どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/11/23

メキシコ在住歴3年の駐在員がおすすめ!メキシコシティの人気観光地19選

中南米で最も人気のある都市といっても過言ではないメキシコシティ。
色鮮やかで華やかなラテンの雰囲気から、古い歴史を感じられる遺跡、そして宗教観や独自の文化を大事に残しているメキシコシティは日本と異なる情景をのぞける観光スポットでもあります。
今回はそんなメキシコシティの観光の魅力やおすすめの観光スポットをメキシコシティ在住歴3年の駐在員、mahbowさんにお聞きしました!
メキシコシティ旅行に行かれる方や興味のある方は必見です。

Large %e3%83%a1%e3%82%ad%e3%82%b7%e3%82%b3%e3%82%b7%e3%83%86%e3%82%a31
本記事のコメンテーター

メキシコシティの基本情報と観光の魅力

メキシコシティ

中南米の最大の都市とも言われるメキシコシティ。
名前の通りメキシコ共和国の首都で、ラテンアメリカの代表する経済都市とも言われています。

アステカ王国の面影からスペイン征服時代の名残、そしてメキシコ独立の3種の文化が今もなお見ることができるメキシコシティは、陽気で明るいラテンの雰囲気と合わせて歴史を感じられる楽しみ要素の多い都市として可能に人気です。
日本とは異なるラテンの文化をメキシコシティ観光中は、たくさん発見できることでしょう。

メキシコシティ在住歴3年のmahbowさんだからこそわかる観光の魅力は?

A.人々の明るい性格が作り出す素敵な文化が魅力的!

mahbowさんのコメント
メキシコの人々は根が優しく、陽気で明るい性格です。
だからこその文化であったり、素晴らしい芸術品に出会える素敵な国です。

危険ばかりを謳うネット情報に囚われず、豊かな国民性、文化を味わいに訪れてみてください!
ユネスコ無形文化財にも選ばれたメキシカンは絶品ですよ。

<下に続く>

在住歴3年の駐在員が厳選!メキシコシティのおすすめ観光地10選

ここでは在住歴3年の駐在員mahbowさんが厳選した、メキシコシティのおすすめ観光地をご紹介します。
ここで紹介する観光地は以下の10つです。

  1. テオティワカン
  2. テンプロ・マヨール
  3. ベジャス・アルテス宮殿
  4. チャプルテペック城
  5. シウダデラ市場
  6. ルイス・バラガン邸と仕事場
  7. 人類学博物館
  8. コヨアカン市場
  9. バザールサバド
  10. ローマ地区

それではそれぞれの観光地を詳しく見ていきます。

テオティワカン

テオティワカン(監修者提供)
テオティワカン(監修者提供)

テオティワカンのおすすめポイント!

mahbowさんのコメント
壮大な遺跡群から2千年の歴史とエネルギーを感じるパワースポット!
メキシコシティを代表する定番観光スポットです。

テオティワカンとは西暦紀元前後に初めて都市として成立し、周辺の地域へも大きく影響を与えた文明のこと。
テオティワカン遺跡群は広大な敷地に広がっており、そのスケールも見どころのひとつです!

メインゲートから入場すれば、生贄となる人々が歩いた「死者の大通り(calle de los muertos)」を通ってピラミッドへ向かう事ができます。

そして高さ65mの「太陽のピラミッド」(pirámide de sol)と高さ47mの「月のピラミッド」(pirámide de luna)には、登る事をおすすめします!
世界に残されているピラミッドでも、登頂できるものは少なく、特に太陽のピラミッドからの眺めは遺跡群が一望でき圧巻です!

日除けが一切ないため帽子や飲み物をお忘れなく。
巨大な遺跡群は普通のカメラでは収まりきらず、広角機能搭載のカメラがあるとベストです!

古代都市テオティワカンは世界文化遺産にも登録されている、古代メソアメリカの都市国家の広大な遺跡。
その歴史は紀元前2世紀~6世紀にまでさかのぼり、文字による記録がないためその全貌は未だ明らかにはなっていません。

そんなテオティワカンの中でも、太陽のピラミッドは、テオティワカン最大の歴史建造物です。
建てられたとされるのはなんと200年頃とされており、ピラミッドの形状を綺麗保ったままメキシコシティに残っているから驚きです。

こちらのメキシコシティのピラミッドは、頂上まで立ち入ることができるので、そこからの景色もまた観光におすすめのポイントです。
上から見渡すメキシコシティの景色や風を感じて、観光時は王様気分を味わえることでしょう。

また、月のピラミッドもテオティワカンで太陽のピラミッドに次ぐ二番目に大きな遺跡。
月のピラミッドから太陽のピラミッドを見るのもおすすめです。

テオティワカン

テンプロ・マヨール

テンプロマヨール(監修者提供)
テンプロマヨール(監修者提供)

テンプロ・マヨールのおすすめポイント!

mahbowさんのコメント
スペイン人が整地した市街地に突如現れる遺跡群!
メキシコシティの観光名所としても有名なソカロ広場。
大きな教会の真裏に突如現れるのがテンプロマヨールです。

アステカの中心都市テノチティトランの中心にあった神殿が、スペイン人の侵略により破壊され新たに教会が建てられたのち、1978年に発掘作業が開始され出現しました。
スペイン様式の街並みに突如として現れる遺跡群は、メキシコが歩んできた歴史を感じさせます。

またソカロ広場周辺には観光スポットも目白押し
たっぷりと時間を使って散策しましょう!
ソカロ広場を見下ろせるレストランも沢山あり、食事やティータイムを楽しんでみるのも良いでしょう!

沢山の人々が行き交うセントロ地区は、スリ等が多発するため、開け辛いカバンを肌身離さずしっかりと持ちましょう!
声をかけられた隙に取られる事もありますので、十分警戒して下さい。

メキシコといえばやはり遺跡や神殿の観光は見逃せませんよね。
メキシコシティにも歴史を感じられる数々の人気観光スポットがあり、テンプロ・マヨールはその一つです。

アステカ王国時代のテノチティトランという中心都市にあったこの神殿は、16世紀ごろのスペイン人の侵略によって破壊されてしまいましたが、その後の発掘作業によって歴史が解明されてきました。
メキシコシティへ訪れたら、その歴史を感じられる観光地へはマストで訪れたいですね。

テンプロ・マヨール

ベジャス・アルテス宮殿

ベジャス・アルテス宮殿
提供:@mahbow1105

ベジャス・アルテス宮殿のおすすめポイント!

mahbowさんのコメント
精巧な建築技術とメキシコを誇る壁画家のアートが楽しめる場所!

ソカロ広場観光と併せて訪れたいのがベジャスアルテス宮殿。オペラハウスとして1901年に作られた歴史ある建物で、イタリアの建築家によるアール・デコ様式の内装と、アール・ヌーヴォーの外装は目を見張る美しさです。

また内観にはメキシコの有名な壁画家である、ディエゴ・リベラ、ダヴィッド・アルファロ・シケイロスなどの作品も展示されています。

正面にあるショッピングビルを登れば、ベジャスアルテス周辺を一望できるカフェがあり、そちらもおすすめです!

メキシコシティにはさまざまなデザイン様式の建造物が残っており、ベジャス・アルテス宮殿はアール・ヌーヴォー様式の壮観な美しいオペラハウスで観光にも人気です。
日本ではまず見られないようなデザインには圧巻させられること間違いなしの観光スポットと言えます。

メキシコシティのこの宮殿はイタリア人建築家であるアダモ・ボアリによってデザインされ、1900年代初期に流行ったデザインであるアールデコのインテリアも観光の見どころの1つです。

ベジャス・アルテス宮殿

チャプルテペック城

チャプルテペック城(監修者提供)
チャプルテペック城(監修者提供)

チャプルテペック城のおすすめポイント!

mahbowさんのコメント
チャプルテペック公園は広大な敷地に様々な施設が併設された、メキシコシティ最大の公園です。

その広大な敷地には、国立人類学博物館や美術館、動物園などが併設されています。
その中でも必見なのはチャプルテペック城!

スペイン総督用の別荘として建てられましたが、その豪華な作りと、展示される当時の装飾品等をみると心が踊ります。

日曜日は無料開放されていますがとても混雑するため、映える写真を撮ったり、しっかり鑑賞するには平日の来館がおすすめです。

広大な公園を有するチャプルテペック城は、メキシコシティに観光へきたなら外せない人気の観光スポットの1つ。
ここの丘から見渡せるメキシコシティの街並みは非常に美しく、カメラに納めずとも目に焼き付くほどの絶景です。

元はアステカ王国の国王の保養地として建てられたそうで、メキシコシティでのとても長い歴史の代わりを見守ってきたお城は見逃せません。

チャプルテペック城

シウダデラ市場

シウダデラ市場(監修者提供)
シウダデラ市場(監修者提供)

シウダデラ市場のおすすめポイント!

mahbowさんのコメント
メキシコ全土の民芸品が集まるお土産の宝庫!

メキシコには数多くの民芸品があり、その一部は日本で高値で販売されています。
ここシウダデラ市場では、メキシコ全土の民芸品が一挙に集まるメキシコシティいちの民芸品市場です。

日本でも人気のメルカドバックや、ハンモックバック、その他にも繊細な刺繍が施されたクッションカバーや革製品などが、安価に手に入ります!

同じお店で何点か購入する際には値段交渉も忘れずに!
良心的な店であれば応じてもらえます!

メキシコシティでお土産探しにもぴったりの観光スポット、シウダデラ市場はショッピングにおすすめです。
メキシコらしいカラフルな色合いのアイテムや刺繍など、民芸品や工芸品が揃えられている、メキシコの伝統的な広場で観光客に人気があります。

観光中は目移りしてしまうこと間違いなしの豊富な品揃えに、女子は特に興奮してしまいますよ。

ルイス・バラガン邸と仕事場

ルイスバラガン邸と仕事場(監修者提供)
ルイスバラガン邸と仕事場(監修者提供)

ルイス・バラガン邸と仕事場のおすすめポイント!

mahbowさんのコメント
メキシコが誇る建築家、ルイスバラガンの技法が余すことなく詰め込まれた邸宅!

ルイスバラガンはメキシコが誇る建築家。光や水面を利用し自然を取り入れた様式が代表的です。

ルイスバラガンが終生を過ごしたこの邸宅は、その技法が余す事なく取り入れられ、インスタ映えする事間違いなし!

公式サイトから予約が必要になりますが、日本語ツアーもあるので存分に楽しめます!

建築ファンなら外せない観光スポットの1つ、ルイス・バラガン邸と仕事場は名前の通りルイス・バラガンの自宅兼仕事場です。
さすがは20紀のメキシコを代表する建築家として知られるルイス・バラガンの邸宅とあって、どこを切り取ってもアートになる美しい建築が目を惹きつけます。

外観や内観はピンクやイエローなどメキシカンらしいカラフルな色合いで、メキシコシティの活気を感じられると共に、騒がしくないデザインの調和が心を落ち着かせてくれますよ。

人類学博物館

人類学博物館(監修者提供)
人類学博物館(監修者提供)

人類学博物館のおすすめポイント!

mahbowさんのコメント
貴重で豊富な資料からメキシコの歴史を学べる場所!

国立人類学博物館(museo nacional de antropología )の見所はなんといっても資料の質と数です!
メキシコ各地から出土した本物の出土品の多くが、無防備にもそのまま展示され、こんなにも歴史を身近に感じられる博物館は珍しいでしょう。

特にメキシコの民芸品や衣装、遺跡群に興味のある人はまず最初に訪れる事をおすすめします!

コヨアカン市場

コヨアカン市場(監修者提供)
コヨアカン市場(監修者提供)
コヨアカン市場(監修者提供)

コヨアカン市場のおすすめポイント!

mahbowさんのコメント
メキシコシティのショッピングでおすすめしたいのが、コヨアカンです!
かの有名な画家フリーダカーロが終生を過ごした家や、民芸品市場があります。
シウダデラ市場よりラインナップは少し劣りますがより安価でユニークな民芸品を見る事ができるでしょう。

ローカルなコヨアカン市場には食堂も数多く入っており、メキシコのローカルな食事が楽しめるはずです。
おすすめはサルピコン・デ・レスと呼ばれるトスターダス。
トスターダスとはパリパリに揚げたトルティージャに様々な味付けのサラダを乗せて食べる、ポピュラーな食事のこと。
サルピコン・デ・レスはオリーブオイル、オレガノ、塩で味付けされた、牛肉とレタスのサラダです。

この市場からフリーダカーロ邸や民芸品市場方面へ歩いてみて下さい。
道端で売られる民芸品もとても高品質で可愛いですよ!

バザールサバド

バザールサバド(監修者提供)
バザールサバド(監修者提供)

バザールサバドのおすすめポイント!

mahbowさんのコメント
メキシコシティ サンアンヘル地区にある土曜日限定の民芸品市場バザールサバド。
メキシコで有名なセルビン焼きの直営店があります。
ぷっくりとしたカラフルな絵付けの美しい陶器で、駐在日本人にも人気のブランドです。

土曜日限定なので日程は要注意ですが、絵描きの集う広場などもあり、行って楽しいこと間違いなしの市場です!
Bazaar Saturday

ローマ地区

ローマ地区(監修者提供)
ローマ地区(監修者提供)
ローマ地区(監修者提供)

ローマ地区のおすすめポイント!

mahbowさんのコメント
メキシコ最先端のお洒落が楽しめる、若者の街!
メキシコシティ散策において、一番おすすめしたいのがローマ地区。
お洒落な若者が集い、メキシコ最先端のファッションや文化が楽しめるエリアです。
美味しいレストランも数多くあり、何度訪れても楽しめる街と言えるでしょう。

おすすめは「コリマ」(colima)という名前の道。
この道沿いにはファッショナブルなセレクトショップや素敵なレストラン、バザーが多数あります。
フォトジェニックな街並みで、素敵な写真を撮影されてみるのも良いでしょう。

バザーは週末開催のため、土曜日の訪問がベストです。
<下に続く>

メキシコシティのおすすめ観光地9選

観光

ここでは先ほど紹介しきれなかったどこいく編集部がメキシコシティ観光でおすすめするスポットを9つご紹介します。
ここで紹介する観光地は以下の9つです。

  1. グアダルーペ寺院
  2. 国立宮殿
  3. ソウマヤ美術館
  4. アラメダ・セントラル
  5. 三文化広場
  6. 革命記念塔
  7. シックスフラッグス・メキシコ
  8. アナワカリ博物館
  9. フランツ・マイヤー美術館

それではメキシコシティのおすすめ観光地を、それぞれ詳しくみていきます。

グアダルーペ寺院

ローマカトリックの教会であるグアダルーペ寺院は、メキシコシティにあるメキシコの国立神社としてグアダルーペの聖母像が祀られている宗教的にも重要な場所でありながら、観光にも有名なスポットです。
キリスト教の三大奇跡といわれている中の1つ、聖母が現れたとされる神聖な場所としても名が知られています。

褐色の肌に緑のマントを羽織った聖母マリア像は、なんとも神秘的で力がいただけそうです。
メキシコシティへ観光に来たなら拝んでみてくださいね。

国立宮殿

メキシコシティにある世界遺産の1つ国立宮殿は、メキシコが独立した際の舞台ともなった歴史ある観光スポットです。
独立記念日にはこの国立宮殿で大統領が「ビバ!メキシコ」と叫ぶのだそう。

メキシコシティに観光へ来たのなら、メキシコのアイデンティティを感じられる国立宮殿の壁画は見逃せませんよ。
数々の芸術品も展示されており、メキシコシティ観光中はそちらと合わせてメキシコの歴史を感じましょう。

ソウマヤ美術館

建築&アート好き必見、メキシコシティで近代建築と近代美術に関する観光を楽しむなら、このソウマヤ美術館は外せません。
メキシコシティに1999年に現れたこちらの美術館、なんといってもユニークな外観が目を惹きます。

こちらに展示されている品々は、世界1の大富豪ともいわれたソウマヤ夫人のコレクションだそうで、世界一の富豪の暮らしぶりが実感できるメキシコシティの観光スポットでもあります。

ソウマヤ美術館

アラメダ・セントラル

街歩きや歴史探索だけでなく、メキシコシティへ観光にきたならのんびりとできる美しい公園も必須の観光スポットです。
アラメダ・セントラルは1592年につくられた、アメリカで最も古い歴史のある公園ともいわれています。

のんびりと寛いでいる人もいれば、踊ったり歌ったりしている人がいたりと、メキシコシティの人々の陽気さが感じられる観光スポットでもありますよ。

三文化広場

メキシコシティの歴史の移り変わりが一目で感じられる観光スポット、三文化広場はメキシコシティへ訪れたなら足を運んでほしい観光地の1つ。
メキシコシティの三文化広場と呼ばれる云われは、アステカ時代を象徴するアステカの遺跡、そしてスペイン征服時代のサンディアゴ教会、そして現代のビル群がこの広場からメキシコシティの時代の移り変わりを見るできることから名づけられました。

メキシコシティが時代を重ねるにつれて、さまざまな変化を遂げてきたことが感じられる、なんとも不思議な感覚を観光時に味わう事ができますよ。

革命記念塔

メキシコシティに建てられた革命記念塔は、名前からも推測できますが、メキシコ革命を記念して建てられたメキシコシティのランドマークとして人気の観光スポットです。
アールデコ調の荘厳な記念塔は、重厚な造りでありながら華やかさも感じられる、ランドマークとして相応しいといえるデザインが特徴的。

記念塔は展望台にもなっており、多くの観光客がこちらからメキシコシティを眺めに訪れています。
夜にはライトアップされるなど、どの時間帯に観光に来ても楽しめるのでおすすめです。

シックスフラッグス・メキシコ

ファミリー旅行や長期滞在者におすすめのシックスフラッグス・メキシコは、ラテンアメリカ最大級のテーマパークです。
絶叫マシンが大好き!という方はマストで訪れるべきのこちらの人気観光スポットは、世界最恐とも名高いジェットコースターが人気。

目玉のジェットコースターは4種類あり、どちらも個性豊かな絶叫を味わうことができます。
メキシコシティ観光でアドレナリンを大放出するなら、この観光地に足を運びましょう。

アナワカリ博物館

重厚な佇まいが特徴のアナワカリ博物館は、メキシコシティでラテンアメリカの文化を知れる人気の観光スポットです。
こちらに展示されている古代の遺物の品々は、メキシコ壁画界の巨匠とも言われるディエゴ・リベラによって収集されました。

アナワカリ博物館ではさまざまな展示イベントが開催されており、「死者の日」の展示がメキシコシティ観光におすすめイベントです。

アナワカリ博物館

フランツ・マイヤー美術館

メキシコシティへ来たら芸術を感じるのも観光時には忘れてはいけません。
こちらの美術館は、ドイツ人のフランツ・マイヤーのコレクションが展示されており、メキシコの陶器や家具・彫刻などのさまざまなジャンルのラインナップで見る人を飽きさせません。

メキシコのイメージはカラフルな色合いが強いですが、こちらの美術館に展示されているのは、シックな色合いのメキシコデザインのものが大半を占めており、メキシコシティの新たな側面を発見できるのではないでしょうか。

フランツ・マイヤー美術館
<下に続く>

メキシコシティ観光で便利な交通手段

観光バス

Q.mahbowさんがメキシコシティ観光でおすすめする交通手段は何ですか?

A.Uberや観光周遊バスがおすすめ!

mahbowさんのコメント
メキシコシティではUberが有効です。
最近はUberアプリ連動のレンタル電動自転車もありますので、シティ内の行動は活用するのがベストだと思います。

また観光にはtribusという観光周遊バスもありますので、お得に色々な場所を周りたい方にはおすすめです。

メキシコシティには上記にご紹介した観光スポットに加え、まだまだたくさんの見どころ観光地が点在しています。
観光地間をを移動する際に、流しのタクシーに乗るのはトラブルの原因になることも。
Uberのアプリを使えば安全なタクシーを呼べるのでおすすめです。

王道を簡単に周りたい、という方には観光バスのTuribus(トゥリブス)がおすすめです。
バスのルートは1日ツアーのものからシティのメイン観光地を巡るルートなど、自身に合った観光ルートが必ず見つかるはず。
公式サイトでルートや価格をチェックしてみてはいかがでしょうか。

Turibus
<下に続く>

メキシコシティの治安は?夜に観光しても大丈夫?

治安

mahbowさんのコメント
メキシコシティの治安は日本に比べ、確かに良くはありません。
しかし、犯罪の多くは貧しさからくるもの。お金さえ渡せば命は助かるケースばかりです。
日本の犯罪より回避方法が明確だと言えます。

私たち駐在員の心得としては

・流しのタクシーに乗らない
・危ないエリアに立ち入らない
・無闇に夜間行動しない
・手荷物や周囲は警戒する
・華美な身なりにしない
・盗られても追わない抵抗しない

ということを徹底しています。

陽気で明るいイメージがあるので、メキシコシティならそんなに治安も悪くない、と思われがちかもしれませんが、残念ながらメキシコシティの治安はあまり良くありません
特にメキシコシティでは観光客を狙った強盗などの犯罪が多く、事件に巻き込まれる観光客も少なくありません。

大きい荷物を持った観光客などを狙う人も多いため、夜にメキシコシティの観光やホテルまでの移動などを行うのはなるべく避けたいところ。
どうしても夜に観光や外出の用があるなら、タクシーを利用しましょう。

\メキシコシティの治安について詳しく知りたい方はこちら!/
メキシコシティの治安!最悪エリア&観光で気をつける対策7選!【治安の前に】メキシコシティはどんな場所? メキシコシティはメキシコの首都であり、メキシコの...

<下に続く>

治安の他には?メキシコシティ観光で気を付けること!

注意

標高の高いところに位置するメキシコシティは、大きな都市にも関わらず富士山5合目と同様の高さです。
日本人観光客にとっては少し不慣れな環境でもあり、高山病などにも注意したいところでもあります。

水は食事に関しても気をつけたい点がいくつかあり、特に注意したいのはメキシコシティでは水道水は基本的に飲めません。
メキシコシティでは屋台も各所にありますが、そちらでの食事も100%安全が保障できるレベルではないことを観光中には念頭に置いて注意してお食事を楽しんでください。

また、メキシコシティ観光時に心掛けておきたいポイントがチップの支払いです。
日本人にとってチップはあまり馴染みがないのでつい忘れてしまいがちですが、メキシコシティはチップ文化がるので支払いの15%程度のチップを渡しましょう。

<下に続く>

メキシコシティの観光で歴史と文化を体験しよう!

まとめ

メキシコシティにはさまざまな分野の観光スポットが数多くあり、時間がいくらあっても足りないほど、といっても大げさではないほど見どころたくさんの観光地です。
メトロポリタン化してきている都市ながらも、メキシコシティには古くからの歴史あふれる観光スポットや近代のものまでと、時代の移り変わりを肌で感じることができますよ。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line