どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/01/09

コモ湖の観光でおすすめの街はどこ?ツアーやレストラン、ホテル

北イタリアの高級別荘地、コモ湖。ミラノから程近く、歴史的にも長く愛されてきた穏やかなこの避暑地は、高級ホテルやレストランも多く、現在ではハリウッドスターや世界のセレブがヴァカンスに訪れます。
ゆったりと観光を楽しむには最適な、アルプスの涼しげな風が吹く美しいこの街で、優雅な休日を満喫してみませんか?

Large mariya georgieva 45636 unsplash

ヨーロッパの人気観光地コモ湖はどんなところ?

夕暮れのコモ湖

イタリア、ロンバルディア州の北部にあるコモ湖。湖の形はちょうど「Y」の字をひっくり返したような形をしており、湖の南西端にコモ(Como)の街、東南端にレッコ(Lecco)の街があります。
北の端はスイスの国境に程近く、周りをアルプスの山々に囲まれたとても穏やかなリゾート地です。

コモ湖は古くからヨーロッパの富豪の避暑地として有名で、湖の辺には各国の王室や富豪達が建てた豪華絢爛な別荘がズラリと並んでいます。
歴史的にも重要な土地で、かつてローマ帝国の皇帝やユリウス・カエサルが訪れて休養したともいわれており、第二次大戦末期にはムッソリーニが湖畔の中ほどにある「ジュリーノ ディ メッゼーグラ(Giulino di Mezzegra)」で処刑されたことでも有名です。

最近ではジョージ・クルーニーなどをはじめとするハリウッドスターがよく訪れることでも知られており、リトルハリウッドとも言われることもあります。
湖畔の豪邸では富豪たちの優雅なパーティが行われており、世界中の人々の憧れの地と言えるでしょう。

<下に続く>

ミラノからも行きやすい!コモ湖への行き方は?

null

コモ湖へはミラノから電車でコモ駅(Como S. Giovanni)へ向かうのがポピュラーです。
ミラノのガリバルディ駅(Porta Garibaldi)から鉄道で約40分ほどです。

また、ミラノ中央駅から「レッコ(Lecco)」に行く方法があります。
どちらもミラノからの所要時間は40分ほどで、片道4.8ユーロです(2018年12月現在)。
Trenitalia(イタリア鉄道)へのリンク

電車は比較的多く出ており、ミラノを拠点としている場合は日帰りも十分可能です。
ただし、レッコ経由でコモの街へ行く場合は、湖の端と端にで比較的遠く離れた位置にありますので、両端の街を行き来するには電車ではなくバスを使用するか、湖を走るフェリーに乗りベラッジョ経由で行くしかありませんので注意が必要です。

<下に続く>

コモ湖の天気がいいのはいつ?冬でも楽しめる?

コモ湖ガール

避暑地で有名なコモ湖ですので、やはりベストシーズンは初夏から秋ごろまでと言えます。
真夏のイタリアは大変日差しが強く暑くなりますが、コモ湖周辺はとても涼しくて快適です。

フェリーで湖を遊覧したり、ケーブルカーで湖畔のブルナーテ山に上って湖畔の美しいパノラマを眺めるなど、避暑地を満喫できる楽しみがたくさんあります。
アルプスの山々が近く、天気のよい日には大変美しい風景が広がります。

晩秋から冬に掛けては大変寒くなり、強風や霧が発生したり雪が降ることも多くあります。
それはそれでとても美しいのですが、天候によってはゴンドラが運行しなかったりフェリーが欠航することもありますので、できればオフシーズンに訪れるのは避けたほうが無難です。

<下に続く>

コモにベラージオ!コモ湖周辺には素敵な街がいっぱい!

コモ湖ベッラッジョ

コモ

コモの歴史はローマ帝国の時代までさかのぼり、重厚な建物が点在しています。コモ旧市街の中心であるドゥオーモ(Duomo di Como)の中に入ると16世紀~17世紀の頃に織られた美しいタペストリーを見ることができます。

かつて一番栄えていたのはドウォーモから程近いサンフェデーレ教会(Basilica di San Fedele)の周辺だったそうです。
このあたりの建物にはローマ時代の佇まいを見ることができ、中世の生活に思いを馳せる事ができます。

目抜き通りには多くのレストランやカフェ、ブティックなどが並び、ゆっくり街を散歩しながらショッピングを楽しむこともできます。

ベラージオ

ベラージオは逆さY字形の湖の分かれ目の岬にある街で、石畳の美しい街歩きや湖を見下ろすレストランなど、見どころ満載です。特にオススメはヴィッラ・メルツィ(I Giardini di Villa Melzi d’Eril)で、1808年から1810年に掛けて建築家のジョコンド・アルベルトッリ(Giocondo Albertolli)によって設計され、メルツィ公爵の別荘として建てられました。湖畔の眺めは大変美しく、必見です。
コモ市街から高速艇で行けば約1時間。片道10.40ユーロです(2018年12月現在)。
ヴィッラ・メルツィへのリンク

トレメッゾ

ベラージオの西側対岸に位置するトレメッゾには緑の中に点在する美しいヴィッラ(別荘)巡りがおすすめです。
代表的なのはヴィッラ・カルロッタ(Villa Carlotta)で、17世紀に建てられたこの豪華な別荘は、数々の富豪たちの手に渡ってその美しさを保ち、現在はミュージアムとして保存されており、美しい彫刻や建築、庭園などを見学することができます。
ヴィッラ・カルロッタへのリンク

このあたりはGreenwayという全長10.5kmの散歩道が整備されていて、滞在に時間のある方はゆっくりと緑の中を散策することができます。
コモ湖Greenwayへのリンク

ファッジェート・ラーリオ

ファッジェート・ラーリオには誰でも入れる公共のビーチがあるので、湖で泳いだりリラックスしながら日焼けを楽しんだりすることができます。
簡易な更衣室やトイレも整備されています。遊覧船のファッジェート・ラーリオ駅(Faggeto Lario)で、コモ市街から約50分です。

また、ファッジェート・ラーリオより山間に入ったパランツォ村(Palanzo)には、16世紀に使われていたワインや胡桃油製造のための巨大な圧縮絞り機(Il Torchio di Palanzo)を見学することもできます。
その保存状態の良さから、国定記念物に指定されています。
Il Torchio di Palanzoへのリンク

<下に続く>

ケーブルカーに乗ってブルナーテ山の高台からコモ湖を眺めよう!

コモ湖ケーブルカー

コモ駅(鉄道)よりほど近くにある乗り場からケーブルカーでブルナーテ山に登ることができます。
車窓に広がる眺望を楽しみながら750mほどの高さまで7分ほどで山頂付近の駅までたどり着きます。

駅付近も景色はよくカフェやレストランもありますが、余裕のある方はそこからさらに30分ほど歩いた山頂にある、サンマウリッツィオ教会側の灯台(Faro Voltiano)を目指しましょう。
森林浴のウォーキングの終点には、アルプスの山々や高台から広がる眺望の絶景を見ることができます。

山頂では特に美しいと評判の「夕暮れのコモ湖」を堪能できますが、暗くなる前に下山することをお勧めいたします。

<下に続く>

遊覧船に乗ってのんびりコモ湖を満喫!

コモ湖の高速艇

コモ湖の観光に欠かせないのがはやはり遊覧船で湖畔の各地を周遊することでしょう。
2階のデッキ席では風を受けながら湖畔の別荘を眺めることができます。寒いときや、日差しが強すぎるときは1階の屋内席でゆっくり周遊を楽しむことができます。

遊覧船には高速艇(急行)各駅停船がありますので乗船前によく確認する必要があります。
チケットは一回券と一日券があり、それぞれ目的地によって料金が変わります。

料金は8段階に分かれておりますので、目的地と乗り方にあわせてチケットを購入しましょう。
なお、悪天候の場合やストライキの際は欠航することがありますので、できれば事前に確認しましょう。
コモ湖フェリー:ナビゲーションへのリンク

<下に続く>

コモ湖を効率的に観光したい人にはツアーもおすすめ!

コモ湖へはミラノからの日帰りツアーも多くありますのでオススメです。
海外旅行に慣れていない方や、ご自分で予定を組むのが苦手な方には最適です。

ミラノの指定の場所に集合し、コモまで電車で移動。フェリー周遊や湖畔の散策などがセットになったものが多く、ガイド付きのものもあります。

移動のチケットのみのフリープランであれば、比較的自由に行動できて価格もリーズナブルですが、中には専用車でミラノから現地まで送迎し、水上飛行機で上空から湖畔の別荘を眺める豪華なプランもあります。

ミラノのホテルのコンシェルジェやツーリストインフォメーションで予約が可能です。また、ミラノには日本語対応可能な旅行代理店もあります。
ミラノ市観光局:ツーリストオフィスへのリンク
HISミラノ支店へのリンク

<下に続く>

コモ湖でおいしい食事を楽しもう!おすすめレストラン4選!

コモ湖のランチ

では、コモ湖周辺のレストランをみていきましょう。
これまでご紹介したスポット付近のオススメのレストランをご紹介します。
コモ湖周辺には、以下のレストランがあります。

  1. La Polenteria:ブルナーテ山(山頂のレストラン)
  2. Ristorante de l'hotel Florence:ベッラージョ(藤棚のレストラン)
  3. Ristorante La Darsena:トレメッゾ(湖畔のレストラン)
  4. Ristorante Vapore:ファッジェート・ラーリオ(郷土料理)

続いて、コモ湖のレストランを、それぞれ詳しくみていきます。

コモ湖のレストラン①:La Polenteria

ブルナーテ山の山頂、灯台付近にある郷土料理のレストランLa Polenteria
コモ地域の伝統的な料理を季節の食材を使って提供してくれます。
基本にあるのは彼らの祖父母の家庭料理

コモ市街からケーブルカーでブルナーテ山へ上り、徒歩で山頂まで歩くと灯台の付近にあります。
絶景のウォーキングのあとに、ゆっくりとコモの郷土料理を堪能してみてはいかがでしょうか。

La Polenteria
住所:Via Scalini 66 - 22034 Brunate (CO)
電話番号:+36 031 336 5105
営業時間:金19:15–22:30、土日12:15–14:30、19:15–22:30
定休日:月火水木
URL:https://www.lapolenteria.it/
map

コモ湖のレストラン②:Ristorante de l'hotel Florence

ベッラージョの観光客に大人気なレストランRistorante de l'hotel Florence
遊覧船の船着場ベッラージョ駅からも程近く、人通りの多い路面にありますのでとても入りやすい場所にあります。

屋内席のほかに、奥に入ると特徴的な藤棚のテラス席があり、日差しの強い時期も快適に過ごせます。
4月から5月にかけては藤の花が満開となり、山と湖の景色を眺望を楽しみながらのランチは格別で、価格も良心的です。

Ristorante de l'hotel Florence
住所:Piazza Mazzini 46 - 22021 Bellagio (CO) - Italia
電話番号:+39 031 95 0342
営業時間:12:00–14:30、19:00–22:30
定休日:無休
URL:http://www.hotelflorencebellagio.it/ristorante/
map

コモ湖のレストラン③:Ristorante La Darsena

トレメッゾの郷土料理をベースにした創作的なイタリアンが味わえるRistorante La Darsena。
湖畔沿いの道に面していますが、道路の湖岸側に飛び出すように建っているレストランなので、窓から見える湖の景色は前に何も遮る物がなく、とても美しい眺望の中でランチやディナーを楽しむことができます。

Ristorante La Darsena
住所:Via Regina, 3 - 22016 Tremezzina – Località Tremezzo (CO)
電話番号:+39 034 44 3166
営業時間:12:30–14:20、19:30–22:00
定休日:無休(11月から3月までは水曜日定休)
URL:https://www.ladarsena.it/en/exclusive-restaurant-on-como-lake/
map

コモ湖のレストラン④:Ristorante Vapore

ファッジェート・ラーリオの遊覧船乗り場からすぐ近くの、アットホームなレストラン
スタッフもとてもフレンドリーで、地元の家庭料理を堪能できます。静かな自然の中でゆったりとした時間が流れ、日常を忘れてリフレッシュすることができます。
併設の宿泊施設で泊まることも可能です(要予約)。

Ristorante Vapore
住所:Via Alle Rive, 44 - 22020 Faggeto Lario (CO)
電話番号:+39 031 309 866
営業時間:12:00–14:30、19:00–23:00
定休日:火曜日
URL:http://www.comolakerestaurantvapore.it/
map

<下に続く>

避暑地のコモ湖には魅力的なホテルがいっぱい!おすすめホテル5選!

コモ湖の5つ星ホテル

では、コモ湖にはどのようなホテルがあるのでしょう。
コモ湖には、以下のホテルがあります。

  1. Grand Hotel Tremezzo
  2. Villa D'este
  3. Il Sereno
  4. Hotel Metropole Bellagio
  5. Hotel Como

続いて、それぞれのホテルを詳しくみていきます。

コモ湖のホテル①:Grand Hotel Tremezzo

100年以上の歴史を持つコモ湖の象徴的なグランドホテルトレメッゾは、湖の中央付近に位置しており、対岸のベラッジョやその向こうの山々を見渡す眺望は、コモ湖周辺のホテルの中でも随一のものです。多くのセレブたちの避暑地として長く愛されています。

アールヌーボー様式の特徴的なホテルのランドマークはVilla Carlottaの庭園とも隣接しており、湖のエリア全体の格調と美しさを形成しており、滞在中の優雅な時間を約束するでしょう。

Grand Hotel Tremezzo
住所:Via Regina, 8 - 22016 Tremezzo - Lago di Como - Italy
電話番号:+39 0344 42491
定休日:無休
URL:https://www.grandhoteltremezzo.com/en/home/
map

コモ湖のホテル②:Villa D'este

建築家Pellegrino Pellegriniによって設計され、16世紀に建設されたヴィラデステは当時もっとも美しい建築芸術といわれ、現在は5ッ星ホテルとして運用され、完成以来140年以上経つ今もその美しい姿を保っています。
ホテルの施設、サービスや豪華な設備はイタリアでもトップクラスのもので、質の高さを求める方には満足のゆく滞在となります。

Villa D'este
住所:Via Regina, 40 - 22012 Cernobbio - Italia
電話番号:+39 031 3481
定休日:無休
URL:https://www.villadeste.com/
map

コモ湖のホテル③:Il Sereno

2016年にオープンした最新のラグジュアリーホテル。
人気女性デザイナーのPatricia Urquiolaによって設計された、最先端のモダンでスタイリッシュなスタイル。
客室数は30室のみで、隅々まで行き届いたサービスとゆったりした優雅さにリラックスした休日を満喫することができるでしょう。

Il Sereno
住所:Via Torrazza 10, 22020 Torno CO, Italy
電話番号:+39 031 5477 800
定休日:無休
URL:https://www.serenohotels.com/
map

コモ湖のホテル④:Hotel Metropole Bellagio

ベラッジョの3つ星ホテル。レストランも湖畔に隣接しており、滞在を快適に過ごせます。歴史も深く18世紀頃より存在しており、様々な環境変化に対応しながら現在の状態を保っています。

比較的リーズナブルでロケーション的にも便利の良い場所にありますので、人気の高いホテルとなっています。

Hotel Metropole Bellagio
住所:P.zza Mazzini, 1 - 22021 Bellagio (Co) ITALY
電話番号:+39 031 950409
定休日:無休
URL:https://www.albergometropole.it/
map

コモ湖のホテル⑤:Hotel Como

コモ市街にある4つ星ホテル。レストランやバー、プールなども完備しており、コモ市街を中心に活動する場合は便利です。
ただし、毎年11月~2月は営業していないので注意が必要です。

Hotel Como
住所:Via Mentana 28, 22100 - Como (Italy)
電話番号:+ 39 031 266173
定休日:11月~2月
URL:https://www.hcomo.it/en
map

<下に続く>

コモ湖の観光でおすすめの街はどこ?ツアーやレストラン、ホテルのまとめ

コモ湖はイタリアの避暑地として歴史も深く、世界でも随一の高級リゾートして現在も多くのセレブたちや観光客が訪れます。
その魅力に虜になり、何度も足を運ぶ人も多く、そのたびに新しい魅力の発見があるようです。
あなたも世界中の人たちが魅了されるコモ湖に是非訪れ、日常を忘れてゆったりとした優雅な休日を体験してみて下さい。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line