どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/08/26

フロリダで人気のおすすめ観光地&名所25選!

Florida(フロリダ州)は、アメリカの中でも高級リゾートとテーマパークが多くあるエリアとして知られています。
今回はそんな観光客が多く訪れるフロリダに注目し、それぞれのエリアごとにおすすめしたい観光スポットをその土地ならではの魅力と共にお届けします。

定番の観光地はもちろん、日本のガイドブックには載っていないような穴場スポットまで一気にご紹介しましょう。

Large ashley satanosky mwn686fsbgs unsplash  1

フロリダ観光の基本情報

フロリダの風景

Florida(フロリダ州)はアメリカ南東部に位置し、一年を通じて温暖な気候なことからSunbelt(サンベルト;日照時間が長いエリアのこと)と呼ばれるエリアに属しています
州内には高級リゾートビーチの多いMiami(マイアミ)や、全米屈指の数多くのテーマパークが立ち並ぶOrlando(オーランド)、そしてこれら二つの都市よりも比較的静かで穏やかなTampa(タンパ)などが主な都市として知られています。

これら3都市にはフロリダを代表する観光スポットが多く集まり、年間多くの観光客が訪れるアメリカ屈指のエリア。
また自然保護区も多く、フロリダならではの野生動物が生息する貴重な場所でもあります。

数々の戦争や地理的条件からも、フロリダ州では白人の他ヒスパニック系の人種が多く、英語の他にスペイン語なども一部では多く話されています。

アメリカ・フロリダ州観光の基本情報
時差 -14時間 (※サマータイム時は-13時間)
フライト時間 約17時間 (乗り継ぎ便利用)
言語 英語
通貨 アメリカ・ドル (1ドル=105円;2019年8月現在)
ベストシーズン 3月~4月および10月~11月
気候 一年を通し温暖な気候に恵まれ、6月~8月は真夏日が多く30度以上の猛暑日が続く。11月~3月までは安定した気温が続くものの、朝晩の寒暖差が大きいのが特徴。
<下に続く>

フロリダ・マイアミ周辺観光で人気のおすすめスポット9選

フロリダマイアミのビーチ

Miami(マイアミ)はフロリダ州南端に位置する、州内最大の都市です。
マイアミと言えばMiami Beach(マイアミ・ビーチ)が有名で、年間多くの観光客が訪れるリゾートビーチ。

古くは漁業の盛んな街でしたが、後に食品工業やグレープフルーツなどの柑橘類が有名となり、現在ではコンピュータをはじめとする電子部品産業が主産業となっています。
またアメリカの経済紙として知られるForbes(フォーブス誌)では、かつて全米で最もクリーンな街としてマイアミが紹介されるほど注目が集まる街。

観光スポットはもちろん美しいビーチがたくさんあるマイアミは、キューバにも近いことから多彩な文化が共存する街でもあります。

では、フロリダ・マイアミ周辺のおすすめ観光スポットをみていきましょう。
フロリダ・マイアミ周辺には以下の観光スポットがあります。

  1. Ocean Drive(オーシャン・ドライブ)
  2. Vizcaya Museum and Gardens(ヴィスカヤ・ミュージアム&ガーデンズ)
  3. Miami Seaquarium(マイアミ・シークアリウム)
  4. Bayside Marketplace(ベイサイド・マーケットプレイス)
  5. Jungle Island(ジャングル・アイランド)
  6. Lincoln Road(リンカン・ロード)
  7. Pérez Art Museum Miami(ペレス美術館マイアミ)
  8. South Point Park Pier(最南端ふ頭)
  9. Bill Baggs Cape Florida State Park(ビル・バグス・ケープ・フロリダ州立公園)

続いて、それぞれの観光スポットを詳しく見ていきます。

Ocean Drive(オーシャン・ドライブ)

フロリダはリゾート地として知られているため、観光客や有名なセレブたちがお忍びで訪れるスポットでもあります。
中でもマイアミにある「Ocean Drive(オーシャン・ドライブ)」と呼ばれる通りには、おしゃれなレストランやナイトクラブが多くあるのも特徴です。

日中のオーシャン・ドライブはポップな印象ですが、夜になるとキラキラと光り輝くネオンサインが浮き上がり、アールデコ調の建物はより一層マイアミらしい雰囲気を作り出しています。
若者に人気のナイトスポットが多くあり、セレブたちが乗る高級車が続々と走る光景も、このオーシャン・ドライブの特徴と言えるでしょう。

Ocean Drive(オーシャン・ドライブ)

Vizcaya Museum and Gardens(ヴィスカヤ・ミュージアム&ガーデンズ)

「Vizcaya Museum and Gardens(ヴィスカヤ・ミュージアム&ガーデンズ)」は、マイアミ・ダウンタウンの南部Coconut Grove(ココナッツグローブ)と呼ばれるエリアにある豪華宮殿と庭園です。
もともと農業機器の製造販売をしていたJames Deering(ジェームズ・ディーリング氏)の冬の別荘として建てられ、現在はミュージアムとして一般公開やウェディングなどの特別イベント等にも利用されています。

広大な敷地内には色鮮やかな花が咲き誇り、緑あふれる庭園内には素晴らしい大理石の彫刻が飾られていて、雰囲気はイタリア・トスカーナ地方にある豪華ヴィラのよう。
博物館内は中世ヨーロッパを思い起こさせるようなタペストリーがいくつも飾られ、各部屋全てがゴージャスな内装となっています。

まさにフロリダ観光にふさわしい、観光スポットの一つです。

Vizcaya Museum and Gardens(ヴィスカヤ・ミュージアム&ガーデンズ)

Miami Seaquarium(マイアミ・シークアリウム)

「Miami Seaquarium(マイアミ・シークアリウム)」は、Virginia Key(ヴァージニア・キー島)にある海洋公園です。
水族館が開園したのは1955年で、アメリカ国内における最古の水族館としても知られています。

フロリダは数多くの観光アトラクションのあるエリアとしても有名ですが、水族館の目玉として知られるのは世界最古のシャチ・ロリータが繰り広げるショー。
膨大な水しぶきと共にジャンプをしたり、愛嬌のある表情で訪れた観光客を喜ばせてくれるしぐさがなんとも可愛らしい動物です。

さらにイルカやアザラシ、アシカと言った動物たちのショーも人気があり、マナティーや海ガメの生態系なども観察できるので、子供から大人まで人気の観光スポットとなっています。

Miami Seaquarium(マイアミ・シークアリウム)

Bayside Marketplace(ベイサイド・マーケットプレイス)

「Bayside Marketplace(ベイサイド・マーケットプレイス)」は、マイアミ・ダウンタウンの東側にあるBiscayne Bay(ビスケーン湾)に面したショッピングモールです。
海に面しているので南国ムードが漂い、コロニアル調の建物は古き良きアメリカを思わせるようなノスタルジックな雰囲気。

マーケット内はA・B・C・D・Eの5つのエリアに分かれ、アクセサリーや洋服などのファッションを中心に、フロリダならではのお土産品、電化製品、レストランやフィットネスまであります。
地元の人たちにとっては憩いの場、また観光客にとってはフロリダの雰囲気をたっぷりと味わいながらショッピングを楽しめる場所となっています。

毎日午後には、港に面したステージにて地元バンドによる演奏も行われています。
ロック、ポップ、レゲーと選ばれしバンドマンたちが奏でる音楽は、なんとも心地よいサウンドとして波音と共に心に響くのだそう。

Bayside Marketplace(ベイサイド・マーケットプレイス)

Jungle Island(ジャングル・アイランド)

「Jungle Island(ジャングル・アイランド)」は、フロリダならではの南国ムード漂う動物園として人気です。
動物園がオープンしたのは今から約80年ほど前で、当時は鳥類がメインの動物園も幾たびのハリケーン被害にも耐え忍び、現在ではカラフルなオウムたちをはじめ、フラミンゴやフロリダにしか生息しない動物など貴重な生き物たちに出会える観光スポット。

こちらの動物園の魅力は何と言っても動物たちに触れたり(一部のみ)、一緒に記念撮影ができることです。
特にホンジュラスの国鳥としても知られる「アカコンゴウインコ」は人気で、そのひょうきんさと賢さに多くの観光客が親近感を感じるのだとか。

アカコンゴウインコは熱帯雨林に生息し、鋭いクチバシで好物のナッツ類の殻を割って食べることができるくらいなので、クチバシには気を付けた方がよさそうですね。

Jungle Island(ジャングル・アイランド)

Lincoln Road(リンカン・ロード)

「Lincoln Road(リンカーン・ロード)」は、現地では「リンカーン・ロード・モール」等の呼び名で知られるフロリダ随一のショッピングスポット
通り沿いには多くのショッピングスポットをはじめ、レストランやバー、おしゃれなカフェまである一度に全部楽しめる人気観光スポットです。

通りそのものがショッピングモールのような感じで、通りは歩行者天国、オープンエアー式のショッピングモールとして一日中楽しめます。
ギャラリーも数多くあるので、のんびりしながらフロリダ観光を満喫できる場所としても人気。

また深夜にはパフォーマーたちも現れ、フロリダの夜をそれぞれのパフォーマンスで沸かせるにぎやかな通りとなっています。

Lincoln Road(リンカーン・ロード)

Pérez Art Museum Miami(ペレス美術館マイアミ)

「Pérez Art Museum Miami(ペレス美術館マイアミ)」は、2013年12月にオープンした20世紀以降の作品が展示されている美術館です。
ウォーターフロントに位置し、周囲には博物館や公園などの観光スポットもありフロリダの風を感じながら散策するのにもぴったり。

そもそも美術館の名前は、アルゼンチン系アメリカ人の億万長者として名高いJorge Perez(ホルヘ・ペレス氏)から取り、彼は慈善家としても有名です。
マイアミの美術愛好家たちが長年求め続けていた美術館には、20世紀を代表する現代作品を中心に、アメリカのみならずラテンアメリカやカリブ地域との関係を示す美術作品が世界中から収集されとても興味深い内容となっています。

Pérez Art Museum Miami(ペレス美術館マイアミ)

South Point Park Pier(最南端ふ頭)

「South Point Park Pier(最南端ふ頭)」は、文字通りマイアミビーチの最南端に位置するふ頭で、素晴らしい景色が眺められる絶好のポイントとして知られています。
周辺は市民が集う憩いの場として、1984年に約360万ドルもの巨額資金が投じられ建設された公園です。

園内には、円型劇場をはじめ二つの展望塔、ピクニックパビリオン、フィットネスコース、遊歩道等があり、フロリダでも人気のある公園の一つとして観光客にも大人気。
2009年には大規模修復工事も完了し、ますます景観もよくなり散策にもぴったりですよ。

South Point Park Pier(最南端ふ頭)

Bill Baggs Cape Florida State Park(ビル・バグス・ケープ・フロリダ州立公園)

「Bill Baggs Cape Florida State Park(ビル・バグス・ケープ・フロリダ州立公園)」は、貸別荘が多いことでも知られるKey Biscayne(キービスケーン)と呼ばれる小さな島の南にある州立公園です。
アメリカのトップ10に入る美しいフロリダのビーチとして知られ、多くの観光客が訪れる人気スポット。

この公園は公民権運動活動家として広く知られていたBill Baggs(ビル・バグス氏)に因んで名づけられ、土地の保護活動に献身的に取り組んだ一人でもあります。
またかつてアメリカで奴隷制度が厳しかった時代に、黒人たちがバハマへ自由を求めて逃亡しようとした秘密の港でもあり、現在の景観からは想像できない重要な歴史が刻まれた場所。

公園内ではビーチを散策したり、ハイキングやマウンテンバイクなど、ビーチ沿いを思い思いに過ごせる絶景スポットとなっています。

Bill Baggs Cape Florida State Park(ビル・バグス・ケープ・フロリダ州立公園)
<下に続く>

フロリダ・オーランド周辺観光で人気のおすすめスポット9選

フロリダオーランドの風景

Orlando(オーランド)はフロリダ中央部に位置し、全米屈指のテーマパークが集中する観光都市として有名です。
オーランドには実に約30ものテーマパークがあり、世界最大級を誇るテーマパークばかり。

オーランドで特に有名な「Walt Disney World Resort(ウォルトディズニー・ワールド・リゾート)」も、日本では味わえない興奮と驚きがたくさんあり年間多くの観光客が訪れる本場ならではの観光スポットです。
フロリダらしい太陽が降り注ぐ中でたくさんのテーマパークを廻ったり、大自然も多いフロリダで過ごすならオーランドが一番おすすめ。

もちろんテーマパークだけでなく、ショッピングやグルメを堪能できる街として注目を集めている場所です。

では、フロリダ・オーランド周辺のおすすめ観光スポットをみていきましょう。
フロリダ・オーランド周辺には以下の観光スポットがあります。

  1. Walt Disney World Resort(ウォルトディズニー・ワールド・リゾート)
  2. Universal Orlando Resort(ユニバーサル・オーランド・リゾート)
  3. SeaWorld Orlando(シーワールド・オーランド)
  4. Discovery Cove(ディスカバリー・コーブ)
  5. Gatorland(ゲーターランド)
  6. ICON Park(アイコンパーク)
  7. Orlando Science Center(オーランド科学センター)
  8. Aqutica Orlando(アクティカ・オーランド)
  9. Kennedy Space Center(ケネディ宇宙センター)

続いて、それぞれの観光スポットを詳しく見ていきます。

Walt Disney World Resort(ウォルトディズニー・ワールド・リゾート)

「Walt Disney World Resort(ウォルトディズニー・ワールド・リゾート)」は、ディズニーファンなら誰もが一度は憧れる「一生に一度は行きたい観光スポット」です。
山手線内の面積1.5倍もの総面積を誇るリゾート内には、4つのテーマパークに加え2つウォーターパークの他、ディズニー直営ホテルが20軒以上もあります。

4つのテーマパークのうち「Magic Kingdom(マジック・キングダム)」ではアトラクションやショーが楽しめ、最新のテクノロジーを駆使した「Epcot(エプコット)」、映画の世界がのぞける「Disney's Hollywood Studios(ディズニー・ハリウッド・スタジオ)」、動物をテーマとした「Disney's Animal kingdom(ディズニー・アニマル・キングダム)」があります。
フロリダのディズニーを楽しむなら最低でも4日は必要と言われ、多くの観光客は通常1週間は滞在期間を設けているのだとか。

2019年8月には新しいリゾートチケット「Mid-Day Magic Ticket(ミッドデイ・マジック・チケット)」と呼び名が変わり、4つのパークを行き来可能なPark Hopper Option(パークホッパーオプション)の他、ゴルフコースやウォーターパークへの入場も可能なPark Hopper Plus Option(パークホッパープラスオプション)も従来どおりです。

Walt Disney World Resort(ウォルトディズニー・ワールド・リゾート)

Universal Orlando Resort(ユニバーサル・オーランド・リゾート)

「Universal Orlando Resort(ユニバーサル・オーランド・リゾート)」はユニバーサル・スタジオが手掛けたテーマパークで、先にご紹介したディズニー・ワールド・リゾートと並ぶフロリダの人気観光スポットです。
園内には「Universal Studios Florida(ユニバーサルスタジオ・フロリダ)」、「Universal's Islands of Adventure(アイランズ・オブ・アドベンチャー)」といった2つのテーマパーク、そしてウォーターパークとして知られる「Universal's Volcano Bay(ボルケーノ・ベイ)」、さらに7つのホテル(2020年3月には新たにもう一つオープン予定)・商業施設が建ち並んでいます。

ユニバーサルスタジオ・フロリダには日本のUSJでは体験できないアトラクションも多く、映画の世界を忠実に再現した建物も多いのだそう。
一つ一つのクオリティが素晴らしいのでもちろん映画を知らなくても十分楽しめますが、映画を観てより深く映画の世界を堪能できる観光スポットとなっています。

SeaWorld Orlando(シーワールド・オーランド)

「SeaWorld Orlando(シーワールド・オーランド)」もまた、テーマパークの多いフロリダ・オーランドでは大人気の観光スポットです。
シーワールドの魅力はいくつかありますが、水槽の中の生き物だけでなく子供たちに人気なのが可愛いイルカたちと実際に触れ合うことができるツアー。

もちろんイルカだけでなく、アシカと触れ合うツアーやショーもあり人気です。
さらにシーワールドの名物と言えば迫力満点なシャチのショーで、遠くからでもそのワイルドなパフォーマンスを十分に楽しめます。

また水族館だけでなく遊園地もあるので迫力満点な乗り物や、フロリダ・オーランドの景色を楽しめるようなアトラクションなどさまざま。
さらに「SESAME STREET LAND(セサミストリート・ランド)」が新しくオープンしたばかりなので、こちらも見逃せませんね。

SeaWorld Orlando(シーワールド・オーランド)

Discovery Cove(ディスカバリー・コーブ)

「Discovery Cove(ディスカバリー・コーブ)」は、フロリダ・オーランドにある1日1000人限定の完全予約制のテーマパークリゾート
入場者数が決まっているので、混雑や待ち時間の心配もなくゆったり過ごしたい方には特におすすめの人気観光スポットです。

パーク内は陸地にあるにも関わらずイルカやエイと一緒に泳いだり、楽園ビーチでしか体験できないようなシュノーケルなども楽しめます。
また熱帯魚やオウムなどの餌付けさらに洞窟探検など、専属のトレーナーのもと自然と動物たちとの触れ合いができるテーマパークとなっています。

全てが入場料に含まれる「オール・インクルーシブ制」なので、水着だけ用意して行けば、必要となるウェットスーツ、タオル、シュノーケルグッズの他、レストランでの飲食も自由に取ることができます。

Discovery Cove(ディスカバリー・コーブ)

Gatorland(ゲーターランド)

「Gatorland(ゲーターランド)」は、フロリダにある「世界一のワニ園」と称される人気観光スポットです。
園内には各種さまざまなワニをはじめ、ヘビ、巨大カメ、フラミンゴなどの鳥類もいるユニークな動物園。

世界有数の規模を誇る園内には南フロリダに生息するワニが飼育され、「ゲーター・レスリング」はトレーナーによる変わった調教が見れる人気ショーとなっています。
また生肉をめがけてワニの巨体がジャンプする姿が見れる「Gator Jumparoo(ゲーター・ジャンパルー)」、またワニたちがいる沼地の上を固定金具をつけ、ぶら下げられたまま移動する「SCREAMIN’ GATOR ZIP LINE(スクリーミン・ゲーター・ジップライン)」等、恐怖の中にもワニにまつわるアトラクションやショーが盛りだくさんとなっています。

Gatorland(ゲーターランド)

ICON Park(アイコンパーク)

「ICON Park(アイコンパーク)」は、大観覧車や水族館、さらにマダムタッソー蝋人形館などのアトラクション施設をはじめ、レストランやショップが集結したフロリダ・オーランドの複合施設
観覧車を中心としたエリアは遠くからでも見え、人気の観覧車からはダウンタウンはもちろん、セントラルフロリダの風景を一望でき観光客が多く集まるスポットの一つとなっています。

「The Wheel(ザ・ウィール)」と地元では呼ばれている観覧車は実はアメリカ東海岸で最も高く、頂上は地上122mの高さにも及ぶのだとか。
日中の景色も素晴らしいですが、サンセット時や夜のライトアップされたフロリダの街並みを眺めながらのんびりするのがカップルのお決まりデートコースとして人気です。

ICON Park(アイコンパーク)

Orlando Science Center(オーランド科学センター)

「Orlando Science Center(オーランド科学センター)」は、オーランドが誇る科学の殿堂とも呼ばれる観光スポットとして知られています。
白いドーム型の建物が特徴で、天文・人体・コンピュータ・フロリダの生態系などさまざまなテーマを扱ったサイエンスセンターです。

見どころはドーム内にあるCrosby(クロスビー天文台)で、一般公開されているものとしてはフロリダ最大の屈折望遠鏡があります。
不定期に太陽や夜空に輝く惑星の観測会も開催されるので、興味のある方は事前にスケジュールを確認しておくといいでしょう。

屋内の観光スポットとなるため、雨天や蒸し暑い夏の観光にも最適です。

Orlando Science Center(オーランド科学センター)

Aqutica Orlando(アクティカ・オーランド)

「Aqutica Orlando(アクティカ・オーランド)」は、先にご紹介したシーワールドに隣接する南太平洋をイメージしたウォーターパーク
園内には本物のイルカが泳ぐ池を通り抜ける「Dolphin Plunge(ドルフィン・プランジ)」と呼ばれるスライダーが人気です。

他にも専用の浮き輪ボートに乗りながら爽快に滑り落ちるスライダーや、ハイスピードの出るスライダー、浮き輪に乗りながら流れにまかせてゆらゆらできるプールなどさまざま。
フロリダは年間を通じ温暖なため、年間を通し営業しているのもうれしいですね。

入場チケットは単独の利用も可能ですが、近隣のシーワールドをはじめとする施設にも利用できるチケットが観光客には人気のようです。

Aqutica Orlando(アクティカ・オーランド)

Kennedy Space Center(ケネディ宇宙センター)

「Kennedy Space Center(ケネディ宇宙センター)」は、フロリダ半島の東側・Cape Canaveral(ケープ・カナヴェラル)に位置する世界中で有名な観光スポットの一つです。
NASA(アメリカ航空宇宙局)の管理のもと、1968年以来、現在も有人宇宙飛行が行われる施設としても知られています。

施設内は一般公開されている「Visitor Complex(ビジター・コンプレックス)」では、これまでの宇宙開発の歴史が一目でわかる展示や映像があり、子供から大人まで楽しむことができます。
さらにビジター・コンプレックスにてバスツアーに申し込むと、一部宇宙センター内部も見学できるそうですよ。

さまざまな展示やシアターなど盛りだくさんなので、朝から晩まで過ごせるテーマパークです。

Kennedy Space Center(ケネディ宇宙センター)

オーランドは全米No.1観光地!おすすめのスポット25選を紹介!オーランドってどんなとこ? オーランドは、フロリダ州中央部に位置する観光都市。
空の玄関口で...

<下に続く>

フロリダ・タンパ周辺観光で人気のおすすめスポット7選

フロリダタンパの風景

「Tampa(タンパ)」は、フロリダ中部・メキシコ湾沿いに位置する観光都市として知られています。
フロリダ西海岸の玄関口として以前は漁業や葉巻タバコの生産が盛んでしたが、今日では半導体産業やマリンスポーツなどの観光業が人気のエリアとなっています。

近郊ではドルフィンウォッチングや野生のマナティーが見れるスポットなど、フロリダならではのアクティビティーも盛んです。
マイアミほど華やかな都市ではないので、静かにフロリダの雰囲気を楽しみたい方にはおすすめ。

では、フロリダ・タンパ周辺のおすすめ観光スポットをみていきましょう。
フロリダ・タンパ周辺には以下の観光スポットがあります。

  1. Bob Graham Sunshine Skyway Bridge(ボブ・グラハム・サンシャイン・スカイウェイ橋)
  2. Busch Gardens Tampa Bay(ブッシュガーデン・タンパベイ)
  3. The Florida Aquarium(フロリダ水族館)
  4. Lowry Park Zoo(ロウリーパーク動物園)
  5. Manatee Viewing Center(マナティー・ビューイング・センター)
  6. Salvador Dalí Museum(サルバトール・ダリ美術館)
  7. Weedon Island Preserve(ウィードン・アイランド保護区)

続いて、それぞれの観光スポットを詳しく見ていきます。

Bob Graham Sunshine Skyway Bridge(ボブ・グラハム・サンシャイン・スカイウェイ橋)

「Bob Graham Sunshine Skyway Bridge(ボブ・グラハム・サンシャイン・スカイウェイ橋)」は、フロリダ州タンパ湾にかかる橋で地元では短く「サンシャイン・スカイウェイ橋」、もしくは「ザ・スカイウェイ橋」と呼ばれています。
全長約6.7km、建設から完成まで5年の歳月を要し、実に総工費24400万ドルもの経費がかかったと言われる観光名所の一つ。

この橋が有名になったのは、現代的な建築デザインはもちろん自動車のCMに起用されたことでも知られています。
CMのように爽快な走りはできなくても、海風の心地よさとその絶景を楽しむにはドライブが一番ですね。

Bob Graham Sunshine Skyway Bridge(ボブ・グラハム・サンシャイン・スカイウェイ橋)

Busch Gardens Tampa Bay(ブッシュガーデン・タンパベイ)

「Busch Gardens Tampa Bay(ブッシュガーデン・タンパベイ)」は、フロリダにあるあらゆるテーマパークのアトラクションをも上回る絶叫マシンがあることでも知られています。
また遊園地だけでなく、アフリカをテーマとした動物が飼育されていることでも有名で、フロリダでも人気の観光スポットとなっています。

ブッシュガーデンはもともとカリフォルニア州ではじまった遊園地で、動物園と融合したテーマパークとなったことでタンパの地にオープン。
エジプト、モロッコ、そしてタンザニア北部にあるアフリカでは一番よく知られた「セレンゲティ国立公園」等をテーマとした11ものエリアに、それぞれの雰囲気を楽しみながら動物たちを間近で見れるテーマパークとして大人気となっています。

Busch Gardens Tampa Bay(ブッシュガーデン・タンパベイ)

The Florida Aquarium(フロリダ水族館)

「The Florida Aquarium(フロリダ水族館)」はタンパのダウンタウンに位置する、人気の観光スポットです。
館内にはフロリダならではのカラフルな野生生物や動植物が飼育され、その数は約2万点とも言われるほど。

水族館の目玉とも言える「Swim With Fisher’s(スイム・ウィズ・フィッシャーズ)」と呼ばれるプログラムでは、海の生き物と一緒に泳ぐことができ子供から大人まで大人気のプログラム。
またサメを丸呑みすることで知られる巨大魚「Giant grouper(ジャイアント・グルーパー;別名タマカイ)」は、重量135kgもあり必見です。

The Florida Aquarium(フロリダ水族館)

Lowry Park Zoo(ロウリーパーク動物園)

「Lowry Park Zoo(ロウリーパーク動物園)」は飼育環境の整った動物園として知られ、フロリダのみならずアメリカ国内でも家族向けの動物園として人気があります。
園内はFlorida Wildlife(フロリダ・ワイルドライフセンター)をはじめ、Asian Gardens(アジアン・ガーデンズ)、Primate World(プライメイト・ワールド)、Carousel Circle(カルーセル・サークル)等他、7つのエリアに分かれそれぞれ特徴ある動物たちに出会える人気スポット。

家族向けの動物園として人気なので子供たちが喜ぶワラビーに接近したり、キリンへの餌付け、さらにジェットコースターやボート、メリーゴーランドなどのアトラクションまであります。
世界中から集まった動物を一ヶ所で見ることができる家族向けの人気観光スポットなので、小さなお子さんのいる方には特におすすめです。

Lowry Park Zoo(ロウリーパーク動物園)

Manatee Viewing Center(マナティー・ビューイング・センター)

「Manatee Viewing Center(マナティー・ビューイング・センター)」は、フロリダの中でも無料でマナティーが観察できる絶好の観光スポットです。
意外にもフロリダ近郊にはマナティーが多く生息し、一時は絶滅危惧種に指定されましたが研究者やボランティアの方達の功労が実り、現在では生息数も増えているのだそう。

マナティーはジュゴンと見間違えることが多いですが、一般的にマナティーは尾びれに丸みがあるのが特徴です。
また口もとはジュゴンよりも上向きになっているので、水中に浮かぶ海藻類を食べるのに適しています。

センターそのものは発電所に隣接し、たくさんのマナティーが観察できることでも有名。
マナティーは性格上、のんびりとしているため訪れる時間帯によってはただプカプカと浮いている姿しか見れない場合もありますが、そこがマナティーの愛くるしい姿です。

Manatee Viewing Center(マナティー・ビューイング・センター)

Salvador Dalí Museum(サルバトール・ダリ美術館)

Salvador Dalí(サルバトール・ダリ)は、スペイン出身の20世紀を代表する多才な画家として有名です。
そんなダリのコレクションが集まる「Salvador Dalí Museum(サルバトール・ダリ美術館)」は、フロリダ州タンパ郊外のSaint Peterburg(セントピーターズバーグ)にある、アメリカ最大とも言われ多くの観光客が訪れる観光スポット。

ダリの作品は主にヨーロッパの美術館を中心に貯蔵されていますが、名作と言われる18作品のうち7作品がこのフロリダで展示されています。
ダリの名作のほとんどは1.5m以上のキャンバスに描かれたものですが、アメリカ国内の他美術館ではいずれも小型のものが主流なのだとか。

美術書などで一度は目にしたことのある作品が展示されているので、美術に疎い方でも存分に楽しめる美術館となっています。

Salvador Dalí Museum(サルバトール・ダリ美術館)

Weedon Island Preserve(ウィードン・アイランド保護区)

「Weedon Island Preserve(ウィードン・アイランド保護区)」は、フロリダ・タンパベイにある重要な考古学保護区となっている観光スポットです。
ダリ美術館のあるセントピーターズバーグから車でわずか20分程度の場所に位置していますが、その保護区の全容を眺めると何千キロも離れているような感覚になる自然多い場所。

静かで穏やかな湿地帯では自然ならではの生態系を観察でき、のんびりとトレイルやハイキングなどアウトドアが楽しめるスポットとしても人気です。
また敷地内にある文化自然史センターでは、フロリダの自然の成り立ちがわかるような展示やさまざまなワークショップに参加することもできるので、数々のテーマパークだけでは物足りないアウトドア派の方におすすめの観光スポットとなっています。

Weedon Island Preserve(ウィードン・アイランド保護区)
<下に続く>

フロリダで思いっきり観光しよう!

フロリダの観光

フロリダ州はディズニーワールドがとても有名ですが、その他にも多くのテーマパークや大自然が残る観光スポットがたくさんあります。
観光客を魅了して止まないフロリダですが、マイアミ、オーランド、タンパそれぞれの都市にそれぞれの魅力があるのも特徴です。

フロリダ観光を計画中なら、上記3都市の観光も忘れずに周りたいところですね。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line