どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/01/05

ベネチアのムラーノ島おすすめ観光地5選!アクセスやランチ情報も!

ヴェネツィアを州都とするヴェネト州。アドリア海に面した120個もの島々からなる群島のひとつに、ガラス細工で有名なムラーノ島があります。今も職人の工房が軒を連ね伝統が息づくヴェネツィア屈指の小さな島は、どこを切り取ってもまるで絵画のように美しくて幻想的。そんなムラーノ島発祥のヴェネツィアングラスの秘密から、観光名所やおすすめのレストランまでを一挙ご紹介致します!

Large andreas nextvoyagepl 1085056 unsplash min
目次

ムラーノ島ってどんなところ?

ムラーノ島はヴェネチア本島から1,5kmほど北東に位置する人口6千人弱の小島です。
6世紀の初め頃は漁港としてまた塩の産地として貿易を中心に栄えた港町でしたが、13世紀になってから多数のガラス職人を島へ移し、ムラーノグラスと呼ばれるハンドメイドのガラスを生み出す世界有数の産地へと成長していきます。

当初、アジアを経由してヨーロッパへと伝わったガラス生産の技術でしたが、1291年にヴェネチアで活動するすべてのガラス職人だけでなく、製造業者を含むその家族までが全てこの小さなムラーノ島へ強制的に移住をさせられることになります。
それはガラス製造の過程における火事の被害の拡大を最小限に抑えるためとも言われていますが、ガラスの原材料を自国で産出出来ないヴェネツィア共和国では、ガラス技術の国外への流出を防ぎ、自国の産業としてより発展させるのが目的でもありました。

その後ムラーノ島はガラスビーズと鏡の産地として有名になりました。
ヴェルサイユ宮殿の有名な「鏡の間」の鏡も、ムラーノ島出身の職人が手がけたものと伝えられています。

15世紀から16世紀のルネッサンス時代にはムラーノグラスは繁栄を極め、それから何世紀もの間、ムラーノ島はヨーロッパでの主要なガラスの産地として栄えたのです。
ソーダ石灰を使用し、様々な鉱物を混入することによって鮮やかな発色を実現させたムラーノグラスでしたが、のちに水晶のように透明な高純度のクリスタルグラスを使ったシャンデリアの産地としても名を馳せ、世界各国の王族や貴族の間で取引をされることになります。

現在では中国産の安いガラス製品の流通によって苦戦を強いられているハンドメイド技術ですが、ムラーノグラスは品質の良いブランドとして現在でも豊かな伝統技術が伝え続けらているのです。

水の都ベネチアが水没?アクアアルタはいつ発生?おすすめホテルや対処法アクアアルタで水没?水の都ベネチアはどんな街? p-insta:(https://www.in...

<下に続く>

ヴェネチアからムラーノ島へのアクセスは?

交通の主要な手段は、ヴァポレットと呼ばれる水上バスです。
ムラーノ島へ行くためには、幾つかのルートがありますがヴェネツィア本島のメイン駅であるサンタ・ルチア駅(Ferrovia)やローマ広場(P.le Roma)から3番線に乗り、ムラーノ島の灯台の見える停留所、ムラーノ・ファロ(Murano Faro)で降りるのが便利です。

ヴァポレットのチケットは片道(1回乗車券)が7.5ユーロ、1日乗車券(24時間券)が20ユーロなので1日乗車券が便利でおすすめです。
24時間乗車可能なので、24時間以内ならば次の日にも利用できるのが良いところです。

ヴァポレットの停留所は入り口が自動改札になっていて、チケット売り場で購入したチケットをかざすとバーが回転し乗り場まで入場できるようになっています。

<下に続く>

ガラス博物館や工房! ムラーノ島のおすすめ観光5選!

ヴェネチア、ムラーノ島の観光地を幾つか見ていきましょう。
ガラス製品で有名なムラーノ島ですが、ガラス工房以外にも見所がたくさんあります。

  1. ガラス博物館
  2. サン・ピエトロ・マルティーレ教会
  3. 灯台
  4. サン・ステファノ広場
  5. サンタ・マリア・エ・ドナート教会

それではヴェネチア・ムラーノ島のおすすめ観光地を詳しく見ていきましょう。

ムラーノ島の観光地①ガラス博物館

ムラーノ島へ観光に訪れたら、まずは欠かせないのがこちらのガラス博物館でしょう。
ムラーノグラスの発展の歴史は知られているのですが、実はムラーノ島周辺の小島からは7世紀ごろのガラスや工房地跡が発見されているなど、正確なガラスの起源は謎に包まれているのです。

ムラーノガラス博物館ではそんな神秘的なムラーノグラスの歴史や、特別のエキシビションなどを鑑賞することができます。

ムラーノガラス博物館
住所: Fondamenta Marco Giustinian, 8, 30141 Venezia VE, Italy
電話番号:+39 041 739586
営業時間:10-17
定休日:-
入場料: 12ユーロ(5歳以下無料)
URL:ムラーノガラス博物館へのリンク

ムラーノ島の観光地②サン・ピエトロ・マルティーレ教会

ムラーノ島の中心地に位置するサン・ピエトロ・マルティーレ教会では、華奢でありながら豪華なムラーノグラスのシャンデリア、そしてベッリーニの絵画を見ることができます。
ジョヴァンニ・ベッリーニ(Giovenni Bellini)は15世紀〜16世紀初頭のルネサンス期を代表するイタリアの画家で数々の聖母子像を遺しています。

元々はヴェネツィア本島のドゥカーレ宮殿に置かれていたバルバリーゴ祭壇画でしたが、現在はサン・ピエトロ・マルティーレ教会の祭壇画として納められています。

サン・ピエトロ・マルティーレ教会/ Chiesa di San Pietro Martire
住所: Fondamenta dei Vetrai, 30141 Venezia VE, Italy
電話番号:+39 041 739704
営業時間:9:00-12:00/15:00-18:00 (日曜は15:00-18:00)
定休日:-
入場料や利用料:無料
URL:サン・ピエトロ・マルティーレ教会へのリンク/Chiesa di San Pietro Martire

ムラーノ島の観光地③灯台

ムラーノ島のヴァポレットの発着駅、ムラーノ・ファロには目印となる大きな灯台が建っています。
灯台の中へ足を踏み入れることはできませんが、周辺にはバールやお土産やさんも点在しているので、ゆっくり散策するのが楽しいでしょう。

霧がかかる事も多いムラーノ島ですが、天気がよければヴェネツィア本島をはじめアドリア海の小さな島々やエメラルドグリーンの海を望むこともできる絶景ですので撮影場所としてもお勧めですよ。

灯台/Faro di Murano
住所: Fondamenta Piave F. M., 30141 Venezia VE, Italy

ムラーノ島の観光地④サン・ステファノ広場

サン・ピエトロ・マルティーレ教会から運河を反対側に臨めば見えてくるのがサン・ステファノ広場です。
ムラーノグラスで作られた青い彗星のオブジェのある広場は、大きな広場ではありませんがムラーノ島の中心地ともいえる場所です。

広場に面してオープンテラスのあるトラットリア(Trattoria Busa alla Torre)で座ってくつろぐのもよし、その場でオーダーできるil bocconcinoでパニーニをピックアップして町を散策するのもよし、です。


クリスマスシーズンにはムラーノグラスの壮大なクリスマスツリーがお目見えするのもムラーノ島ならではですね。
夜になるとムラーノグラスのツリーがライトアップされるのも美しい。

サン・ステファノ広場
住所: Calle S Stefano, 17, 30141 Venezia VE, Italien

ムラーノ島の観光地⑤サンタ・マリア・エ・ドナート教会

サンタ・マリア・エ・ドナート教会は運河に沿って歩いていくと見えてくる、ムラーノ島のドゥオモと呼ばれている教会です。

少し中心から離れているためか、あまり観光客で混み合うこともなく静かに鑑賞することができます。
床面のモザイクやムラーノグラスのシャンデリア、美しい色合いのステンドグラスを見ることができます。

サンタ・マリア・エ・ドナート教会/Basilica dei Santi Maria e Donato
住所: Calle S. Donato, 11, 30141 Venezia VE, Italy
電話番号:+39 041 739056
営業時間:8:30-12:00/16:00-19:00 (日曜日16:00-18:00)
定休日:-
入場料や利用料:無料
URL:サンタ・マリア・エ・ドナート教会

<下に続く>

ムラーノ島でランチをたべよう!おすすめのレストラン5選!

アドリア海の美味しい海の幸の味わえるヴェネツィア・ムラーノ島。
せっかくですから、魚介を使った味わいのあるる本場イタリアンをランチにいただきたいですよね。

ムラーノ島でランチのできるおすすめのレストランを見ていきましょう。
雰囲気の良いレストランやカフェ、常連客の多いおすすめがあります。

  1. Versus Meridianem
  2. Ai Piantaleoni Restaurant
  3. Art Cafe&Food
  4. B Restaurant
  5. Pizzeria Marlin Ristorante

それではおすすめランチレストランをそれぞれ詳しくご紹介します。

レストラン①Versus Meridianem

ムラーノ島のメインストリート、フォンダメンタ・ディ・ヴェトライ(Fondamenta di Vetrai)の一番終わりにあるレストランVersus Merisianem はラグーンの島々が見渡せる眺めが絶景のレストラン。
親切なホールの定員さん、クオリティの高いヴェネチア料理をムラーノグラスのシャンデリアが下がるホールで頂くことができます。

ぜひ、ランチには海の見える特等席を予約して!

Versus Meridianem
住所: colonna, Fondamenta Manin, 1, 30141 Venezia VE, Italien
電話番号:+39 041 527 5408
営業時間: 12:00-14:30 / 19:00-22:00
定休日:-
URL:Versus Meridianemへのリンク

レストラン②Ai Piantaleoni Restaurant

こちらは、おしゃれなイタリア料理を中心に斬新な組み合わせの料理を楽しめる地元でも人気のレストラン。
常連客も多いので、ランチ時間を始め1日中混み合っていることも多いので、ランチといえどテーブルを予約してお出かけがおすすめです。

魚介の料理を始め、ティラミスなどのイタリアならではのデザートも美味しい。
全体的に物価の高いヴェネツィアですが、値段は比較的お手頃なのも嬉しいところです。

Ai Piantaleoni Restaurant
住所: Riva Longa, 25, 30141 Venezia VE, Italien
電話番号:+39 041 736794
営業時間:10-21:30
定休日:-
URL:Ai Piantaleoni Restaurantへのリンク

レストラン③Art Cafe&Food

もっと気楽にムラーノ島を楽しみたいのなら、こちらのArt Cafe&Foodカフェがおすすめです。
シンプルな雰囲気もリラックスできます。

店員さんの気遣いも嬉しく、ピザも美味しく、ランチには最適なカフェです。

Art Cafe&Food
住所: Fondamenta dei Vetrai, 35/a-36, 30141 Venezia VE, Italien
電話番号:+39 329 789 4585
営業時間:
定休日:-

レストラン④B Restaurant

少しお値段は高めではありますが、静かに落ち着いてランチをしたいのならこちらのB Restaurantがおすすめです。
ムラーノグラスのオブジェクトやシャンデリアで飾られたデコラティブな店内は時の流れが止まってしまったかのよう。

フレッシュな魚介を使ったパスタがおすすめのモダンなランチがいただけます。
お天気の良い日にはテラス席もおすすめですよ。

B Restaurant
住所:Campiello della Pescheria, 4, 30141 Venezia VE, Italien
電話番号:+39 041 527 4957
定休日:-
URL:B Restaurantへのリンク

レストラン⑤Pizzeria Marlin Ristorante

手軽にピザが食べたい時はこちら、ピッツェリア・マーリン・リストランテがおすすめです。
手頃な値段で手早くピザが提供されますが、味は本格的です。

店員さんも感じが良く、サービスも良いので、時間のない時にもおすすめ。
ゆっくり時間があるなら、外の席に座るのも良いですよ。

Pizzeria Marlin Ristorante
住所:Fondamenta dei Vetrai 53, 30141, Venezia, Italy
電話番号:+39(0)41 739131
営業時間:9:30-22:00
定休日:-
URL:-

<下に続く>

日曜日でもムラーノ島は楽しめる?

観光地のムラーノ島は日曜日にも開いているお店やガラス工房があるのも嬉しいところです。
ムラーノ島では一般に工房を解放している所が多いので、自由にガラスの制作過程を眺めたり工房に併設されているショップを覗いたりして楽しめます。

工房内はガラスを扱う炉の熱でかなり熱いので、飲み水を持参するなど気をつけてくださいね。

ヴェネツィア、そしてムラーノ島のレストランに関して言えば、実は日曜日には魚市場がお休みすることが多いため、新鮮な魚介類が手に入りにくいことも。
ランチ時間には営業している所が多いのですが、新鮮な魚介類を使ったヴェネツィア料理がお目当な場合は、日曜日の午後から月曜日にかけては仕入れがないことが多いので外した方が良さそうです。

<下に続く>

ヴェネチア発のムラーノ島ツアーもおすすめ!

効率よくムラーノ島を散策したいなら、ツアーに参加するのもおすすめの手段です。
観光地であるヴェネツィア本島からはお手軽な20ユーロ前後からのムラーノ島行き・英語ガイドのツアーがたくさんあります。

日本の観光局や旅行会社を通じて予約する方法、また現地で宿泊先のホテルがアレンジしてくれるツアー、現地ツーリストインフォメーションからも事前予約が入れられます。
現地アレンジの英語ガイド付きツアーは現地集合・現地解散が基本ですが、ランチやゴンドラ遊覧などのオプションのついた日本語のツアーならサービスや対応もよくゆっくりとした時間をお楽しみ頂けます。

<下に続く>

ムラーノ島の他にもブラーノ島やリド島など魅力的な島がいっぱい!

ブラーノ島

ハンドメイドのレースの産地として有名なブラーノ島は、色とりどりの可愛らしい家が軒を連ねる街並みも見所です。
ムラーノ島からヴァポレットで乗り付けることができるので、ムラーノ島・ブラーノ島を1日で回ることもできます。

リド島

ヴェネツィア本島の南部に位置し、南北の長さが11kmに及ぶ細長い島がリド島です。
ヴァポレットでサンマルコ広場から約15分ほどで到着することができます。

ヴェネツィア国際映画祭の開催場所としても有名なリド島ですが、2kmに渡って広がるビーチもあるリゾート地。
映画「ベニスに死す」の舞台にもなったホテル・デ・ヴァンもあり、リゾート地のため治安も良いのが特徴です。

トルチェッロ島

ブラーノ島からヴァポレットで5分ほどでつくトルチェッロ島は、5世紀ごろヴェネツィアに最初に人が定住した島でもあります。
ヴェネツィア発祥の地とも呼ばれ、今も原風景を留めるトルチェッロ島は、ヴェネツィア本島とは少し異なった趣のある島です。

文豪ヘミングウェイが長期滞在をしたホテルなどもあり、観光地の雑踏を逃れてゆったりとした時の流れを楽しみたい場所です。

<下に続く>

番外編 ムラーノ島があるヴェネチアへの行き方と主要観光地!

ヴェネチアへの行き方

日本から直接ヴェネツィアへの直行便は出ていませんが、空路でも陸路(鉄道)でもヨーロッパの各主要都市から乗り継ぎ便・乗り入れが容易にできます。

空路ではヴェネツィア本島から約7kmはなれたマルコ・ポーロ空港(Aeroporto Marco Polo)からエアポートバス(Atvo)、水上バス( Vaporetto)、水上タクシー(Taxi)で行くことができます。
エアポートバスが一番早くて約20分、約1時間おきに運行している水上バスは1時間20分、水上タクシーも早いですが運賃は高めです。

運河の張り巡らされたヴェネツィア本島は電車をはじめ自動車の乗り入れができませんので、鉄道の場合の最終地点はサンタ・ルチア駅(Stazione di Santa Lucia)になります。
ヴェネツィアのひとつ手前のメストレ駅(Mestre)を通過した後、海に架かる長い橋を渡ってサンタ・ルチア駅に到達するのも、まるで電車が海面すれすれを走っているような幻想的な体験です。

ヴェネチアの主要観光地

世界的な観光地のひとつであるヴェネツィアには素晴らしい観光名所が沢山あります。

  1. サン・マルコ広場
  2. 大鐘楼
  3. リアルト橋
  4. サンマルコ寺院
  5. ヴェネツィア路地裏散策

それでは、ヴェネチアの主要観光地をそれぞれ詳しく見ていきましょう

 観光地①サン・マルコ広場

18世紀にヴェネツィア侵攻したナポレオンが「世界で一番美しい大広間」と称えたとされるヴェネツィアの主要スポット、サン・マルコ広場
寺院や美術館、鐘楼など世界遺産・水の都ヴェネツィアの全てがここに集中しています。

映画「旅情」でキャサリーン・ヘプバーンがコーヒーを飲むシーンであまりにも有名なカフェ・フローリアンは1720年創業のイタリア国内でも最も古いカフェのうちのひとつです。

サンマルコ広場
住所:Piazza San Marco

 ②サン・マルコ広場の大鐘楼

サン・マルコ広場にひときわ高くそびえたつのが、16世紀初頭に建設された高さ96mの大鐘楼
ヴェネツィアを一望できる周囲で一番高い塔は絶対に登りたい人気のビュースポットです。

大鐘楼
住所: Piazza San Marco 大鐘楼
電話番号: +39 041 270 8311
営業時間: 1/11-4/15 (冬季)9:30-17:30, (夏季)4/16-10/28 8:30-21:00
定休日:1月中旬に15~20日間ほどの休業
入場料や利用料:8ユーロ(子供は半額)
URL:San Marco 大鐘楼

 ③リアルト橋

運河に架かる橋の中では最大で、白い欄干や形がとにかく美しいリアルト橋
ヴァポレット1番線に乗り、リアルト(Rialto)で下車すると全長48mの橋が目の前に現れます。

橋の内部はこじんまりとしたお土産物屋さんが無数に並んでおり、橋の両側の街中を散策するのも楽しいものです。

リアルト橋(Ponte di Rialto)
住所: リアルト橋
電話番号:+39 041 250 1801
URL:ヴェネツィアコミューンのサイト

 ④サン・マルコ寺院

聖マルコの聖遺骸が安置されているのが、世界遺産のサン・マルコ寺院
828年に建立され、増築を経て現在の姿に完成しましたが、まるでイスラムのモスクを髣髴とさせる丸型の5つのドーム屋根が特徴的で厳格で荘厳な雰囲気。

十字軍の戦利品を陳列した宝物室や黄金のモザイクなどヴェネツィアの栄華がうかがえます。
かなり並ばないと入場できないので時間に余裕を持って訪れるのが良いでしょう。

サン・マルコ寺院
住所: サンマルコ寺院
電話番号:+39 041 270 8311
営業時間:9:45-16:30(日曜・祝祭日14-16)
定休日:-
入場料や利用料:
寺院は無料/パラドーロ 2ユーロ/博物館5ユーロ/宝物室3ユーロ
URL:サンマルコ寺院

 ⑤ヴェネツィア路地裏散策

ヴェネツィアで是非楽しんで頂きたいのが、ガイドブックに乗っていない路地裏散策
裏通りにある隠れたレストランやカフェ、ガラスやアートのお店、小さな噴水のある広場にジェラートショップ、人の住む家々の窓から渡される洗濯物…絵になる風景が隠れています。

壁や石畳ひとつをとっても歴史を感じるヴェネツィアの風景、雑踏を逃れて楽しんでみて下さいね。

<下に続く>

ベネチアのムラーノ島おすすめ観光地5選!アクセスやランチ情報も!のまとめ

見所満載の北イタリアの中でも、観光地ではあっても比較的治安の良いヴェネツィアですが、ムラーノ島をはじめとするラグーンの島たちは、島に暮らす人々の生活も目にすることのできる場所です。
目にも鮮やかなムラーノグラスを旅の思い出に買い求めるもよし、おいしい魚介料理に舌鼓を打つもよし。

世界遺産の町を思うように散策して、美しい風景と素晴らしい旅をたのしんでくださいね。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by
国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です! 毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!
関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line