どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/11/12

アメリカで人気のおすすめ観光地&名所50選!

アメリカは世界中から多くの観光客が集まります。
広いアメリカ大陸には、歴史を感じる建造物や美しい広大な自然、世界遺産があります。

アメリカ本場のエンターティメントを楽しんだり、一攫千金を夢見る魅力のある観光地などあります。
長いお休みが取れたら、アメリカへ旅行に行こうと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

アメリカに行くなら、ここだけは絶対外せないという、おすすめの人気の観光地を紹介します。

Large flag 3585161 640  1

アメリカ観光の基本情報

自由の女神像

アメリカ合衆国のアメリカという名前は、イタリアの探検家、アメリカ大陸を発見したアメリゴ・ベスプッチのファーストネームから付けられました。
アメリカとても広大な土地なので、ベスト観光シーズンも行く先々で、異なります。

アメリカを大きく5つに分けて、それぞれのベスト観光シーズンを紹介します。
アメリカの東側ニューヨークのベスト観光シーズンは、5月~10月です。

11月~3月までは気温が0度以下になる日が多く、寒さの和らぐ頃が一番おすすめの観光の時期になります。
観光より買い物が目的の方は、11月後半から年始までセールが続きますので、この時期がおすすめです。

アメリカの西側ロサンゼルスのベスト観光シーズンは、4月~6月と9月~10月が観光に向いている時期になります。
ラスベガスのベスト観光シーズンは、3月~5月と10月~11月になります。

夏は40℃は気温が超える日が続くので、観光にはご注意ください。
ワシントンDCにベスト観光シーズンは、4月~5月と9月~10月になります。

地名 アメリカ観光の基本情報
アメリカ観光の基本情報
時差 ニューヨーク:-14時間、シカゴ:-15時間、ロサンゼルス:-17時間
フライト時間 東京(成田)からロサンゼルスまで約10時間(直行便)
言語 英語
通貨 ドル$ (1$=108円)
ベストシーズン ニューヨーク:5月~10月
気候 11月~3月までは気温が0℃以下になる日が続きます。5月~10月が過ごしやすいです。
<下に続く>

アメリカ・東海岸で人気のおすすめ観光地8選!

ニューヨークの木漏れ日

では、アメリカは東海岸の人気のおすすめの観光地をみていきましょう。
アメリカの東海岸には、以下の観光地があります。

  1. セントラルパーク/ニューヨーク
  2. タイムズスクエア/ニューヨーク
  3. ブルックリンブリッジ/ニューヨーク
  4. 自由の鐘/フィラデルフィア
  5. ボストン美術館/ボストン
  6. ホワイトハウス/ワシントンDC
  7. スミソニアン国立航空宇宙博物館/ワシントンDC
  8. マイアミビーチ/マイアミ

続いて、アメリカの東海岸の観光地をそれぞれ詳しくみていきます。

セントラルパーク/ニューヨーク【ニューヨーカーの憩いの場】

アメリカ東海岸ニューヨーク州にあるセントラルパークは、マンハッタン島のミッドナイトタウンにある大きな都市公園です。
セントラルパークが造られたのは1876年で、景観を意識して造られた都市公園として、初めてアメリカで造られました。

造られた当初は、住宅地から離れた場所にあるので、不満の声も多かったといわれています。
今では公園内に、池や芝生が植えられているエリアもあって、ニューヨークに住む人々の憩いの場になっています。

子供も楽しめる回転木馬やアトラクション、動物園などの施設が設けられています。
散歩道にはジョギングを楽しむ人や芝生があるエリアでは、日光浴をする人が多く居られます。

野外音楽堂もあって、時々コンサートやイベントなどが開催され観光客や地元の人で賑わっています。

セントラルパーク

タイムズスクエア/ニューヨーク【ニューヨークで一番の繁華街】

アメリカ東海岸ニューヨーク州にあるタイムズスクエアは、マンハッタン区ミッドタウンにある一番人通りの多い観光客がたくさん訪れる繁華街です。
ニューヨークはアメリカの大都市で、世界の経済の中心地にもなっています。

また世界中から観光客が訪れる有名なアメリカの観光スポットで、四季ごとに楽しみ方が違います。
タイムズスクエアは、カウントダウンに大勢の観光客が集まる印象が大変強いです。

人が集まるのは、ニューイアーのイベントだけではないです。
タイムズスクエアは、電飾が輝く広告が大変多く、アメリカの繁華街の代表的な風景になっています。

ブロードウェイ・ミュージカルが上演されているシアターがあります。
外壁にビルボードの設置がされていることが多く、ひと目で何を上演しているのかがわかります。

タイムズスクエア

ブルックリンブリッジ/ニューヨーク【アメリカで一番古い吊り橋】

アメリカ東海岸ニューヨーク州にあるブルックリン橋は、マンハッタンとブルックリンを繋ぐ橋です。
イースト川に架かる景色の美しい橋で、1883年に完成した全長1834mあり、アメリカでもっとも古い吊り橋になります。

1964年にアメリカ合衆国国定歴史建造物に指定される、二層構造の橋で、上は自転車と人が、下は車が片側3車線で往来します。
ブルックリン橋は、14年の年月をかけて完成しました。

橋の設計者は、ドイツからアメリカへ移民してきたジョン・オーグスタス・ローブリング氏です。
残念ながら橋が建設される前に、病気で亡くなりました。

その後、彼の息子が後を継ぎますが、その息子も病気になり、ジョン・オーグスタス・ローブリング氏の妻エミリーが引き継ぎました。
どこか曰く付きのような感じがしますが、景色が美しい橋なので、歩いて渡ってみてはいかがでしょうか。

ブルクリン橋

自由の鐘/フィラデルフィア【独立と自由のシンボル】

アメリカ東海岸ペンシルベニア州フィラデルフィアにある自由の鐘は、独立記念館の前に設置されたアメリカ独立と自由のシンボルです。
自由の鐘は、リバエィー・ベル・センターにあって、アメリカ独立記念館には現在、新しい鐘が設けられています。

自由の鐘は、自由の女神と同様にアメリカを代表する独立と自由のシンボルとなるので、アメリカの各州にレプリカが設置されているほどです。
自由の鐘は、ペンシルバニア州議会によって1751年に造られました。

鐘が造られた当初は、自由を象徴する鐘ではなくて、州議会で使用するためのものでした。
1753年3月に初めて鐘が鳴らされ、その年の6月までに2回製造し直され、2003年10月に現在の場所に移動されました。

この自由の鐘には諸説あります。
自由の鐘にはヒビが入っていて、最後のこの鐘が鳴ったのは、1846年2月12日のジョージ・ワシントンの誕生日だったといわれています。

その後、鐘にはヒビが広がるのを防ぐために、鳴らすことなく今日に至っています。

自由の鐘

ボストン美術館/ボストン【ハイライト展示だけでも充分】

アメリカは東海岸マサチューセッツ州ボストンにあるボストン美術館は、アメリカ独立から1世紀経った1876年7月4日に開館しました。
全米でもトップクラスの美術館になり観光客も多く訪れます。

収蔵しているのは、ヨーロッパ、アジア、アメリカなどの美術、現代アート、古代美術も収蔵しており、ギリシャ・ローマ、エジプトの発掘品まで収蔵しています。
2010年11月にフォスター+パートナーズが設計した、アメリカウィングがオープンしています。

新たに53のギャラリーが加わりました。
地階に古代アメリカとアメリカ先住民、17世紀と海洋美術が展示されています。

1階には、18世紀のアメリカの植民美術と19世紀初期の美術を展示、2階には19世紀~20世紀初期美術、3階には20世紀び美術が展示されています。
各フロアの中央にあるギャラリーは、ハイライト展示となっているので、そこだけ見学しても充分、美術を楽しむことができます。

ボストン美術館

ホワイトハウス/ワシントンDC【アメリカ大統領府】

アメリカの東海岸ワシントンDCにあるホワイトハウスは、アメリカ大統領の住居であり、執務を行う場所です。
ホワイトハウスは4つの建物に分かれています。

エグゼクティブ・レジデンスはホワイトハウスの中央になるメインハウスと呼ばれています。
外国の首脳や要人との会談をしたり、重要な調印式もこの建物で行われます。

ウエストウイングは、オーバルオフィスと呼ばれる大統領執務室や閣議質などがあります。
イーストウィングは、ファーストレディやその他のスタッフのオフィスがあります。

地下は核シェルターになっています。
ローズ・ガーデン ジャクリーン・ケネディー・ガーデンは、お天気の良い日に条約の調印式や記者会見、イベントなどが行われることが多い場所です。

ローズガーデンは、一般に公開されていることがあるので、公開時にはたくさんの観光客が訪れます。
ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

ホワイトハウス

スミソニアン国立航空宇宙博物館/ワシントンDC【月の石がある】

アメリカ東海岸ワシントンDCにあるスミソニアン国立航空宇宙博物館は、宇宙や航空機に関する展示が多く、月の石も展示されています。
入口に入ってすぐに宇宙に関する展示物で、1962年にアメリカが初めて地球周回飛行に成功した、有人宇宙船フレンドシップ7に目がいきます。

その他にもアポロ月面着陸の探索機シュミレーターも展示されています。
宇宙好きには、たまらないお宝がいっぱいあります。

博物館で人気のあるのは、アメリカのアポロとソ連のソユーズが宇宙でドッキングした様子を再現したものです。
ロケットも所狭しと展示されています。

何度もテレビで見たことがある、月面着陸の時の宇宙服が展示されています。
宇宙に関する展示が多いのですが、宇宙にあまり興味のない方は、驚くような展示も見逃してしまうかもしれませんね。

観光客が集まっている展示物は、有名なものが多いです。

スミソニアン国立航空宇宙博物館

マイアミビーチ/マイアミ【青い海と長い砂浜が続く景色】

アメリカ東海岸フロリダ州にあるマイアミ・ビーチは、青い海と長い砂浜が続くアメリカでも有数のリゾートです。
マイアミ・ビーチは、大都市のマイアミの隣に小さな細長いリゾートタウンにあります。

ビーチは砂も綺麗に平らに整えられ、ジョギングやウォーキングをしている方がたくさん見かけます。
マイアミ・ビーチでは無料で日焼け止めクリームが備えつけられています。

うっかりクリームを忘れた時は、嬉しいですね。
マイアミ・ビーチは東西は距離は短いですが、南北への移動は、結構距離があります。

南北に走る無料のマイアミ・ビーチトロリーがあるので、ぜひ利用してみてください。

マイアミ・ビーチ
<下に続く>

アメリカ・西海岸で人気のおすすめ観光地7選!

ヒルズの街

では、アメリカは西海岸の人気のおすすめの観光地をみていきましょう。
アメリカの西海岸には、以下の観光地があります。

  1. ヨセミテ国立公園/カリフォルニア州
  2. デスバレー国立公園/カリフォルニア州
  3. ディズニーランド・リゾート/カリフォルニア・アナハイム
  4. ビバリーヒルズ/ロサンゼルス
  5. ユニバーサルスタジオ・ハリウッド/ロサンゼルス
  6. ゴールデンゲートブリッジ/サンフランシスコ
  7. フィッシャーマンズ ワーフ/サンフランシスコ

続いて、アメリカの西海岸の観光地をそれぞれ詳しくみていきます。

ヨセミテ国立公園/カリフォルニア州【アメリカの大自然が凝縮】

アメリカ西海岸カリフォルニア州にあるヨセミテ国立公園は、樹齢2700年を超えるセコイヤ杉やアメリカで一番の落差があるといわれるヨセミテ滝があります。
ヨセミテ国立公園には、世界最大といわれる花崗岩の一枚岩の「エルキャピタン」があります。

公園全体の95%が原生林に茂っていて、1984年にはユネスコ世界遺産、自然遺産に指定されています。
サンフランシスコ空港から3~4時間でアクセスでき、キャンプ場など宿泊施設も整っています。

そのせいか、アウトドアの聖地と呼ばれいてキャンプをしようと観光客がよく訪れます。
ヨセミテ国立公園には、アメリカ熊やミュールシカ、ハイイロキツネなど野生動物が多く生息しています。

ヨセミテ国立公園

デスバレー国立公園/カリフォルニア州【スターウォーズのロケ地にもなった】

アメリカ西海岸カリフォルニア州にあるデスバレー国立公園は、アメリカにある国立公園の中でも最大の面積があります。
デスバレーは名前の通り死の谷と付けられた、海抜下86mの灼熱の砂漠から標高3368mの高い山になります。

アメリカンの中で、「もっとも暑くて、もっとも乾燥している、もっとも標高が低いエリア」です。
広大な面積を誇っているデスバレーは、ここにしか見れない絶景があります。

塩が結晶化して塩水個になったバッドウォーターや白くなった岩が太陽に日差しにキラキラ黄金に輝くザブリスキーポイントなどがあります。
荒れ果てた台地は、映画「スターウォーズ」のロケ地でも使われました。

観光客に人気なのが、勝手にひとりでに動くレーストラックという石もあるので、探してみてください。

デスバレー国立公園

ディズニーランド・リゾート/カリフォルニア・アナハイム【ディズニーファンの聖地】

アメリカ西海岸カリフォルニア州にあるディズニーランド・リゾートは、世界中にある夢の国です。
ディズニーファンの聖地と呼ばれている、アナハイムにあり、いつも観光客で賑わっています。

ちょっぴり大人向けのディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーとホテルとショッピングモールがあります。
100万㎡の広い敷地には、8つのテーマに構成された、東京ディズニーランドにはないアトラクションも楽しむことができます。

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーでは、アルコールも提供されているので、日本のディズニーシーのような感じになります。
英語がわからないという方にも、日本の観光客用に日本語のパンフレットが用意されています。

日本人観光客向けのサービスも充実いているので、心行くまでディズニーランドを楽しむことができます。

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー

ビバリーヒルズ/ロサンゼルス【セレブの街】

アメリカ西海岸カリフォルニア州にあるビbリーヒルズは、世界的にも有名なセレブが住む高級住宅地です。
誰もが知っている、顔は知らないが名前は知っているというハリウッドスターや大富豪の邸宅があります。

ビアリーヒルズに住む有名人の大邸宅を案内してくれる観光ツアーもあります。
近くには有名な、ショッピングストリートのロデオドライブがあります。

見る限り高級ブティックがズラッと並んでいて、運が良ければハリウッドスターに遭遇するかも知れませんね。
街全体がセレブ感いっぱいのビバリーヒルズは、ここでしか味わえないセレブな気分を味わうことができます。

セレブになったつもりで、高級ブティックなど日本でも人気のルイヴィトンやシャネルなどのお店を巡ってみてはいかがでしょうか。

ビバリーヒルズ

ユニバーサルスタジオ・ハリウッド/ロサンゼルス【究極のハリウッド映画体験できる】

アメリカ西海岸カリフォルニア州にあるユニバーサルスタジオ・ハリウッドは、ユニバーサルスタジオのテーマパーク
です。
このテーマパークでは、ハリウッド映画を体験できるスリル満点のアトラクションがいっぱいあります。

「スタジオ・ツアー」では、ハリウッド映画の裏側を見ることができます。
1964年7月にオープンしたユニバーサルスタジオ・ハリウッドは、歴史も古く映画撮影所からテーマパークに発展しました。

実際の映画で使われたセットなどが見学することができると観光客に人気があります。
キャラクターのグリーディングがとても充実しているので、至る所に映画のキャラクターに遭遇します。

好きなキャラクターに出会えたら嬉しいですね。
ディズニーとは違った雰囲気を味わうことができます。

グリーディング目当てにいつもたくさんの観光客で賑わっています。

ユニバーサルスタジオ・ハリウッド

ゴールデンゲートブリッジ/サンフランシスコ【サンフランシスコ市民の待望の橋】

アメリカ西海岸カリフォルニア州にあるゴールデン・ゲートブリッジは、オレンジ色が印象的な1937年にできた橋です。
アールデコ様式を取り入れた橋で、20世紀にできた美し優れた橋として登録されています。

ゴールデン・ゲートブリッジは、サンフランシスコ湾と太平洋の境界にできた橋で、軍事拠点としてとても重要な場所にあります。
橋の長さは2789m、天気の良い日、潮風に吹かれながら、のんびりと散策するのも気持ちい良いです。

ゴールデン・ゲートブリッジは1937年5月27日に開通しました。
開通した当日は、一般に開放され約20万人の人々が、ゴールデン・ゲートブリッジを渡りました。

開通当時のサンフランシスコの人口が約40万人位なので、大半の人が待ちに待った橋だったことがわかります。

ゴールデンゲートブリッジ

フィッシャーマンズ ワーフ/サンフランシスコ【シーフードの宝庫】

アメリカ西海岸カリフォルニア州にあるフィッシャーマンズ・ワーフは、旬の海の幸を楽しむことのできる一大観光地です。
フィッシャーマンズ・ワーフは、漁師の波止場という意味があります。

19世紀半ばのゴールドラッシュ頃から栄えた漁港で、今では、有名な観光地になっています。
高級食材のカニや、11月中旬から6月まで水揚げされるダンジネスクラブは、旬の味を楽しもうとたくさんの観光客で賑わいます。

フィッシャーマンズ・ワーフの顔と呼ばれているのが「ビア41」という屋台がズラッと並んでいます。
屋台では、茹でたカニや魚介類が並び、美味しそうな香りに食欲がそそります。

ボイルされたカニやシュリンプカクテルなどもあるので、海の幸を味わってみてください。

フィッシャーマンズ・ワーフ
<下に続く>

アメリカ・西部で人気のおすすめ観光地8選!

ベガス

では、アメリカは西部の人気のおすすめの観光地をみていきましょう。
アメリカの西部には、以下の観光地があります。

  1. ラスベガス/ネバタ州
  2. グランドキャニオン/アリゾナ州
  3. ザ・ウェーブ/アリゾナ州
  4. アンテロープキャニオン/アリゾナ州
  5. モニュメントバレー/ユタ州
  6. アーチーズ国立公園/ユア州
  7. ブライズキャニオン国立公園/ユタ州
  8. イエローストーン国立公園/アイダホ州

続いて、アメリカの西部の観光地をそれぞれ詳しくみていきます。

ラスベガス/ネバタ州【一獲千金を夢みて】

アメリカ西部ネバタ州にあるラスベガスは、砂漠にある眠らないカジノの街というイメージが強いです。
ラスベガスはネバタ州で一番大きな都市ですが、ネバタ砂漠の盆地にあり、中心地はストリップと呼ばれています。

ストリップには、カジノホテルや観光スポットなどがあります。
ラスベガスのホテルは外観からもとてもユニークで、パリ、ベネチア、エジプトなどテーマパークのようなホテルがあります。

ホテルだけでも見て回ると、世界一周をしているような気分になります。
特にエジプト風のルクソールは、必見です。

30階建てのピラミッドの形をしたホテルで、夜は天に向かってビームが照射しています。
大人はカジノ、子供はアミューズメントパーク、時にはエンターテイメントショーを楽しめます。

ラスベガス

グランドキャニオン/アリゾナ州【アメリカの大自然を最も象徴している】

アメリカ西部アリゾナ州にあるグランドキャニオンは、約7000万年前に形成されたアメリカの大自然を象徴しているようなところです。
アリゾナ州の北西にあって、コロラド川の浸食作用によって造られました。

グランドキャニオンの渓谷は谷の幅が6~29kmあり、長さが約446㎞、深さが約1300m、一番深いところで1800mあります。
日本でいうと京都から東京までの距離となり、とてつもないスケールに圧巻です。

グランドキャニオンはアメリカ最古の国立公園で、ユネスコの世界遺産にも指定されています。
広大な広さを誇るグランドキャニオンは、大きく2つにわかれます。

北側はノースリム、南はサウスリムに分かれ、宿泊施設が整っているのが南のサウスリムになります。
グランドキャニオンを訪れる観光客は、ほとんどと言っていいほどサウスリムに観光に訪れます。

雄大な景色を満喫できるトレイルコースも観光客にも人気あるので、大自然の散策をお楽しみください。

グランドキャニオン

ザ・ウェーブ/アリゾナ州【アメリカ一の秘境】

アメリカ西部アリゾナ州にあるザ・ウェーブは、抽選で1日20人までしか観光が許されない自然保護区の観光地です。
インターネットで10人、当日現地で行われる抽選で10人だけが観光できることになります。

遠くから時間をかけて、辿り着いても抽選に当たらないと観光ができません。
TVでも取り上げられているので、ハイシーズンでインターネットでのエントリーが100倍を超える時もあるくらい、人気がある観光地です。

自然保護区なので、人数制限は必須かと感じられます。
インターネットでは、4カ月前から抽選に参加することができます。

倍率は下記の通りです。

  • 4ヶ月前にインターネットで行われる抽選に参加する→倍率10〜100倍
  • 毎日カナブで行われている抽選会に参加する→倍率5〜10倍

インターネットで抽選に当たるまで挑戦するか、現地で時の運に身を任せるか、あなたならどちらを選びますか?

ザ・ウェーブ

アンテロープキャニオン/アリゾナ州【一度は訪れたい絶景スポット】

アメリカ西部アリゾナ州にあるアンテロープキャニオンは、奇妙な造形をした砂の岩に囲まれた渓谷です。
浸食でできた地層が渦を巻いたような模様を描く岩壁が続き、隙間から差し込む光がとても神秘的です。

アンテロープキャニオンは、先住民族のナバホ族の居住区内にあり、許可がないと観光に訪れることはできませんでした。
現在は、ナバホ族が管理をしています。

アンテロープキャニオンの最大の魅力は、「ザ・ビーム」と呼ばれる一定の時間だけしか見れない岩があります。
鉄砲水の発生で、水に削られた岩が独特の形をしています。

今でも時々鉄砲水が流れ込むことがあるようで、鉄砲水の通路は雨の時は立入禁止になっています。
観光に訪れる際は、天気予報の確認をおすすめします。

アンテロープキャニオン

モニュメントバレー/ユタ州【西部劇のロケ地】

アメリカ西部ユタ州にあるモニュメントバレーは、2億7千万年前の地層ナバホ・サンダストーンが地殻変動でできた砂漠地帯です。
メサと呼ばれるテーブル状の台地や岩山が特徴で、記念碑が立ち並んでいるように見えるので、モニュメントバレーと名前が付けられたといわれています。

先住民のナバホ族の聖地になるので、ナバホ族が管理し、観光客に一般公開しています。
どこか見たことがあるような風景は、西部劇の「駅馬車」や「黄色いリボン」など撮影に使われています。

近年では、「フォレストガンプ」や「インディ・ジョーンズ」など、CMにもモニュメントバレーが使われています。
モニュメントバレーは、赤土色の台地が続き、ナバホトライバルパーク内にあって観光ドライブ用の道路が設けられています。

ドライブしながら、砂漠地帯の絶景を楽しむことができます。
夕陽に沈むモニュメントバレーは、息を飲むほど美しいと観光客に好評です。

モニュメントバレー

アーチーズ国立公園/ユア州【地球上のアーチが集まっている】

アメリカ西部ユタ州にあるアーチーズ国立公園は、数億年の地殻変動や侵食作用でできたアーチ状の岩が2000以上もあります。
アメリカのような大陸の地形には、日本ではありえないような地殻変動があります。

想像を絶するような芸獣的な造形美を誇るアーチ状の岩など、浸食は今でも続いてます。
いつかは崩れ落ちていく運命にあります。

赤茶色の台地に自然にできたアーチ状の砂岩が集まっていて、どれひとつとってもアーチの形が面白いです。
2000以上あるので、全部見るのは大変です。

一年中、観光することはできますが、ベスト観光シーズンは春と秋です。
夏は、40℃を超える暑さが続き、冬は積雪があり、大陸性の気候なので日中の温度差が激しいのが特徴です。

観光にお越しの際は、訪れる季節にお気をつけください。

アーチーズ国立公園

ブライズキャニオン国立公園/ユタ州【年間約150万人以上の観光客が来る】

アメリカ西部ユタ州にあるブライスキャニオン国立公園は、何千年もの間に雨や川などの浸食によって石灰石を切り取ってできあがったギザギザの奇岩が立ち並んでいます。
「Hoodoo(尖塔群)」と呼ばれるギザギザの奇岩が立ち並んでいて、太陽の光のによって、奇岩の表情が変化します。

太陽の光を浴びた奇岩は、多数の色を作り、見る場所によって変化するので、色の移り変わりをずっと見ていたい気持ちにさせます。
ブライスキャニオン国立公園を観光で訪れたなら、必ず朝日はご覧になってください。

ここを訪れる観光客のほとんどが、サンライズを見に来てます。
夜の暗闇に急に光が入り、尖塔群の色が白からオレンジへ、次第に赤と変化していきます。

太陽の傾きで、岩肌の色の変化を楽しむことができます。
朝日を楽しむには、国立公園のホテルブライスキャニオンロッジに宿泊することをおすすめします。

ブライズキャニオン国立公園

イエローストーン国立公園/アイダホ州【温熱泉がある】

アメリカ西部アイダホ州、モンタナ州、ワイオミング州と3つの州にまたがってあるイエローストーン国立公園は、一帯は北米最大の火山地帯になっています。
とても広大な国立公園で、温泉や間欠泉がある、滝や湖など大自然を満喫することができます。

イエローストーン国立公園には、野生動物も多く生息しています。
国立公園のおすすめの観光スポットは、「オールド・フェイスフル・ガイザー」で、45分おきに間欠泉が吹き上げます。

1回に多くて32000ℓの熱湯が、高さ50m近く吹き上げる光景は圧巻です。
イエローストーン国立公園には、アメリカでは珍しい温熱泉がたくさんあります。

虹色の輪に縁どられたコバルトブルーの温熱泉で、中央の温度は70はあるといわれてます。
深さは37m、直径113mあり、遊歩道があるので、近くから見ることができます。

イエローストーン国立公園
<下に続く>

アメリカ・中部で人気のおすすめ観光地5選!

ナイヤガラ

では、アメリカは中部の人気のおすすめの観光地をみていきましょう。
アメリカの中部には、以下の観光地があります。

  1. ナイアガラの滝/ニューヨーク州
  2. マウントラシュモア国立記念公園/サウスダコタ州
  3. サン・アントニオ/テキサス州
  4. ロッキーリバー自然保護区/オハイオ州
  5. フィールド自然史博物/イリノイ州

続いて、アメリカの中部の観光地をそれぞれ詳しくみていきます。

ナイアガラの滝/ニューヨーク州【ナイヤガラの滝の迫力を存分に楽しむ】

アメリカ中部にあるナイヤガラの滝は、カナダとの国境付近にある世界三大瀑布のひとつです。
ナイヤガラの滝は、カナダ側のカナダ滝とアメリカ側のアメリカ滝、ブライダルベール滝の総称の呼び名です。

滝名 落差
カナダ滝 56m 675m
アメリカ滝 58m 330m
ブライダルベール滝 55m 15m

ナイヤガラの滝は、五大湖のひとつエリー湖からオンタリオ湖に注ぎ込むナイヤガラ川の中間地点にあります。
ナイヤガラの滝の観光ですが、カナダ側の方がホテルや娯楽施設が充実しています。

雄大な景色は、どちらも素晴らしく甲乙つけがたいのですが、国境を超えて簡単にカナダ側に行けるのが、この観光地の特徴です。
ナイヤガラの滝を身近に感じることができるのが、「風の洞窟」です。

滝の近くにあるゴート島から58mのエレベーターで降りて、ブライダルベール滝の真下6mの所まで行くことができます。
橋を渡って進んでいくと、観爆台があり凄い勢いで水しぶきを受けることになります。

観光客にはレインコートとサンダルが渡されます。
ナイヤガラの滝のを存分に楽しんでください。

ナイヤガラの滝

マウントラシュモア国立記念公園/サウスダコタ州【歴代の大統領の顔が刻まれている】

アメリカ中部サウス・ダゴタ州にあるマウントラシュモア国立記念公園には、初代大統領ジョージ・ワシントン、第3代大統領トーマス・ジェファーソン、第16代大統領エイブラハム・リンカーン、第26代大統領セオドル・ルーズベルトの顔が彫刻されたマウントラッシュモアがあります。
アメリカのポスターや観光ガイドブック、観光地絵葉書にも使われるほど有名な観光スポットです。

400人の作業員が14年の歳月をかけて彫りました。
固い花崗岩に高さ18m、150年間にアメリカを築いた4人の大統領の胸像です。

ジョージ・ワシントンは、アメリカンの生みの親で建国の父と呼ばれた人物です。
トーマス・ジェファーソンは、アメリカ建国にもっとも影響を与えた人物です。

エイブラハム・リンカーンは、奴隷解放をした人物です。
セオドル・ルーズベルトは、42歳で史上最年少の大統領になった人物です。

色々な功績を残した偉大な人達です。

マウントラシュモア国立記念公園

サン・アントニオ/テキサス州【アメリカのベネチア】

アメリカ中部テキサス州にあるサンアントニオの街は、植民地時代の面影が残る主要都市です。
サンアントニオは18世紀にスペイン人によって建てられたアラモ伝道所がありました。

1836年にメキシコからテキサスを独立させるために、悲惨な戦いが行われた歴史のある街です。
現在は、博物館として保存されています。

街にはサントニオ川が流れ、数キロにわたって遊歩道が設けられ、カフェやショップが立ち並んでいます。
リバ-ウォークを楽しむ観光客で、賑わっています。

またサンアントニオの街の高台には、高さ750フィートの「タワー オブ ジ アメリカズ」があります。

サンアントニオ

ロッキーリバー自然保護区/オハイオ州【森林浴が楽しめる】

アメリカ中部オハイオ州州にあるロッキーリバー自然保護区は、クリーブランド郊外にある森林浴が楽しめる観光スポットです。
森林の中には遊歩道が設けられていて、ハイキングを楽しむ観光客で賑わっています。

シカが生息しているほかに、オハイオ州固有の鳥などの姿を見ることができます。
クリーブランド市民の憩いの場所ともなっていて、クロスカントリーや乗馬、ピクニック、ロックリバーでの釣などアクティビティが盛んな観光地です。

クリーブランドにはメトロパーク動物園があり、オハイオ州で一番観光客が多い動物園です。
1882年のにオープンした古い歴史のある動物園で、園内は広いので、結構時間がかかりますので、観光にはご注意ください。

ロッキーリバー自然保護区

フィールド自然史博物館/イリノイ州【世界最大級の恐竜がいる】

アメリカ中部イリノイ州シカゴにあるフィールド自然史博物館は、世界でもトップレベルのミュージアムです。
ミュージアムの入口を入ってすぐ、マスコット的存在になっているティラノサウルスが観光客をお出迎えしてくれます。

恐竜の化石やエジプトで発掘されたミイラなど、膨大な数を所有しています。
館内は、地下と1階と2階にそれぞれ3フロアあります。

1階フロアには、ティラノサウルスのスーとマンモスが展示されていて、観光客の一番人気のフロアです。
館内はチケットの種類によって見学できる展示コーナーが異なりますので、ご注意ください。

たくさんの特別展なども開かれているので、オールチケットでどこでも見学できると、興味深い展示も見逃すこともないでしょう。

フィールド自然史博物館
<下に続く>

アメリカ・南部で人気のおすすめ観光地7選!

雨の南部

では、アメリカは南部の人気のおすすめの観光地をみていきましょう。
アメリカの南部には、以下の観光地があります。

  1. オークランド墓地/アトランタ
  2. ジョージア水族館/アトランタ
  3. ワールド・オブ・コカコーラ/アトランタ
  4. フレンチ・クオーター/ニューオーリンズ
  5. セントルイス大聖堂/ニューオリンズ
  6. ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート/フロリダ
  7. エルビス・プレスリー バースプレイス/ミシシッピー州

続いて、アメリカ・アラスカの観光地をそれぞれ詳しくみていきます

オークランド墓地/アトランタ【有名人お墓がある】

アメリカ南部ジョージア州アトランタは南部最大の都市で、「風と共に去りぬ」の舞台としても有名で、オークランド墓地にはマーガレット・ミッチェルのお墓があります。
アトランタ市が管理する墓地には、数多くの有名人が眠っています。

キング牧師のお墓は、地下鉄を挟んで北側のエリアにあります。
南側には、マーガレット・ミッチェルの他に、ゴルファーのボビー・ジョーンズのお墓があります。
ボビーのお墓にお参りすると、ゴルフのスコアが良くなるのでしょうか。

墓石の前には、観光客が置いていったであろうたくさんのゴルフボールが置かれています。
地内には、墓石を教えてくれる道しるべの看板があるので、観光客は迷わず進むことができます。

オークランド墓地

ジョージア水族館/アトランタ【アメリカ最大の水族館】

アメリカ南部ジョージア州アトランタにあるジョージア水族館は、年間に200万人の観光客が訪れる世界最大の水族館です。
2005年11月21日にオープン、810万ガロン(30661835.45ℓ)の世界最大の巨大タンクを持っています。

アトランタでとても人気のある観光スポットになっています。
水族館には500種類以上、12万匹以上が飼育されています。

巨大水槽でゆっくりと優雅に泳ぐ魚たちを見たり、仲良く遊ぶラッコの姿などはとても可愛いです。
水族館の一番人気はペンギンコーナーで、水槽の下にある穴をくぐって、ペンギンに近づけます。

観光客はガラス越しですが、ペンギンの可愛い仕草に胸がキュンとなります。
25分間あるイルカのショーも観光客に人気があります。

ジョージア水族館

ワールド・オブ・コカコーラ/アトランタ【コカ・コーラの聖地】

アメリカ南部ジョージア州にアトランタにあるワールド・オブ・コカ・コーラ博物館は、コカ・コーラの聖地に建てられた博物館です。
2020年5月24日で、コカ・コーラの聖地にワールド・オブ・コカ・コーラ博物館が誕生して30周年を迎えます。

この博物館を訪れる観光客のほとんどが、コカ・コーラのファンです。
コカ・コーラは、アトランタの経済再生にも一役買っていました。

2015年5月24日のアニバーサリーイヤーには、博物館25周年、コカコーラのボトルが100周年を迎え、特別企画やイベントが行われてました。
博物館内のポップカルチャーギャラリーでは、過去100年広告とデザインなどが展示されています。

ワールド・オブ・コカ・コーラ博物館

フレンチ・クオーター/ニューオーリンズ【いつもほろ酔いの街】

アメリカ南部ルイジアナ州にあるフレンチクォーターは、18世紀の植民地時代の面影を残す美しい街です。
ニューオーリンズに似た感じの街で、どことなく魅惑的で陽気な音楽に包まれています。

フレンチクォーターの街に散策すると、趣のある建物、名物のケイジャン料理、レストランからは陽気な音楽が聞こえてきます。
建物は、鋳鉄製のバルコニーと壁の色がカラフルなのが特徴です。

観光客に人気のバーボンストリートは、ジャズクラブや地元の民芸品などが売られているマーケットなどがあります。
街の中にひと際尖った建物に目をひきますがセントルイス大聖堂で、よく芸を披露するストリート パフォーマーを見かけることができます。

散歩がてら街を散策していると、昼も夜もバーボンストリートは賑わっていて、皆さん、陽気なほろ酔い気分でとても楽しそうです。

フレンチ・クオーター

セントルイス大聖堂/ニューオリンズ【ニューオーリンズのシンボル】

アメリカの南部ルイジアナ州にあるセントルイス大聖堂は、ニューオリンズのシンボルとして写真に使われている教会で、現在の建物は1794年に再建されたものです。
フレンチ・クオーターにあるジャクソン広場に面していて、3本の尖塔があるスペイン建築の教会です。

1794年以降、ニューオリンズのシンボル的存在になっています。
セントルイス大聖堂は、天井や祭壇などの壁画が素晴らしく美しいと好評で、1987年には当時ローマ法王であったヨハネ・パウロ2世も訪れました。

アメリカ合衆国の中でも、現役のカトリック司教座聖堂で最も古い大聖堂になります。
セントルイス大聖堂は、リバーウォーク付近からの眺めが素晴らしいと観光客に人気があります。

セントルイス大聖堂

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート/フロリダ【夢の国がここにある】

アメリカ南部フロリダ州にあるウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートは、世界最大のディズニーワールドです。
4つのテーマパークと2つのウォーターパーク、2つのエンターテインメントエリアがあります。

すべて楽しむには最低でも5泊は必要です。
どのテーマパークを重視するのか、プランを練ってディズニーワールドを心ゆくまで楽しみましょう。

宿泊はディズニー直営ホテルが人気がありおすすめです。
一週間では楽しみきれない最大のディズニーリゾート、ディズニーファンでなくても一度は訪れてみたいですね。

フロリダは亜熱帯気候なので、一年を通して暖かくて過ごしやすいので、どの季節に訪れても充分楽しめます。

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート

エルビス・プレスリー バースプレイス/ミシシッピー州【プレスリーの生家】

アメリカ南部ミシシッピー州にあるエルビス・プレスリー バースプレイスは、プレスリーの生家で13年間過ごしたところです。
小さな家には、部屋が2つだけしかなく、ピストルで撃てば、そのまま貫通して突き抜けていまいそうなので「ショットガンハウス」と呼ばれています。

生家のある敷地内には、プレスリーが通った教会が移築されていて、観光客も見学することができます。
プレスリーが初めて、ゴスペルに出会った教会です。

教会の他に、小さな博物館や観光客用のギフトショップなどがあります。
生家を囲む地面には、プレスリーの家族に何があったのかわからないのですが、1年ごとの年表が刻みこまれています。

生家の横には、13歳のエルビス・プレスリーの少年像があります。
プレスリーが音楽の道に進んだのは、信仰心の強った母親の影響だといわれています。

プレスリーの歌声は、この教会で培われたものだったことが伺えます。

エルビス・プレスリー バースプレイス
<下に続く>

アメリカ・アラスカで人気のおすすめ観光地3選!

アラスカの大地

では、アメリカ・アラスカの人気のおすすめの観光地をみていきましょう。
アメリカの南部には、以下の観光地があります。

  1. フェアバンクス/アラスカ
  2. デナリ国立公園/アラスカ
  3. クレイシャー・ベイ国立公園/アラスカ

続いて、アメリカ・アラスカの観光地をそれぞれ詳しくみていきます。

フェアバンクス/アラスカ【オーロラの聖地】

アメリカのアラスカ州にあるフェアバンクスは、オーロラの街と呼ばれ、オーロラ観賞の聖地といわれています。
フェアバンクスは、冬はマイナス20℃を下回るとても極寒な土地なのですが、夏は30℃を超す日もあり、緑の多い街です。

ここフェアバンクスは、世界一といって良いほど晴れの日が多く、綺麗な移区いいオーロラを観察できると観光客に人気があります。
オーロラの他にフェアバンクスは、白夜の街でもあります。

神秘的な白夜に自然にできた氷の彫刻、アラスカの冬を存分に楽しむことができます。
オーロラがどうしても見たいという方は、ぜひフェアバンクスに観光にお越しください。

年間平均243日は、オーロラ現象が起こります。
だからオーロラの聖地と呼ばれているんですね。
フェアバンクスでは、犬ぞりやかんじき体験ができます。

フェアバンクス

デナリ国立公園/アラスカ【アラスカで最も多くの観光客が訪れる場所】

アメリカアラスカ州にあるデナリ国立公園は、アラスカでも最も自然景観が素晴らしい観光地です。
デナリ国立公園は256㎞もアラスカ山脈が連なっていて、冬になるとそびえ立つ花崗岩の山々には積雪が見られます。

アラスカ山脈で一番高いのがマキンリー山で、標高6194mになります。
デナリ国立公園には、オオヤマネコやマーモット、ドールシープなど37種類の哺乳類の生息地となっています。

130種類の鳥類も生息していて、時折イヌワシの飛ぶ姿を見ることができます。
デナリ国立公園に訪れる観光客のお目当てはオオカミやムース、カリブーなど、特にグリズリーベアは観光客に人気があります。

一生に一度のチャンスかも知れないので、デナリ国立公園で自然中で生息している姿を見てはいかがでしょうか。

デナリ国立公園

グレイシャー・ベイ国立公園/アラスカ【冒険心に溢れる人々を魅了します】

アメリカアラスカ州にあるグレイシャー・ベイ国立公園は、総面積が5000㎢あり、冒険心に溢れる人々を魅了してやまない場所といわれています。
アメリカアラスカ州にあるグレイシャー国立公園は、最も高い山が標高 3,190mあるクリーブランド山で175の山々が連なっています。

湖の数は驚くことに762にものぼるといわれています。
一番大きい湖は、マクドナルド湖で15㎞あります。

氷河は25あり、見るチャンスもあります。
2030年までに氷河は、溶けてなくなってしまうと専門家は予測しています。

グレイシャーベイでは、色々なアクティビティを体験することができます。
水上飛行機に乗ってユネスコ世界遺産バートレットコーブへ訪れたり、シーカヤックを借りてマクブライド氷河に向かったり、11 ある巨大氷河を空から遊覧する飛行機ツアーが観光客に人気があります。

グレイシャー・ベイ国立公園
<下に続く>

アメリカ・ハワイで人気のおすすめ観光地12選!

アロハ

では、アメリカ・ハワイの人気のおすすめの観光地をみていきましょう。
アメリカ・ハワイには、以下の観光地があります。

  1. ワイキキビーチ/オワフ
  2. アラモアナショッピングセンター/オアフ
  3. ダイヤモンドヘッド/オアフ
  4. ハナウマ湾/オアフ
  5. イアオ渓谷州立公園/マウイ
  6. ラハイナ/マウイ
  7. ハレアカラ国立公園/マウイ
  8. カアナパリ・ビーチ/マウイ
  9. ホエールウォッチング/ハワイ
  10. キラウエア火山/ハワイ
  11. ワイメア渓谷/カウアイ
  12. パポハク・ビーチ/モロカイ

続いて、アメリカ・ハワイの観光地をそれぞれ詳しくみていきます。

ワイキキビーチ/オワフ【ハワイを象徴する景色】

アメリカ・ハワイ州のオアフ島にあるワイキキビーチは、ダイヤモンドヘッドと合わせた景色が定番の観光地です。
海沿いには、有名なリゾートホテルが点在しています。

アラモアナショッピングセンターの西側に位置し、デューク・カハナモク・ビーチからダイヤモンドヘッドまでの約3㎞の総称です。
ビーチが観光エリアとローカルエリアの2つに分かれていて、区切るような形でアラワイ運河があります。

ハワイは19世紀までは独立国で、ハワイ王朝の王族の保養地でした。
1898年にアメリカ自治領になりました。

本来のワイキキビーチには、砂浜がなかったので、1920年代から1930年代までノースショアから白い砂を運んで砂浜を作りました。
なので、ワイキキビーチは人口の砂浜になります。

近年、波が砂を持っていくので2011年に砂を補給して10メートルほど幅を広げています。

アラモアナセンター/オアフ【ハワイ最大のショッピングモール】

アメリカ・ハワイ州のオアフ島にあるアラモアナセンターは、ハワイ最大のショッピングモールで364の店舗があります。
たくさんあり過ぎるほど店舗があるので、人気店だけを回るだけでも、時間が足りないくらいです。

アラモアナセンターには、有名なアーティストの作品があるなど、テーマパークのような雰囲気があります。
丸一日ここにいても飽きないくらいです。

4階建てのアラモアナセンターの面積は21.1万㎡、東京ディズニーランドの面積は51万㎡なので、4分の1の大きさになります。
ショッピングだけではなくアラモアナセンターでは、毎日色々なイベントが行われています。

特に観光客に人気があるのは、毎日行われている無料のフラショーです。
カヒコとフラ、ハワイの伝統的な踊りを披露してくれます。

アラモナセンター

ダイヤモンドヘッド/オアフ【360°のパノラマビューが楽しめる】

アメリカ・ハワイ州のオワフ島にあるダイヤモンドヘッドは、オアフのシンボル的存在で今では死火山です。
ダイヤモンドヘッドの噴火は、今から30万年前に起こったきりです。

火山だったので山の中心部分はクレーターはくぼんで、外側は高くなっています。
一番高い所で、標高232mのその部分がダイヤモンドヘッドの山頂になります。

ダイヤモンドヘッドからの眺めは、ワイキキビーチ、ホテル群、その先にはオアフ島の東部まで望むことができます。
ダイヤモンドヘッドの山頂は、広くはないのですが、ここから見る日の出はとても素晴らしいと観光客に人気があります。

展望台がいつかあり階段を上がっていきます。
急な階段ではないのですが、2つめの99段の階段は、ちょっと急なのでご注意ください。

ダイヤモンドヘッド

ハナウマ湾/オアフ【人気ナンバーワンのビーチ】

アメリカ・ハワイ州のオワフ島にあるハナウマ湾は、ワイキキの東にあるオアフ島で観光客に人気のビーチです。
ハナウマ湾には、珊瑚礁がが多く、海の色はターコイズブルーで透明度が高く、シュノーケルに最適な場所です。

ハナウマ湾ができたのは今から約32000年前で、火山活動によって今の姿になりました。
ハワイ王朝時代には神聖な場所で、王族以外は立ち入ることができませんでした。

1961年にエルビス・プレスリーの映画「ブルーハワイ」で紹介されてからは、たくさんの観光客が訪れています。
ハナウマワンを訪れる観光客は、皆さんシュノーケルを楽しみます。

綺麗な海でカラフルな魚を観賞するのは、楽しいですね。
近海でウツボやウミガメなど見ることができます。

ハナウマ湾

イアオ渓谷州立公園/マウイ【至高の光というパワースポット】

アメリカ・ハワイ州のマウイ島にあるイアオ渓谷州公園は、気軽に渓谷の自然に触れることのできる、マウイのパワースポットです。
ひんやりとした渓谷は冷たい空気に包まれた、独得の雰囲気があります。

イアオ渓谷は、イアオ・ニードルとも呼ばれ、遊歩道も整備され、展望台も設けられています。
イアオ・ニードルには、悲しい伝説が残のされています。

昔、綺麗な娘のイアオが半魚人の神プウオカモアと恋をしました。
そのことを知ったイアオの父親の神マウイは、プウオカモアを「殺してしまえ」と怒りました。

火山の女神ペレとイアオは、命だけは助けて欲しいと命乞いをしまいした。
プウオカモアの命は助かりましたが、岩に姿を変えられてしまいました。

その岩がイアオ・ニードルです。

イアオ渓谷

ラハイナ/マウイ【情緒あふれる街】

アメリカ・ハワイ州のマウイ島にあるラハイナは、マウイ島の最大の観光地で、ノスタルジックな雰囲気が感じられる、観光客が多く訪れるお洒落な街です。
ラハイナはその昔、ハワイ王国の首都だったので、たくさんの史跡が残されています。

19世紀前半はハワイ王国の首都として、また捕鯨船の船員が休息をとる基地でもありました。
多い時で捕鯨船の船は400隻もラハイナに立ち寄ったといわれています。

捕鯨産業が衰退すると、街の景観を保存しようと、国家歴史登録財に指定されています
「宝島」の小説でも有名なロバート・スティーブンソンなど、多くの文豪がラハイナに長期に渡って滞在したといわれいます。

アメリカ合衆国でも最大のバニヤンツリーがあり、樹齢は120年は超えていて、高さは20mあります。

ラハイナ

ハレアカラ国立公園/マウイ【星空が素晴らしい】

アメリカ・ハワイ州のマウイ島にあるハレアカラ国立公園は、日の出と満天の星空を見る観光スポットになっています。
南から東に広がりマウイ島で一番高い標高3055mのハレアカラ山があります。

頂上から見る景色は素晴らしく、とても神秘的だといわれています。
ハレアカラ山頂からは、サンライズを見るためにたくさんの観光客が訪れます。

神秘的な日の出の光景は、忘れらない思い出になります。
日の出だけではなく、夜空も素晴らしいです。

手で掴めそうな、星が降ってきそうな感覚に陥ります。
国立公園内は、滝や川がたくさんあるので、森林浴も楽しめます。

ハレアカラ国立公園

カアナパリ・ビーチ/マウイ 【アメリカ最高のビーチ】

アメリカ・ハワイ州のマウイ島にあるカアナパリ・ビーチは、アメリカ最高のビーチといわれるほど、とても美しいビーチです。
シュノーケルやスキューバーダイビング、パラセイリングなど、海のアクティビティが盛んに行わています。

観光客に人気なのが、ホエールウォッチングです。
マウイ島では、12月~4月頃まで、ザトウクジラが繁殖にやって来ます。

水深が200mにもならない浅瀬にもザトウクジラが来ることもあり、ビーチからでもクジラの姿を肉眼で見ることができます。
カアナパリ・ビーチからホエールウォッチング観光ツアーも出ているので、ぜひ参加してくださいね。

他にブラックロックと呼ばれている岩場があります。
マウイの勇敢な兵士の士気を高めるために、岩場から海に飛び込んだといわれています。

夕方になると飛び込むセレモニーが行われ観光客に好評です。

カアナパリ・ビーチ

ホエールウォッチング/ハワイ【環境に優しいクジラウォッチ】

アメリカ・ハワイ州のマウイ島では、ホエールウォッチングを楽しむことができます。
自然の中で生息しているザトウクジラを見る観光ツアーです。

毎年マウイ島へ訪れるザトウクジラの数は、10000だといわれています。
水しぶきを立ててジャンプするクジラの姿は、圧巻です。

海面をジャンプする姿を見れるのは、12月から4月だけです。
冬のハワイならではの、外せない観光ツアーになります。

巨大なザトウクジラが身近でジャンプする姿を見るのですから、水しぶきを浴びる覚悟が必要です。
カメラなど防水対策をすることをおすすめします。

カイ・カナニ「ホエールウォッチング・ツアー」

キラウエア火山/ハワイ【ハワイで唯一の世界遺産】

アメリカ・ハワイ州のハワイ島にあるキラウエア火山は、ハワイで唯一世界遺産に指定された今でも活動中の火山です。
火の神ペレの住まいとなるキラウエア火口は、噴火によってクレーターが広がってできたものです。

チェーン・オブ・クレーターズ・ロードと呼ばれる海まで続く溶岩台地は、2019年1月に再開されています。
とても活発だけども安全な火山といわれています。

立ち上がる煙は吹き上がる溶岩など、自然の凄さを感じさせられます。
現在は噴火も収まり、赤く燃えさかるマグマなどを見ることはできません。

キラウエア火山は現在も活発に活動しているので、ハワイ火山国立公園内では十分注意してください。

キラウエア火山

ワイメア渓谷/カウアイ【太平洋のグランド・キャニオン】

アメリカ・ハワイ州のカウアイ島にあるワイメア渓谷公園は、約5000種類の植物が保護されています。
また太平洋のグランドキャニオンと呼ばれ、カウアイ島を代表する観光地でもあります。

雨上がりに架かる虹を見るために、世界中から観光客が後を絶たない位観光客に人気があります。
ンスタ映えする光景が広がっています。

ワイメア渓谷には3つの展望台があります。
3か所すべて素晴らしい景色がみることができます。

神秘的なシダの洞窟があります。
シダの洞窟へは、ジャングルなのでボートでしか行くことができません。

天候によって閉鎖されているので、天気予報にご注意ください。

ワイメア渓谷

パポハク・ビーチ/モロカイ【島に信号が1つもない】

アメリカ・ハワイ州のモロカイ島にあるパポハクビーチは、約5㎞の黄金色の砂浜がつづいているハワイでも最長のビーチといわれています。
砂浜も広い所で250mある大きなビーチです。

観光地化されていないビーチがいくつかあり、どのビーチも美しいと観光客に人気があります。
海水浴を楽しむ観光客もまばらで少ないので、思いっきりはしゃいだりすることができます。

冬場は波が高く、風も強くなるので、海水浴の際はお気をつけください。
砂浜では、第二次世界大戦時に演習場とされていたので、高波の後、砂浜から戦時中の物が見つかることもあります。

パポハク・ビーチ
<下に続く>

改めてアメリカの国の大きさを実感する

ハワイの夕焼け

アメリカって思ってた以上に、とても大きな国なのを実感しました。
アメリカ大陸の北のアラスカ州から、太平洋の楽園ハワイ州まで、50の州があります。

それそれの州には、絶対外せない観光地がたくさんあるので、1回のアメリカ旅行では周りきれませんね。
訪れる場所によって、違う顔を見せる魅力あるアメリカを心ゆくまで楽しんでくだいね。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line