どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/06/24

クロアチアのザグレブで人気のおすすめ観光地&名所15選!

クロアチアの首都・ザグレブは歴史深く趣のある街並みが特徴。
旧市街にはゴシック様式やバロック様式の建物が多く現存し、世界各国から訪れる観光客で日々にぎわっています。

この記事ではそんな古都ザグレブの人気おすすめ観光地&名所を紹介!
ザグレブの定番観光スポットはもちろん、ユニークな観光スポットまでザグレブの魅力をたっぷりと紹介したいと思います。

ザグレブ観光を予定している方。
ザグレブのどこを観光するかハッキリ決まってない方はぜひ、ご覧ください。

Large zagreb1

ザグレブ観光の基本情報

高台から見たザグレブ市内

ザグレブの基本情報
時差 -8時間(日本が8時間進んでいる)。サマータイム(3月最終日曜日の14時~10月最終日曜日の3時)になると-7時間になる。
フライト時間 ザグレブまでの直行便ないため、ヨーロッパ内の都市で乗り換えが必要。トータルの飛行時間は約14~16時間程度
言語 クロアチア語
通貨 クーナ(1Kn=16.87円)
ベストシーズン 5月~9月上旬
気候 "日本と同様に四季が存在しますが、冬が11月~3月と長め。冬のザクレブの平均気温は0~5度です。夏(6月~8月)は日照時間が長く、湿気もないので過ごしやすい。ただし、夏のザグレブの日差しはきついので日焼け対策と水分補給はしっかりと!

ザグレブ(クロアチア語でzagreb)はクロアチアの北西部サヴァ川河畔に位置。
クロアチアの首都であり、中央政府や行政機関といった重要機関の拠点となっています。

ザグレブは新市街と旧市街で構成。
イェラチッチ広場を境に現代的な建物やおしゃれなカフェなどが立ち並ぶ新市街中世の街並みを残す旧市街でわかれ、観光客は趣が異なる街並みを楽しむことができます。

また、ザグレブ市内には博物館が多く点在し訪れる観光客の好奇心を刺激します。
ジャンルの幅は広く、ザグレブとクロアチアの歴史に関する品を収蔵する博物館ほか、拷問博物館や失恋博物館といったユニークなものまで存在。

これらはザグレブでも人気の観光スポットとなっています。
(拷問博物館、失恋博物館は後述)

ザグレブは凶悪犯罪もなく、ヨーロッパ内でも特に治安がよい街として観光客にも人気です。
女性観光客だけでも安心して市内を散策できるのはうれしいところ。

ただし、ザグレブにおいても近年観光客のスリ被害が増加。
観光客が貴重品やスマートフォンなどを盗られるケースが多発しているため、海外旅行における一般的な警戒は必要です。

<下に続く>

ザグレブ観光で人気のおすすめスポット15選

ミロゴイ墓地の外観

趣のある街並みが多くの観光客を楽しませるザグレブ。
ここではそんなザグレブの中でもおすすめ観光スポットをピックアップしました。

ザグレブには、以下の観光スポットがあります。

  1. イェラチッチ広場
  2. ドラツ広場・マーケット
  3. ケーキ屋ヴィンチェック
  4. ウスピニャチャケーブルカー
  5. 拷問博物館
  6. 失恋博物館
  7. ロトルシュチャック塔
  8. 石の門
  9. 聖マルコ教会
  10. ザグレブ大聖堂(聖母被昇天大聖)
  11. アロマティカ
  12. ザグレブ市立博物館
  13. ザグレブ360
  14. アレクサンドリアのカタリナ教会
  15. ミロゴイ墓地

続いて、それぞれ観光スポットの見どころを詳しくみていきます。
観光スポットの住所やURLなども紹介しているので、観光の計画を立てる参考にしてください。

ザグレブ観光スポット①イェラチッチ広場

ザグレブ旧市街にあるメイン広場でザグレブ市民が待ち合わせをするときの定番スポット。
「トゥルグ・バナ・イェラチッツァ(イェラチッチ総督広場)」、または「トゥルグ(広場)」の愛称で呼ばれています。

イェラチッチ広場の名前はオーストリア・ハンガリー帝国時代の軍人で「クロアチア独立の闘志」と呼ばれるヨシップ・イェラチッチ総督に由来。
1866年にイェラチッチ広場の中央に設置され、ザグレブの街を見守ってきました。

イェラチッチ総督の銅像が持つ剣は19世紀、敵対するハンガリーの方向を示していましたが、現在はハンガリーとの友好をしめすため南を向いています。
ザグレブ観光の際はぜひ、ここも注目してほしいポイントです。

イェラチッチ広場からは新市街、旧市街どちらにも行くことができるので、この広場はザグレブ観光のスタート地点としてもおすすめ!

イェラチッチ広場
住所:10000, Zagreb

ザグレブ観光スポット②ドラツ広場・マーケット

「ザグレブの胃袋」と呼ばれるドラツ広場はイェラチッチ広場の北側に位置。
新鮮な果物や野菜、きれいな花々がこのドラツ広場に集まり、早朝から昼過ぎにかけて青空マーケットが行われます。

このドラツ広場には生鮮食品以外にも観光客向けのお土産アイテムがたくさん!
クロアチア観光で定番のお土産ラベンダー製品や配り歩くのに丁度よいキーホルダーなどを手ごろに買うことができます。

こちらは「ハートの街」と呼ばれるザグレブのリツィタルというお土産品。
赤いハートの形を模した伝統的なジンジャークッキーで、イースターの時期になるとウサギやたまご型なんかも登場します。

ザグレブではクリスマスツリーの飾りや大切な人への贈り物として親しまれているアイテムなので、ご自身の親しい人や家族に向けてのお土産におすすめです。
(※リツィタルは飾り用に加工されたクッキーなので食べることはできません。)

ドラツ広場は観光客だけでなくザグレブ市民も集まるので地元の空気を味わいたい方にはおすすめの観光スポットです。

ドラツ広場・マーケット
住所:10000, Zagreb
営業時間:6時00分~15時00分(天候・時期により変動)

ザグレブ観光スポット③ケーキ屋ヴィンチェック

ケーキ屋ヴィンチェックはイェラチッチ広場から徒歩5分ほどの場所に位置。
ザグレブで最も有名な老舗スイーツ専門店です。

創業は1977年。
ザグレブ市民に長く愛され、イートインスペースのある店内は常に地元の人や観光客でにぎわっています。

ショーケースの中に並ぶ色とりどりのケーキや手作りジェラートは必見!

創業当時からヴィンチェックのスイーツはすべてオーガニックのもので作られています。
美味しいだけでなく身体にやさしいのは嬉しいところ。

ヴィンチェックに足を運んだ際、ぜひ食べていただきたいのがザグレブ名物のクレームシュニッタ!

クレームシュニッタは一般的に薄いパイ生地の上にバニラ風味のカスタードやホイップクリームが乗ったケーキを指しますが、ザグレブ風クレームシュニッタはその上に薄くひかれたチョコレートが乗ってきます。
見るからに甘そうですが、あまさ控えめなのでティータイムのお供におすすめ。

ヴィンチェックのケーキの価格はどれも日本円で300円前後とお手ごろ。
ジェラートやパフェなどもあるので、ザグレブ観光の際は何度となく訪れたい場所の1つです。

ザグレブ観光のちょっとした休憩で立ち寄るのもアリ!

ケーキ屋ヴィンチェック
住所:Ilica 18, 10000, Zagreb
電話番号:+385 1 4833 612
営業時間:8時30分~23時00分
定休日:定休日
URL:ケーキ屋ヴィンチェックHP

ザグレブ観光スポット④ウスピニャチャケーブルカー

全長66m、「世界一短いケーブルカー」といわれるウスピニャチャケーブルカーは1890年に運航を開始。
現在も当時とほとんど変わらない姿でザグレブの街を走っています。

乗り場は先に紹介したケーキ屋ヴィンチェックを出て左手に位置。
片道5kn(日本円で100円前後)で乗車が可能です。

ウスピニャチャケーブルカーがあるザグレブ旧市街は全面石畳なうえ、坂道も多い地形。
そのため、このウスピニャチャケーブルカーはザグレブ市民にとっても大切な公共交通機関の1つとなっています。

難しい路線も乗り換えもない気軽に利用できる乗り物なので、ザグレブ観光中に1度は利用したいところ。
なお、ウスピニャチャケーブルカーで上った先にはザグレブの街並みを一望できるロトルシュチャック塔(後述)があります。

ウスピニャチャケーブルカー
住所:Uspinjača 10000, Zagreb

ザグレブ観光スポット⑤拷問博物館

ザグレブ市内にあるユニークな博物館の1つが2015年にオープンした拷問博物館です。
ザグレブの中心地イェラチッチ広場から徒歩1分の場所に位置します。

入り口前の拷問器具が目印のこの博物館には中世ヨーロッパで使われた拷問器具を中心に約70点が展示されており、拷問の歴史を目にすることができます。

また、ここを訪れた観光客は実際に拷問器具に触ったりトゲトゲの器具の中にはいるといった体験も可能。

他ではできない経験ができる博物館としてジワジワ人気がでているザグレブの新たな観光スポット拷問博物館。
一味ちがった観光の思い出作りをしたい方におすすめです。

なお、展示されている拷問器具はすべて地元アーティストが作ったレプリカ。
実際に使われたものではないのでご安心ください。

拷問博物館
住所:Radićeva ul. 14, 10000, Zagreb
電話番号:+385 1 6459 803
営業時間:11時00分~19時00分  
※12月24日、31日は11時00分~15時00分まで
定休日:1月1日、11月1日、12月25日、イースター
入場料や利用料:25kn
URL:拷問博物館HP

ザグレブ観光スポット⑥失恋博物館

拷問博物館に並ぶユニークな博物館がザグレブにはもぅ1つあります。
それが失恋博物館です。

この博物館に失恋や死別など様々な理由で恋の終わりを迎えた人々から寄贈された思い出の品々がエピソード付きで展示されています。
ウルッとくるようなモノから申し訳ないけどクスッと笑ってしまうようなモノまで多種多様にそろった展示品の数々は一見の価値あり。

失恋博物館では日本語版のガイドブックもあるので、英語やクロアチア語がわからなくても大丈夫。
展示品のエピソードをしっかり知ることができるのはうれしいですね。

失恋博物館には観光客向けに悪い思い出を消す消しゴム頭にきたときに折る鉛筆などユニークなグッズがお土産として販売されています。

失恋博物館のアイテムはザグレブ観光のお土産にもピッタリ!

失恋博物館
住所:Ćirilometodska ul. 2, 10000, Zagreb
Ćirilometodska ul. 2, 10000, Zagreb
電話番号:+385 1 4851 021
営業時間:9時00分~21時00分
定休日:なし
入場料や利用料:40Kn
URL:失恋博物館HP

ザグレブ観光スポット⑦ロトルシュチャック塔

ウスピニャチャケーブルカーの乗降駅ちかくにそびえたつ白い塔、それがロトルシュチャック塔です。
13世紀に建築され、19世紀にザグレブの管理となりました。

ロトルシュチャック塔は毎日お昼の12時になると空砲(大砲)をうつことで知られています。
これはザグレブ市民への時報としての役割があり、19世紀から続いているロトルシュチャック塔の慣習です。

観光客は1人20knでロトルシュチャック塔の中を見学することが可能。
最上階まで登るとザグレブの街を一望できます。

ロトルシュチャック塔は高い建物が少ないザグレブにおいて数少ない展望スポット。
また、日本の観光ガイドブックでもあまり詳しく紹介されない場所なのでザグレブ観光の際はぜひ、足を運んでみてください。

12時にあわせて訪れれば、間近で空砲の迫力が体感することも可能!

ロトルシュチャック塔
住所:Tomićeva ul. 9, 10000, Zagreb
営業時間:11時00分~19時00分
定休日:冬季のみ月曜日 休館
入場料や利用料:20Kn

ザグレブ観光スポット⑧石の門

ザグレブで最も信仰深い場所が中世から存在するといわれる石の門です。
当時は異民族からの侵入を防ぐものとして機能していました。

この石の門の中にはザグレブの守護聖人 聖母マリアが祀られた小さな礼拝堂があります。
聖母マリアのイコン(聖書における出来事やたとえ話を描いた画像)は1731年のザグレブ大火災で奇跡的に無傷で残ったもので、当時の姿のまま観光客を迎えてくます。

現在もザグレブ市民の厚い信仰を集め、多くの人がお祈りに訪れる石の門は聖マルコ教会(後述)から徒歩2分ほどの距離に位置。
聖マルコ教会への観光を考えている方はぜひ、石の門にも足を運んでみてください。

なお、石の門には毎日ザグレブ市民がお祈りに訪れます。
観光の際はお祈りの邪魔にならないよう、騒がず静かに過ごしましょう。

石の門
住所:Kamenita ul., 10000, Zagreb
電話番号:+385 1 4814 051

ザグレブ観光スポット⑨聖マルコ教会

ザグレブのランドマークとして親しまれているのが聖マルコ教会です。
13世紀中ごろに建設され、19世紀の修復作業により現在の姿となりました。

聖マルコ教会といえば、可愛らしくも目を引く屋根瓦!
このデザイン性が非常に高い屋根瓦に施されている紋章は向かって右が

  • クロアチア王国
  • ダルマチア地方
  • スラヴォニア

3地方の紋章。
そして、向かって右がザグレブの紋章です。

国の中枢機関が集まる場所に位置する聖マルコ教会の中には国会議事堂と首相官邸(ヴァンスキ・ドゥボリ)が併設されています。

  • 教会むかって右:国会議事堂
  • 教会むかって左:首相官邸

聖マルコ教会は夏季の観光シーズンを覗いて、建物内部は公開されていません。
建物内部の観光を考えている方は注意が必要です。

聖マルコ教会はザグレブ散策において外せない人気の観光スポット!
先に紹介した石の門とあわせて訪れてほしい場所です。

聖マルコ教会
住所:Trg Sv. Marka 5, 10000, Zagreb
電話番号:+385 1 4851 611
URL:聖マルコ教会HP

ザグレブ観光スポット⑩ザグレブ大聖堂(聖母被昇天大聖)

イェラチッチ広場に訪れた観光客の目をまず引くのがザグレブ大聖堂です。
高くそびえる2つの尖塔がシンボルでクロアチアを代表するカトリック教会として知られます。

このザグレブ大聖堂はザグレブの歴史が始まる時期(1094年)と同じタイミングで建設が始まったと言われています。
長い建設期間のなか、ゴシック様式、バロック様式と外観をかえ1906年に現在の姿になりました。

ザグレブ大聖堂内部にはロシアで使われるキリル文字の原型といわれるグラゴール文字が刻まれた壁があります。

なかなか見る機会のないスラブ語圏最古の文字は必見。

そのほか、大聖堂内のステンドグラスクロアチアの有名な彫刻家イヴァン・メシュトロヴィッチが手掛けたレリーフなど、ザグレブ大聖堂は見どころの多い観光スポットです。

イェラチッチ広場からすぐ行けるので観光しやすい場所としてもおすすめ!

ザグレブ大堂(聖母被昇天大聖)
住所:10000, Zagreb
電話番号:+385 1 481 4727
営業時間:10時00分~17時00分
※日曜日・祝日のみ 13時00分~17時00分
URL:ザグレブ大聖堂HP

ザグレブ観光スポット⑪アロマティカ

クロアチアの自然派コスメショップアロマティカはザグレブ大聖堂から徒歩3分ほどの場所に店を構えます。
取り扱っている商品のほとんどは自社農園で育てられたものを使用しており、安心して使えると観光客にも評判。

アロマティカのスタッフさんはクロアチア語が話せなくても英語で丁寧に対応してくれます。
事前に伝えたいことを英語でメモして相談してみるのもいいですね。

最初は緊張するかもしれませんが、現地の人との交流も海外旅行の魅力の1つ。
しっかり相談して自分にピッタリなコスメを見つけましょう!

石鹸やアロマオイルなどお土産にピッタリなアイテムがたくさんあるアロマティカ。
日本の観光ガイドブックでも紹介される定番のお店なので、ザグレブ観光の際はぜひ。

アロマティカ
住所:Vlaska ulica 15, 10000, Zagreb
電話番号:+385 1 481 1584
営業時間:8時00分~20時00分
※土曜日のみ8時00分~15時00分
定休日:日曜日、祝日
URL:アロマティカHP

ザグレブ観光スポット⑫ザグレブ市立博物館

17世紀に建てられた旧プア クララ修道院の中にザグレブ市立博物館はあります。
赤いタイルの屋根にシンプルな白い壁が目印。

館内はテーマ別のセクションに分かれており、ザグレブで発掘された展示物をみながら観光客は足を進めて行きます。
1907年に開館された当時はわずかな展示物しかなかった同博物館ですが、現在では約75,000品目を所蔵。

11世紀から歴史を紡ぐザグレブの変遷を学べるグレブ市立博物館は失恋博物館、聖マルコ教会など主要な観光スポットから徒歩数分の距離に位置。

ザグレブ観光をするうえで歴史も知りたい方やザグレブの博物館をメインに観光したいという方におすすめ。

ザグレブ市立博物館
住所:Opatička ul. 20, 10000, Zagreb
電話番号:+385 1 485 1361
営業時間:10時00分~19時00分
※日曜日は10時00分~14時00分
※最終入場は閉館30分前
定休日:月曜日
入場料や利用料:大人30Kn、学生20Kn
URL:ザグレブ市立博物館

ザグレブ観光スポット⑬ザグレブ360

ザグレブ360はザグレブ中心部のイェラチッチ広場からすぐの高層ビルです。
ザグレブの展望スポットとしてロトルシュチャック塔を紹介しましたが、こちらもザグレブ市内を一望できる数少ない場所の1つ。

地上16階、高さ183mの展望デッキを訪れた観光客はザグレブ旧市街をはじめ、新市街まで見渡すことができます。
また、展望台にはカフェバーが併設されており、観光客はゆったりとドリンクを飲みながら眺望を楽しむことも可能。

ザグレブ360の入場チケットは購入すると、観光客はその日何度でも入場ができます。
展望台からザグレブの様々な表情が楽しめるので、観光中は時間をかえて足を運びましょう。

活気のある昼間のザグレブ。
情緒あふれる夜のザグレブ。

この2つの光景を一望できるザグレブ360はザグレブ観光において外すことのできないスポットです。

ザグレブ360
住所:Ilica 1A, 10000, Zagreb
電話番号:+385 1 487 6587
営業時間:10時00分~22時00分
※土曜日のみ10時00分~23時分
定休日:なし
入場料や利用料:身長150cm未満の子供30kn、大人60kn、家族150kn
URL:ザグレブ360HP

ザグレブ観光スポット⑭アレクサンドリアのカタリナ教会

旧市街のはずれにザグレブで1番美しいバロック様式と呼ばれる聖カタリナ教会はあります。
この教会にはローマ・カトリック教会十四救難聖人の1人アレクサンドリアのカタリナが祀られています。

1620年~1632年にイエズス会によって建てられたこの教会は規模でいうとそこまで大きい部類ではありませんが、細部にまで施された華やかな装飾は一見の価値あり。
観光客は建物内部に入っての見学はできないものの、入口のドアが開放されているためソコから中をのぞくことができます。

聖カタリナ教会は失恋博物館や石の門から徒歩数分ほどの距離に位置。
ザグレブでも見逃せない観光スポットの1つなので、近くまで足を運ぶ予定がある方は是非!

アレクサンドリアのカタリナ教会
住所:Katarinin trg bb, 10000, Zagreb
電話番号:+385 1 485 1950
URL:アレクサンドリアのカタリナ教会

ザグレブ観光スポット⑮ミロゴイ墓地

最後に紹介するのはミロゴイ墓地です。
このミロゴイ墓地はヨーロッパで最も美しい墓地の1つといわれ、ザグレブの中でも隠れた観光スポットとして知られています。

このミロゴイ墓地で最も目を引くのが外壁に沿うようにツタが絡まった回廊。

回廊には絵画や彫刻が設置されており、その様は美術館のよう。
何も知らない人がみたら、ここが墓地とは思えない光景です。

ミロゴイ墓地までは先に紹介したザグレブ大聖堂から出ている市内バスでいくことが可能。
10分ほどの距離なので、ザグレブ観光で時間があれば是非立ち寄ってもらいたい観光スポットです。

※ミロゴイ墓地にはお参りにくる方々も多くいるので、観光の際は迷惑がかからないよう配慮しましょう。

ミロゴイ墓地
住所:Aleja Hermanna Bollea 27, 10000, Zagreb
電話番号:+385 1 469 6732
営業時間:6時00分~20時00分
※10月~3月は7時30分~18時
入場料や利用料:無料
URL:ミロゴイ墓地HP

<下に続く>

クロアチアのザグレブで人気のおすすめ観光地&名所15選!のまとめ

聖マルコ教会正面

今回はクロアチアの首都ザグレブの観光スポットを紹介しました。
新市街や旧市街を見渡せる展望スポットやユニークなものを取り扱った博物館など、ザグレブの観光スポットの多さが伝わったかと思います。

歴史深い街ながら新旧の文化が入り混じったザグレブは訪れて損のない観光地。
散策したり、世界一短いケーブルカーに乗りながらザグレブ観光を楽しいものにしてください。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line