どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/01/04

マンチェスターの人気観光地15選!【グルメ/ショッピング/治安】

イギリス北西部にあるマンチェスターは、周辺にリバプール、バーミンガムなど有名な大都市がすぐそばにあります。そんなマンチェスターはフットボールチームが二つありとても有名です。世界各国からサッカーの試合を見に来る人がいるほどです。今回はそんなマンチェスターでフットボールの試合が行われる有名なスタジアムから最大級のブランドショップがあるモールまで項目別にご紹介します。

Large paul codling 350380 unsplash
目次

マンチェスターってどんな街?観光の前に基本情報を知っておこう!

マンチェスターの町並み

今回は、マンチェスターについて紹介します。
英国は、少し複雑な国で、英国といったときに、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドにわかれています。

そのうちのイングランドのにあるのが、マンチェスターです。
マンチェスターは、グレーターマンチェスターという都市郡にです。

この郡は全部で10あり、英国英語ではボーローと呼ばれています。
boroughと綴り、行政区の意味です。

町の名前などになる場合は、バラとなり、同じくイギリス北部にある町scarboroughのようにスカーバラと呼ばれます。

マンチェスターのすぐそばにはビートルズを生んだことで知られるリバプールなど有名な都市があります。

そんなマンチェスター市は、人口がおよそ、49万人で、北部イングランド9位の人口を誇っています。

そんなマンチェスターですが、過去には、ロンドン、リバプール、バーミンガムなどと並んで英国経済をけん引して行くほどの都市でした。

1930年代をピークに産業も下向きになり、中・低所得者が多く暮らしているのも事実です。

金持ちになるには、サッカー選手かロック歌手になるしかないといわれるほど、さびれた北部にあるマンチェスターは、リバプールと並んでサッカーでも知られます。

マンチェスターからは、有名なサッカー選手ウェルベック、音楽では兄弟でかつてバンドをしていたノエルとリアムギャラガー兄弟などがいます。

そんなマンチェスターの歴史や地理を次は見ていきましょう。

イギリス文化を知る!マナーや生活習慣の特徴、日本との違いは?イギリスはどんな国?由来や歴史、行事など
イギリスの正式名所は「グレートブリテン及び北アイル...

マンチェスターの歴史や地理

イギリス北西部にある都市であるマンチェスターは、ローマ人によって作られたのがはじまりです。
ローマ人は、マンチェスターの土地のことを胸のような形をした丘という意味の「Mamucium 」と名付けていました。

その後、1086年頃にMamecester と呼ばれる村が生まれ、これがのちのマンチェスターの語源になっているといわれています。

中世期のマンチェスターは、紡績工業が盛んでした。そのほかにも、皮革産業が発達していました。

紡績産業は、18世紀ごろまで盛んでした。その後、19世紀に入り産業革命が起きます。

このころに整備された運河や、製粉所などがマンチェスターには残っていて、ユネスコに登録する動きもあります。

さて、北部にあるマンチェスターですが、気候などはどうなのでしょうか。北緯は53度とかなり北にあるために、冬場は寒さがあります。

マンチェスターの治安は?

海外旅行へ行く際は、どの町や国に行くにしても不安でいっぱいではないでしょうか。
マンチェスターがあるイギリスという国は、世界的に比べて比較的安全な国のひとつと言われています。

どの国でも大都市ほど、旅行者を狙う軽犯罪が多く、マンチェスターも比較的軽犯罪率が高い都市として知られています。

旅行ガイドブックやツーリストインフォメーションセンターで、危険といわれるような地域には、避けるようにしましょう。

アメリカなどへ頻繁に旅行されている方にとってはマンチェスターや英国は安全でしょう。
銃問題での事件もかなり低いです。

一人の時に、タクシーやUberなどを利用しないようにしましょう。
また、大金を持って歩くのは気を付けましょう。

マンチェスターへの行き方

日本からマンチェスターへ行くのには、一般的に飛行機を利用することになります。現在、日本からマンチェスターまでは直行便が飛んでいません。

そのため、ヨーロッパ、もしくは、アジア、中東などのどこかの都市で一度乗り継ぎをする形になります。

もう一つの方法は、一度ロンドンまで直行便を使った後に、英国内で飛行機に乗り換えるか、電車、バスを利用してマンチェスターへ行く方法です。

飛行機でロンドンまでは12時間かかります。
その後、ロンドンのイーストンからマンチェスターピカデリーまで列車にのったとしても2時間ほどで到着できます。

飛行機でロンドンへ飛び、そこから列車だと15時間ほど、飛行機で他の国からトランジットとしたとして、最低でも15時間以上となるでしょう。

<下に続く>

マンチェスターに観光に必要な日数はどれくらい?

null

往復でかかる時間をかけると二日は、飛行機などの移動にかかると考えましょう。
ショッピングには、一日はとりたいところです。

サッカーが好きな人の場合は、有名なサッカースタジアム見学やサッカーの試合をみたいでしょう。

歴史的な建築物をみてまわるのにも一日費やすとして、マンチェスターでの観光には、三日ほどは最低ほしいでしょう。

移動の日を足したとしても5日間は最低旅行に費やすのがよいということになります。

<下に続く>

ロックとアートの街!マンチェスターでおすすめの観光地12選!

マンチェスタークラビング

それではここからマンチェスターのおすすめの観光スポットをご紹介していきます。
マンチェスターでは、以下の観光地があります。

  1. オールド・トラッフォード
  2. エティハド・スタジアム
  3. マンチェスター科学産業博物館
  4. マンチェスター大聖堂
  5. マンチェスター市立美術館
  6. ジョン・ライランズ図書館
  7. ヒートン・パーク
  8. 帝国戦争博物館北館
  9. チャイナタウン
  10. ウィットワース美術館
  11. 民俗歴史博物館
  12. フレッチャー・モス植物園

マンチェスターの観光地①:オールド・トラッフォード

プレミアリーグのチームのひとつであるマンチェスターユナイテッドFCのホームグラウンドであるマンチェスターには、有名なサッカースタジアムがあります。
もっとも有名で、重要なのがトラフォードにあるオールド・トラッフォードスタジアムです。

スタジアム内には、博物館もありサッカーの試合以外にも見学をすることができます。

オールド・トラッフォード
住所: Sir Matt Busby Way イギリス マンチェスター ストレットフォード
電話番号:+44 161 868 8000
営業時間:9:40〜16:30
定休日:
入場料や利用料:スタジアムツアー大人25£16歳以下15£
URL:オールドトラッフォード

マンチェスターの観光地②:エティハド・スタジアム

マンチェスターのサッカーチームのもうひとつといえば、マンチェスターシティFCです。
そのマンチェスターシティのホームグラウンドとなるのがこちらのエティハドスタジアムです。

スタジアムでは個人からグループまで各種のツアーを開催しています。試合が見られるタイプのものから、バックヤードツアーまでとかなりの充実度です。

エティハドスタジアムへは、自転車、バス、地下鉄などで気軽に行くことできます。

エティハド・スタジアム
住所:Ashton New Rd イギリス マンチェスター
電話番号:+44 161 444 1894
営業時間:
定休日:
入場料や利用料:マンチェスターシティスタジアムツアー 大人£17.50/スタジアムアンドシティフットボールアカデミーツアー大人£23.50/VIP レジェンドツアー£一人95.00/マッチディツアー大人£17.50/ファーストチームエクスペリエンス・ツアー一人£199.0/
URL:エティハドスタジアム

マンチェスターの観光地③:マンチェスター科学産業博物館

マンチェスター化学産業博物館では、250年を超えるイノベーションの歴史などマンチェスター産業の根幹の歴史を様々な角度から学ぶことができます。

紡績産業が盛んだったころの遺物などをすべて見て学べる施設です。
見学料金もかからないのも魅力的な、観光地です。

マンチェスター科学産業博物館
住所:Liverpool Rd イギリス 〒M3 4FP マンチェスター

電話番号:+44 161 832 2244
営業時間:10.00–17.00
定休日:
入場料や利用料:無料
URL:https://www.scienceandindustrymuseum.org.uk/

マンチェスターの観光地④:マンチェスター大聖堂

マンチェスタービクトリア駅より徒歩圏で、観光しやすいマンチェスター大聖堂です。

マンチェスター最古の建造物であるハンギングディッチ橋を無料でみることができます。

そのためには、マンチェスター大聖堂ないにあるビジターセンターを訪れましょう。
教会だけでなく他のマンチェスターの観光スポットも知ることができとても便利です。

内部を見学したら、喫茶店proper teaでお茶をしたり、st dennys book shopでお土産を購入できます。

マンチェスター大聖堂
住所:Victoria St イギリス 〒M3 1SX マンチェスター
電話番号: +44 161 833 2220
営業時間:毎日 09.00 - 17.00 proper tea 日~金10.00 - 17.00、土10.00 - 19.00 St Denys’ Bookshop 月~金09.00 - 17.00土09.00 - 14.00
定休日:
入場料や利用料:
URL:マンチェスター大聖堂

マンチェスターの観光地⑤:マンチェスター市立美術館

マンチェスター美術館は、ラファエル前派のコレクションがある美術館で、有名な所蔵絵画としては、ミレーの秋の落ち葉、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティのアスタルテ・シリアーカなどがあります。

この美術館は、とても面白い建物で、三つの建物が連なっています。
歴史的建築物にもなっている建物なので、外観を見るだけでも価値があります。

館内にはギャラリーカフェがあり、夕方五時ごろまでは開業していますので、絵画の鑑賞の合間にお茶をするのもよいでしょう。

カフェでは朝食やサンドウィッチなどの軽食もたべることができます。
そのほか、売店もありますので気になったポストカードを購入したり、クラフト製品などがあるので、アートなお土産が欲しい人はたちよってみるとよいでしょう。

マンチェスター市立美術館
住所:Mosley St イギリス 〒M2 3JL マンチェスター
電話番号:+44 161 235 8888
営業時間:月~日10am–5pm 第一水曜日9pm
定休日:
入場料や利用料:
URL:マンチェスター市立美術館

マンチェスターの観光地⑥:ジョン・ライランズ図書館

マンチェスター大学のジョン・ライランズ図書館は、観光の価値がある図書館です。
誰もが無料で見学することができる図書館ですので、気兼ねなくいくことができます。

図書館は、毎日見学できます。
この図書館は、100年以上もの歴史があるライブラリーです。

公共交通機関でも、徒歩でも生きやすい場所にあるので、かんこうにもぴったりです。
歴史的な読書室は、教会のようなたたずまいとなっています。

寄贈された方の名前がついたスペンサールームや、クローフォードルーム、その価値ある自筆本などがあるライランズギャラリーなど見どころがあります。

ジョン・ライランズ図書館
住所:https://goo.gl/maps/8RnVRcTtGXo
電話番号:+44 161 306 0555
営業時間:10時00分~17時00分
定休日:
入場料や利用料:無料
URL:ジョン・ライランズ図書館

マンチェスターの観光地⑦:ヒートン・パーク

17世紀の中頃から、20世紀にかけてヒートンパークの土地は、二つの家族によって維持されていました。
ヒートンパークは、その二ファミリーのうち、Egertonファミリーの時代の趣がそのまま残った公園です。

園内には、9つの歴史的な建築物が残っています。
カフェがあるほか、アニマルセンターでは無料でウサギ、豚、やぎなどみることができます。

その他、モニュメントなどもありフォトスポットとしておすすめです。

ヒートン・パーク
住所:Middleton Rd イギリス 〒M25 2SW マンチェスター
電話番号:+44 161 773 1085
営業時間:朝八時から夕暮れまで
定休日:
入場料や利用料:
URL:ヒートンパーク
https://www.manchester.gov.uk/heatonpark

マンチェスターの観光地⑧:帝国戦争博物館北館

帝国戦争博物館北館は、カフェや来館記念にお土産を購入できるような売店もある施設です。

施設はダニエルリベスキンドという世界的に有名な建築家の作品です。
彼の建築は、ほかにもベルリンのユダヤ博物館があります。

内部を見て回るのに、カフェ、売店なども含み、所要時間は二時間ほどみておくとよいでしょう。

帝国戦争博物館北館
住所:Trafford Wharf Rd, Stretford, Manchester M17 1TZ イギリス
電話番号:+44 161 836 4000
営業時間:10am ~5pm
定休日:
入場料や利用料:無料
URL:帝国戦争博物館北館

マンチェスターの観光地⑨:チャイナタウン

英国内には、ロンドン以外にもチャイナタウンがあります。
マンチェスターにもチャイナタウンがあり英国内でのチャイナタウンとしては二番目におおきなものです。

マンチェスターという英国にいながら、中国移民の人たちの生活やアジアをかんじることができる場所です。

中国料理店、雑貨店なども多々あるだけでなく、中国のイベントなども楽しむことができます。

チャイナタウン
住所:Faulkner St イギリス マンチェスター

電話番号:なし
営業時間:なし
定休日:なし
入場料や利用料:なし
URL:なし

マンチェスターの観光地⑩:ウィットワース美術館

マンチェスター大学の敷地の一角にある美術館がウィットワース美術館です。
こちらの美術館のコレクションは、ターナーなどのイギリスを代表する画家のものが多いです。

コレクションは世界的に有名で、60000点をこえる重要な絵画を展示しています。

館内には売店とカフェもあるので、絵画の合間に休憩したり、お土産ショッピングを楽しんだりすることもできます。

ウィットワース美術館
住所:ウィットワース美術館
電話番号:(0161)2757450
営業時間:月~水 10:00~17:00 木曜日10:00~21:00金~日10:00~17:00
定休日:
入場料や利用料:無料
URL:ウィットワース美術館

マンチェスターの観光地⑪:民俗歴史博物館

民族歴史博物館は、二つの常設ギャラリーと、展示の三つからなりたっています。
毎日営業をしていますので、近隣まで行ったときにでも立ち寄ってみるとよいでしょう。

入館料が無料であるのがとてもうれしい博物館です。
メインギャラリー1では、2階建ての建物で、7つのテーマに分かれています。

ここでは、1819年から現在までの歴史を学ぶことができます。
メインギャラリー2も1と同様に無料で、市民の歴史などを見て取れる場所です。

民俗歴史博物館
住所:New Ct St イギリス 〒M3 3ER マンチェスター
電話番号: +44 161 838 9190
営業時間:毎日
定休日:
入場料や利用料:無料
URL:民族歴史博物館

マンチェスターの観光地⑫:フレッチャー・モス植物園

自然が好きな人なら、フレッチャー・モス植物園を訪ねてみましょう。

3のセクションに分かれた広い敷地内にはフレッチャーモス公園と熱帯植物園、牧師館の庭、そしマージー川、ミルゲートフィールドなどマンチェスターの自然をたのしむことができるつくりとなっています。

牧師館は、17世紀初期の建物です。

フレッチャー・モス植物園
住所:18 Stenner Ln 18 Stenner Ln, Manchester M20 2RQ イギリス
電話番号:+44 161 434 1877
営業時間:
定休日:
入場料や利用料:
URL:18 Stenner Ln 18 Stenner Ln, Manchester M20 2RQ イギリス

<下に続く>

観光だけじゃない!マンチェスターでおすすめのショッピングスポット3選!

ショッピング

ここからは、マンチェスターのショッピングスポットをご紹介します。

  1. トラフォード・センター
  2. The Lowry Outlet
  3. マンチェスター・アーンデール

トラフォードセンター

トラフォードセンターは、マンチェスターシティセンターの西がwにある広々としたショッピングモールです。
11500台もの車を収容することができます。

電車はマンチェスターピカデリー、ビクトリア、サルフォードクレッセントなどからも行くことができるので、とてもアクセスのよい場所にあります。

**見どころの一つが、センターそばにある観覧車でしょう。35m以上の高さがある大観覧車でしょう。

中では様々なファッション雑貨、ショッピングを楽しめる場所となっています。

トラフォード・センター
住所:〒M17 8AA マンチェスター イギリス マンチェスター ストレットフォード
電話番号:0161 749 1718
営業時間:10:00~22:00
定休日:
URL:トラフォードセンター

The Lowery Outlet Mall

アウトレットモールでのショッピングもおすすめのひとつです。
エリーベイジンという川そばで散策にもおすすめの場所にあるアウトレットモールになります。

日本にはまだなじみのないブランドものや、未入荷の作品を手に取り見てみるのもよいでしょう。

館内には、映画館もはいっているので、日本で上映前の映画を見に行ってもいいですね。

モール内には食事処も併設されています。

The Lowery Outlet Mall
住所:The Quays イギリス サルフォード ソルフォード
(-GoogleMapの埋め込み方法)
電話番号: +44 161 848 1850
営業時間:月、火、水、金10:00~18:00木 10:00~20:00土10:00~19:00日11:00~17:00
定休日:クリスマス
URL:the lowry outlet

マンチェスター・アーンデール

マンチェスター・アーンデールは、200店舗入っているモールです。
ファッション、美容、など多くの店舗が入っていますが、なかでも、最大級のTopshopや、Topmanなどがはいっています。

また、世界的企業であるアップル、ディズニー、レゴなどの店舗も入っています。

モールとしての歴史も長く、1979年開業です。

館内には、すし屋、なども入っているので、ショッピングの合間に日本食を楽しめます。

マンチェスター・アーンデール
住所:M4 1AZ High St, Manchester, イギリス
電話番号:(0161) 833 9851
営業時間:9:00~21:00/フードコート7:00~21:00
定休日:
URL:マンチェスターアーンデール

<下に続く>

観光でお腹がすいたら!マンチェスターのおすすめグルメ5選!

ショッピング

おすすめのマンチェスターのグルメスポットを5つご紹介します。

マンチェスターで食べ歩きするのにお勧めのスポットを5つご紹介します。

  1. Hawksmoor
  2. Umezushi
  3. Red Chilli
  4. annies restaurant & tea shop
  5. store street exchange

おすすめのマンチェスターグルメ①:Hawksmoor

お肉料理を食べたいとおもったら、おすすめなのがステーキハウスであるこちらのホークスムーアです。

ロンドン日本店があり、英国内に支店があります。
マンチェスターもそのひとつです。

ランチタイム、ディナータイムのほかに、バータイムもあるので、用途に分けて使えます。

北部の伝統的な料理ヨークシャープッディングを注文して食べてみるのもよいでしょう。

Hawksmoor
住所:184 Deansgate 184 Deansgate, Manchester M3 3WB イギリス
電話番号:01618366980
営業時間:ランチ月~土12~15:00、ディナー月~金17:00~22:30、土曜日16:00~22:30 日曜日12:00~21:30
定休日:1/1
URL:hawksmoor

おすすめのマンチェスターグルメ②:Umezushi

日本食をマンチェスターでたべてみるのはどうでしょう。
梅寿司は、マンチェスター中心部にあるアクセスのしやすいすし屋です。

日本にあるタイプのすしから、和牛、てんぷらなどの日本食も提供しているお店です。

異国の地で疲れた時には、食べなれている日本の食事はおすすめです。

Umezushi
住所:4 Mirabel St 4 Mirabel St, Manchester M3 1PJ イギリス
電話番号:01618321852
営業時間:水~金17:00~21:30、土12:00~22:30日12:00~21:00
定休日:月、火
URL:梅寿司

おすすめのマンチェスターグルメ③:Red Chilli

チャイナタウンもあるマンチェスターのまちだけに中華料理に期待できます。
おすすめの中華料理店はレッドチリで、マンチェスター大学そばにありアクセスも楽なお店です。

こちらのお店は、北京料理をたべることができます。
北京ダックがとくにおすすめです。

お店はマンチェスター市内に二店舗あります。

Red Chilli
住所:Red Chilli 403-419 Oxford Rd, Manchester M13 9WL イギリス
電話番号:+44 161 273 1288
営業時間:不明
定休日:不明
URL:RedChili

おすすめのマンチェスターグルメ④:annies restaurant & tea shop

女優のjennie mcalpineとそのパートナーであるChris farrによって経営されているお店がアニー レストランとティーショップです。
ベストティールームのアワードにもえらばれたことがある素敵なお店で、食事をしてみませんか?

伝統的な英国料理などもリラックスしたレストラン内で食べることができます。

ティータイムに利用するのもおすすめですが、英国式ブレックファーストを食べた人は、ここでイングリッシュブレックファーストをオーダーしてみてはいかがでしょう。

annies restaurant & tea shop
住所:5 Old Bank St 5 Old Bank St, Manchester M2 7EH イギリス
電話番号::0161 839 4423
営業時間:月~木10:00~20:30金曜日21:00まで・土曜日9:00~21:00日曜日10:00~18:00
定休日:
URL:annies

おすすめのマンチェスターグルメ⑤:store street exchange

マンチェスターピカデリーそばにあるStore Street exchangeは、クラフトビールを楽しみながら、食事もできるお店です。

旅先でおいしい食事と地元のビール、クラフトビールなどをいろいろと飲みたいときにたずねてみていかがでしょう。

マンチェスターピカデリーステーションから2分ほどの場所なので、アクセスしやすい場所にあります。

お店は、ヒルトンホテルの一階にあります。

store street exchange
住所:DoubleTree by Hilton Hotel Manchester - Piccadilly One Piccadilly Place, 1 Auburn St, Manchester M1 3D
電話番号:44-161-2421000
営業時間:11:30~22:00・22:30(金/土)
定休日:
URL:store street exchange

<下に続く>

せっかく観光に行くなら!マンチェスターでサッカー観戦はできる?

マンチェスターシティ

マンチェスターではユナイテッドFCとシティの2チームがありそれぞれのチームのスタジアムで試合がある場合はチケットを購入してみることができます。

日本からツアーが組まれているパッケージ旅行もあります。

気になる試合がある場合は、オンラインなどでチケットを早めにとっておきましょう。

<下に続く>

マンチェスターの人気観光地15選!【グルメ/ショッピング/治安】のまとめ

旅人

今回は北部イングランド西部にある大都市のひとつマンチェスターについてご紹介しました。

主要産業が減ってからというもの、失業率も高く犯罪も多い街ですが、音楽やサッカー選手などを輩出している魅力的な街です。

夜はクラビングも楽しめるマンチェスターシティへぜひ、旅にいってみましょう。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by
国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です! 毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!
関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line