どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2018/12/20

オランダの首都はアムステルダムとデン・ハーグの2つ。歴史や観光地

オランダの首都はアムステルダムといわれていますが、どうして首都機能はデン・ハーグという町にあるのでしょうか。
オランダの首都はアムステルダムとデン・ハーグの二つということなのでしょうか。

そのあたりを首都の成り立ち、歴史的背景などからご紹介します。
また、アムステルダムとデン・ハーグ以外のおすすめの観光都市も紹介しています。

観光の合間に外すことができないオランダグルメも情報も掲載していますので、オランダへ旅行に出かける方は必見です。

Large jace afsoon 110741 unsplash

首都が2つあると言われるオランダはどんな国?人口や言語は?

オランダの風景チューリップ

ヨーロッパの国の一つであるオランダは、チューリップや風車、チーズなどでよく知られています。
そんなオランダは、2つの首都がある国といわれます。

今回はなぜ首都が二つあるのかを書く前に基本的なオランダの事情を説明します。
オランダは、ベルギー、ルクセンブルグの国々とあわせてベネルクス三国といわれることがあります。

そんなオランダでは、公用語がオランダ語です。しかしながら観光都市ということもあり、多くの国民が英語を理解し、話すことができます。

オランダは160万都市です。160万都市と言えば、日本の福岡あたりの都市だと思えばよいでしょう。

オランダは王国なので、国王がいて、現在は国王はウィレム=アレクサンダーで、首相はマルク・ルッテです。

歴史の時間で習ったように、日本とオランダは長い歴史があります。
鎖国をしていたころ、貿易国の一つがオランダで、医学、食べ物などで影響を受けています。

そんなオランダがなぜ首都が一つでないのかを、説明します。

<下に続く>

オランダで憲法上の首都はアムステルダム

オランダアムステルダム

オランダの首都と言えば、多くの人がすぐイメージするのは、アムステルダムではないでしょうか。

本当のところ、オランダの首都はどこなの?と疑問を持つ人もいるでしょう。
その疑問への答えはアムステルダムです。

オランダの憲法上ではアムステルダムが正式に国の首都となっています。
それでは、なぜもう一つの首都があるのるのかという疑問が生まれてきます。

それはひとえに政治の面での理由からだけです。

オランダの首都は、アムステルダムで、テストなどに出た時は迷うことなくアムステルダムで問題はありません。
アムステルダムを訪れるとわかりますが、アムステルダムはオランダの首都らしい場所で、文化、商業、経済の中心機能です。

ただし、他の国でも人口が多い都市や、主要都市が首都でないケースはみられます。
アムステルダムの場合は、アムステルダは発展していて首都として全く問題はありません、しかしどうして他の都市名も首都として名があるのでしょうか。

そのあたりを次の項目で詳しく説明していきます。

<下に続く>

オランダの首都機能を持つデン・ハーグ

オランダハーグの街

それではなぜオランダには首都が二つあるといわれ、それがデンハーグの街なのでしょうか。
先ほど少し説明したように政治的なことが絡んでいます。

デンハーグの街は、首都機能の面からみてオランダの首都です。
町としては、アムステルダム、ロッテルダムの次の三番目に大きな都市の一つです。

そのようなデンハーグがなぜ、事実上の首都といわれるかというと、首都機能があるという意味なのです。

それは、デンハーグの街に、議事堂、大使館など首都機能を担う政治の面で主要な建物が建設されているからです。

またハーグが、近年だけ首都的な機能をもっていたのではなく歴史をみても長くハーグの街がオランダでは政治的な首都機能の役目を果たしてきた街なのです。

そのようなことから、アムステルダムだけでなくデン・ハーグも首都であるかのよに言われます。
これが首都が二つの由来となっています。

結果として現在ハーグには150もの国際機関があります。

<下に続く>

オランダの歴史が首都を2つ作り出した!

アムステルダム川

それでは、なぜ、歴史的にハーグの街がそのような首都機能を整備する形になったのかを説明しましょう。

1588年以降、ハーグは最高裁判所と国家評議会などがデンンハーグに作られます。

しかしながら、ハーグは、首都機能を持ちつつも首都であること宣言することがないままが続きます。

そうこうしているうちに、ナポレオン皇帝のおとうとにあたるルイボナパルトが1808年~1810年の間にかけて、首都をアムステルダムに移しました。

結局憲法で認めらえているのは、アムステルダムが首都であり、機能的な部分はそのままデンハーグの街に残る形となりました。

<下に続く>

オランダの首都を観光しよう!【アムステルダム】

アムステルダムトラム

それではここからアムステルダムの観光名所を5つご紹介します。
厳選の5観光名所は、下記のとおりです。

  1. アムステルダム国立美術館
  2. アンネフランクの家
  3. ゴッホ美術館
  4. フォンデル公園
  5. ダム広場

おすすめの名所①:アムステルダム国立美術館

アムステルダム国立美術館は、17世紀に活躍し他アーティストたちの作品を見ることができる美術館です。
有名な牛乳を注ぐ女や、レンブラントの絵などを見ることができます。

すぐそばに路面電車がはしっていて、アムステルダム中央駅より生きやすい場所にあります。

アムステルダム国立美術館
住所: Museumstraat 1 Museumstraat 1, Amsterdam, オランダ
電話番号:+31 (0) 20 6747 000
営業時間:9 — 17
定休日:12/25.26.1/1
URL:アムステルダム国立美術館

おすすめの名所②:アンネフランクの家

アンネの日記で一躍有名になったアンネフランクとその家族が隠れていたが、ビルの一角にのこっており、そのままアンネフランクの家として展示保存されています。
博物館としても機能しているので、当時の状況がわかる展示物などがあり、世界中から多くの人が訪れます、

アンネが細長い窓からみていたというあの西教会そばの電停を降りてすぐのところです。西教会電停を降りたところにすぐに、アンネの像も建っています。

アンネフランクの家
住所:Prinsengracht 263
Prinsengracht 263, 1016 GV Amsterdam, オランダ

電話番号:+31 20 556 7105
営業時間:11月~4月1日9:00~19:00土曜日9:00~22:00
4/1~11/19:00~22:00
定休日:なし
URL:アンネフランクの家

おすすめの名所③:ゴッホ美術館

ゴッホ美術館は人気の観光名所です。美術館の近くには、アムステルダム国立美術館もあります。

公園も併設された場所で、雰囲気が良く、周辺は散策しやすく治安も悪くありません。

電車を使ってアムステルダム中央駅より行くことができます。

ゴッホ美術館はものすごく混むので、なるべく朝早くに行ってみるとよいでしょう。

日本語のオーディオガイドがあり、作品を見ながら解説を聞くことができます。

ゴッホ美術館
住所:Museumplein 6 Museumplein 6, 1071 DJ Amsterdam, オランダ
電話番号:+31 20 570 5200
営業時間:9:00~17:00 金曜日のみ21:00まで
定休日:なし
URL:ゴッホ美術館

おすすめの名所④:フォンデル公園

アムステルダム国立美術館、ゴッホ美術館から徒歩で行くことができる公園です。

大きな池と噴水があり、市民の憩いの場です。
週末になるとローラスケートをする人たちでいっぱいになります。

夏の時期は、公園の一角でオープンエアーシアターがあり、ダンスや演劇などのパフォーマンスをみたり、映画鑑賞をしたりできます。

ピクニックをしている人、マラソンをしている人、音楽を奏でている人、公園の中央にあるメッセージボードに張り紙をしているひとなど様々な過ごし方をしています。

フォンデル公園
住所:vonderpark オランダ
電話番号:不明
営業時間:不明
定休日:不明
URL:フォンデル公園

おすすめの名所⑤:ダム広場

オランダアムステルダム中央駅よりまっすぐ南に延びる電停沿いにある、アムステルダムの中心部にある広場です。
第二次世界大戦の記念塔、マダムタッソー蝋人形館などが周辺にあります。

広場では、大道芸人によるパフォーマンスが繰り広げられ道行く人々が見ています。

にぎやかで、多くの観光客が訪れます。お土産や、雑貨、花屋など様々なものが周辺で販売されています。

運河散策の休憩に立ち寄ってもいいでしょう。

ダム広場
住所:Dam, 1012 JS Amsterdam, オランダ
電話番号:なし
営業時間:24時間
定休日:なし
URL:なし

<下に続く>

オランダの首都を観光しよう!【デン・ハーグ】

デンハーグ

それでは、ここからはオランダのもう一つの首都であるデン・ハーグの観光名所を紹介します。
デン・ハーグの観光名所は下記の5つです。

  1. マウリッツハイス美術館
  2. ビネンホフ
  3. エッシャー美術館
  4. パノラマ・メスダフ美術館
  5. ローマン博物館

おすすめの名所①:マウリッツハイス美術館

絵画好きにはたまらない観光名所の一つがこちら、マウリッツハイス美術館です。有名な絵画がたくさんコレクションされています。

日本人になじみのあるフランダースの犬で、ネロがみたがったアントワープ大聖堂のルーベンスの下絵もこちらに展示保存されています。

マウリッツハイス美術館
住所:Plein 29, 2511 CS Den Haag, オランダ
電話番号:31 (0)70 302 34 56
営業時間:10.00 - 18.00
定休日:1/5、12/25、1/1
URL:マウリッツハイス美術館

おすすめの名所②:ビネンホフ

ハーグはオランダの政治的首都機能がある都市です。そんなオランダの政治の発祥の地であるビネンホフを訪れてみましょう。

13世紀の建造物であるフロリス伯爵の宮殿などがあり、とても美しい町並みを見ることができます。

ハーグの由来となったのは、このフロリス伯爵などのような貴族が政治について話し合いをこの周辺していたことからです。
ハーグのオリジナルの意味は伯爵の生垣です。

中世の建築物を見ることができ、見学ツアーなども開催されています。

ビネンホフ
住所:Binnenhof 1, 2513 AA, Den Haag
電話番号:不明
営業時間:不明
定休日:不明
URL:ビネンホフ

おすすめの名所③:エッシャー美術館

エッシャー美術館は、ハーグ市立美術館の別館です。だまし絵で有名なエッシャーの作品をこちらで見ることができます。

エッシャーはオランダの画家で、版画を中心に活動していました。
独特な図案のくみあわせで、錯覚を利用した作品が人気で知られています。

企画展ではなく、常設展でエッシャーの作品を見ることができる場所です。
建物はかつてオランダの女王たちの住まいだったこともあり、一見の価値ありです。

エッシャー美術館
住所: Lange Voorhout 74, 2514 EH Den Haag, オランダ
電話番号: 070-4277730
営業時間:11:00~17:00火曜~日
定休日:月曜日
URL:エッシャー美術館

おすすめの名所④:パノラマ・メスダフ美術館

メスダフはパノラマ絵描きとして知られるオランダ出身の画家です。
父親の経営する会社で、社員として働いていた彼でしたが、父なきあとは、洋画の勉強をして画家となります。

そんな彼はハーグで84歳で亡くなります。自分の作品を展示するための美術館の隣に住んでいました。
現在の美術館は、彼の自宅を使用しています。

美術館鑑賞以外にも整備された庭、中に売店とカフェがあるのでお土産選びも楽しめます。

パノラマ・メスダフ美術館
住所:Zeestraat 65, 2518 AA Den Haag, オランダ
電話番号:+31 70 362 14 34.
営業時間:毎日 10時〜17時(日・祝は11時〜17時)
定休日:不明
URL:パノラマ・メスダフ美術館

おすすめの名所⑤:ローマン博物館

車好きならおすすめなのがローマン博物館です。およそ250台の車が保存されています。
クラシックカーなどを見ることができるとても貴重な博物館です。

公的な博物館でなくプライベートコレクションとしては、最大級の博物館です。

ローマン博物館
住所: Leidsestraatweg 57, 2594 BB Den Haag, オランダ
電話番号: +31 70 304 7373
営業時間:10:00 - 17:00
定休日:
URL:ローマン博物館

<下に続く>

オランダは首都以外にもきれいな街がいっぱい。おすすめの都市は?

null

ここからは、首都以外のおすすめの観光名所をご紹介します。

  1. ハールレム
  2. ゴーダ
  3. ユトレヒト
  4. デルフト
  5. ロッテルダム

おすすめの街①:ハールレム

ハールレムの街は、ニューヨークのハーレムの語源となった町です。
アートがすきなひとにおすすめのまちで、町並みも美しく散策を楽しめる街です。

みどころは、フローテ・マルクト、タイラース美術館、フランス・ハルス美術館などです。

おすすめの街②:ゴーダ

ゴーダチーズを知っている人なら、そのチーズの街であるゴーダへ行ってみるのはいかがでしょう。
ゴーダは美しい村としても知られ、毎週町の中心のマルクト広場の市場でゴーダチーズのイベントが開催されます。

昔ながらのゴーダチーズを図る機械などを見たりできます。

おすすめの街③:ユトレヒト

ユトレヒトは、日本でも人気のあるキャラクター・ミッフィーの生まれた場所です。

町には、ミッフィーに関するものが点在しているので、それを探して散策するだけでも訪れた価値はあるでしょう。

おすすめの街④:デルフト

陶器などが好きな人ならデルフトの街の名前を知っていたり、青い色で描かれた特徴の陶器を知っていることでしょう。

オランダのルルネッサンスタイルの市庁舎を見ることができます。

デンハーグの南に位置したまちで有名な画家のフェルメールがいます。

おすすめの街⑤:ロッテルダム

ユニークな建築物で知られるのがロッテルダムです。アムステルダムに次ぐ二番目に大きな町で、国際的港町としても知られます。

ロッテルダムの見どころの一つは、建築物です。キューブ上の形をした家で、キュービックハウスと呼ばれる家は、1984年に作られ、世界中からそのユニークな建物を見に多くの人が訪れます。

また高層ビルの屋根が尖塔になっているブラークタワーも外せない観光名所の一つです。

<下に続く>

【番外編】オランダの基本情報

オランダ風車

それでは、最後にオランダへ観光に行くのに向けて基本的な情報をまとめてみました。

オランダへの行き方

オランダへの行き方ですが、飛行機を使って直行便で行くことができます。
東京からは直行便ですが、大阪や名古屋からだと一か所年を経由し行くことができます。

比較的本数も多く飛行しており、オランダの飛行機会社であるKLMは一日八本飛んでいます。

飛行機に関しては、格安航空券もいろいろとでているので、自分に合ったものを探しましょう。

オランダの名物・グルメ

オランダの名物は、おすすめの名所でも述べたようにゴーダを代表とするチーズがあります。
そのほか、パンケーキ、ハーリングと呼ばれる魚料理も人気です。

魚を生で食べることができる日本人なら食べることができる味でしょう。ハーリングとはニシンのことで、ピクルス、玉ねぎなどをトッピングして食べます。

グリンスープを使った豆のスープもオランダの伝統的な料理で人気です。

散策のおともにおすすめなコロッケも人気で、自動販売機でハンバーガーなどと一緒に売られています。

オランダのファーストフードといわれるビターバレンもおすすめです。

<下に続く>

オランダの首都はアムステルダムとデン・ハーグの2つ。歴史や観光地のまとめ

null

今回の記事では、オランダの首都に関して歴史的な経緯も踏まえてどうして首都が二つあるのかをご紹介しました。
背景を知るとその国や町についてより身近に感じます。

オランダへ旅行を考えている方は、ぜひとも訪れる先の歴史的な背景を少し学んでからいくと、より楽しい旅となるでしょう。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line