どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/01/30

カリブ海や世界遺産が絶景!パナマのおすすめ観光名所&スポット15選!

パナマ文書で名前を知っている人も多い、パナマ共和国。海と山の両方の自然に囲まれた小さな国は、世界遺産に登録されている場所も多く、見どころ満載の観光スポットがたくさんあります。そんなパナマへ旅行を考えの方におすすめの観光名所&スポットをご紹介します。

Large %e3%83%91%e3%83%8a%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b81

【観光に行く前に】パナマの基本情報

パナマシティイメージ

パナマってどんな国?

パナマの正式名称はパナマ共和国といい、名前にあるよう共和制国家です。国土は約7万6千平方キロメートルと北海道よりやや小さい国でありながら、自然遺産が3つと文化遺産が2つの計5か所の世界遺産があり、中南米らしい自然や歴史あふれる文化に触れることができるのが魅力の1つでもあります。

パナマでは1914年にアメリカによって建設されたパナマ運河が有名で、人の行きかいから貿易、国際政治にも重要な役割を果たす場所でもあります。開通後は長きにわたってアメリカが独占運営権をもっていましたが、1999年にはパナマに返還されました。

首都はパナマシティーで、都心部や現代的なビル群が建ち並ぶメトロポリタンな街並みが特徴的です。都市から一歩踏み出すとカリブ海の美しい景色や他種にわたる動植物が生息する熱帯雨林があり、その対照的な情景がパナマ観光のおもしろさでもあります。

パナマでは、クナ族というラテンアメリカインディアンの一民族もわずかながら辺境の地に暮らしており、小さな農耕村落では独自の文化を今もなお維持していて、伝統工芸品などは観光客に非常に人気です。このインディヘナの文化と、ヨーロッパ系の文化とアフリカ系の文化が混在するパナマでは、他の国では味わえないようなオリジナリティのあふれる体験がたくさんできるでしょう。

パナマってどこにある?

パナマは北アメリカ大陸と南アメリカ大陸の間に位置しており、横長に伸びる国土は、北をカリブ海、南を大西洋に面しています。中央は人気観光スポットの1つであるパナマ運河が国を二分するように流れています。

北西にはコスタリカ、南東にはコロンビアがあり、西のコスタリアからはダバサラ山脈、東のコロンビアからはオリエンタル山脈が延びているなど、国土の78%が山脈です。首都であるパナマシティは国のほぼ中心にあります。

赤道に近い場所に位置することから、アメリカ大陸最大級の熱帯雨林もあり、一年を通して高温多湿の亜熱帯気候が特徴です。日差しも大変強いので、日焼け止めやサングラスなども必要になってくるでしょう。

パナマの言語は?

スペインの植民地であったことから、多数の国民にとってはスペイン語が母語です。それ以外にも先住民の言語であるクナ語や、ジャマイカ英語をはじめとする英語が母語である人々もアフロ・アンティーリャスなどには存在しているなど、地域によってさまざまです。

観光地や都市部などはスペイン語に加え英語も話せる人が多く、英語だけでコミュニケーションがとれますが、挨拶や御礼など簡単なフレーズだけでもスペイン語で伝えると現地の人との距離もぐっと近づけそうですね。パナマ人の挨拶は1日中Buenas(ブエナス)で済ませることが多いそうなので、お店に入ったときなどに使ってみましょう。

<下に続く>

【観光に行く前に】パナマの治安情報

スラム街

中南米の国の中では、比較的治安が安定していると言われているパナマですが、実際のところは治安が悪いところもまだまだあります。貿易の中継点でありことからも、麻薬などの密輸を図らう組織が存在しているなど、十分な危険が潜んでいるとも言えます。

パナマシティでは新市街などは全体的に治安は良いですが、都心部では富裕層と貧困層の格差が大きなことからも治安が悪いところが多数あり、スリや窃盗、置き引きなどは日常的に発生しているといえます。パナマシティ旧市街には世界遺産もあるので訪れる予定の人も多いでしょうが、近くにはスラム街もあるので可能な限りは観光ゾーンから離れないようにしましょう。

パナマシティからほど近いサン・ミゲリートやコロンも危険な場所とされており、凶悪犯罪が多数発生しています。銃器を用いた犯罪などに巻き込まれてしまう可能性も十分ありますので、訪れる際は人通りの少ない場所は避けるなどして十分注意してください。

また、コロンビアとの国境付近の地域であるエンベラ自治区、ダリエン県、クナ・ヤラ自治区では、多数の犯罪組織のメンバーが麻薬の密輸なども行っており、犯罪組織間での抗争が発生することもあります。発砲事件も多く安全とはいえないため外務省は不要不急の渡航は止めるよう勧告しています。

治安の状況は随時かわってきますので、旅行に行く前には必ず外務省海外安全ホームページで最新の情報をチェックしてからいくようにしましょう。
外務省海外安全ホームページ

<下に続く>

パナマのおすすめ観光名所&スポット15選!

観光

では、パナマのおすすめ観光スポットをみていきましょう。
パナマのおすすめ観光スポットには、以下があります。

  • パナマのおすすめ観光スポット①ミラフローレス閘門
  • パナマのおすすめ観光スポット②アメリカ橋
  • パナマのおすすめ観光スポット③カスコ・ビエホ
  • パナマのおすすめ観光スポット④パナマ・ビエホ
  • パナマのおすすめ観光スポット⑤メトロポリタノ自然公園
  • パナマのおすすめ観光スポット⑥ダリエン国立公園
  • パナマのおすすめ観光スポット⑦コイバ国立公園とその海洋特別保護地域
  • パナマのおすすめ観光スポット⑧バイオダイバーシティミュージアム
  • パナマのおすすめ観光スポット⑨ベアクリークフィーラインセンター
  • パナマのおすすめ観光スポット⑩ボカス・デル・トーロ
  • パナマのおすすめ観光スポット⑪ボルカン・バル国立公園
  • パナマのおすすめ観光スポット⑫パナマのカリブ海側の要塞群
  • パナマのおすすめ観光スポット⑬サン・ロレンソ要塞
  • パナマのおすすめ観光スポット⑭サン・フェリペ教会
  • パナマのおすすめ観光スポット⑮サンブラス諸島

パナマのおすすめ観光スポット①ミラフローレス閘門

全長約80kmのパナマ運河を見るのにとっておきのスポットであるミラフローレス閘門は、パナマシティからも程近い場所に位置しています。都内アルブルックのバスターミナルからバスで行くことができるのでアクセス的にもパナマ運河を見るのに1番人気の場所です。

ミュージアムが併設されており、パナマ運河がどのようにしてつくられたか、構造や歴史などたっぷり学ぶことができます。ミラフローレス閘門を船が通過するタイミングまでミュージアムで時間を調整するのがおすすめです。

この閘門の役割は、海からきた船とガトゥン湖からきた船を水位を調節することで行き来させるというものです。海からきた大きなフェリーが湖の高さまで持ち上げられる光景はなかなか見れない圧巻の光景です。

ミラフローレス閘門
住所: East Side of the Miraflores Locks, Panama City, Panama
電話番号:+507 276-8325
営業時間:チケットオフィス 9:00~ 4:30
URL:visitcanaldepanama.com

パナマのおすすめ観光スポット②アメリカ橋

アメリカ橋はパナマ運河の太平洋側口のパナマシティ近郊のバルボアにある、アメリカによって建設された橋です。1962年に建てられたこの橋は、2004年にセンティニアル橋がつくられるまで、唯一の南北アメリカ大陸を結ぶ橋として重要な橋でした。

アーチの形状が美しいこの橋は、Balboa Yacht Clubというアメリカ橋のすぐそばにあるレストランからの眺めが特におすすめです。夜にライトアップされた橋を見ながら食事するのもロマンティックで素敵な時間を過ごせます。Balboa Yacht Club

アメリカ橋
住所: Balboa, Ciudad de Panamá, Panamá

パナマのおすすめ観光スポット③カスコ・ビエホ

17世紀に作られた旧市街のカスコ・ビエホは、スペインの植民地時代を彷彿させる街並みが特徴の、1997年に文化遺産に登録された貴重な建築物が残されている歴史地区です。コロニアルな街並みはパナマシティのメトロポリタンなビル群とは対照的で、歴史あふれる教会や建築物が立ち並んでいます。

カラフルな色使いのカフェも多くあり、歩いているだけでさまざまな発見ができる散策にぴったりの場所でもあります。おしゃれなカフェで有名なゲイシャ種のパナマコーヒーを楽しむのもおすすめの過ごし方です。

カスコ・ビエホ
住所: Casco Viejo Panama city

パナマのおすすめ観光スポット④パナマ・ビエホ

カスコ・ビエホと共に世界文化遺産に登録されたパナマ・ビエホは、パナマシティの東に位置する歴史あふれる建造物群がある地域です。1519年にスペインが最初に建設した最初の植民都市だったのですが、その後英国の海賊であるヘンリー=モーガンによって破壊されてしまい、都市としての機能を失った経緯があります。

元々はスペインへ物資などを送るために栄えていた都市だったパナマ・ビエホには、その当時の歴史を知ることができる博物館が隣接されており、見どころの1つでもあります。破壊された街並みを見る前に、博物館でどんな街だったのか見てから巡るとより好奇心が惹きたてられるでしょう。

パナマ・ビエホ
住所: Vía Cincuentenario, Panamá
電話番号:+507 276-8325
営業時間:8:00~17:00
定休日:月曜日

パナマのおすすめ観光スポット⑤メトロポリタノ自然公園

パナマシティより車で10分程度でいくことができるメトロポリタノ自然公園は、世界で見ても最も都市から近い熱帯保護林といわれています。公園内からは都市の摩天楼をはじめとするビル群が見えるなど、パナマらしい自然と都市の対照的な情景を目にすることができます。

様々な熱帯雨林に彩られた遊歩道をすすんでいくと、今までみたことないような他種にわたる蝶や鳥との出会いがあります。それだけでなく、ナマケモノが木の上や遊歩道を歩いている姿を見ることもできるのがメトロポリタノ自然公園の楽しさの1つです。

メトロポリタノ自然公園
住所: Avenue Juan Pablo II final, Panama City 0843-03129, Panama
電話番号:+507 232-5552
営業時間:6:30~16:30
URL:Metropolitan National Park

パナマのおすすめ観光スポット⑥ダリエン国立公園

ダリエン国立公園は世界自然遺産に登録されている国立公園で、コロンビアとの国境近くに位置するひときわ優れた自然を有する場所です。動植物の宝庫とされるダリエン国立公園では、パナマジャガーやグリーンイグアナなどをはじめとする絶滅危惧種の動物が保護されており、ハチドリやハーピーイーグルなどの野鳥の宝庫としても知られています。

植物は1000種を超えるランが熱帯雨林のなかに生息しており、こうした多岐にわたる自然環境や、さらなる動植物が発見できる可能性をまだまだ秘めていることなどが注目され、世界遺産に登録されました。

ダリエン国立公園
住所: Province of Darien, Panama
電話番号:+507 232-5552
営業時間:8:00~16:00
URL:Darien National Park

パナマのおすすめ観光スポット⑦コイバ国立公園とその海洋特別保護地域

中央アメリカ最大の島であるコイバ島と38の島々、その周辺海洋生態系は2005年に登録されたパナマの世界自然遺産の1つです。世界遺産の範囲は非常に広大で、海域面積約4000平方キロメートル、陸地面積約550平方キロメートルもの広さが登録されています。

湾内にあることで、エルニーニョや冷風などの影響を受けないことから独特の生態系を育み、この島でしか目にすることのできない動植物にあふれた、生物多様性の保全において重要な場所とされています。サンゴ礁に囲まれたコイバ国立公園では、スキューバダイビングやシュノーケルなどの体験もでき、美しい海を堪能することができます。

コイバ国立公園とその海洋特別保護地域
住所:Isla de Coiba, Panama
電話番号:+507 998-4271
営業時間:8:00~16:00
URL:Coiba National Park

パナマのおすすめ観光スポット⑧バイオダイバーシティミュージアム

パナマシティの中で最もユニークな建物といっても過言ではないバイオダイバーシティミュージアム、通称Biomuseoは世界的に有名な建築家であるフランク・ゲーリーが設計したカラフルな建物です。フランク・ゲーリーが設計した建築物は中南米では唯一ここのみで、建築ファンは特に外せませんね。

建物のユニークさはもちろん、今日のパナマにおける自然界との関わりや、どれだけ多様な生物・植物たちがパナマに生息しているかを知ることができるスポットとして人気の場所です。言うまでもなく、フォトジェニックな写真が撮れるのもおすすめしたい点でもあります。

バイオダイバーシティミュージアム
住所:Calzada de Amador | Building 136, Apartado 0843-02931, Panama City 0801, Panama
電話番号:+507 830-6700
営業時間:火 - 金 10:00 - 17:00
     土 - 日 10:00 - 18:00
定休日:月曜日
URL:Biomuseo

パナマのおすすめ観光スポット⑨ベアクリークフィーラインセンター

ネコ科の動物のみを取り扱っている珍しいスポットとして人気のベアクリークフィーラインセンターは、ネコ好きにはたまらない癒しのスポットです。絶滅危惧種を含む24種ものネコ科動物が保全されているセンターでは、パンサーなどの大きなネコ科動物とふれあうこともでき、普段近づくことのできない動物との出会いは貴重な体験になること間違いなしです。

動物たちはフレンドリーなスタッフたちに大切に育てられているので、のびのびとリラックスした状態で生活しています。こちらを訪れるには必ず事前に予約する必要がありますので、公式ページを確認してから行くようにしましょう。

ベアクリークフィーラインセンター
住所:8822 Tracy Way, Panama City, FL 3240
電話番号:+1 850-722-9927
URL:Bear Creek Feline Center

パナマのおすすめ観光スポット⑩ボカス・デル・トーロ

パナマの北西部に位置する、大自然を満喫することができるボカス・デル・トーロはカリブ海に面したパナマ屈指の人気リゾート地です。7つの島で構成されており、中には無人島もあったりと観光客に人気のスポットです。

1番人気の島は無人島であるサパティージャ島です。この島ではイルカウォッチングや透明度の高い海でのシュノーケリングなどのツアーがあり、多くの観光客を魅了しています。

自然はもちろんボカス・デル・トーロいちのビッグタウン、ボカスタウンではショッピングやローカルの食事、加えてナイトライフまでもが楽しめる賑やかな場所も人気スポットの1つです。

ボカス・デル・トーロ
住所:8822 Tracy Way, Panama City, FL 3240
URL:Bocas del Toro

パナマのおすすめ観光スポット⑪ボルカン・バル国立公園

ボルカン・バル国立公園はバル火山を中心とした高原リゾート地で、バル火山は高さ3474mのパナマで最高峰の山でアクティビティシーンにおすすめのスポットの1つです。トレッキングを楽しみながら高山植物と出会えたり、ジャングルツアーやウォーターラフティングなどのアクティブな体験ができたりとお楽しみが満載です。

年中を通して温暖な気候のパナマですが、山の中はとても涼しく、山頂などでは0度を下回る場合もあります。訪れる際はマウンテンパーカーなどを用意していくなどし、十分な準備をしていきましょう。

天気の良い日の山頂からの景色は圧巻で、きっと忘れられない思い出になること間違いなしです。

ボルカン・バル国立公園

住所:Boquete, Panama
電話番号:+507 6624-0577
URL:Volcan Baru

パナマのおすすめ観光スポット⑫パナマのカリブ海側の要塞群

カリブ海側要塞群は1980年に世界文化遺産に登録された、パナマの世界遺産の中でも一番最初に登録された場所です。要塞群が残されているポルトベロは「美しい港」という意味を持ち、ペルーやボリビアなどスペインが征服した国々からの金銀財宝のもちだす港として大いに栄えていた都市でした。

栄えた代償に海賊から狙われる場所になってしまったポルトベロは、襲撃に備えるために5つの強靭な要塞を備えたのですが、それをもってしても海賊からの襲撃には耐えることはできず、街は滅びてしまいました。

当時の情景が目に浮かぶような歴史ある跡地では、数百年前の大砲が残されているなど、想像力や好奇心がかきたてられるスポットです。

パナマのカリブ海側の要塞群
Portobelo

パナマのおすすめ観光スポット⑬サン・ロレンソ要塞

チャグレス川の付近にある、ポルトベロの要塞群の1つであるサン・ロレンソ要塞は丘の上に建てられています。ポルトベロの街中にある要塞とは少しちがい、一帯がジャングルと紺碧の海の大自然に囲まれているので、同時に自然が楽しめるのもポイントです。

丘の上にポツンと佇むこの要塞は、なんともいえない歴史的雰囲気を感じることができるスポットで、数々の要塞の中でもサン・ロレンソ要塞は比較的きれいな状態を保ったまま残されています。

サン・ロレンソ要塞
Fort San Lorenzo

パナマのおすすめ観光スポット⑭サン・フェリペ教会

ポルトベロにあるこの教会では、真っ白な外観とは真反対の奇跡を起こす黒いキリスト像が祀られていることで有名です。このキリスト像は未だ謎が多く、どこで作られ運ばれたのか、いつ作られたかなど正確には分かっていないようですが、ポルトペロは黒人が多く住んでいることから、黒いキリストになったのではと言われています。

現在でも毎年10月中旬には行者の行進の日とされ、約100kmもある長い道のりを熱心な信者たちが自分たちの足で、時には這ってなどして行進する祭りがあります。所々ジャングルになっているような道や未舗装の道を裸足で歩くこの祭りは、荒行であることでも有名で、時には傷だらけになりながら行進している人もいます。

サン・フェリペ教会
住所:Iglesia San Felipe de Portobelo Colón Panama

パナマのおすすめ観光スポット⑮サンブラス諸島

カリブ海1のリゾート地と言っても過言ではないカリブの宝石であるサンブラス諸島は、約350もの島から成ります。先住民族のクナ族の人々が島内で生活しており、昔からの歴史ある文化や生活習慣を垣間見ることができるスポットとしても人気で、鮮やかな彩の伝統衣装モラからつくられたポーチや小物はお土産にもぴったりです。

歴史ある文化はもちろん、言葉を失うような透明度の高い青い海は、言うまでもなく目に焼き付く素敵な光景です。シュノーケリングやスキューバダイビングなどで、ここにしか生息していない海の生き物とのふれあうことによって、自然の中で生きる素晴らしさを味わえること間違いなしです。

また、運が良ければ野生のイルカと一緒に泳ぐことができるかもしれません。

サンブラス諸島
住所:San Blas Islands
URL:San Blas Islands of Panama

<下に続く>

カリブ海や世界遺産が絶景!パナマのおすすめ観光名所&スポットまとめ

大自然とモダニズムが融合したパナマは、ここでしかできないさまざまな体験をすることができる国です。美しい海と山の大自然に癒され、スペインの植民地時代のコロニアルな建物から歴史を学べるなど、多岐にわたる楽しみ方が魅力です。

日本ではまだまだ観光地としての知名度は低いパナマですが、見どころ満載のこの国で、忘れられない思い出をつくりに是非訪れてみてください。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line