空間となっています。
日用品も紅茶もコスメも販売しているのでふらっと立ち寄ってみてください。

キャンディ・シティセンター
住所:Sri Wickrama Rajasinghe Mawatha, Kandy 20000 スリランカ
電話番号:+94 812 202 844
営業時間:9:00-21:00
定休日:なし
URL:キャンディ・シティセンター

スリランカ観光のショッピングモール5:アルピコスーパーセンター

スリランカ・コロンボにある最大級の大型スーパー「アルピコスーパーセンター」は地元の方が食材や日用品を購入しに訪れるスポットです。

なので、スリランカの定番商品はだいたいここで手に入ります。
石鹸、スパイス、ハーブなど価格も現地価格なので安心して購入できます。

ばらまき用のお土産に最適なお菓子とかも充実しているのでお土産購入を大量買できるショッピングモールとなっています。

アルピコスーパーセンター
住所:Colombo 2, 69 Hyde Park Corner, Colombo 00200 スリランカ
電話番号:+94 114 734 725
営業時間:9:00-22:00
定休日:なし
URL:アルピコスーパーセンター

<下に続く>

スリランカ観光でおすすめのお土産3選!紅茶・宝石・現地ならではの雑貨も!

スリランカ

スリランカにはたくさんの名産があります。
スリランカ観光の際にいいと思ったコスメやスパイスをお土産で渡せば喜ばれること間違いなしです。

スリランカ観光の思い出話と一緒に渡したら、きっと人気者になれますよ。

では、スリランカのおすすめなお土産をみていきましょう。
スリランカには、以下のおすすめのお土産があります。

  1. スパイス&カレー
  2. セイロンティー
  3. 宝石

続いて、スリランカのおすすめなお土産を、それぞれ詳しくみていきます。

スリランカ観光のお土産1:スパイス&カレー

スリランカはスパイス大国です。
スパイスをつかったカレーはスリランカを代表する人気グルメです。

お土産でスパイスを渡すのは定番ですが、喜ぶ方も多いのが事実です。
日本より格安で手に入り、日本では変えないような珍しいスパイスもあるので観光の際に気に入ったスパイスを購入してみてください。

一緒にパパダムと呼ばれる豆粉せんべいを渡したり、カシューナッツも名産なので渡すのもいいと思います。
どれも小分けされていて幅を取らないので帰国する際、荷物にならないのも嬉しいです。

是非、スリランカ観光のお土産にスパイス&カレーと刺激の効いた思い出話をしてみてください。

スリランカ観光のお土産2:セイロンティー

スリランカといえば紅茶が非常に人気で日本で飲んでる紅茶の多くはスリランカ産です。
スリランカ観光の際も紅茶を飲む機会は多いと思います。

実際、現地で紅茶を飲み比べてみるとお店によって若干の違いに気がつくほど紅茶通になります。

自分が美味しいと思った紅茶をお土産として渡すのもいいですし、人気メーカー等は可愛く梱包されたお土産用のセイロンティーを販売しているのでそちらを購入するのもいいと思います。

ヌワラエリア産」「ウバ産」「ディンブラ産」「キャンディ産」「ルフナ産」のセイロンティーは比較的ブランド価値が高いのでこちらから選ぶと間違いないです。

スリランカ観光のお土産にぜひ。

スリランカ観光のお土産3:宝石

スリランカは「宝石の国」と称されるほど数多くの宝石を取り揃えています。
街のあらゆる場所に宝石店があるのでどこで購入すればいいか迷うほどお店がたくさんあります。

いくつかのお店に入店して品定めしてから購入するスタイルが一番いいと思います。
スリランカで宝石を購入するなら「ブルーサファイア」「ルビー」「キャッツアイ」「ムーンストン」がいいです。

質が非常にいいので良さに合わせて購入してみてください。

スリランカで人気のおすすめお土産21選【ばらまき/雑貨/像/お菓子】【お土産の前に】スリランカってどんな国? 光り輝く島という意味の名前を持つ国スリランカ。
イ...

<下に続く>

スリランカ観光のベストシーズンはいつ?

晴れ 太陽

スリランカは大きく分けて「雨季」と「乾季」の2つに分けられます。
1年中、暖かい気候ですが島国ということもあり周辺の気候変化の影響を受けやすいので、地域ごと大きく気候が変わってきます。

南西部の海岸地帯は、1年中湿気が高くて、雨期は「4月-6月」と「10月-11月」となります。
だから、訪れるなら乾期の時期である「1月-3月」をオススメします。

南部の山岳・高原地帯も、年間を通して湿気が高くなっています。
雨期は「5月-7月」と「10月-11月」ですが「12月-1月」は気温がかなり下がるので、訪れるなら乾期の「1月-3月」頃がオススメです。

北部の平地地帯では雨期が「10月-1月」となります。
日中はかなり暑さが厳しいので、気温が最も過ごしやすい「2月-5月」に訪れるのがオススメです。

「5月-9月」と「11月-3月」は各地でモンスーンの影響により雨が多く振ります。
主要となる都市の「コロンボ」は、年間を通して平均気温が25度前後と安定して温かいです。

それでも朝晩が冷え込むことや突然のスコールもありますので羽織れるものがあると役に立ちます。

[プリントスター] スウエットパーカー 8.4オンス 裏毛 フーデット ライト パーカー [プルオーバー] 00216-MLH メンズ 杢グレー L (日本サイズL相当)
1678円

<下に続く>

スリランカ観光に最適な滞在日数

カレンダー

スリランカ観光の基本滞在地は「コロンボ」の方が多いと思います。
コロンボを基準にして観光をしていく場合3泊4日がスタンダードな観光コースを巡るのに必要な滞在日数です。

メインとなる「シーギリヤロック観光」と「コロンボ周辺」を楽しむ最適な日数かと思います。
なので、この日数以下の観光は、観光地を削って観光していかないといけないので勿体無い気がします。

また、「古都キャンディ」を訪れるプランを入れるなら+1日の4泊5日くらいの日数は欲しいところですね。
他にも、トレッキングを体験したりする場合には半日ほどの余裕が欲しいです。

スリランカは小さな島国ですが、その中にぎゅっと詰まった見所のある観光地が無数に点在しています。
自分がスリランカ観光で体験したいことをリストアップして滞在期間を決めるのもいいかと思います。

<下に続く>

スリランカ観光で注意すべき点

スリランカ

スリランカ観光の際に注意しなくてはいけないことがいくつかあります。
まずは宗教上の違いです。

日本人はそこまで宗教を重きに生きていませんが、スリランカ国民の多くが仏教を信仰して生きています。
なので、お祈りをしたり宗教的な行事をとても大切にします。

また、観光の際に寺院にいくことも多いので、ルールは必ず守って下さい。
裸足が厳禁であったり、肌の露出が禁止、撮影禁止といったルールが必ずあります。

こういったルールに反する行為は宗教への冒瀆行為になるので十分注意して下さい。
他にも注意していただきたい点がありますので観光にいかれる際は合わせてこちらの記事も呼んでください。

スリランカの治安はいい?悪い?観光時に注意するべき犯罪や安全点を紹介【治安の前に】スリランカってどんな国? スリランカはインド洋に浮かぶ島国で日本と深いかかわり...

<下に続く>

【スリランカ観光】現地通貨と物価事情

スリランカ

スリランカを渡航する際に物価や通貨は気になると思います。
漠然と「日本より安い」といったイメージがありますが、しっかりと知ってから渡航してください。

現地通貨や物価事情を知っておくことでお得に旅行を楽しめたり、トラブルを回避できます。
ぜひ、参考にしてください。

【スリランカ観光】現地通貨

スリランカの通貨は「ルピー(LKR)」が基本通貨で、補助通貨として「セント」が流通しています。
ですが「セント」は流通が少ないので、「ルピー」があれば十分です。

現地で円は使えませんがドルは使えるお店がいくつかあります。
しかし、別途手数料を取られるケースがあるので「ルピー」を持っていくことをお勧めします。

日本国内で円をルピーに両替することはできないので現地での両替になります。
基本は「空港」や「両替所」、「銀行」で両替可能です。

ホテルでも両替できますが、ドルのみの場合が多いので注意してください。

レートは「Rs.1=0.63円」「1円=Rs.1.59」となっています。
なので「1,000円=Rs.634.20」といった感じになります。
(※2019/05/09 現在)

レートは変化しますので、渡航前に改めて確認してください。
「Rs.100=約65円」と考えておくと計算しやすいと思います。

【スリランカ観光】物価事情

スリランカ

まず、多くの方が利用する「タクシー」の値段は気になりますよね。
空港からスリランカ最大都市「コロンボ」までは30分-40分ほどかかります。

料金は1,500円-2,000円の間と思っておけば大丈夫です。
他にも移動手段で使う乗り物として「トゥクトゥク」があります。

「トゥクトゥク」はメーターが付いていますが、基本使いません。
「言い値」と「交渉」によって値段が決まります。

「1km=Rs.100」「2km=Rs.200」といった感じで交渉していくと相場になります。
また、荷物が多い場合は「+Rs.50」するのが基本です。

多少上乗せした値段を伝えてきますが、相場とそこまで変わりなければ乗る方がいいです。

細かい値段交渉は運転手にも悪いイメージを与えてしまいますし、Rs.50(約35円)を値切るなら運転手さんにスリランカの面白い場所を聞いた方が、価値があると感じます。

Q.トゥクトゥクに乗る際、気をつけることは?

A.メーターがあるかないか確認を!

Akikoさんのコメント
交通コロンボ市内のトゥクトゥクはメーターがちゃんと付いているか、ない場合は事前にいくらか確認を。
観光地では特に相場よりも多くとられてしまうことがあるので、気をつけてください。
遠出の際はタクシーチャーターが便利ですが、運転手さんのオススメレストランは、ハズレが多いイメージ。
自分で事前にレストランは調べていくといいです。

商品 LKR(ルピー)
コーヒー Rs.50-80 35-56円
紅茶 Rs.50-80 35-56円
水(1L) Rs.70 約50円
カレー Rs.300-500 210-350円
パパイヤ Rs.65 約100円
マンゴー Rs.65 約100円
マンゴスチン(5個) Rs.130 約200円

コーヒーや紅茶は現地の方が行くお店だと上記の値段くらいですが、WI-FIが使えるようなおしゃれなカフェだとRs.550=約390円になります。

フルーツ類は日本と比べて圧倒的に安いです。
高級フルーツ「マンゴスチン」が200円は破格の安さで、まず日本でこの値段では食べれません。

スリランカといえば「アーユルヴェーダ・オイル」が有名ですが日本で購入するよりは安く買えますがそれでも、観光客価格になっています。

現地の方にハーブガーデンに連れてってあげると言われたら「ぼったくられる」可能性が高いので注意してください。

Q. スリランカのアーユルヴェーダの魅力は?

michiさんのコメント
A.東洋医学として親しまれているAyurvedaですが、
現地のドクターにより脈診があり、自分にあったナチュラルなoilでマッサージが行われます。
oilの力なのか、マッサージ後ハーブサウナに入り汗で毒を出すと身体が本当にスッキリします。

体質改善したい方、不妊治療で多大なお金おかけている方、是非現地のドクターに相談してみてほしいです。

また、ホテルは比較的格安で宿泊できるので、ありがたいです。
観光の際セキュリティー面を考えて、どうしてもホテル代が高く付いてしまうことがあります。

ですが、スリランカは5つ星の高級ホテルも10,000円前後で宿泊可能なので宿泊費を抑えられ、観光を安全によりお得に楽しめます。

Akikoさんのコメント
物価が安いので、5つ星や4つ星のホテルでディナーやハイティーを気軽な値段で楽しめるのが魅力的。
遠出しないでコロンボ近郊でアーユルヴェーダやホテル巡り等、海を眺めながらゆったりしにくるのが贅沢な過ごし方!

そしてスリランカには「チップ制度」があります。
日本ではなかなかチップ文化がないので相場等がわかりづらいですが観光の際は必ず渡してください。

  1. 1分ほどの簡単なお願いに対しては「Rs.50-100=35円-70円」
  2. マッサージ等のサービスを受けたら「RS.300-500=210円-350円」
  3. タクシー等をチャーターしたら「Rs.300-600=210円-420円」
  4. 飲食店でサービスを受けた場合「お会計の10%程度」

チップ文化がある国で全くチップを渡さないという行為は大変失礼な行為になります。
「いまいち」と思っても少額でいいのでチップを渡すようにしてください。

スリランカの通貨はルピー。物価は安い?高い?日本と比較【交通費|食費】スリランカの通貨はルピー p-insta:(https://www.instagram.com...

<下に続く>

【スリランカ観光】現地の歴史と文化

スリランカ

ブッタが訪れた仏教の聖地として広く親しまれているスリランカ。
そんなスリランカの歴史は紀元前にまで遡り、今尚歴史的な建造物が残っている場所です。

宗教上の教えで礼儀正しく、親しみやすい国民性で観光の際は助けてくれる人も多いです。
国旗や国家に対して強い思いがあり冒瀆した行為は国外追放の処罰を受けるケースもあるので注意して下さい。

日本人にとって忘れてはいけないスリランカとの繋がりがあるのです。
戦後敗戦国としては「高額な賠償金」「主権制度」「日本4分断」を求められました。

どうにもできない日本のピンチを救ったのは当時スリランカの首相であった「JR•ジャヤワルダナ」でした。
各国が自国の利害のことを考え議論されている中、「ジャヤワルダナ」だけはスリランカの利害ではなく、日本を助ける演説をしていました。

敗戦国に対し利害ではなく「尊敬と共感」を表明した「ジャヤワルダナ」のスピーチに会場は静まりました。
日本軍から大きな被害を受けたスリランカのトップがこのような演説をし世界中の考えを変えさせたのです。

その後アジア諸国をはじめ、欧米の各国も彼のスピーチに賛同して日本の国際社会復帰をサポートしてくれました。
「ジャヤワルダナ」の演説なしには今の日本は存在しなかったのです。

「JR•ジャヤワルダナ」への感謝は、我々は忘れてはならない近代史の重要な出来事です。
その後「ジャヤワルダナ」の遺言により彼の目は日本人とスリランカ人に移植され受け継がれていきました。

日本とスリランカの強い繋がりはこういった歴史があったからとも言えます。

<下に続く>

【スリランカ観光】日本からのアクセス方法

空港の飛行機

日本からスリランカへは、飛行機で約10時間ほどの空の旅にになります。
「成田空港」からスリランカ最大の都市コロンボにある「バンダラナイケ国際空港」への直行便が運行しています。

他にも、成田空港を始め「羽田・札幌・中部・関西・福岡」からもスリランカへの接続便が出ています。
「シンガポール・バンコク・クアラルンプール」などの東南アジアを経由して「バンダラナイケ国際空港」を目指す方法もあります。

他にもいくつか経由地点や行き方はありますがこちらの行き方が主流です。

<下に続く>

魅力溢れるスリランカで刺激的な観光を楽しもう

スリランカ

日本と同じ島国「スリランカ」には刺激的な観光があります。
日本では体験できないような非日常があらゆる場所に存在していてどんな些細なことでも観光を素晴らしい思い出にします。

スパイスの効いたカレーは美味しく何度もリピートしたくなる絶品で、スリランカ名産のセイロンティーはお土産にぜひ買って帰りたい物です。

他にもスリランカならではのたくさんの物があってまた訪れたくなる国がスリランカなのです。
スリランカ観光を通して忘れられない素敵な思い出を作ってください。

「自然」「動物」「人間」が共存しているスリランカで思いっきり観光を楽しんでください。
これまでにない刺激的な観光が待っています。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line