どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2018/12/25

タヒチ島おすすめ観光地7選!ボラボラ島など離島も!治安や物価は?

地上最後の楽園、南太平洋の真珠など、タヒチを形容する言葉は数知れず。

ハネムーンの旅行先でも人気のタヒチについて、この記事では具体的に紹介していきます。
決して安い買い物ではないので、この記事を参考にいろいろと検討したうえで、最高に幸せなリゾート地を堪能して下さい。

Large beach vacation water summer

【観光の前に】タヒチってどんなところ?

日本から約9,000km離れた南太平洋の中心部に位置するタヒチは、周りがコバルトブルーの海に囲まれた島々で、大きく5つの諸島群に分かれ、全部で118の島があります。

タヒチの正式名称は、フランス領ポリネシア(French Polynesiaで、地上最後の楽園南太平洋の真珠など、タヒチを形容する言葉は数知れず、日本からもハネムーンで利用する方が多く、世界中から人々が集まるリゾート地です。

<下に続く>

タヒチを観光するならベストシーズンはいつ?

年間を通じて、平均気温が26℃前後と温かく、いつでも泳ぐことが出来るタヒチですが、12月~3月は比較的に雨が振ることが多いため、ベストシーズンは、4月~11月といえます。

但し、12月~3月であっても、日本の梅雨のように雨が何日も降り続くなんてことはめったにないので、安心して楽しめるでしょう。

<下に続く>

首都パペーテがあるタヒチ島の人気観光地7選!

では、タヒチ島の観光地をみていきましょう。
タヒチ島には、以下の観光地があります。

  1. パオファイ公園
  2. マルシェ
  3. タヒチ博物館
  4. ルロット
  5. ペーカー18ビーチ
  6. アラフラフのマラエ
  7. メヒティ

続いて、タヒチ島の観光地を、それぞれ詳しくみていきます。

タヒチ島の観光地①:パオファイ公園

パペーテ西部の海沿いに広がるパオファイ公園は、現地の人からも人気なローカルな憩いの場です。
海からの風が非常に心地よく、お散歩などにも最適なので、ゆったりとした時間を過ごしたい方は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

Paofai Park
住所:Boulevard Pomare, Papeete 98714, French Polynesia
電話番号:不明
営業時間:不明
定休日:年中無休
入場料や利用料:無料
URL:https://www.tripadvisor.com/LocationPhotoDirectLink-g294352-d7321144-i118483923-PaofaiGardens-PapeeteTahitiSocietyIslands.html

タヒチ島の観光地②:マルシェ

食料品からフルーツ、コスメ、日用雑貨に民芸品と、タヒチアンの暮らしを支えるマルシェに行けば、タヒチの暮らしや文化を身近に感じられるだけでなく、お土産品も調達することが出来ますよ。
タヒチならではの、貝殻を使ったアクセサリーや、綺麗な色の布で作られたパラオがおススメです。

Marché de Papeete
住所:23 Rue du Père Collette, Papeete, フランス領ポリネシア
電話番号:+689 40 43 67 15
営業時間:(月~土)7:00~17:00(日)5:00~9:00
定休日:不定休
入場料や利用料:無料
URL:http://www.ville-papeete.pf/articles.php?id=284

タヒチ島の観光地③:タヒチ博物館

ポリネシアの歴史、風土、民俗に関する資料や、ポマレ王朝の遺品なども展示されている博物館です。
ポリネシアンの歴史に興味がある方であれば楽しめると思います。

下記がチケットの金額です。

チケット 定価 日本円
A.一般 600CFP 約650円
B.臨時展示 800CFP 約850円
A+B 1000CFP 約1,050円

Museum of Tahiti and the Islands
住所:PO. Box 380 354, Punaauia, French Polynesia
電話番号:+689 40 54 84 35
営業時間:9:30~17:30
定休日:日・月
入場料や利用料:上記を参照
URL:http://www.museetahiti.pf/

タヒチ島の観光地④:ルロット

トラックを改装し、さまざまな料理が集結しているルロットは、タヒチ版の屋台村。
ルロットが並ぶのは、バイテア広場のモーレア島行きフェリー埠頭の周辺で、日没と共に、賑やかな屋台村に変身します。

一品800CFP(約850円)~1,500CFP(約1,550円)と、レストランで食べるよりも、お値段もお手頃のため、離島からの帰りなどに寄ってみてはいかがでしょうか。
ルロットでは、アルコールは禁止なので、その点だけ注意して下さい。

Place Vai'ete
住所:Place Vaiete, Papeete 98714, French Polynesia
電話番号:不明
営業時間:18:00~24:00
定休日:年中無休
入場料や利用料:入場料は無料
URL:https://www.tripadvisor.com/LocationPhotoDirectLink-g294352-d1523863-i84903074-HotelTahitiNui-PapeeteTahitiSociety_Islands.html

タヒチ島の観光地⑤:ペーカー18ビーチ

白砂のビーチが広がり、のんびりした雰囲気が漂っています。
綺麗なトイレやシャワーもあるため、近くの商店などで昼ご飯をテイクアウトして、ゆったり日向ぼっこをしながらビーチを楽しむことが出来ます。

PK18 Beach
住所:Place Vaiete, Papeete 98714, French Polynesia
電話番号:不明
営業時間:18:00~24:00
定休日:年中無休
入場料や利用料:入場料は無料
URL:https://www.tripadvisor.jp/ShowUserReviews-g297572-d2266754-r346302633-PunaauiaBeach-PunaauiaTahitiSocietyIslands.html

タヒチ島の観光地⑥:アラフラフのマラエ

タヒチ島の南西20kmのところにあるアラフラフのマラエ
マラエとは、古代ポリネシアの祭祀殿跡で、タヒチ島のパワースポットとも言われています。
自然の中にあるだけあって、虫が沢山いるため、虫除けスプレーを忘れずに持って行くことをおススメします。

Marae Arahurahu
住所:Paea, Opoa 98735, French Polynesia

電話番号:不明
営業時間:18:00~24:00
定休日:年中無休
入場料や利用料:入場料は無料
URL:https://www.tripadvisor.jp/AttractionReview-g3219348-d312250-Reviews-ArahurahuMarae-OpoaRaiateaSociety_Islands.html

タヒチ島の観光地⑦:メヒティ

タヒチには、独特のカラーや柄の付いた布が売っているため、タヒチの女性は、カラフルな花柄のワンピースを着ている人が多いです。
メヒティでは、自分で好きな生地を選び、デザインなども含め、世界に1着だけのオーダーメイドの花柄ドレスを作ってくれます。

完成までに、約1週間かかるため、パペーテに着いたらすぐにオーダーしないと帰るまでに受け取りが出来ないため、注意して下さい。
料金は、シンプルなデザインであれば12,000CFP~(約12,500円)、高い生地でも大体18,900CFP(約20,000円)ほどです。

Mehiti Boutiquei
住所:6 Rue Edouard Ahnne Papeete, French Polynesia
電話番号:+689 40426246
営業時間:8:30~17:00(土曜:12:00~)
定休日:日
入場料や利用料:入場料は無料
URL:https://www.facebook.com/MehitiDesirDeMode/

<下に続く>

ボラボラ島にモーレア島!タヒチの離島も観光しよう!

タヒチの離島①:ボラボラ島

南太平洋の真珠と呼ばれているボラボラ島は、日本人ハネムーナーに一番人気なリゾート地です。
ボラボラ島では、とにかく水上バンガローを含めたホテルの施設が全て揃っているので、ただひたすらホテル周辺で贅沢に過ごすことが一番です。

タヒチの離島②:モーレア島

タヒチの北西、17kmに位置するリゾートアイランドのモーレア島
珊瑚に囲まれた穏やかな海とは対照的に、島の中心部には険しい山々が並び、トレッキングやサファリツアーなどでも人気です。

モーレア島へのアクセスは、船と飛行機の2通りがあり、船であれば約30分~45分、飛行機であれば15分ほどで到着します。
ボラボラ島と比べると、日本人観光客も少ないので、日本とはかけ離れた異国の雰囲気を十分に味わいたいならモーレア島がおススメ。

全体的な価格もボラボラ島よりも若干安めの設定です。
モーレア島に行ったら是非、「モーレア・ドルフィン・センター」で野生のイルカたちと触れ合ってみてはいかがでしょうか。

イルカの体につかまったまま、水中を一緒に泳ぐプログラムや、ハネムーナー向けの特別なプログラムなどもあります。
日本ではなかなか機会のない野生イルカとのスキンシップに癒されるひとときをお過ごしください。

料金は、下記のとおりです。

コース 価格
ドルフィンエンカウンター 約21,500円
フリーダイブwithドルフィン 約36,000円
スペシャルロマンス 約49,000円

Morea Dolphin Center
住所:PObox 1019 98729 Tiahura Moorea
電話番号:+689 40551948
営業時間:8:30~17:00
定休日:年中無休
入場料や利用料:上記を参考
URL:http://www.mooreadolphin.com

タヒチの離島③:ランギロア島

美しい珊瑚が連なるランギロア島は、この地を目指して、世界中からダイバーたちが集まってくるほどの海洋生物の宝庫。
パペーテからのアクセスは、エア・タヒチが定期便を週に13便運航、所要時間は約1時間です。

ランギロア島では、マンタ・イルカ・カジキなど日本ではなかなか見ることの出来ない大型回遊魚たちを見ることが出来るので、ダイビングを堪能するのがおススメです。
下記が利用料金です。

コース 価格
体験ダイビング 約13,000円~
ファンダイビング1本 約10,000円~
ファンダイビング2本 約120,000円~

TOP DIVE Tahitiには、日本人スタッフも1名いるため、英語が話せない方でも安心して参加できますね。

TOP DIVE BATHY'S
住所:POBox 42692,98713 PAPEETE TAHITI,French Polynesia
電話番号:+689 40533496
営業時間:8:00~17:00
定休日:年中無休
入場料や利用料:上記を参考
URL:https://topdive.com

<下に続く>

タヒチを観光しよう!直行便はあるの?飛行時間はどのくらい?

日本からタヒチへの直行便は、「エアタヒチヌイ」の成田空港~タヒチ便の週2便のみで、飛行時間は、約11時間30分です。
下記に2018年度の冬期スケジュールを記載しておきますので、参考になさって下さい。

日本発→タヒチ着

曜日 成田発 タヒチ着
17:40 9:40
17:40 9:40

タヒチ発→日本着

曜日 タヒチ発 成田着
1:15 8:20
0:15 7:20
<下に続く>

フランス領のタヒチを観光!治安や物価は?

タヒチの通貨は、フレンチパシフィックフラン(CFP)で、レートは100CFPあたり約105円です。(2018年12月現在)
タヒチの物価は、日本と比べるとかなり高めで、朝食やランチは3,000CFP(約3,000円~)、夕食は、7,000CFP(約7,000円~)となっています。

現地の人たちのゆったりした性格のおかげか、タヒチの治安は非常に良いです。
とはいえ、最近では外国人渡航者が増加したこともあり、旅行者を狙った置き引きなども発生しているそうなので、身の回りの貴重品はホテルの金庫に預けるようにして下さい。

特にタヒチは、日本の大使館や領事館がないため、パスポートの紛失には要注意です。

<下に続く>

水上コテージや星野リゾートも!タヒチの観光はホテル滞在も楽しもう!

タヒチと言えば思い浮かぶのは、やはりコバルトブルーの海に浮かぶ水上コテージではないでしょうか。
タヒチには、沢山の水上コテージが存在しますが、その中でもおススメなホテルを3つだけ紹介します。

是非、参考になさってみて下さい。

①フォーシーズンズ・リゾート・ボラボラ

ロマンティックな休日を優雅に過ごしたいなら、フォーシーズンズ・リゾート・ボラボラの水上コテージがおススメです。
107室ある客室のほとんどが広々とした水上コテージになっており、部屋のベランダからそのまま海に降りることも出来ます。

4つのレストラン&バーではフレンチやアジア料理など、多彩なメニューが揃っており、バーから眺めることの出来る夕焼けは絶景です。
ボラボラ島の豊かな自然に包まれながらの至福のトリートメントスパは是非、味わってみて下さい。

部屋タイプ 価格
ラグジュアリー水上ヴィラ(1室) 約2,136,000円~
デラックス水上ヴィラ(1室) 約455,000円~
ラグーンビュー家具付き水上バンガロー(1室) 約298,000円~
プレミア水上バンガロー(1室) 約155,000円~
デラックス水上バンガロー(1室) 約140,000円~
スーペリア水上バンガロー(1室) 約130,000円~

Four Seasons Risort Bora Bora
住所:POBox 547, Motu Tehotu 98730 French Polynesia
電話番号:+689 40603170/0120-024754(日本予約)
営業時間:24時間
定休日:年中無休
入場料や利用料:上記を参考
URL:https://www.fourseasons.com/borabora/

②ヒルトン・モーレア・ラグーン&スパ

モーレア島に宿泊するなら、白い砂浜に囲まれた島内屈指のロケーションにあるヒルトン・モーレア・ラグーン&スパはいかがでしょうか。
客室は全て現代的なポリネシアン風のお部屋で、水上バンガローには、部屋の床に透明なガラス窓が付いており、部屋の中にいても青い海を泳ぐ魚たちに出逢えます。

夜には、タヒチアンダンスのショーがあったり、カヌーで自分たちのコテージまで朝食を運んできてくれるカヌー・ブレークファーストも楽しめますよ。
料金は下記のとおりです。

部屋タイプ 価格
プレミアム水上バンガロー(1室) 約73,000円~
水上バンガロー(1室) 約69,000円~
スイートキングバンガロー(1室) 約63,000円~
バンガロー(1室) 約47,000円

Hilton Moorea Lagoon Resort&Spa
住所:POBox 1005, Papetoai, Moorea, 98728, French Polynesia
電話番号:+689 551111/03-6679-7700(日本予約)
営業時間:24時間
定休日:年中無休
入場料や利用料:上記を参考
URL:Hilton Moorea Lagoon Resort&Spa

③星野リゾートKira Ora ランギロア

至上最高のおもてなしとして日本でも人気な星野リゾートがあるのは、ランギロア島星野リゾートKira Ora ランギロアです。
2015年4月にリブラインドオープンし、類い希な自然とスタッフのおもてなし精神に包まれて、極上の気分が味わえます。

料金は下記のとおりです。

部屋タイプ 価格
水上バンガロー(1室) 約79,000円~
プールヴィラ(1室) 約57,000円~
ビーチバンガロー(1室) 約41,000円~

Hoshino Resorts Kira Ora Rangiroa
住所:POBox 198, 98775, Avatoru, Rangiroa, French Polynesia
電話番号:+689 40931117/050-3786-0022(日本予約)
営業時間:24時間
定休日:年中無休
入場料や利用料:上記を参考
URL:https://rangiroalagoon.com/en/

<下に続く>

タヒチの観光はアクティビティも豊富!

-ピクニック・クルーズ
ボートに乗って小さな無人島へ行き、そこでスノーケリングを楽しんだり、参加者みんなで現地の食事を堪能したりするピクニック・クルーズ
サメやエイに餌付けを出来るコースなどもあるので、自分たちの好みに合わせて予約をすると良いでしょう。

発着地 コース 価格
ボラボラ島 エイの餌付けとラグナリウムツアー 約10,000円~
ボラボラ島 モツピクニック 約15,000円~
モーレア島 モツピクニック 約8,000円~
タヒチ島 モーレア島モツピクニック 約20,000円~

-ジープ・サファリ
タヒチの緑濃い山々を思いっきり楽しめるジープ・サファリは、4WDを自分たちで運転しながらスリル感満載の山道を登っていく人気のアクティビティです。
運転には、国際免許の提示が必須になるため、必ず事前に日本で取得するようにしておいて下さい。

コース 時間 価格
タヒチ島 8.5時間 約12,000円~
モーレア島 4時間 約6,000円~

-タヒチアン・ダンスショー
伝統芸能の迫力を間近で感じることの出来るタヒチアン・ダンスショーは、さまざまなホテルでディナーショーとセットになっていることが多いです。
ギターやウクレレに合わせて踊ったり、場所によってはファイヤーダンスが見られる場合もあります。

コース 時間 価格
タヒチ島 3.5時間 約18,000円~
モーレア島 4時間 約12,000円~

-ヘリコプター・ツアー
言葉では言い表せないタヒチ・ラグーンのグラデーションと鮮やかな緑色をした山々のハーモニーを、上空から贅沢に堪能したいならヘリコプター・ツアーがおススメ。
但し、予約の人数が揃わないと催行されなかったり、予約した日が必ずしも晴れるとは限らないため、運任せな部分が大きくなるので注意が必要です。

とはいえ、圧巻的な絶景は、カメラに収めた写真はもちろんのこと、肉眼で見た風景にくぎ付けになること間違いなしでしょう。
料金は下記のとおりです。

コース 時間 価格
タヒチ島・上空遊覧 90分 約49,000円~
モーレア島・上空遊覧 120分 約80,000円~
ツパイ島・上空遊覧 120分 約70,000円~
ボラボラ島・上空遊覧 120分 約49,000円~

※タヒチのツアーは現地情報が曖昧なので、日本でオプショナルツアーを催行している会社情報を記載いたします。

株式会社エス・ティー・ワールド
住所:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-6-17 渋東シネタワー14階
電話番号:03-6415-8639
営業時間:10:30~19:30
定休日:第1・第3木曜日・年末年始
入場料や利用料:上記を参考
URL:https://stworld.jp/corp/

<下に続く>

まとめ

人生で一度は訪れてみたい南国の楽園、タヒチ。

かけがえのない人とかけがえのない思い出を作りに行かれる方も多いと思うので、贅沢な休日をより充実したものにするために、この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line