どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/02/11

コインブラのおすすめ観光地5選!世界遺産の大学や旧大聖堂

小高い丘から川沿いにかけて町が作られ、その丘のてっぺんの場所にコインブラ大学の旧校舎と始業の際に聞こえる「ヤギの鳴き声」という名のかぶらの塔が、町を見下ろします。
世界遺産の建造物と美しい街並みが調和する坂の多い町コインブラの観光地をご紹介していきます。

Large photo 1513546578705 6dd0cd5519cb
目次

昔はポルトガルの首都だった!コインブラってどんなところ?

紀元前2世紀にリスボンから北部、更にはスペインまで続く街道の拠点としてローマ帝国時代にはコインブラの周辺にローマの属州の拠点となる町コニンブリガが近郊に建設されたところから始まります。

その後、モンディエゴ川が流れるそばの小高い丘に旧市街がつくられますが、約300年に渡ってイスラム教の支配を受けることになります。
最征服後に当時の王アフォンソ・エンリケスによって1139年から1255年までコインブラは王国の首都がおかれ、ポルトガルの中心でした。

コインブラ大学の前身となるリスボン大学が1290年、リスボンに創設されると首都機能と入れ替わるかのように大学がコインブラに移され、1537年以降から大学の町として発展しています。
コインブラ大学の学生は黒いマントを身につけてそこには各学部を表す印としてリボンがつけられ、見分けられるようになっていました。
コインブラは16世紀のポルトガルの大航海時代の繁栄で町の至る所にその栄華を誇る豪華な建造物も見られるのも非常に興味深いです。

一つ細い路地に迷い込むと直ぐに中世の町にタイムススリップした趣きに出会える、そして現在も多くの学生が学ぶキャンパスと歴史ある古い町が共存しているそれがコインブラです。

<下に続く>

コインブラへの行き方は?直行便はある?

コインブラMap

ポルトガルへの空のメインアクセスとなるのが首都のリスボンと第2の都市となる北のポルトのいずれかになりますが、日本からになると直行便がありませんので、ヨーロッパ内のドイツやオランダ・フランス、イギリスなどの主要の空港からの乗り継ぎで到着するのが一般的です。
航空会社によって時間設定が早すぎるものや乗り継ぎが不便なものもあります。

リスボンからアクセスする場合、ポルテラ空港から市内まで一旦出ることになりますが、地下鉄またはYellow BUS社の空港バスが利用できます。
コインブラまでは、リスボンから鉄道かバスを利用して移動することができます。

鉄道で移動

①鉄道はサンタ・アポローニャ駅からでコインブラまでローカル線で約120分で結びます。
②バスを利用する場合、セッテ・リオス バスターミナルから出発しますので、空港から地下鉄利用の場合、Jardim Zoolozicoが最寄り駅になります。
そしてバスでの所要は約180分になります。

一方ポルトからの所要時間としましては、
①鉄道で約60分
②バスでは約85分ですから
飛行機の乗り継ぎやアクセス空港によってはポルトを経由した方が、早くなるということがわかります。

<下に続く>

コインブラの気候や天気は?

暑い日差し

コインブラ周辺の地形は平坦になっていて海洋性気候になりますので、雨は比較的冬季に多くなりますが、冬でも雪は少なく氷点下になることはほとんどありません。

一方の夏は平均30度に届かないくらいですが、晴れの日が続きます。
最低気温も15度前後と過ごしやすくなります。

しかしながら最近では特に夏の気温は高めの傾向で、30度をこえる日も増えてきています。
坂の多いコインブラにとって、冬の寒さと言うよりは日中の夏の日差しの強さは身に応えますが、日陰を探して歩くことでそれも解消できます。

<下に続く>

コインブラで観光するなら所要時間はどれくらい?

null

コインブラの見所は主に旧市街にまとまっています。
小高い丘に町がくっ付いているような外観ですが、そのてっぺんに大学の旧校舎や豪華な図書館
がありますが、大聖堂や目抜き通りまでは坂を下りるように歩くと容易に到着しますので、時間も要しません。

旧大学から上記のように徒歩で移動しながら、目抜き通りでショッピングを楽しんでも3時間もあれば十分観てまわることができます。
モンディエゴ川対岸の建造物に訪れる場合は公共交通などの利用が必要になります。

<下に続く>

世界遺産野コインブラ大学や図書館!コインブラでおすすめの観光地5選!

では、コインブラの観光地をみていきましょう。
コインブラには、以下の観光地があります。

  1. コインブラ旧大学
  2. サンタクルス修道院
  3. マシャード・デ・カストロ博物館
  4. コインブラ旧大聖堂
  5. 新サンタクララ修道院

続いて、コインブラの観光地を、詳しくみていきます。

コインブラ旧大学

旧市街の高台にある旧校舎はコインブラ移転当時の建物で「鉄の門」から敷地へ入るとコの字型に旧校舎が建っています。
現在は校舎としてではなく、総長の受任式や授与式などが行われたり他にも、旧大学内に併設された豪華な礼拝堂、そして大航海時代富の象徴として国王ジョアン5世によって作られた約3万冊の蔵書が残る図書館は圧巻です。

建物の角に建つ細長い塔はカブラ(ヤギ)の塔と言われ当時は始業の合図として使用されていました。

コインブラ旧大学
住所:3004-531 Coimbra,
電話番号:+351 239 859 900
営業時間:9:00-19:30(冬季9:30~17:30)
定休日:無休(但し1/1、12/25除く)
入場料や利用料:無料 *図書館のみ€9-
URL:コインブラ大学 公式ページ

サンタクルス修道院

旧市街の北側にある12世紀の修道院教会です。
ポルトガル初代国王アフォンソ・エンリケスによって寄贈され、入り口の装飾は16世紀のマヌエル1世によって加えられました。
装飾の細部には航海の繁栄を表す植物や動物のモチーフなどが表現されていますが、この時代は当時から航海の象徴としてあらゆる装飾に刻まれていました。

内部には初代国王とその息子の棺が置かれ、室内装飾の部分に有名なアズレージョのタイル装飾が見られ、その中で礼拝のミサなどが執り行われています。

サンタクルス修道院
住所:Praça 8 de Maio, 3001-300 Coimbra,
電話番号: +351 239 822 941
営業時間:10~17時(土曜9〜12時、14〜17時、日曜10時〜17時30分)
定休日:無休

マシャード・デ・カストロ博物館

18世紀のコインブラ出身の彫刻家マシャード・デ・カストロにちなんで名付けられた数々の美術品が納められた博物館です。
2012年にオープンした博物館にはポルトガルの金銀細工のコレクションをはじめ黒いキリスト像・16世紀の家具や彫刻また象牙細工や絵画のコレクション等が展示されています。

もともと司教館であった建物で12世紀の美しい回廊が残り、美術館の階下にはローマ時代建造物も残ります。
中庭に古代ローマ時代の2層建ての柱廊がみられます。

マシャード・デ・カストロ博物館
住所: Largo Dr. José Rodrigues, 3000-236 Coimbra,
電話番号:+351 239 853 070
営業時間:10:00-18:00
定休日:月
URL: マチャード・デ・カストロ公式ページ

コインブラ旧大聖堂

ロマネスク

12世紀に初代ポルトガル王アフォンソ・エンリケスがコインブラを首都に定めた時に町に相応しい大聖堂として12世紀中頃にフランス人建築家によってロマネスク様式で建造されました。
外観は要塞に似た姿で所々壁には銃口が残り
イスラム教徒との交戦のために作られたと当時の姿が残ります。

内部の中庭にある数々の彫刻はキリスト教の教会とは違う植物・動物や幾何学的な装飾が残りモサラベと言われる元々のイスラム教徒が携わっていたことが分かります。

コインブラ旧大聖堂
住所:Largo Sé Velha, 3000-383 Coimbra,
電話番号:+351 239 825 273
営業時間:10:00 - 18:00 (日曜日 13:00 - 18:00)
定休日:無休
入場料や利用料:€2.50-
URL:コインブラ旧大聖堂 参考サイト

新サンタクララ修道院

17世紀にモンディエゴ川の氾濫を回避するために高台に新しく建てられました。
内部は大航海時代の栄華を象徴するかのような金を使った豪華な祭壇には航海をモチーフとした装飾があります。

リスボン大学を創設したディニス王の妃でコインブラの守護聖人でもあるイザベル王妃の棺が安置されています。
敬虔だった王妃はローマ教会から聖人となり、棺の前に王冠を被った王妃の彫像が見られます。
また、修道院の広場からはコインブラの旧市街が一望できて圧巻です。

新サンタクララ修道院

住所:Calçada Santa Isabel, 3040-270 Coimbra,
電話番号:+351 239 441 674
営業時間:9:30-18:45(土日9:00-18:00)
定休日:無休
入場料や利用料:€2-*他にもコンビネーション有
URL:新サンタ・クララ修道院 公式ページ

<下に続く>

大学グッズに金平糖!コインブラでおすすめのお土産5選!

では、コインブラのお店をみていきましょう。
コインブラのお店には、以下のお店があります。

  1. コンフェイト Confeito
  2. コインブラ ファド のCD
  3. ガロ デ バルセロ 雄鶏の小物
  4. コインブラ大学グッズ
  5. コルク製品

続いて、コインブラのお店を、それぞれ詳しくみていきます。

コンフェイト

南蛮貿易で日本にやってきたポルトガルの金平糖はコンフェイトといいます。
そしてコインブラで金平糖の由来となったお菓子を作ったお店がPastelaria Broisaになりますので、本家本元になるわけですね。

日本の金平糖とは少々違いますが、元祖のコンフェイトは透明感が無く、日本のものよりもデコボコがないようです。
また日本の金平糖のようにシャリシャリとした触感はなく、普通のキャンディウィ食べているような触感になります。
金平糖の原料は、ザラメと糖蜜を使って作られますが、是非持ち帰れば記念になるポルトガルのコンフェイトはいかがでしょうか。
(コンフェイト(小)1.50€)

パステラリア ブリオサ Pastelaria Briosa

住所:Largo da Portagem, 3000-180 Coimbra
電話番号:+351 239 821 617
営業時間:7:30-21:00
定休日:無休
URL:Pastelaria Briosa 公式ページ

コインブラ ファド のCD

コインブラファドは好きな女の子に捧げる歌として男子学生が歌い始めたことがきっかけで、それはポルトガル伝統のファドを踏襲したものであるといわれます。
現在も大学生のあいだでコインブラファドの伝統が受け継がれています。

独特の黒いマントを着てファドの公演は、ギターラといわれる弦が12本ある楽器とクラシックギターの演奏から始まり、途中から歌手が入ってきてしっとり歌い上げます。

コインブラファドのCDはお土産屋などでも求められます。
ファドが聴ける場所のご案内になります
(コインブラで観たい場合には、毎晩18時から約1時間で聴けます)

Fado ao Centro
住所:R. Quebra Costas 7, 3000-340 Coimbra
電話番号:+351 913 236 725
営業時間:9:30-20:000*公演は公式ページをご覧ください
定休日:無休
URL:Fado ao Centro(ファド・アオ・セントロ)公式ページ

ガロ デ バルセロ 雄鶏の小物

ポルトガルの有名な奇蹟にまつわるシンボルとして有名な雄鶏がガロといいます。
ポルトガル北部にバルセロスという街がありましてここで起きた奇蹟があります。

「ある時、金持ちの家で宴を開いていた時に高価な銀食器が盗まれたと騒ぎだし、そこに居合わせた一人の旅人が疑われてしまいました」
周りから罪人扱いされた旅人は、とっさに厨房で焼いた鶏を食べようとした金持ちの主人に向かって「無実である証拠にそこの焼かれた鶏が3度なくであろう」と予言をし、そして鶏が泣いたという奇蹟

この奇蹟は後に幸運を呼ぶ奇蹟として広まり定番のお土産のひとつです。
コインブラの目抜き通りでもよく見かけますので、大小さまざまな大きさのものが並んでいますのでお土産にいかがでしょうか。

コインブラの目抜き通り~Ferraina Borgesフェレイラ ボルジェス通りから8 de Maio広場にかけて、またArco Almedinaアルコ・アルメディナ通りにコルク製品やガロ(雄鶏)・アズレージョなどのグッズのお店があります。

Ferraina Borges通り

Arco Almedina通り

コインブラ大学グッズ

コインブラと言えば500年の歴史を刻むコインブラ大学です。
コインブラ大学の学生になるとカッパとよばれる黒いマントを購入し、所属する学部を表すリボンをマントにつけています。

コインブラならではのお土産としまして旧大学・礼拝堂のある棟内にある売店で大学オリジナルのお土産を販売しています。
まず、コインブラ大学のロゴ入りの文房具や雑貨、マグカップやTシャツまで売っています。
ユニークなものはギリシャの英知の女神アテナの象徴、そのシンボルであるフクロウのイラストが描かれたグッズや図書館に蔵書品を食い荒らす害虫駆除に活躍する為に潜むコウモリのイラストが描かれたグッズなどは人気があります。

大学内ショップ(コインブラ旧大学の情報になります)
住所:3004-531 Coimbra,
電話番号:+351 239 859 900
営業時間:9:00-19:30(冬季9:30~17:30)
定休日:無休(但し1/1、12/25除く)
URL:コインブラ大学 公式ページ

コルク製品

コルクはコルク樫の二回目に剥ぎ取った樹皮を使って高温蒸気処理の後、弾力が増した後に粉砕して接着剤とともに圧縮して作られます。
ポルトガルはそのコルクの生産が世界シェア50%を誇りますから、ポルトガルのどこへ行ってもコルク製品は見ることができます。

コルクからできる製品を見て見ますと、定番はコースターやカバン・財布などですが、他にも帽子・ベルト・エプロン・ブックカバー・携帯ケース・トートバック・時計のベルトや靴や傘まで何でもコルクです。
でもお土産におすすめなのが、コルクの絵葉書で各地でその土地のがさりげなく入っていて素敵な一枚が見つかります。

コインブラの目抜き通り~Ferraina Borgesフェレイラ ボルジェス通りから8 de Maio広場にかけて、またArco Almedinaアルコ・アルメディナ通りにコルク製品やガロ(雄鶏)・アズレージョなどのグッズのお店があります
Ferraina Borges通り

Arco Almedina通り

<下に続く>

コインブラでポルトガル料理を楽しもう!おすすめのレストラン5選!

では、コインブラのレストランをみていきましょう。
コインブラには、以下のレストランがあります。

  1. Dux Taberna Urbana
  2. Dom Pedro
  3. Cafe Restaurante Nicola
  4. Zé Manel dos Ossos
  5. RETIRO DO CONDE

続いて、コインブラのレストランを、それぞれ詳しくみていきます。

Dux Taberna Urbana

Tivoli Coimbraホテルに近いロケーションで地中海料理やポルトガル料理とワインがおすすめのレストランになります。
店のインテリアは木目調とレンがでとてもお洒落な雰囲気があり、メニューも伝統的なポルトガル料理からシーフードを使ったお洒落な創作料理までと幅広く地元の人や観光客で賑わっています。

混雑する事が多いですから、予約を入れる事をお薦めします。
お洒落な場所でリラックスしながら楽しい時間を満喫したい人はいかがでしょうか。

Dux Taberna Urbana
住所:39, R. Dr. Manuel Rodrigues, 3000-226 Coimbra,
電話番号:+351 239 093 723
営業時間:12:00-15:00月-金/12:30-15:00土日
     19:30-23:00日-木/19:30-24:00金土
定休日:無休
URL:Dux Taberna Urbana公式ページ

Dom Pedro

コインブラでは人気の地中海料理とポルトガル料理の店です。
駅やポルタジェン広場から至便の川沿いの通りのレストランで、入って直ぐに階段で一つ降りたところにレストランがあります。

ポルトガルの伝統料理が楽しめカルド・ベルデ(キャベツのスープ)や南部のアレンテージョ地方の名物あさりと豚肉の料理などは有名で、薄味ベースなのが特徴です。
またワインの種類もたくさんあって時間をかけて食事をゆっくり食べたい人などはお勧めです。

グループも利用しますので、気が付いたら直ぐに予約などを入れておくと無難かもしれません。

Dom Pedro
住所:Av. Emídio Navarro 58, 3000-150 Coimbra,
電話番号:+351 239 820 814
営業時間:12:00 - 15:00/18:30 - 22:00
定休日:無休
URL:Dom Pedro Facebook Page

Cafe Restaurante Nicola

R. Ferreira Borgesの目抜き通りに面したときろにあるカフェレストランになります。
ショーケースにあるものや別途メニューがありますので注文してオーダーするアラカルトもあります。

短時間で済ませたい場合や言葉が心配な人などはショーケースで自分で指をさして注文することもできます。
スイーツも揃っていてポルトガル伝統菓子エッグタルトもあります。

食事を摂りに来る人やスイーツを食べに来る人など様々のようですが、どちらかというと短時間で済ませたい人は覚えておくと良いレストランです。

Cafe Restaurante Nicola
住所:R. Ferreira Borges 35, 3000-180 Coimbra,
電話番号:+351 239 094 066
営業時間:8:00-20:00
定休日:無休
URL:NICOLA Facebook Page

Zé Manel dos Ossos

バイシャBania地区(ホテルアストリアに近い)エリアにある地元の人たちに人気のポルトガル料理の店です。
コインブラ名物シャンファナ(子ヤギ肉を赤ワインと香草で煮込んだもの)が人気メニューで他にもおコメ料理や串焼きなどもあって少しアラビアチックな雰囲気を感じさせる趣きのあります。
店の中の壁には観光客が残していったであろう紙に書かれたメッセージやイラストなどが無造作に貼られていて、ポルトガル語しか通じませんが、それでも何とかなってしまう店の居心地の良さがあります。

Zé Manel dos Ossos
住所:Beco do Forno 12, 3000-382 Coimbra
電話番号:+351 239 823 790
営業時間:12:30 - 15:00/19:30 - 22:00
定休日:日
URL:Zé Manel dos Ossos Facebook Page

RETIRO DO CONDE

バイシャBaixa地区にある地中海料理とバーベキュー料理が食べられる店。
細い路地にある地元の人でにぎわうレストランでいつも賑やかな雰囲気があります。

内装は一見食堂のような気さくな雰囲気が感じられますが、実はお洒落な調度品にアズレージョの壁が木彫のインテリアでありながら溶け込みます。
こきでもコインブラ名物シャンファナが食べられ、シーフードメニューも多くその中でも海鮮炊き込みご飯(雑炊に近いもの)等がお勧めです

RETIRO DO CONDE
住所:R. do Paço do Conde 15, 3000-148 Coimbra
電話番号:+351 914 128 386
営業時間:9:00-17:00
定休日:無休
URL:RETIRO DO CONDE Facebook Page

<下に続く>

コインブラにゆっくり滞在!コインブラでおすすめのホテル5選!

では、コインブラにはどのようなホテルがあるのでしょう。
コインブラには、以下のホテルがあります。

  1. ホテル・アストリア
  2. ホテル オスロ
  3. ティボリ コインブラ ホテル
  4. ホテル イビス コインブラ
  5. キンタ ダス ラグリマス

続いて、それぞれのホテルを詳しくみていきます。

ホテル・アストリア

モンディエゴ川を望むロケーションで中央駅や旧市街のアクセスにもな川沿いのポルタジェン広場へのアクセスも良くロケーションと行動に適しています。
ホテルは、歴史的な建物だったものでクラシックスタイルの大理石で内装され豪華な雰囲気も感じられます。

客室もクラシカルで市街またはモンデゴ川の美しい景色を望めます。
重厚感のある内装にピアノがあるロマンティックな雰囲気も演出され日本人には特にうれしい朝食のバリエーションも楽しめます。

Hotel Astoria
住所:Av. Emídio Navarro 21, 3000-150 Coimbra,
電話番号: +351 239 853 020
URL:ホテル アストリア公式ページ

ホテル オスロ

バイシャ地区の中央駅至近に位置するロケーションで、徒歩で旧市街へのアクセス可能ですので便利です。
客室の内装も落ち着いたクラシカルな雰囲気があって、バルコニーがついていますので景色も眺められてちょっぴり優雅な気分に浸れます。
ただ、このホテルは屋上からコインブラ大学をはじめとする旧市街の景色を堪能することが出来ますのでゆっくりしてみるのも良いでしょう。
なお、旧市街の景色は朝になると逆光になりますので、夕景から夜景を楽しむ方がお薦めです。

Hotel Oslo
住所:Av. Fernão de Magalhães 25, 3000-175 Coimbra,
電話番号:+351 239 829 071
URL:ホテル オスロ公式ページ

ティボリ コインブラホテル

モンディエゴ川と旧市街を望むロケーションで旧市街までのアクセスも徒歩10分程でサンタクルス修道院がある8デ・マイオ広場にアクセスできます。
落ち着いた調度品と広めの客室にはゆったり感があり、客室からも眺めがよい部屋は旧市街が一望できるロケーションになっています。

ホテルの至近にもスーパーなどのショッピングエリアがありますので、近場でゆっくり過ごす事も可能でまた、ホテル内や周辺にも食事ができるレストランなどもありますからゆっくり休んで後にでもモンディエゴ川が見える辺りまでを散策したりしてみてはいかがでしょうか。

Tivoli Coimbra Hotel
住所:R. João Machado 5, 3000-226 Coimbra,
電話番号:+351 239 858 300
URL:ティボリ ホテル コインブラ公式ページ

ホテルイビス コインブラ

モンディエゴ川を見渡すロケーションで、旧市街の入口になるポルタジェン広場まで至近で中央駅までも近くですので行動するにも非常に便利です。
また、高台のコインブラ大学へも徒歩で容易にアクセス可能ですから景色を眺めに散策などもいいかもしれません。

シンプルな客室も内装はそれぞれで落ち着いたクラシカルなものもあれば、おしゃでなデザインを重視したような部屋もあって少し遊び心が感じられます。
ホテルで食事が摂れてまた、24時間の軽食オーダーができますので遅く到着した時でもうれしいサービスが備わっています。

Hotel Ibis Coimbra
住所: n°70 Edificio Topazio, Avenida Emídio Navarro, 3000-150 CoimbraR. João Machado 5, 3000-226 Coimbra,
電話番号: (+351)239/852130
URL:イビスホテル コインブラ セントロ公式ページ

キンタ ダス ラグリマス

歴史的な中世の宮殿内にある改装された高級ホテルで、コインブラを見渡せる最先端のスパ、植物園があります。
周辺は閑静な佇まいのロケーションで、歩いて旧市街までは距離を考えて難しいですが、モンディエゴ川を挟んで旧市街とは対岸のロケーションで川にかかるペドロ・イネス橋から旧市街の景色が楽しめます。

内装は貴族の館のような雰囲気を出すヨーロピアンタイプのホテルになります。
スパメニューも充実していますので寛ぎと癒しの時間を過ごしたい方にはお薦めのホテルです。

QUINTA DAS LÁGRIMAS
住所:Rua António Augusto Gonçalves., 3041-901 Coimbra
電話番号:+351 239 802 380
URL:QUINTA DAS LÁGRIMAS公式ページ

<下に続く>

コインブラのおすすめ観光地、レストラン、お土産・ホテル  すべてが世界遺産コインブラの中にぎっしり詰まっています

人口約10万人程の小さな世界遺産の大学のある古都、コインブラの街には2000年の歴史が詰まっています。
坂の多い旧市街でありながらおすすめの観光地の殆どを短時間で回れるのもうれしいですし、更にその中には一日中眺めていられるホテルや地元のポルトガル料理が楽しめる場所もあって時間を忘れさせてくれる魅力ある街です。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line