どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2018/12/27

フィンランドのおすすめお土産25選!定番の食べ物やマリメッコ雑貨も!

北欧のフィンランドと言えばおしゃれなデザインの雑貨に、ムーミン、マリメッコのテキスタイル、オーロラ…日本でももう誰もが知っている有名な名前が沢山浮かびます。
是非一度は訪れてみたい国のひとつですよね。

そんな魅力あふれるフィンランド旅行の際には絶対に手に入れたい、フィンランドの定番お土産や、ばらまき用にもぴったりのお土産を一挙ご紹介いたします!

Large finland

フィンランドに行く前に…フィンランドってどんな国?

旅に出る前に、簡単にフィンランドのおさらいをしてしまいましょう。
フィンランドは、正式にはフィンランド共和国と言い、西側の国境をスウェーデン、東側の国境をロシアに隣接した国です。

一般的に北欧と呼ばれ、ノルウェー、デンマーク、スウェーデンと合わせてひとくくりにされる事が多いのですが、他の北欧諸国と違いウラル語族の民族で、フィンランド語、スウェーデン語の2ヶ国語を公用語としています。
そのため、フィンランドの街中では道の名前はどこも2ヶ国語表示となっています。

首都はヘルシンキで、首都の人口は約63万人です。
1995年にEU(欧州連合)に加盟した後、2002年には北欧で唯一ユーロを導入しています。

フィンランド出身の世界的有名人には作曲家のシベリウス(Jean Sibelius/1865-1957)、また画家であり児童文学作家のトーべ・ヤンソン(Tove Jansson/1914-2001)らが挙げられます。

近年では特にデザイン大国として名を馳せているフィンランド。
優れた美しいデザインの家具から手ごろな価格で購入できる雑貨をはじめ、スーパーの商品にいたるまで生活に根付いたデザインを発見できるのもフィンランドの魅力です!

ばらまきにもぴったり!フィンランドの定番お土産5選!【食べ物】

 会社の人たちやご近所の方々、仲の良い女友達…フィンランド旅行のお土産の中でもちょっと数が必要な時におすすめしたいのがこちらの沢山入ったばらまき用にぴったりのお土産。
何種類かをかわいくラッピングしなおして、ちょっとした手土産にも喜ばれそうですね。

それでは、フィンランドのおすすめお土産、食べ物偏を見てみましょう。

  1. キシリトールガム
  2. Fazer カールファッツェル ミルクチョコレート
  3. Fazer Geisha ファッツェル ゲイシャチョコレート
  4. Fazer ファッツェル ココアドリンク分封
  5. Fazer Pihjaha ファッツェル ピヒヤラ

キシリトールガム

もうすっかり日本でもおなじみのキシリトールですが、白樺の樹液から取れる甘味料と言うことをご存知でしたか?
フィンランドではキュシュリトールと発音され、歯磨きあとの虫歯予防ガムとして国民に浸透しています。

Jenkki(イェンッキ)という名前のものがスーパーやキオスクなど、どこでも簡単に見つけることができます。
味も普通のミント味からいちごやパッションなどのフルーツ系、シナモン入りのちょっとピリッとするものなど日本にはない珍しいものもあるのでいくつか余分に買っておけば、万一急にお土産を渡す人が増えてしまったりした時にも困りません。

カールファッツェル ミルクチョコレート

海外のお土産の定番と言えばチョコレートですが、フィンランドで購入できるもっともおすすめなのがこちらのファッツェル社のミルクチョコレート
バータイプ、板チョコ、キャンディー包みの小包装のものまで空港の免税店やスーパーマーケットなど至る所で見つけることができます。

ばらまきようにおすすめなのは箱入りの小包装タイプ。
一箱に大体30個くらい入っていますが、こちらのミルクチョコレートはしっかり濃厚なのに後味がスッキリしていて甘さがベタベタしないので、どの年代の方にでも喜ばれると言えるでしょう。

チョコレートではこれが一番美味しい!と普段から大人買いしている北欧人もいるくらいの、ハズレなしのおすすめです。

ファッツェル 芸者チョコレート

チョコレート系でもう一つ、日本の方へのおすすめはこちらのゲイシャチョコです。
え?ゲイシャ?と思わず二度聞きしてしまいそうですが、本当に日本の芸者がパッケージにあしらわれている、フィンランドでも大人気のプラリネ入りミルクチョコレートです。

春を思わせる可愛らしいピンクのパッケージで、美しいテレビコマーシャルが本国でも大人気。
外側がミルクチョコレート、中身はプラリネで味は外国の甘いチョコレートという感じです。

フィンランドに来てこれを買わずに何を買う、と言う位の定番土産ですので旅の記念に、また話題の一つとしてもおすすめです。

ファッツェル ココアドリンク分封

チョコレートとセットにして、こちらのココアドリンクはいかがでしょうか?
こちらもファッツェルの商品のチョコレートドリンクです。

ファッツェルはフィンランドで100年以上の歴史のある老舗ですので、フィンランドのお菓子と言うとチョコレート以外にもキャンディー類からパンに至るまでファッツェル社のものが大多数なのです。

それほど国民に愛されているファッツェル商品ですから誰にでも喜ばれること間違いなし。
こちらのチョコレートドリンクはパウダー状のものといくつか分包タイプが箱に入ったものが売られています。

分包タイプはチョコレートと合わせても良し、マグカップと一緒にプレゼントしても喜ばれます。

ファッツェル ピヒヤラ

チョコレート以外の商品で、ちょっと懐かしい味のお菓子がこちらのキツネのデザインのピヒヤラ
フィンランド人にとっても、おばあちゃんの田舎に遊びに行った時におやつに貰うようなちょっと懐かしいゼリー菓子。

そんな昔からあるお菓子ですが、砂糖衣の付いたフルーツ味のゼリー菓子は誰もが子供時代に一度は食べた事のあるのでは?

注目したいのがこのビビットなキツネのパッケージ
こんな所にも洗練されたデザイン発見、さすがにフィンランドです。

<下に続く>

フィンランドの飲み物はパッケージもおしゃれ!人気のお土産5選!【お酒/お茶】

続いては、ドリンク系のおすすめです。
デザイン大国フィンランドでは食べ物や飲み物などのパッケージデザインにおしゃれなものが沢山で、デザインが生活に溶け込んでいる事を見つける事ができますね。

  1. Nordqvist ノルドクヴィストのムーミンパッケージ紅茶
  2. KARHU カルフビール
  3. ORIGINAL オリジナル ジンソーダ
  4. FINLANDIA フィンランディア
  5. LAPIN KULTA ラピンクルタビール

それでは、フィンランドのお土産でおすすめのお茶、そしてアルコール類をご紹介します。

Nordqvist ノルドクヴィストのムーミンパッケージ紅茶

見つけたら、即買い!と思ってしまうくらいの可愛さなのが、こちらのノルドクウィスト社から出ているムーミントロールとムーミン谷のキャラクターが印刷された紅茶シリーズ。
フルーツティーやブラックティーなど種類も豊富で、4種類入りのアソートもありますので、そのままでも何種類かをまとめてプレゼントしても喜ばれる事間違いなしです!

KARHU カルフビール

こちらは熊の顔が印刷された、カルフ(熊)という名前の、フィンランドビールです。
真っ黒な缶にシリアスすぎる熊の絵が印象的です!

ビール好きの多いフィンランドですが、こちらのカルフビールはフィンランド航空の内のサービスや空港の免税店などでも購入可能です。

ORIGINAL オリジナル ジンソーダ

オリジナル、という名前のこちらのロングドリンクはジンベースのソーダ系カクテル。
日本でいうサワーのような軽い飲み心地のお酒です。

ストロングの他、グレープフルーツ+ジン、クランベリー+ジンの飲みやすい美味しさなので現地でもぜひおためしあれ。
気に入ったらお土産にもぜひどうぞ。

FINLANDIA フィンランディア ウォッカ

寒い北国特有のお酒と言えば、もちろんウォッカやスナップスですよね。
そのまま「フィンランドの」という意味のフィンランディアは美しいボトルデザインで世界中で長年に渡って愛されているブランドです。

このフィンランディアを蒸留する水はなんと1万年も前の氷河期の氷堆石で濾過されていると言うからなんとも神秘的。
カクテルにしても絶対におすすめのフィンランディアをぜひどうぞ。

LAPIN KULTA ラピンクルタビール

「ラップランドのゴールド」と言う名前のこちらのビールは少し甘めで軽い味わい。
日本のビールにも近い飲みやすさが特徴です。

ですから、当然和食にもとてもよく合います。
ピール好きの日本の方へのお土産には最適ですよ。

<下に続く>

マリメッコやムーミンも!フィンランドのかわいい雑貨お土産10選!【雑貨】

フィンランドと言えばデザイン雑貨のイメージもあります。
そこで、フィンランドでおすすめの雑貨をご紹介します。

  1. ARABIA(アラビア)
  2. Iittala(イイッタラ)
  3. Marimekko(マリメッコ)
  4. Aarikka(アアリッカ)
  5. Lumene(ルメネ)
  6. Karevalakoru(カレヴァラコル)
  7. Moomin Shop(ムーミンショップ)
  8. Ivana Helsinki(イヴァナ ヘルシンキ)
  9. Posti(ポスティ)
  10. Pentik(ペンティック)

聞いたことのあるフィンランドデザイン有名店が目白押しですね。
それでは、自分へのお土産にもおすすめのこだわりの北欧雑貨をブランド別にご紹介いたします。

ARABIA(アラビア)

アラビア社は1873年に創業のフィンランドの老舗陶器会社で、デザイン性もありながらシンプルでモダンなデザインはフィンランドの国民に広く愛されています。
普段使いに最適なものから、特別な会食用のものまで広く揃えることができますよ。

iittala & Arabia Design Centre Lab and Museum
住所:Hämeentie 135 A 9th floor, 00560 Helsinki, Finland
電話番号:+358 20 4395326
営業時間:火12−18,水12−19,木•金12−18,土•日10−16
定休日:月曜日
URL:アラビア・イイッタラデザイン ラボ&ミュージアム

iittala(イイッタラ)

Tapio Wirkkala (タピオ ヴィルッカラ)、Oiva Toikka(オイヴァ トイッカ) 、Kaj Frank(カイ フランク)、Alvar Aalto(アルヴァル アアルト)などの名高いデザイナーのガラス製品はため息の出る美しさ。
カイフランクのKartio(カルティオ)シリーズは普段使いにも最適。

iittala Store
住所:Norra Esplanaden 23, 00100,Helsinki

電話番号:358 20 4393501
営業時間:月−金10−20,土曜10−18,日曜日12−18
定休日:–
URL:イイッタラ ストア

Marimekko(マリメッコ)

大胆でモダン、ビビッドなテキスタイルの柄が世界中から愛されているマリメッコですが、カラフルなボーダーやストライプのシャツ、Tシャツ類も豊富です。
ボタンなど細部にもこだわった洋服のほか、シンプルで使い勝手の良いバッグやポーチ類が大人気です。

バッグチャームや傘、ショッピングバッグなどの洋服以外のアパレル小物の他にもオリジナルのデザインパターンを施したカップやソーサーなど可愛らしい小物も増えて本当に素敵!

Marimekko Shop
住所:Mikonkatu 1,00100,Helsinki
(Kirvesmiehenkatu 7 にアウトレットあり)
Kirvesmiehenkatu 7,00100,Helsinki電話番号:+358 50 5725632
営業時間:月ー金10-20,土 10-17,日 12-17
定休日:-
URL:マリメッコ ショップ

Aarikka(アアリッカ)

北欧らしいぬくもりのある木製品や小物を扱うショップがこちらのアアリッカ
柔らかな白木を使ったモコモコシルエットの羊が目印です。

フィギュアやキャンドルスタンドなどのインテリア雑貨の他にも木のプレートやキッチン用品などつい欲しくなるものが沢山。
チャームにもなる、木のキーホルダーやアクセサリーならお手軽に買えておすすめですよ。

Aarikka OY
住所:Norra Esplanaden 7,00100,Helsinki
電話番号:+358 44 4220204
営業時間:
定休日:月–金10-20,土 10-18,日 12-17
URL:アアリッカ ショップ

Lumene(ルメネ)

フィンランドの女性の心を捉えて長年愛され続けているのがこちらの自然派コスメティックのLUMENE(ルメネ)
ナチュラルな基礎化粧品に力を入れていますが、ネイルやリップなどの発色の良さも抜群で、フィンランドの女性たちはこぞってルメネをおすすめしてくれます。

ヘルシンキの老舗ソコスデパートや空港の免税店でも取り扱いがあるほか、大型のスーパーマーケットでも手に入れられますよ。

SOKOS(ソコス)
住所:Mannelheimintie 9,00100,Helsinki

電話番号:+358 10 7665100
営業時間:月–金9-21,土 9-19, 日11-18
定休日:–
URL:Lumene

Kalevalakoru(カレヴァラコル)

カレヴァラ・コルはフィンランドの老舗アクセサリーブランド。
「カレヴァラ」と言うのは、フィンランドに伝わる古代の民族叙事詩で、民間に伝わる物語をまとめたものです。

カレヴァラ・コルでは高品質のゴールド、シルバー、ブロンズ製品を中心にカレヴァラの物語からインスピレーションを受けてデザインされています。
そんな古代を思わせる鳥や動物モチーフがロマンティックな仕様。

また石をあしらったジュエリーの、モダンでシンプルな曲線を描くハイクオリティーなデザインは、年齢を問わずフィンランドの女性に愛されています。
男性用のシルバーアクセサリーも扱っているので、ぜひショップを覗いてみて!

Kalevala jewelry
住所:Pohjoisesplanadi 25-27,00100,Helsinki

電話番号:+358 207 611311
営業時間:10-19,10-17,12-17
定休日:-
URL:カレヴァラコル

Moomin Shop(ムーミンショップ)

ヘルシンキ市内のForumデパートの中には充実した品揃えのムーミンショップがあり、ちょっと立ち寄るだけでも大興奮です。
フィンランドの誇る世界的人気キャラクターのムーミングッズはお土産にぴったりですし、ここならTシャツ・子供服・マグネットやペンなどの文具・北欧土産にぴったりのスポンジワイプなどあらゆるムーミングッズが揃っていますよ。

市内でショップにいけなくても、ヘルシンキ・ヴァンター空港内にもショップがあるのでぜひ帰国際にも覗いてみてくださいね。

Moomin Shop (Forum)
住所:Mannelheimintie 22-24,00100,Helsinki

電話番号:+358 40 1920720
営業時間:月-金9-21,土9-18,日12-18
定休日:-
URL:ムーミンショップ

Ivana Helsinki(イヴァナ ヘルシンキ)

デザイナーPaolo Suhonen(パオロ スホネン)の手がけるインディペンデント・アート、ファッション、シネマブランドのイヴァナ・ヘルシンキ
そのノスタルジックでアートなデザインは、純粋なスカンディナヴィアの雰囲気とヴィンテージアメリカンの融合で、どこか懐かしさや子供時代の思い出がいっぱい詰まったような新しさです。

ムーミンキャラクターとのコラボレーションで誕生したキッチュなバッグもおすすめですよ。

Ivana Helsinki Hause&Gallery Shop
住所:Palopirtintie 15,00930,Helsinki
電話番号:+358 50 5051624
営業時間:水ー土12-18
定休日:日–火
URL:イヴァナヘルシンキ

Posti Museo(ポスティムセオ)

以前はヘルシンキ駅前にあったフィンランド郵便ミュージアムですが、2014年にタンペレに場所を移しています。
タンペレはフィンランドで三番目の人口を誇り、ムーミン谷博物館もあるので観光にはおすすめの街です。

フィンランドの郵便局にはフィンランドオリジナルの素敵なデザイン切手が売られています。
フィンランドでしか手に入らない*ムーミン切手をお土産にいかがですか?

Posti Museo
住所:Alaverstaanraitti 5, 33100 Tampere

電話番号:+385 3 5656 6966
営業時間:10-18
定休日:-
URL:郵便博物館

Pentik(ペンティック)

フィンランドらしい優しさあふれるデザイン雑貨を手に入れるなら、ペンティックをおすすめします。
市内のデパート、Forum内にもショップがある他フィンランドの大きな町ではたいてい求めることができるペンティックですが、陶器・ガラス製品・テキスタイルなどインテリア雑貨全般を取り扱っています。

PENTIK (ペンティック)
住所:Kauppakeskus Forum, Mannerheimintie 20, 00100 Helsinki

電話番号:+358 40 8394423
営業時間:10-21, 10-19,12-18
定休日:-
URL:ペンティック

<下に続く>

歯磨き粉にマスタード!フィンランドでおすすめのスーパーと人気お土産5選!

生活に欠かせないスーパーマーケットですが、フィンランドのスーパマーケットでもお土産にぴったりのものを見つけることができます。
フィンランドではK-SupermarketS-Supermarketの2つの大手スーパーマーケットが市場を占めています。

デパートのSOKOS(ソコス)や老舗デパートのStockmann(ストックマン)、また郊外にある大型スーパーマーケットのPRISMA(プリスマ)もSマーケットの系列です。
スーパーマーケットでは手頃な価格で食品やキッチン用品などのお土産を見つけることができます。

また、大型のスーパーマーケットではアラビアやイイッタラなどのデザイン商品、衣料品なども売っています。
もうひとつ、スーパーではないですがApoteekki(アポテーッキ)の表示のある薬局もお土産探しにはおすすめ。

薬局オリジナルのコスメやムーミンのバンドエイド、歯磨き粉や歯ブラシなどの生活雑貨はお土産にはぴったりですよ。

  1. K-Supermarket (コースペルマルケット)
  2. S-Supermarket (アス スペルマルケット)
  3. Prisma(プリスマ)...S系列の郊外大型マーケット
  4. alepa(アレパ)...S系列の小型スーパーマーケット
  5. Apoteekki (アポテーッキ)...薬局

それでは、フィンランドのスーパーマーケットや薬局で手に入れられるお土産を見ていきましょう。

Sinappi シナッピ(マスタード)

フィンランドではサウナ上がりのソーセージにつけるのが定番のマスタード
辛味ではなく、風味の良さが特徴です。

甘めのマイルドはホットドッグには欠かせず、フィンランドの子供達も大好きなクセになる美味しさ。
クリスマスシーズンにはハムにつけるための特別なクリスマスマスタードが売られています。

Kiisseli キーッセリ(フルーツ味のスープ)

冬は暖かいまま、冷やして生クリームを乗せ食後のデザートに、学食でも毎日のように出てくるフィンランドのデザートと言えばこれ、キーッセリです。
出来合いのものから、粉末状のものまでスーパーで手に入るので、粉末は軽くてお土産にも向いています。

口あたりが良いので、風邪の時にもおすすめですよ。

Viili ヴィーリ(ヨーグルト)

ぷるんとつるっと、なめらかな口当たりがクセになるヴィーリはヨーグルトの一種です。
スーパーにはいろんな種類のものが売られていますが、フルーツのソースが底に入っているタイプは食べやすくておすすめです。

北欧らしいベリーの他に、バラやシナモンなどの味も美味しいですよ。

Robert's Paulig ロベルツコーヒー

フィンランドブランドのコーヒといえばこちら、ロベルツ・コーヒー
コーヒー好きなフィンランド人のこだわりがパッケージにも現れています。

コーヒーに入れるフレーバーシロップも豊富で、街中では至る所にロベルツ・コーヒーのカフェを見つけることができます。
スーパーではもちろん、カフェ限定のパッケージも可愛いのでコーヒー党の方へのお土産にいかがですか。

STINAのティーバッグ

スーパーマーケットではムーミン以外にも、STINA(スティーナ)社の素敵なデザインの紅茶を手に入れることができます。
Onni(幸せ)のパッケージの紅茶はRakkaus(愛)、Toivo(望み) Aito(純粋)、 Rauha(平和)、の素敵な願いが書かれた4種類のアソートです。

Salmiakki サルミアッキ

こちらのサルミアッキは土産物というよりは嫌げもの!?と思われないよう、冗談の通じる相手か新しいものを喜んでくれる方限定のフィンランド土産としておすすめのお菓子です。

食感は硬いグミキャンディーですが、舌にピリピリ来るようなそして甘いようなしょっぱいような、なんともいえない味が特徴。
フィンランド人は普段のおやつの他にも、ドライブのお供にしたりと眠気覚し的にも利用する、まさに目の覚める味のお菓子です。

ムーミンパッケージの歯磨き粉

スーパーマーケットや薬屋さんに行ったら、ぜひムーミンパッケージの歯磨き粉をお土産に選んでみましょう。
どれもキシリトール入りで、味は甘くても歯には優しいのです。

お子様へのお土産に歯ブラシとセットにするのもおすすめですよ。

シャンプー

フィンランド人が昔から使っているのがこちらのボトルの形も可愛らしいシャンプー。
どこのスーパーでも見かけることができます。

赤い屋根の小屋は、実はフィンランドで誕生したと言われているサウナ小屋のデザイン。
フィンランド人のおすすめは「サウナの香り」のタールですが、日本人にはちょっとびっくりする香りです。

バンドエイド

こちらも、薬局商品でおすすめのムーミン柄のバンドエイド
日本のバンドエイドに比べてお値段はやや高めですが、スーパーでも売られています。

さすがムーミンの国、グッズも充実していますね。
普段使いに持ち歩くのもよし、お土産にしても喜ばれます。

<下に続く>

ちょっと変わったお土産にいかが?ヘルシンキ大学のオリジナルグッズ!

ちょっと変わったお土産として、ヘルシンキ大学のオリジナルグッズはいかがでしょうか?

Tiedekulmaはヘルシンキ大学構内でカフェも併設するオープンスペース。
ヘルシンキに行ったら今一番行ってみたい人気の場所なんです。

イベントや講演会なども日々行われていますが、誰でも気軽に入れるカフェも大人気。
こちらのショップではヘルシンキ大学のオリジナルグッズも売られています。

Tシャツやフディはシンプルなロゴがかっこいい。
まさかのオリジナルビールなんていうのもありますよ。

Tiedekulma Shop
住所:Yliopistonkatu 4, 00100 Helsinki
電話番号:+358 50 3119811
営業時間:
定休日:10-18, 11-17
URL:ティエデクルマ

<下に続く>

フィンランドでお土産を買う時は免税手続きを忘れないようにしよう!

ユーロ圏であるフィンランドでのお買い物は意外に高額になってしまいがちです。
まずはお買い物の時にその店舗がタックスフリーに加盟しているかどうかを確認しましょう。

大手のブランドショップは殆どタックスフリー加盟店ですが、40ユーロ以上の買い物が対象となります。
フィンランドの税率は一般商品が24%、食料品が14%ですが、申請により一般商品が最大16%、食品は最大10%の還元を受けることができます。

購入した商品は、免税手続きが終わるまで開封することは厳禁です。
ヘルシンキ・ヴァンター空港での免税手続きは29番ゲートで、免税書類の他にレシート、購入商品、パスポート、搭乗券が必要になります。

<下に続く>

フィンランドのお土産は通販でも買える!

帰国してからちょっと買い忘れに気がついてしまったり、思いもよらずお土産の数が足りなくなってしまったという経験はありませんか?
そんな時でも、ちょっとおすすめのフィンランドのお土産が通販でも買えるんです!

旅行中に見つけられなかった商品を置いているお店もありますよ。

三洋堂
アルコール類、チョコレートからムーミングッズまで!
三洋堂 世界のおみやげショップ

ギフトランド
空港の免税店にも売られているジュースセットが購入できます!
お土産通販 ギフトランド

<下に続く>

フィンランドのおすすめお土産25選!定番の食べ物やマリメッコ雑貨も!のまとめ

可愛いだけでなく、実用品のたくさん見つけられるフィンランド。
街全体が素敵なもので溢れているので、お土産にする雑貨にも食品にも目移りしてしまうほどです。

ちょっと特別感のある大切な方へのお土産、仲間内にたくさん配りたくなる手頃なものなど、通年通して手に入りやすいものもあれば、夏ならではのお土産、冬限定のお菓子なども種類がありますので、ぜひ街角で、スーパーで、美術館で、あなたのお気に入りを見つけてくださいね!

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line