どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/01/31

ロンドンの人気お土産25選!雑貨やエコバッグ、男性向けのお土産も

人気の観光地、ロンドン。古くから経済や文化の中心として発展してきました。
街中を歩いていると、お洒落で素敵なグッズがたくさん目に入ります。

その中でもおすすめのお土産について、紹介してきます。
自分の好みの商品をチェックしてみてください!

Large samuel zeller 28771 unsplash  1
目次

【お土産の前に】ロンドンってどんな街?

誰もが憧れるヨーロッパ。
ロンドンは、そんなヨーロッパの北西岸に位置しているイギリスの首都。

19~20世紀には世界の中心の都市として発展しました。
今でも、ヨーロッパの中枢を担う先進国。

ハリーポッターやシャーロックホームズなど、日本人にもお馴染みの物語の舞台でもあります。
映画で見たことのある風景に、興奮すること間違いなしです。

また、世界遺産などの観光名所も豊富です。
ウェンストミンスター寺院、ロンドン塔、バッキンガム宮殿などなど。
世界最大の博物館、大英博物館も必見。
世界中の観光客を魅了する都市です。

ベストシーズンは、5月~9月。
特に夏のバカンスシーズンには、世界中から観光客が訪れます。
とても混雑しますが、夜は21時頃まで明るいので、長い時間観光が楽しめておすすめです。

地下鉄やバスなど、公共の交通機関も発達していて、観光がしやすい点も魅力。
海外旅行初心者に優しい街ですよ!

イギリス文化を知る!マナーや生活習慣の特徴、日本との違いは?イギリスはどんな国?由来や歴史、行事など
イギリスの正式名所は「グレートブリテン及び北アイル...

<下に続く>

ばらまきにもぴったり!ロンドンで定番の人気お土産5選!

では、ロンドンのお土産をみていきましょう。
ロンドンのお土産には、以下のものがあります。

  1. Buckingham Palace(バッキンガム宮殿)クッキー
  2. Fortnum & Masonの紅茶
  3. Terry’s Chocolate Orange
  4. Tunnocks CARAMEL WAFER
  5. Maldon Sea Salt

Buckingham Palace(バッキンガム宮殿)クッキー

バッキンガム宮殿には、公式のショップが併設されています。
宮殿に入場しなくても入れるので(絶対に入場して見学した方が良いですが)、お土産だけを買いに訪れることもできます。

ティータイムのお供にぴったりなクッキーは、上品なブルーの缶。
見た目もとってもお洒落ですし、缶の中央にはイギリスの国章が入っています。
まさにイギリス感全開のお土産。

きちんとした感じが伝わるので、職場のばらまき用のお土産にぴったりです。

Fortnum & Masonの紅茶

Fortnum & Masonは、1707年創業のロンドンの老舗百貨店。
紅茶のブランドとしても有名で、ロンドンの定番土産の一つです。
イギリス王室御用達の認定を何度も受けています。

とっても可愛らしい箱に入っている紅茶は、日本に帰ってからもロンドン気分に浸れるアイテム。
ミニチュアサイズの缶に入っている、ばらまきに適したものも販売されています。
日本でも手に入るブランドですが、ロンドン限定のフレーバーも購入可能。
特に女性へのお土産におすすめです。

Terry’s Chocolate Orange

1931年にテリー兄弟が販売し始めたチョコレート。
見た目がオレンジんのようにまんまるで、20房にカットされています。
カットされた一つ一つがオレンジの実のようになっていて、とても可愛らしいチョコレートです。
もちろんオレンジの成分も使われていて、ほのかに香ります。

昔からロンドンで食べられてきた伝統のチョコレート。
見た目のインパクトもあるので、ばらまきにおすすめです!

Tunnocks CARAMEL WAFER

1980年創業のパン屋さんが作ったチョコレートウエハース。
キャラメルの細かい層が重なっていて、日本のお菓子と比べるとかなり甘いです。
甘いものに目がない人にぴったり。

イギリスでは紅茶と一緒に食べるのが定番なので、紅茶とセットで渡しても喜ばれます。

海外のお菓子では珍しく個包装で売られています。
ばらまき土産には使い勝手が良いですよ。

Maldon Sea Salt

1950年代から代々、伝統的な製法で作られている塩。
2012年には王室御用達となっており、イギリスの代表的な塩です。

そんな由緒ある塩ですが、スーパーでも手軽に手に入れることができるのが魅力。
一見地味なお土産ではありますが、ステーキやサラダなど、シンプルで塩が引き立つ料理では、その違いがはっきりと分かります。

料理が好きな方へのお土産にぴったりです。

<下に続く>

ハリーポッターにパディントン!ロンドンで買いたいかわいい雑貨お土産5選!

では、ロンドンの雑貨のお土産をみていきましょう。
雑貨のお土産には、以下のようなものがあります。

  1. ハリーポッターグッズ
  2. パディントンぬいぐるみ
  3. シャーロック・ホームズグッズ
  4. ユニオンジャックグッズ
  5. 大英博物館グッズ

ハリーポッターグッズ

ハリーポッターファンにはお馴染みの場所、キングズクロス駅。
9 3/4番線のフォトスポットはとても有名です。

そのキングズクロス駅には、ハリーポッターの公式グッズショップも併設されています。

売られているのは、魔法の杖、寮ごとのネクタイ、カーディガンなど、ファンにとってはたまらないものばかり。
Tシャツの品ぞろえも豊富で、部屋着にぴったりです。

また、ぜひおすすめしたいのがホグワーツの入学許可証
子供の頃、届くのを夢見て待っていた人も多いのでは?
ハリーポッターの世界に浸ることができますよ。

パディントンぬいぐるみ

映画化もされた、パディントン。

パディントン駅には専門のショップがあり、かわいいグッズで埋め尽くされています。
特に人気なのがぬいぐるみ。
大きさも複数あり、ひとつひとつの顔も違うので、迷ってしまいます。
「どうぞこのくまの面倒をみてやってください。お願いします」というお茶目な札がついているのもポイント。

大切に日本に連れて帰ってくださいね。

シャーロック・ホームズグッズ

ロンドンのベイカー街といえば、シャーロックホームズの舞台。
今でも、たくさんのホームズファンがこの場所を訪れます。
シャーロック博物館があり、所縁のグッズが展示されています。

博物館にはショップもあり、探偵の衣装を着たテディーベアや、ホームズのトレードマークであるパイプをモチーフにした雑貨がずらり。

ロンドンならではのグッズが手に入ります。

ユニオンジャックグッズ

ロンドンらしいお土産といえば、イギリス国旗であるユニオンジャックをモチーフにしたグッズ。

お菓子の箱に使用されていることも多いですが、ブックカバー、ノート、ステッカーなど、お土産の定番グッズになっています。

場所を選ばず、ロンドン市内を歩いていれば見つかるので、手軽に手に入れることができます。

日本で使用しても違和感が無く、お洒落なのもポイント。
ぜひ一つは購入してみてください。

大英博物館グッズ

世界最大の博物館、大英博物館。
ミュージアムショップには、ここでしか手に入らないグッズがたくさん。
お堅い感じのする博物館ですが、ちょっと笑えるお土産も売られています。

特に、お風呂に浮かべるアヒルが大人気。
値段も手ごろなので、ぜひチェックしてみてください!

<下に続く>

彼女へのお土産に!ロンドンのおすすめコスメ5選!

では、コスメのお土産をみていきましょう。
コスメのお土産には、以下のものがあります。

  1. Soap & Gloryのボディーバター
  2. TED BAKERのボディースプレー
  3. Boots No7のスキンケアグッズ
  4. Butter Londonのネイルカラー
  5. NIVEA

Soap & Gloryのボディーバター

2006年に作られた新しいブランド。
サーモンピンクのパッケージが目印で、コスパがとても良いと現地のロンドンガールたちにも大人気。
美容グッズ、コスメ、バスグッズなど、様々な商品を取り揃えています。

中でもおすすめなのが、ボディーバター。
イギリスのベストバター賞にも選ばれた商品です。
エマワトソンも愛用していることで有名。
手ごろな値段なのでぜひチェックしてみてください!

TED BAKERのボディースプレー

イギリスのブランドとして有名なTED BAKER。
コスメも展開していて、大人気です。
パッケージはピンクを基調にしており、女性らしい上品な雰囲気。
女性は誰でも好きな、万人受けするブランドです。

香りもきつすぎず、相手を選ばずに贈ることができます。
プチプラなので、彼女以外へのばらまきコスメにも最適。

Boots No7のスキンケアグッズ

No7はBoots UKによって開発された化粧品ブランド。
アンチエイジングクリーム、スキンケア、化粧品などが販売されています。

ロンドンは気候の関係で乾燥肌の人が多い土地。
そのため、保湿系のグッズが豊富に取り揃えられています。
特にフェイスマスクがおすすめ。
パッケージがとてもかわいいのに、実力派で値段もお手頃。

また、現地で人気のアンチエイジングクリームも要チェックです。
こちらは少し値段が高いので、年上の彼女にぴったりです。

Butter Londonのネイルカラー

ロンドンのトレンドを取り入れたネイルカラーを、たくさん取り揃えている、Butter London。

ネイルカラー特有の、強いにおいが無いことが特徴。
すっと軽い付け心地で、ロンドンのネイルサロンでも一般的に使用されています。
日本ではなかなか手に入らないような色の展開もあるので、これを機に新しいオシャレに挑戦してみては?
好みに合わせて自由に色を選ぶのも、楽しみの一つ。

日本ではなかなか手に入りにくい商品なので、女性へのお土産にはぴったりです。

NIVEA

世界中で有名なニベア。
日本でも簡単に手に入りますが、イギリスにはデザイン違いのものが売っています。
ヨーロッパならではのセンスで、特別感があります。
日本にはない香りもありますし、知っているブランドだからこその安心感。

値段も手ごろなので、女性へのちょっとしたお土産にぴったりです。

<下に続く>

紳士の街ロンドンで買える男性へのおすすめお土産5選!

  1. スコッチウイスキー
  2. バーバリーのマフラー
  3. ルーダルトンのTシャツ
  4. ポールスミスのネクタイ
  5. カフスボタン

スコッチウイスキー

スコッチウイスキーはイギリスが本場。
日本では手に入らない種類も販売されています。
老舗デパートのフォートナム&メイソンの地下にはぜひ行ってみてください。
プレミアもののスコッチウイスキーが陳列されていて、見ているだけでも楽しい場所です。

そこまでこだわらなくても、街中で簡単に手に入ります。
お店によってはミニボトルも販売されているので、いくつかの種類を買って飲み比べてみるのも楽しいです。

バーバリーのマフラー

男性へのロンドン土産で定番、バーバリーのマフラー。
日本で知らない人はいないほど、有名なイギリスを代表するブランドです。
男性へのお土産で迷ったら、これを贈れば間違いなし。

バーバリーのアウトレットショップがあり、お得な値段で購入することができます。
連日観光客で賑わっている場所です。
色や柄の種類がたくさんあるので、彼の好みに合わせて選んでくださいね。

ルーダルトンのTシャツ

日本ではまだあまり知られていないブランド、ルーダルトン
新しいものに敏感な、お洒落な男性にはこれがおすすめ。
ロンドンの20代~30代の男性に人気の商品です。

品質にこだわりがあり、伝統的な縫製技術を採用しつつ、若いデザイナーのデザインを起用。
個性的なデザインが特徴です。

海外での洋服の購入はサイズが難しいですが、Tシャツであればそれほど気にせず選ぶことができます。

ポールスミスのネクタイ

男性への贈り物で人気なのが、ネクタイ。
何本持っていても邪魔にならず、お土産にぴったりです。

中でも、ポールスミスはイギリスを代表するブランド。
様々な年代の男性にとって使いやすいデザインが豊富です。
ブランド品の割には、そこまで高級ではないので、気負わずに購入できます。
アウトレットのショップがあるので、購入する場合にはそこがおすすめ。

カフスボタン

紳士の街ロンドンでは、たくさんのカフスボタンが販売されています。
その取扱い量は、日本の比ではありません。

ジュエリーと呼べるような高級品から、スポーツ用品をかたどったもの、レゴブロックを利用しているものまで、種類は様々。
日本では売られていないようなカフスボタンを見つけて、プレゼントしてみませんか?

<下に続く>

買い忘れがあっても大丈夫。ロンドンの空港で買えるお土産5選!

ロンドンの空港、ヒースロー空港は品ぞろえが良く、定番のお土産は大抵手に入ります。
敷地がとても広く、見切れないので、どのお店に行きたいのかを事前にチェックしておきましょう。

  1. 紅茶
  2. チョコレート
  3. スコッチウイスキー
  4. コスメ
  5. ブランドバッグ

紅茶

ターミナル2〜5(HarrodsやWorld Duty Freeなど)で購入できます。

免税店はもちろんですが、有名な紅茶ブランドのお店も入っているのが嬉しいところ。
老舗のFortnum & Masonの紅茶も手に入ります。
種類も豊富で、好みの味を選べますよ。

イギリス土産と言えば紅茶な分、ばらまきとしても定番。
「あの人の分の紅茶を買い忘れちゃった!」という時にも重宝します。
荷物としても重くならないので、優秀なお土産です。

チョコレート

ターミナル2〜5(Caviar House and Prunier store,Harrodsなど)で購入できます。

空港で売っているチョコレートは、スーパーで手に入るようなお手頃なものから、王室ご用達の高級品まで様々。

王室ご用達のものでは、PRESTATCharbonnel et Walkerなどが有名で、特別感のあるお土産です。
見た目も華やかでおしゃれなので、とても喜ばれますよ。

スコッチウイスキー

ターミナル2~5で主に購入できます。
ロンドン土産の定番、スコッチウイスキー。
街中でもたくさん売っていますが、割れないように気を付けないといけないですし、梱包も大変ですよね。

空港で手荷物検査の後、免税店で購入すればそのまま機内に持ち込むことができます。
空港内でも、メジャーな銘柄であれば手に入るのでおすすめですよ。

コスメ

ターミナル2〜5(Bootsなど)で購入できます。

免税店では、有名なブランドのLancômeESTÉE LAUDERなどのコスメを手に入れることができます。
好きなブランドがある方は、是非チェックしてみてください。

ロンドン発の人気コスメも空港で購入することができます。
手頃な値段のものが多いので、女性へのばらまき土産におすすめ。

コスメは割れ物が多いので、空港で購入すれば手荷物として持ち込むことができるのも嬉しい点です。

ブランドバッグ

ターミナル2〜5(Case Luggage & Accessoriesやその他のブランド店)購入できます。

シャネル、エルメス、グッチなど、世界のトップブランドが免税の価格で手に入るのでおすすめです。

旅行の最後に、とっておきの贅沢。
旅行の良い思い出になりますよ!

<下に続く>

エコバックもかわいい!ロンドンでお土産を買うのにおすすめのお店5選!

海外のエコバッグはとてもオシャレなデザインが多く、日本でも人気。
そんな、エコバッグが可愛いお店をご紹介。

  1. Waterstones
  2. Saatchi Gallery
  3. La Fromagerie
  4. Daylesford Organic
  5. Marks and Spencer

Waterstones

ブックショップのWaterstones。
ここのエコバッグはもともと本を入れる想定で作られているので、とっても丈夫。

デザインも複数あって選ぶことができます。

本はもちろんですが、ちょっとした雑貨も売られているのでお土産を探すこともできますよ。

ロンドンの現代美術館のショップのエコバッグは、ポップなデザインでお洒落。

蛍光色を使用したデザインで、日本ではなかなか無い色使い。
個性的なものを持ちたいと思っている人にぴったり。

現代美術館のショップなので、アート作品のグッズも販売されています。
ロンドンの若いアーティストの芸術に触れてみては?

La Fromagerie

ロンドンで人気のチーズ専門店。
牛のシルエットが可愛いエコバッグが販売されています。
手提げも肩掛けもOKな、使い勝手の良いデザイン。
色々なシーンで活躍するはずです。

チーズは試食もOKなので、チーズ好きにはぜひ立ち寄って欲しいお店です。

Daylesford Organic

お洒落なオーガニック食材店。
エコバッグは麻の素材を使用していてナチュラルな雰囲気。
小さめサイズなので、小物の持ち歩きに便利です。

お店はオーガニックの食材を豊富に取り揃えています。
スイーツなども販売しているので、健康志向のお友達へのお土産はここをチェックしてみましょう。

Marks and Spencer

ロンドンの老舗スーパー、Marks and Spencer
ここのエコバッグは、見た目は小ぶりなのに収納力抜群。
スーパーのエコバッグなだけあって、牛乳やワインなどかさばるものも入れやすい大きさです。

ここのスーパーには、雑貨やちょっとした家具も販売されています。
お土産を探すのにもおすすめなお店です。

<下に続く>

ロンドンのお土産は通販でも買える!

お土産を買いたい相手はたくさんいるけれど、全員分購入すると帰りの荷物が重すぎる・・・。
そんな時に重宝するのが、通販でのお土産購入です。

日本国内でカタログからお土産を選び、注文しておけば自宅に送ってもらえます。
現地で自分の手で買いたい気持ちもありますが、ばらまき系のお土産は特にかさばってしまいますよね・・・。
賢く利用して、現地での自分の時間を上手に使いましょう!

自宅に届くまで時間がかかるので、その点は注意して注文してくださいね。

<下に続く>

ロンドンの人気お土産25選!雑貨やエコバッグ、男性向けのお土産ものまとめ

ヨーロッパでも人気の観光地ロンドン。
歴史も文化も特徴がある分、たくさんのお土産があります。
日本で手に入りにくいものもたくさん。
今回紹介したものをチェックして、自分好みのグッズを見つけてくださいね。

イギリスのおすすめお土産35選【コスメ|紅茶|ばらまき|お菓子】【お土産の前に】イギリスってどんな国? イギリスと言えば、ロンドンとだれもが空で言うことがで...

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line