どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/01/12

ソロモン諸島で人気のおすすめ観光スポット5選!巨人伝説は本当?

南の楽園ソロモン諸島。
1年中暖かなこの島では、日本では見る事のできない神秘的な自然の宝庫です。

今回は、ソロモン諸島の行き方や気候などの基本情報から、おすすめしたい絶景やホテルなどを紹介していきます。
ソロモン諸島へ心を癒す旅にでかけてみてはいかがでしょうか?

Large rhys mckay 612382 unsplash

ソロモン諸島ってどんなところ?

楽園の島ソロモン諸島

1年中暖かなソロモン諸島は、ラフな動きやすい服装がおすすめです。
基本的に半袖で過ごせる島ですが、室内やバスなどは冷房が効きすぎている場合がある為、上着を持っていると安心です。

また、マラリアなどの感染を防ぐために、薄い生地の長袖長ズボンや、虫除けをつける事をおすすめします。

様々な出会いが楽しめる

緑に黄色・青に白とカラフルで星のマークが可愛い国旗とポリネシア人などの移住民が多くいるのが特徴的です。

ソロモン諸島の独特なダンスに、人々の暮らしなど、飽きる事なく楽しむ事ができます。

また、自然豊かな森には光るキノコエメラルド色の蜘蛛など日本では見た事のない動植物を見ることができます。

海の中も大迫力の魚群や驚きの光景が目の前に広がります。
透き通るように輝く海・色とりどりの魚や珊瑚を目当てに、多くのダイバーが訪れるダイバーには天国のような場所です。

<下に続く>

ソロモン諸島への行き方は?直行便はある?

意外と近いソロモン諸島

ソロモン諸島は、日本の右下辺りにあり、
(パプアニューギニアの近く)気候が穏やかで、のんびりと過ごす事ができる島です。

日本からは、ニューギニア航空を使いポートモレスビー国際空港経由で行く方法があります。

また、オーストラリアも近くブリスベンを経由して行くのも便利です。

直行便があるのは5か国のみ!

ソロモン諸島への直行便があるのは、オーストラリアのブリスベン・パプアニューギニアのポートモレスビー・バヌアツのポートビラ・フィジーのナンディ・ナウルのみです。

日本からの直行便はありませんが、乗り換えの待ち時間を合わせて14時間から18時間程の飛行機の旅で到着します。

<下に続く>

ソロモン諸島の治安や物価は?

最低限のルールを守ろう

被害者にならない為に、親切すぎる人に気をつけましょう。
夜の不要な外出は控える。金品をチラつかせないなどの行動を気をつける事が大切です。

残念な事に日本人は犯罪や盗難などのターゲットになってしまう事が多いです。

都市部の治安は良いですが郊外は特に注意が必要です。
ソロモン諸島は近年、財政の悪化により犯罪発送率が高くなり問題になっています。

日本ではない事をしっかり頭に入れて観光を楽しみましょう。

ソロモン諸島の物価

ソロモン諸島の物価は、日本と比べてかなり安く過ごす事ができます。
1ソロモン諸島ドルは、13.5円程です。

レートは、毎日変わりますので旅行にお出かけの際に必ず確認が必要です。

宿は、安宿が80ソロモン諸島ドル(1080円)から設備や立地により150ソロモン諸島ドル(2025円)が目安です。

都心部で主要のホテルは、1万から2万円が宿泊料金の目安です。都心部は移動も便利でおすすめです。

食べ物は、フードコートや食堂で食べる事ができ4から30ソロモン諸島ドル(54円から405円)が目安です。

気をつけたいのが現地のお水です。水質が良くないので、水道からは飲まないで下さい。

また、氷もお腹を下してしまうので気を付けましょう。ミネラルウォーター500mlの価格は、68円程度です。

<下に続く>

ソロモン諸島は日本と違うことがいっぱい!

ソロモン諸島が日本と違うところ①:街並み

ソロモン諸島の街並みは、日本と違い高いビルや建物がありません。
少し歩くと海が見え、街にはヤシの木も沢山生えています。

日本と違う景色に匂いや音にワクワクがとまりません。
木や葉っぱで作られた家や活気のあるマーケットは、ソロモン諸島の人々の暮らしに触れることができるおすすめのスポットです。

ソロモン諸島が日本と違うところ②:見た事のない動物が暮らす神秘の森

ソロモン諸島は、開発があまり進んでいない為、手つかずの自然がそのまま残っています。

自然体験ツアーが人気のソロモン諸島では、イルカや戦場の跡などを見ることができる他、鳥のさえずり・水の流れる音を聞きながらデッキでお昼寝することもできます。

ソロモン諸島が日本と違うところ③:物価の安さ

ソロモン諸島は、日本に比べて物価がかなり安いのが特徴です。
何を買っても安く、知らずに両替するとかなりの札束になります。

景色と治安が良く自然に癒されるソロモン諸島は、何度も訪れたい魅惑の島です。

ソロモン諸島が日本と違うところ④:海の透明度

ダイバーにとってまるで天国のような場所がソロモン諸島です。
日本にも沖縄や和歌山などの綺麗な海はありますが、ソロモン諸島は、別格です。

目を疑う程透明に透き通った海がきれいで、ひとたびボートで海に出れば、空に浮いているような気分を味わう事ができます。

ソロモン諸島に旅行に来た際は、ダイビングやシュノーケルをするのがおすすめです。

<下に続く>

ソロモン諸島を観光したい!ビザは必要?

手続き不要で楽々入国

ソロモン諸島は、30日以内の観光が目的の滞在はビザの取得をする必要がなく、面倒な手続きやコストがかかりません。

しかし、帰りの航空券を持っていないといけないので注意が必要です。
また、入国時に6ヶ月以上の有効期間も必要です。

国内移動は徒歩が安全

ソロモン諸島の主な移動手段は、徒歩・バス・タクシーです。
旅に慣れている方はタクシーやバスでもいいですが、不慣れな方は徒歩がおすすめです。

タクシーは距離を計算するメーターがなく、運転手の感覚での計測です。

バスは乗り合いの為、待たされる事もしばしばあります。降りる時は運転手に合図をしなくてはなりません。

また、舗装されてない道が多く、乗り物に弱い方は酔い止めを持参することをおすすめします。

スコールなどの後は水溜りの中をじゃぶじゃぶと車で進んでいきます。
そういったハプニングも楽しみたい方は、是非徒歩以外も挑戦してみて下さい。

<下に続く>

ホニアラ以外も!Uepi島やケネディ島!ソロモン諸島おすすめ観光地5選!

おすすめの観光地①:ホニアラセントラルマーケット

ソロモン諸島の中で1番大きいマーケット「ホニアラセントラルマーケット」は、新鮮な魚やお肉、南国の果物を購入することができます。

また、色とりどりのお花や雑貨なども購入することもできます。
活気がある人々の暮らしを見ることができるマーケットは、お土産を購入するのにもおすすめの観光スポットです。

おすすめの観光地②:テナル滝

ジャングルや川の中を2時間歩くと見えてくるのがエメラルドグリーンの滝つぼです。

その色はまるで、入浴剤を入れたかのような色に透き通っています。
ダイナミックな滝にマイナスイオンを浴びれば歩いた疲れもどこかへ飛んでいってしまいます。

おすすめの観光地③:マロボラグーン

ソロモン諸島はそこらじゅうにダイビングポイントがあります。
ダイビングの聖地として人気があり、運が良ければマンタの群れを見ることができます。

水族館でしか見たことのないジュゴンを見れるソロモン諸島の海は、沈没船やバリアリーフ・魚の群れを見ることができ、長い滞在時間でも飽きる事がありません。

おすすめの観光地④:テガノ湖

レンネル島にあるテガノ湖は、200以上もの島が点在しており、サンゴや石灰岩で島ができています。

海水の混じったテガノ湖に面した水中洞窟は、現地の人でさえ奥までいった事がない為、今でも謎の多い水中洞窟です。

水中洞窟にもぐりたい方は、島にはダイビングの機材がない為持ち込みが必要です。

手つかずの水中洞窟が残るテガノ湖に、誰も見たことのないような絶景を探しに行ってみてはいかがでしょうか。

おすすめの観光地⑤:ケネディ島

皆さん、この島はなぜこのような名前になったかご存知でしょうか?
第二次世界大戦時、戦場になっていたソロモン諸島では、多くの兵士が生きる為に戦いました。

そんな中、当時海軍に所属していた、ジョン・F・ケネディが漂着したことから名づけられたそうです。

今も昔も無人島のケネディ島ですが、ソロモン諸島に訪れた際には必ず訪れてほしいおすすめの観光地です。

<下に続く>

早めに予約しよう!ソロモン諸島おすすめホテル5選!

では、ソロモン諸島にはどのようなホテルがあるのでしょう。
ソロモン諸島には、以下のホテルがあります。

  1. ソロモン・キタノ・メンダナホテル
  2. Coral Sea Resort & Casino
  3. Sanalae Apartment
  4. キング ソロモン ホテル
  5. Imagination Island

続いて、それぞれのホテルを詳しくみていきます。

ソロモン・キタノ・メンダナホテル

スーパーや市場・カフェなどのお店まで歩いて10分かからない位置にあるソロモン・キタノ・メンダナホテルは、目の前にミュージアムがあり、ホニアラの観光にとても便利です。

スタッフの対応がいいと人気で、女性一人でも安心して宿泊することができます。

ホテルの名前:ソロモン・キタノ・メンダナホテル
住所:P.O. Box 384, Mendana Avenue, Honiara, Solomon Islands

電話番号:(677)-20071
営業時間:24時間営業
定休日:無休
URL:http://www.kitanomendana.com/ja/accessmap/index.html

Coral Sea Resort & Casino

部屋からの眺めがおすすめのコーラル シー リゾート&ホテルは、青く透き通る海がい一望できます。

空港から近場にあり街へのアクセスも大変便利です。
また、スタッフが親切なのも魅力の1つです。

どの部屋も広々とし、日常を忘れて極上の癒し旅行を満喫することができます。

ホテルの名前:Coral Sea Resort & Casino
住所:Tandai Hwy, Town Ground,, Honiara, ソロモン諸島

電話番号: +677 26288
営業時間:24時間営業
定休日:無休
URL:http://www.coral-sea-resort.com/

Sanalae Apartment

ソロモン諸島の首都ホニアラにあり、ビジネスや観光のどちらにもおすすめです。

親切でフレンドリーなスタッフが多く日本の観光客からの人気も高いホテルです。

1番の魅力は宿泊料の安さです。
ホニアラは宿泊費が13000円から25000円と高額ですが、1万円ほどで1泊する事ができます。

ホテルの名前:Sanalae Apartment
住所: Panatina Ridge street, Honiara 677, ソロモン諸島

電話番号:+677 39218
営業時間:24時間営業
定休日:無休
URL:なし

キング ソロモン ホテル

朝食のメニューが豊富にあり南国らしいホテルが魅力的なキング ソロモン ホテルは、部屋までケーブルカーで行くというユニークな移動手段が人気です。

フレンドリーなスタッフが多く、アットホームな部屋に繋がる廊下は、森林のように緑が広がりとても癒される空間になっています。

国立博物館や、レストランが近くにありホニアラ中央市場までは歩いて10分という立地の良さが魅力的です。

ホテルの名前:キング ソロモン ホテル
住所: Hibiscus Ave, Honiara, ソロモン諸島

電話番号: +677 21205
営業時間:24時間営業
定休日:無休
URL:http://kingsolomonhotel.info/

Imagination Island

海の上に建っているコテージです。
テラスからは透き通った海を見下ろすことができ、熱帯魚やサンゴを部屋から眺める事ができます。

シュノーケルやダイビングなどがしやすい環境と部屋から見える夕日は、感動するほど綺麗です。

海や夕日をひとりじめしているようなぜいたくな時間をゆっくりと過ごすことができるおすすめのホテルです。

南国気分を味わいたい方や、都会から離れてのんびりとリフレッシュしたい方は特に必見です。

ホテルの名前:Imagination Island
住所:Imagination Island، Gizo, ソロモン諸島

電話番号: +61 418 979 977
営業時間:24時間営業
定休日:無休
URL:なし

<下に続く>

日本との関係も。ソロモン諸島の戦いって?

昭和18年の6月から10月にかけてソロモン諸島を舞台に繰り広げられた戦争は、空と陸で激しく衝突しました。

日本軍は1万の兵士を出撃させ、連合軍3万という倍以上の兵士を相手に敗北してしまいました。

食料不足から飢えに絶えず、またマラリアなどの病気が兵士達を苦しめ双方数多くの若い命が失われました。

<下に続く>

都市伝説?ソロモン諸島の巨人!

都市伝説ではなかった巨人の噂について書いていきましょう。
過去数百年に渡りUFOや巨人の噂が絶えないソロモン諸島には、数千人もの食人巨人がいました。

過去には、身長4.5メートルの大きさの巨人が目撃され、大人4人でやっと運べる人骨も発見され大きな話題になりました。

<下に続く>

ソロモン諸島で人気のおすすめ観光スポット5選!巨人伝説は本当?のまとめ

ソロモン諸島は治安も良く気候もいい為、年間を通じて多くの観光客が絶景・癒しを求めて訪れます。

日本にいては決して感じる事が出来ない景色や現地の雰囲気・人とのふれあいに、日頃の疲れが飛んでいく事でしょう。

ソロモン諸島を訪れてた際は、心奪われるような景色に食べ物・陽気な現地の人との交流を思う存分楽しみましょう!

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line