どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/06/17

アルバニアで人気のおすすめ観光地&名所10選!治安は?

東欧にあるアルバニアは、ヨーロッパの北朝鮮と言われている、1990年代まで鎖国が続いた歴史のある国です。
日本人にはあまり馴染みがない国ですが、世界遺産や美しい自然があり観光スポットがたくさんあります。

アルバニアは、鎖国によってあまりその実情を知られていないため、注目の観光地となっています。
ヨーロッパの秘境と言われるアルバニアの観光地や名所、治安などの情報をご紹介します。

Large photo 1557313501 341d9d6fd40f  1

アルバニア観光の基本情報

アルバニアを観光する前に、どんな国であるのか知っておくことが重要です。
アルバニアは、東ヨーロッパに位置する共和制国家の国です。

アドリア海に面していて、ギリシャやイタリアなどに隣接しています。
鎖国、無神国家、鎖国後に多くの国民がねずみ講で破たんなど様々な歴史がある国です。

ヨーロッパの国でありながら、ヨーロッパらしくない部分もある独特な文化を持っています。

アルバニアの基本情報
時差 東京からパリ 約13時間 パリからマラケシュ約3時間半
フライト時間 ティラナまでの直行便がない為、ヨーロッパの都市を経由となります。成田からローマ12時間55分 ローマからティラナ1時間30分
言語 アルバニア語 イタリア語を話せる高齢者も多い
通貨 レク(1レク=1円)
ベストシーズン 5月~10月
気候 地中海性気候であるため、冬場でもマイナスになることがほとんどなく、温暖です。夏は、暑く乾燥していますがそれ以外の10月~5月は平均気温は10度前後で、降雨量が多いです。
<下に続く>

アルバニア観光で人気のおすすめスポット10選

アルバニアには、たくさんの美しい観光スポットや世界遺産があります。
見所が多いアルバニアですが、まだまだ知られていない観光スポットもあるのです。

では、アルバニアの観光地をみていきましょう。
アルバニアには、以下の観光地があります。

  1. スカンデルベグ広場
  2. アポロニア遺跡
  3. ブルーアイ
  4. クルヤ城
  5. ベラト
  6. ジロカストラ
  7. ブトリント
  8. ティラナピラミッド
  9. サランダの街
  10. 国立歴史博物館

続いて、アルバニアの観光地を、それぞれ詳しくみていきます。

スカンデルベグ広場/ティラナ

アルバニア観光で人気のおすすめスポット1つめは「スカンデルベグ広場」です。
アルバニアの首都ティラナの中央広場にある観光スポットです。

周辺には国立博物館やティラナ国際ホテルなどがあり、観光で訪れる人や地元の人達の行き交う様子を見ることができます。
スカンデルベクとは、オスマン帝国に抵抗した中世の英雄です。

アルバニアでは有名な人物で、多くの人に親しまれています。
アルバニアの国旗とともに馬に乗ったスカンデルベクの像が見られます。

多くの観光客がこの像とともに写真撮影をしていて、人気の写真スポットとなっています。
緑の芝生に囲まれた広場は、街中にありながらも広々とした造りとなっているので散策しているだけでも楽しい観光になります。

スカンデルベグ広場
住所:Sheshi Skënderbej, Tirana, Albania
電話番号:066 658 0488

アポロニア遺跡/フィエル

アルバニア観光で人気のおすすめスポット2つめは「アポロニア遺跡」です。
アルバニアのフィエル県のポヤニ付近にあった古代都市です。

古代ギリシャ時代の都市で、ギリシャ時代の建築物が残る遺跡です。
神殿や円柱、円形舞台などが残っており、古代時代の様子がうかがえます。

聖マリア教会や、当時の高級住宅、図書館など見所がいっぱいです。
当時のアルバニアを感じられ、ヨーロッパらしい文化が残る様子が楽しめます。

遺跡内には、博物館があり古代ギリシャ時代のアルバニアの様子を知ることができます。
展望台からの眺めは素晴らしく、博物館を訪れた際はぜひおすすめします。

アポロニア遺跡までは、ティラナから車で2時間の距離にあります。
フィエルという街を目指して行くとわかりやすいです。

旅行会社の観光ツアーなどもあるので、観光ツアーを利用するのもおすすめです。

アポロニア遺跡
住所:Pojan, Albania

ブルーアイ/サランダ

アルバニア観光で人気のおすすめスポット3つめは「ブルーアイ」です。
自然に沸いてくるブルーアイの水が見られる、アルバニアの秘境の絶景観光ポイントです。

ブルーアイと言われていますが、アルバニアではシリカルタと言われています。
サランダにある湖で、美しいブルーカラーがグラデーションになっていて、多くの観光客を魅了しています。

森の中にあるので、まるでおとぎ話の世界に飛び込んだような世界観を味わえます。
非常に透明度の高い神秘的な湖で、水深40mから自然に湧き出る水はまるで色付けされたようなカラーをしています。

観光ではサランダからバンや車などで、40分ほどの距離なので日帰りでも十分行ける距離にあります。
アルバニアに行ったら、ぜひ観光で訪れたいおすすめの観光スポットです。

ブルーアイ
住所:Sarandë, Albania

クルヤ城/クルヤ

アルバニア観光で人気のおすすめスポット4つめは「クルヤ城」です。
クルヤ城は、アルバニアの英雄であるスカンデルベグが戦った城址です。

アルバニアが、オスマン帝国に支配されていた時代にスカンデルベグが戦ったお城で、歴史のある観光スポットです。
中には、博物館もあるのでその歴史に触れることもできます。

博物館には、高台があり高台からはアドリア海を眺めることができるので、おすすめの観光スポットとなっています。
石畳の道や、石垣塀で作られたお城は重厚感があり、歴史を感じさせてくれます。

クルヤ城を目指す際には、オールドバザールを通り抜けていきます。
オールドバザールには、お土産物屋さんやレストランなどもあるので、観光ついでに立ち寄ってみるのもおすすめです。

クルヤ城
住所:Rruga Kala, Krujë, Albania
営業時間:クルヤ城内の博物館は9:00~14:00 16:00~19:00
入場料や利用料:博物館の入場料200LEK

ベラトの街/ベラト

アルバニア観光で人気のおすすめスポット5つめは「ベラト」です。
ベラトは、ユネスコの世界遺産に登録されている街で、千の窓を持つ街と言われています。

街自体が世界遺産であり、ベラト城内には博物館、お土産物屋さんやレストランなどが並んでいる人気の観光スポットです。
美しい街並みは、まるで絵本の中に飛び込んだような風景が広がっているのが特徴です。

観光の一番の見所である千の窓は、同じ大きさの窓、白い壁と茶色い屋根の統一感は圧巻です。
建物は、オスマン帝国時代のもので歴史を感じさせてくれます。

独特な雰囲気の街並みは、散策するだけでもワクワクします。
坂道が多いので、日当たりもよく景色もよく見えます。

ベラト城からの見晴らしは最高で、ベラトの街並みの全景は素晴らしいの一言です。
非常にのどかな雰囲気で、素朴さが残る観光スポットと言えます。

ティラナからは、バスで3時間ほどの距離にあります。
日帰りも可能ですが、余裕があるのであればベラトの街に宿泊してゆっくり観光してみるのもおすすめです。

ベラトの街
住所:Berat, Albania
入場料や利用料:ベラト城は100LEK

ジロカストラキャッスル/ジロカストラ

アルバニア観光で人気のおすすめスポット6つめは「ジロカストラキャッスル」です。
アルバニアの南部にあるジロカストラ州にあり、石の街と言われている観光スポットです。

街を登ったところにある、ジロカストラキャッスルは以前は牢獄として利用されていました。
現在は、城の中には兵器博物館があり一部を公開しています。

当時の大砲などが飾られており、激戦を繰り返していた歴史に触れることができます。

城からはジロカストラの街並みや、山や川が見渡せます。
石造りの建物が並ぶ街並みは、風情があり美しい景色が広がっています。

ブルーアイからバスで1時間ほどの距離なので、ブルーアイとセットで観光することも可能です。

ジロカストラキャッスル
住所:Rruga Evlia Celebi 1, Gjirokaster 6001 Albania
営業時間:9:00~17:00
入場料や利用料:200LEK
URL:Gjirokaster

ブトリント・ナショナル・パーク/ブトリント

アルバニア観光で人気のおすすめスポット7つめは「ブトリント」です。
ブトリントは、アルバニア南部にある都市遺跡の街で、世界文化遺産に登録されています。

ギリシャとの国境にあり、対岸にはギリシャのコルフ島があります。
かつては、海上貿易で発展した街であり重要な役割を持つ街でした。

その為、アクロポリスや劇場、神殿などがある要塞都市として存在していました。
ブトリントンでは、ローマ時代の跡地をたどることができます。

遺跡の周りには、自然がたくさんあり木々に囲まれた湖などを散策することもできます。
丘の頂上まで行くと、絶景ポイントがあります。

博物館もあるので、見学しながら絶景ポイントを楽しんでみるとよいでしょう。

ブトリント・ナショナル・パーク
住所:Butrint,Albania
営業時間:8:00~夕暮れまで(博物館とアクロポリスの一部は9:00~)
入場料や利用料:700LEK
定休日:無休
URL:ブトリント

ティラナピラミッド/ティラナ

アルバニア観光で人気のおすすめスポット8つめは「ティラナピラミッド」です。
アルバニアの首都ティラナにある、元々は独裁者のエンヴェル・ホッジャの記念館だった建物です。

エンヴェル・ホッジャとは、第二次世界大戦後に労働党第一書記として独裁政治を行った人物です。
彼の命令で、死後に建てられた記念館ですが、独裁時代の記憶を持つ国民からはあまり良く思われていないのが現状です。

その為、記念館と言っても誰も大切に扱っておらず、子供が滑り台代わりに滑っていたり、落書きがされているような扱いです。
しかしただの落書きだらけの建物と思わず、アルバニアの歴史の象徴とも言える文化財としてみると、一見の価値があります。

ティラナの街中にあるので、観光スポットとして立ち寄りやすい場所にあります。
ティラナ観光では、多くの人が立ち寄っています。

ティラナピラミッド
住所:Tirana, Albania
電話番号:067 200 9267
URL:VISIT TIRANA

サランダのビーチ/サランダ

アルバニア観光で人気のおすすめスポット9つめは「サランダのビーチ」です。
アルバニア随一のビーチリゾートであり、対岸にあるギリシャのコルフ島へも日帰りで行ける船が出ています。

サランダは、南部に位置する為、サランダビーチは10月位まで泳げる水温や気温です。
海の透明度も高く、透き通るような青い海と美しい白砂のビーチとなっています。

ビーチ沿いには、美味しいシーフードのレストランなども並んでいるので、ゆっくりとビーチに滞在して楽しめます。
夕日のタイミングとなれば、美しいサンセットを眺めることができます。

ゆったりとアドリア海に沈む夕日を見るのは、とても贅沢な時間となるでしょう。
綺麗なホテルも多く、リゾート滞在を楽しむことができます。

シーズンオフであれば、かなり安い値段で綺麗なホテルに泊まることもできるのでお得です。
ティラナだけではなく、サランダの街に滞在して、近隣の観光スポットを訪れるのもおすすめです。

サランダのビーチ
住所:Sarandë, Albania

国立歴史博物館/ティラナ

アルバニア観光で人気のおすすめスポット10個めは「国立歴史博物館」です。
ティラナのスカンデルベグ広場の北側にある博物館です。

アルバニアの歴史に触れることができる博物館で、紀元前4世紀から、ローマ時代、古代、中世などの展示物から、独立から第二次世界大戦、共産主義時代の歴史がわかる内容となっています。
鎖国時代があったアルバニアの歴史は、あまり知られていないことが多いので、博物館は非常に興味深い施設であると言えます。

アルバニア語が中心ですが、一部は英語でも説明されています。
博物館の規模は、3階建てでかなり広いので、時間を掛けてゆっくりと見るようにしましょう。

スカンデルベグ広場と合わせて観光に取り入れると便利で、効率的です。
アルバニアの歴史や文化に触れることは、観光で訪れる為には非常に重要なことです。

様々な観光スポットがありますが、まずはティラナでアルバニアの歴史を知って巡ることをお勧めします。

国立歴史博物館
住所:Sheshi Skënderbej 1, Tirana 1000, Albania
電話番号:04 222 3977
営業時間:9:00~19:00
定休日:月曜日
入場料や利用料:200LEK
URL:国立博物館

<下に続く>

アルバニア観光の治安情報

アルバニアを観光する為には、治安情報も重要です。
現在のアルバニアの治安は、比較的良好だと言われています。

紛争のイメージが強いですが、現在のアルバニアは政情も安定しているので、治安も安定しています。
とは言え日本よりも安全面では、気をつけなければいけない部分があるので注意も必要です。

特に観光客が注意したいのは、スリやひったくり、置き引きなどの軽犯罪です。
これは、どんな国を旅行していても注意しなければいけないポイントなので、多額のお金を持ち歩かないようにすることや、バッグなどを席に放置したりしないようにしましょう。

そして、アルバニアでは武器を使った犯罪も発生しています。
日中の観光ではさほど問題ないと言えますが、夜間の移動などはなるべく避けるようにしましょう。

外国人が巻き込まれるケースはほとんどありませんが、防犯対策は自分で取るようにしましょう。
外務省からは、長距離移動をする際は現地を知る人を同行する、つまりツアー会社などを利用することを勧めています。

基本的には安全な国であると感じる人が多いアルバニアですが、外国であることは忘れずに常識の範囲で行動するようにしましょう。

<下に続く>

アルバニア観光への行き方

アルバニア観光への行き方は、多くの人はティラナ国際空港から入国するケースが多いです。
日本からの直行便はありませんが、ヨーロッパの都市を経由する便を利用します。

中には、ギリシャのコルフ島からフェリーで国境越えをする人やカカピアからの陸路超えをするケースなどもあります。
観光客で多いのはティラナを拠点に、観光スポットを周るケースです。

ティラナには、多くのツアー会社もあるので効率的に周るのであれば、ツアー会社を利用するのがおすすめで安心です。
自分で行く場合は、バスを利用することが一般的です。

時間に余裕がある長旅の人などは、国境を越えてサランダからバスを利用して周るケースもあります。

<下に続く>

知られざる神秘な国アルバニアの観光スポットを満喫しよう

東ヨーロッパのバルカン半島にある神秘な国アルバニアは、まだまだ穴場の旅行先です。
絶景スポットや、リゾートなど様々な観光スポットがあるアルバニアは、治安も安定していて物価も安い国なので、旅行がしやすい国です。

鎖国時代があったこともあり、手つかずの自然や遺跡がまだまだ残っています。
そんな魅力が詰まったアルバニアに観光に出掛けてみませんか。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line