どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/02/07

ロンドンには国際空港が6つ!空港から市内へのアクセスや免税店は?

ロンドンは世界でも有数の移民の数が多い国際都市です。
それに加えて近年のテロの増加に伴い入国検査が厳しくなってきているのは事実です。

だからこそロンドンの空港ではこの点でストイックに検査をすることが義務となり思わぬ時間を取られることがあります。
それでも世界で有数の歴史ある大都市で多くの機会で利用するからこそ正確な情報はしっておきたいものです。

旅行者が必要とするロンドンの空港情報をお伝えします。

Large samuel zeller 28771 unsplash  1

【空港の前に】ロンドンの基本情報

ロンドン市街

ロンドンは世界3大都市の一つとして数え上げられています。
ニューヨークと同じく世界の金融センターとして重要な役割を担っています。

イギリスのポンドが強いわけもうなずけますが、金融だけでなくスポーツ、芸術、音楽、ファッションなどの世界においても大きな影響があるゆえに観光客やビジネスマンありとあらゆる分野の著名人が集う都市でもあります。

<下に続く>

ロンドンには国際空港が3つもある!

国際空港

ロンドンはシティ・オブ・ロンドンと呼ばれる地域が都市の範囲とされていますが、ロンドンには国際空港が3つあります。

それらを含め6つの空港が主要な空港として数え上げられ、プラス2つの空港がロンドンの名を使用していることから合計8つの空港があるということが分かります。

そのうち規模が比較的大きい国際空港は3つであり、それ以外にも国際線を有する有効は合計6つもあります。

一つの都市に国際空港が6つも集中しているのは稀なことです。

ここでロンドンの6つの空港をご紹介します。

ロンドンの国際空港:ロンドン・ヒースロー空港

ロンドン最大規模の空港で利用者数も一時世界一の数を誇るほど人が集まる空港で集旅客数は今も健在です。

ターミナルは5つもあり建物自体は4つで構成されターミナル1と3が同じ棟にありターミナル間の移動にも航空内を走るヒースローエクスプレスやピカリー線といったレールを使用する必要があります。

ロンドンに行くならこの空港を使用することが多く前もって情報を手に入れておくことは旅をスムーズに実行するためにも必然といえる。

ヒースロー空港の乗り継ぎや市内への行き方!各ターミナル免税店や設備も【空港の前に】ヒースロー空港があるロンドンってどんな街? ヒュースロー空港は、イギリスのロン...

空港コード:LHR(IATA)、EGLL(ICAO)
位置:イギリス 〒TW6 ロングフォード

オフィシャルサイト:ロンドン・ヒースロー空港

ロンドンの国際空港:ロンドン・ガトウィック空港

ロンドンにて第二の地位にある空港ともいえる国際空港で、LCCを使わないでヨーロッパ圏内を旅するならこの空港を使用する頻度は間違いなく多いと言えます。

ターミナルは二つ北と南に分かれておりそれぞれのターミナルの間は空港トランジットにて繋がっているので問題なく行き来が可能です。

全体的にバリアフリーでありターミナルと搭乗口を結ぶ大きな陸橋もあって最新の空港を楽しめます。

空港コード:LGW(IATA)、EGKK(ICAO)
位置:Horley, Gatwick RH6 0NP イギリス

オフィシャルサイト:ロンドン・ガトウィック空港

ロンドンの国際空港:ロンドン・ルートン空港

ヒースロー、スタンステッドまたガトウィックの空港と比べると小さめサイズの空港で何だかバスターミナルのような雰囲気もある空港です。

アクセスの点で他空港ほどの充実度はないために十分な情報を取っておくことをおすすめしたい空港です。

空港コード:LTN(IATA)、EGGW(ICAO)
位置:Airport Way, Luton LU2 9LY イギリス

オフィシャルサイト:ロンドン・ルートン空港

ロンドンの国際空港:ロンドン・スタンテッド空港

ロンドン・スタンステッド空港は多くのヨーロッパLCCが就航する航空でLCCによって使用頻度が高いため規模はそこそこ大きい空港となっています。

ロンドン北部の海外への出入口として交通機関の重要な役割を担っているためロンドン市内へのアクセスも便利な空港です。

空港コード:STN(IATA)、EGSS(ICAO)
位置:Bassingbourn Rd, Stansted CM24 1QW イギリス

オフィシャルサイト:ロンドン・スタンステッド空港

ロンドンの国際空港:ロンドン・シティー空港

ロンドン市内に最も近いところに位置する空港で、ロンドンにて働くビジネスマンにとっては最高の空港です。
市内に地下鉄で移動が可能でロンドンウォーターフロント開発ドックランズに空港があります。

それでロンドンのビル群カナリーワーフの夜景も見ながら飛行機の乗り降りが見られるのは近未来的な感じもします。
一度は使ってみたい空港です。

空港コード:LCY(IATA)、EGLC(ICAO)
位置:Hartmann Rd, London E16 2PX イギリス

オフィシャルサイト:ロンドン・シティー空港

ロンドンの国際空港:ロンドン・ビギン・ヒル空港

Olympicの歳に交通整備が進められて完成された感のある空港で、基本的には小型機のみの就航就航でLCCを利用した時にはお世話になる可能性もある空港です。

ただ空港の規模が小さくとも国際線として利用されているのでロンドン・ビギン・ヒル空港の情報を取得することに損はありません。

空港コード:Main Rd, Biggin Hill, Bromley TN16 3BH イギリス

位置:
オフィシャルサイト:ロンドン・ビギン・ヒル空港

<下に続く>

イギリスで最大規模のロンドン・ヒースロー空港!

ヒースロー空港

2103年には世界最大数の国際線利用者数を誇る国際空港でイギリスの航空会社British Airwaysのハブ空港として利用されている。

ヨーロッパの中でも規模がフランス・シャルルドゴール空港やドイツのフランクフルトと並び最大級の大きさを誇る空港です。

イギリスに来るならまずこの空港を利用される方が多いはずです。
しかし、アクセスや入国手続き等の問題で何かと話題になっている空港。

ターミナルも5まであって、ターミナル間の距離もそこそこあります。

無駄なストレスを無くすためにも前もってこちらの空港の情報を知っておくことは大切です。

空港設備/施設

ヒースロ空港のメリットは空港の規模に伴う充実した免税店とレストランの数です。

それに加えて各ターミナルの距離があるのがデメリットとされてはいますが、これほどの規模のターミナルは他の空港でもそれほど多くはないのでこの不便さを時間の暇つぶしでターミナル巡りもできます。

レストランには従来のスターバックスのようなカフェに加えてYo!のように日本食も手に入るので日本食が欲しくなったときは容易に手に入るのもありがたいことです。

さらにロンドン市内へのアクセスの充実さは他の航空に比べると格段数が多く充実しています。

どのような交通機関、免税店それにショップがあるか少し列挙されています。

  • 交通:ヒースロー・エクスプレス、ヒースロー・コネクト、地下鉄ピカデリー線、ロンドン・タクシー、バス、レンタカー
  • 飲食: capuccino、cefé NERO、Carluccio’s、Caviar House Oyster bar、Star Bucks、Yo!日本食
  • 宿泊:ヒルトン、マリオネット、シェトラン、ホリデイイン
  • ショップ:アルマーニ、ブルガリ、バーバリー、シャネル、Dior、Harrods、Rolex

ロンドン・ヒースロー空港から市内へのアクセス

では、ロンドン・ヒースロー空港から市内へのアクセス方法をみていきましょう。
ロンドン・ヒースロー空港には、以下のアクセスがあります。

  1. ヒースロー・エクスプレス
  2. ヒースロー・コネクト
  3. ピカデリー線
  4. ロンドンタクシー
  5. バス
  6. レンタカー

続いて、それぞれのアクセス方法について詳しくみていきます。
移動時間の目安と金額はマストでお願いいたします。

ヒースロー・エクスプレス

ヒースローエクスプレスはヒースロー空港ターミナルから出発する鉄道です。
それぞれのTerminal間の移動に便利なだけでなくロンドン市内まで私たちを運んでくれます。

ヒースローセントラル駅(Terminal1、2、3)~パディントン駅

  • 所要時間は15分
  • 片道運賃 スタンダード22ポンド(3180円)、ファーストクラス29ポンド(4192円)
  • 往復運賃 スタンダード34ポンド(4915円)、ファーストクラス29ポンド(7517円)

ヒースロー・ターミナル5駅(terminal5)~パディントン駅

  • 所要時間は21分
  • 片道運賃 スタンダード22ポンド(3180円)、ファーストクラス29ポンド(4192円)
  • 往復運賃 スタンダード34ポンド(4915円)、ファーストクラス29ポンド(7517円)

ヒースロー・エクスプレス・シャトルはヒースローセントラル駅から少し離れたヒースロー・ターミナル駅まで行ってくれます。

  • 所要時間は4分
  • 費用:無料

ヒースロー・コネクト

ヒースロー・コネクトはヒースロー・エクスプレスと補完関係にあるレールでターミナル1,2,3から直接パディントン駅まで送ってくれます。

選択肢が増えるのでヒースロー空港に来られる多くの旅客に対応されています。

  • 所要時間は 25分
  • 費用は€10(1250円)

ピカデリー線

ピカリー線はヒースロー・ターミナル4,5からピカデリーサーカス駅 路線を走る地下鉄です。

地下鉄だからこそ市内の客もロンドン中心部に近づくにつれて使用するので快適さは期待できません。

  • 所要時間は 44分( ピカデリーサーカス駅 まで)
  • 費用は6ポンド(1000円おおよそ)

ロンドンタクシー

ロンドンといえばミニキャブとブラックキャブですが空港各所にタクシー用の乗り場が容易されています。

各ターミナルに乗り場があるので見つけるのは容易ですが、値段は安くはないのでその点は注意しておく必要があります。

  • 所要時間は 1時間( ロンドン市内まで)
  • 費用はブラックキャブ50~70ポンド(7167円~10035円)
  • ミニキャブの場合は35~50ポンド(5016円~7167円)

さらに詳しい情報についてはこちらのロンドンタクシー交通局のサイト(英語)を参考にできます。

バス

  • 所要時間は 1時間~1時間半( ヴィクトリア・コーチステーション まで )*込み具合によって違いはあり
  • 費用:5ポンド(717円)

レンタカー

ヒースロー空港からHertz、Budgetといったレンタカー会社から車を借りることが可能です。
また、割と空港近くにレンタカー(AVISは空港内にあり)があるので便利です。

車の運転に自信がありロンドン市内をに精通している場合はレンタカーのほうが便利な場合があります。

  • 所要時間は 1時間( ロンドン市内 まで )*込み具合によって違いはあり
  • 費用:1日2000~5000円
<下に続く>

イギリスで2番目に大きいロンドン・ガドウィック空港!

大きい空港

イギリス国内で二番目に大きい空港です。
一本の巨大な滑走路をフル稼働させている空港でもあり毎時間50以上も便が利用している忙しい空港でもあります。

旅客数も年間4000万人以上2015年以降超えるほどの規模を持っています。

ターミナルは二つにあって、その間を無料のシャトルバスで往来できるのでヒースロー空港に比べると空港内はとコンパクトで使いやすいです。

また、ロンドン中心部までヒースロー空港に比べると近くてアクセスが良いです。

こちらの空港をロンドンに来ると利用する可能性が十分にあるので正確な情報は必要とされます。

空港設備/施設

ヒースロー空港と同じくショップの充実度では負けないくらいなのがガトウィック空港であってラウンジやレストランも多くあります。

ガトウィック空港のメリットとしては規模はそれほどではないのですべてが近くに揃っているという点ではターミナル内を移動して疲れるということは避けられます。

どれほど充実しているかは下記に列挙されているショップの一覧からも分かります。

  • 交通:ガトウィック・エクスプレス、サザン鉄道、テムズリンク、ナショナルレール、ナショナル・エクスプレスコーチ、レンタカー
  • 飲食:Costa*24時間営業、スターバックス、Caffé NERO、Jamie’s italian、wagamama和食、 Yo!日本食
  • 宿泊:Hamptonヒルトン、Yotelair、Sofitel London Gatwick、Premier Inn、bloc Hotel
  • ショップ: BOSS、Case、Cath Kidston、LACOSTE、Ray Ban
<下に続く>

ロンドン・ガドウィック空港から市内へのアクセス

では、空港からロンドン市内へのアクセス方法をみていきましょう。
以下のアクセスがあります。

  1. ガトウィック・エクスプレス
  2. テムズリンク
  3. ナショナルレール
  4. サザン鉄道
  5. ナショナル・エクスプレスコーチ
  6. レンタカー

続いて、それぞれのアクセス方法について詳しくみていきます。

ガトウィック・エクスプレス

ロンドン・ガトウィック空港からロンドン市内までの移動で最も値段や使いやすさを考えると最もおすすめできる移動手段です。

南ターミナルから販売機にてチケットの購入が一般的な購入方法です。

北ターミナルから無料シャトルで南への移動が可能です。

  • 所要時間は 35分( ヴィクトリア駅まで )
  • 費用:20ポンド(2850円)

*運行時間4:35am~1:35am
*オンラインにて予約しておくなら10%オフ

オンライン予約

テムズリンク

テムズリンクは通勤路線でもあるので値段は比較的安いもののその分時間はかかりますし人も多いのは否めません。

出発は南ターミナルです。

北ターミナルから無料シャトルで南への移動が可能です。

  • 所要時間は 60分( ロンドン・セントパス駅まで )
  • 費用:10ポンド(1420円)

テムズリンク

ナショナルレール

同じく南ターミナルに駅があるので出発地点ですが、購入は自販機かネットでの購入です。

ナショナルレール

  • 所要時間は 45分( ヴィクトリア駅まで )
  • 費用:15ポンド(2140円)

*20分から60分の間に通過、24時間運行

サザン鉄道

南ターミナルに駅があるので出発地点ですが、購入は自販機かネットでの購入です。

南ターミナルに駅があるので出発地点ですが、購入は自販機かネットでの購入です。

ネット購入はナショナルレールのサイトから購入します。

  • 所要時間は 40分( ヴィクトリア駅まで )
  • 費用:15.3ポンド(2180円)

*1時間6本運行、深夜から早朝は1時間に1本

ナショナル・エクスプレスコーチ

Arriveエリアのフロアにチケット購入する場所があります。

北にも乗り口はあるものの数は少なく主に南ターミナルからが多いので南ターミナルから出発することをおすすめします。

もちろん南ターミナルへの無料シャトルバスはあります。

  • 所要時間は 1時間50分( ロンドン市内ヴィクトリア駅まで )
  • 費用:11ポンド(1570円)

*南ターミナル発

ナショナル・エクスプレスコーチ

レンタカー

ガトウィック空港からGOLDCAR、InterRentといったレンタカー会社から車を借りることが可能です。

  • 所要時間は ロンドン市内まで1時間かそれ以上( 交通状況による )
  • 費用:1週間で6500円~20000円
<下に続く>

LCCのハブ空港ロンドン・スタンステッド空港!

LCC

イギリス国内線またはヨーロッパ圏内線ではこちらの空港を使用することが多いはずです。

LCC関連のイージージェットにライアンエアーがハブ空港として使用しており加えて、エア・ヨーロッパやエミレーツ航空も使用しているのでLCC使用にしては大きな空港です。

ロンドン経由でヨーロッパを周回する時に使用する可能性は十分にあるのでスタンステッド空港の情報を取り入れておく必要はあります。 

空港設備/施設

LCC中心の空港とはいえショップの点で充実しているのがこちらのロンドン・スタンステッド空港です。

ただショップの数はそれほど多くはなくターミナル内を楽しみたいという方には期待外れなところはあります。

ラウンジを使用しないなら素朴なターミナルだと感じられるでしょう。

ただ飲食と買い物において最低限の数はそろっているので不便さを感じることはありません。

WiFi無料サービスはあるもののデバイス一つに付き一日一時間までです。

  • 交通:スタンステッドエクスプレス、ロンドンタクシー、イージーバス、Terravision Bus、ナショナル・エクスプレスコーチ、レンタカー
  • 飲食:バーガーキング、The Windmill、Caffé NERO、Est Presso、Leon、プレタ・マンジェ
  • 宿泊:Days Inn Hotel、De Salis Hotel、Novotel、Premier Inn Hotel、Holiday Inn、Radisson Blu Hotel
  • ショップ:BOSS、Boots、Dixons Travel、LACOSTE、Dune London
<下に続く>

ロンドン・スタンステッド空港から市内へのアクセス

では、空港から市内へのアクセス方法をみていきましょう。
ロンドン・スタンステッド空港には、以下のアクセスがあります。

  1. スタンステッド・エクスプレス
  2. イージーバス
  3. ロンドンタクシー
  4. ナショナル・エクスプレス・コーチ
  5. Terravision バス
  6. レンタカー

続いて、それぞれのアクセス方法について詳しくみていきます。

スタンステッド・エクスプレス

リバプールストリートまでの特急列車こちらが一番のおすすめのアクセス方法です。

  • 所要時間は50分( ロンドン・リバプールストリート駅 まで )
  • 費用:7ポンド(2425円)

*オンラインにて予約しておくなら割引

スタンテッド・エクスプレス

ナショナル・エクスプレスコーチ

売り場はArriveエリアにてフロアがあるので直接購入可能です。

  • 所要時間はヴィクトリア駅まで2時間(交通状況に応じて違いあり)
  • 費用:12ポンド(1710円)

*20分ごとに運行 チケット売り場6:00am~13:00pm 乗り場のステーションか運転手からチケット購入も可能(この場合24時間いつでも)

ナショナル・エクスプレスコーチ

レンタカー

スタンステッド空港からGreen Motion、InterRent、Sixtといったレンタカー会社から車を借りることが可能です。

  • 所要時間は1時間半ほど(込み具合による)
  • 費用: 1週間で4000円~14000円
<下に続く>

規模は小さめ。LCCが多く就航するロンドン・ルートン空港!

小さい空港

LCC利用のための空港としてスタンステッド空港以外ではこちらのルートン空港もよく利用されます。

年間での利用者数も1000万人も超えさらに規模を拡大するための計画もあります。

規模は小さくともLCCの利用者が多いのでターミナルはショッピングやカフェなどが充実しています。

こちらの空港をロンドンやヨーロッパ旅行のための一つの選択肢として増やすなら航空券購入のためのオプションの幅は広がります。

空港設備/施設

ショップやATM、レストランなど必要最低限のものはそろっているLCC専用の空港です。

LutonAirPortのWiFiが無料で提供されているのはありがたいサービスです。

  • 交通:イージーバス、ナショナルレール、テムズリンク、イージー・ミッドランド・トレインズ、 ナショナル・エクスプレスコーチ、グリーンライン757系統
  • 飲食:バーガーキング、Food Village、Caffé NERO、Bar des Voyageurs 、The Great British ソーセージ
  • 宿泊:Ibis London Luton、ホリデイイン・エクスプレス・ロンドン、Holiday Inn、Ibisバジェットルートン・エアポート、Courtyard by Marriott Luton、Radisson Blu Hotel
  • ショップ:WH Smith 書店
<下に続く>

ロンドン・ルートン空港から市内へのアクセス

では、ロンドン市内へのアクセス方法をみていきましょう。
ロンドン・ルートン空港には、以下のアクセスがあります。

  1. ナショナルレール
  2. テムズリンク
  3. ナショナル・エクスプレス・コーチ
  4. イースト・ミッドランド・トレインズ
  5. グリーンライン757系統
  6. イージーバス

続いて、それぞれのアクセス方法について詳しくみていきます。

テムズリンク

ガトウィック空港からも通っている路線でテムズリンクは通勤路線です。

人が多いのは否めませんが確実に目的地まで指定された時間に到着できます。

乗車する方法としてはLuton Airport Parkwayと呼ばれる駅まで行ってテムズリンクに乗車します。

テムズリンクのチケット購入時に駅まで行くシャトルサービスが付いていない場合は別途、シャトル代を支払う必要があります。

駅までのシャトル代は1.6ポンドです。

  • 所要時間は50分
  • 費用:15.5ポンド(2210円)

*10分ごとに出発 深夜~早朝は1時間ごと

テムズリンク

イースト・ミッドランド・トレインズ

乗車する方法としてはLuton Airport Parkwayと呼ばれる駅まで行ってイースト・ミッドランド・トレインズに乗車します。

テムズリンクのチケット購入時に駅まで行くシャトルサービスが付いていない場合は別途、シャトル代を支払う必要があります。

駅までのシャトル代は1.6ポンドです。

  • 所要時間は50分 (ロンドン・セントパンクラス駅まで)
  • 費用:15.5ポンド(2210円)

*1時間4本運行

*12週間前に購入するなら割引

イースト・ミッドランド・トレインズ

イージーバス

余計なサービスなしで急行という名目で移動だけしてくれるミニバスです。

車のサイズもいわるゆ少し大きめのバンで移動してくれるもので基本的には中型の荷物一つと身の回り者としての小さめのバッグは入れることはできますがそれ以上は値段がかかります。

基本的にネットでの販売が主流で、それによってソールドアウトされるのでネットで予約することをおすすめします。

  • 所要時間は1時間 (リバプールストリート駅まで
  • 費用:15.5ポンド(2210円)

*9番乗り場
*格安バス オンラインでの購入により2ポンド(280円)もゲットできる。(ただしこの値段は売り切れあり)

イージーバス

<下に続く>

ロンドン市内に一番近いロンドン・シティ空港!

ロンドン市内まで9キロから12キロほどとかなり近いところにある市内に行く方にとっては便利な位置にある空港です。

ただヨーロッパの都市に行く方にとっては利便性の高い空港だが、他の大陸に行く方(NY以外)とは縁の遠い空港です。

ヨーロッパでの移動などで利用するバックパッカーやビジネスマンに有用な空港です。

空港設備/施設

こちらの空港も規模が小さいので最低限のサービスATM、ドラッグストアや免税店などはありますし、WiFi無料サービスもあります。

店としては下記のショップがあります。

  • 交通:DLR、ロンドンメトロ、ローカルバス、ロンドンタクシ、レンタカ、ブルー・エアポート・シャトルバス
  • 飲食:Panopolis、Costa Coffee、Esoressamente Illy
  • 宿泊:Toravelodge London City Airport、Hotel Ibis budget London City、Metro London City Air port
  • ショップ:WH Smith 書店とお土産、Bootsコンビニ、Aspinal of London
<下に続く>

ロンドン・シティ空港から市内へのアクセス

では、ロンドン市内へのアクセス方法をみていきましょう。
ロンドン・シティ空港には、以下のアクセスがあります。

  1. DLR
  2. ロンドンメトロ
  3. ローカルバス
  4. ロンドンタクシー
  5. レンタカー
  6. ブルー・エアポート・シャトルバス

続いて、それぞれのアクセス方法について詳しくみていきます。

DLR

ターミナルから直接乗れます。

DLRは完全無人化によるサービスを実施したレールでもし可能なら試して乗ってみても良い鉄道です。

ロンドン市内にすぐに行けてなおかつ値段もかなり安いロンドン・シティ空港のメリットを最大限に生かした交通手段でもあります。

  • 所要時間は 14分(ストラットフォード駅まで)
  • 費用:4.8ポンド(686円)

ローカルバス

ロンドン・シティ空港はその名にふさわしくロンドン市内に隣接する空港であるために空港専用のバスはありません。

しかし、市内を網羅するローカルバスを使用することができ本数の多さだけでなく値段もかなり安く利用しないわけにはいきません。

手荷物が少ない場合にはおすすめできます。

  • バス473:所要時間は20分(ストラットフォードまで)
  • 費用:1.5ポンド(214円)
  • バス474:所要時間は7分(カンニングタウンまで)
  • 費用:1.5ポンド(214円)

*おおよそ10分毎に運行。

*ただし、ターミナルからルートン・エアポート・パークウェイ駅までシャトルバスを利用します。

その後こちらの473あるいは474バスを利用。こちらのシャトルバスの料金は1.6ポンド(230円)

<下に続く>

小型機がメインの小規模国際空港ロンドン・サウスエンド空港!

小型機

主に小型機のための空港として活用され今も小型機がメインで利用されている空港です。
2012年のロンドンオリンピックによって滑走路自体が大きくなってヨーロッパ圏内での行き来でも活用されるようになりました。

空港の位置はロンドンからは少し遠い位置にあります。
それでも空港とロンドン市を結ぶ鉄道路線が開通しているのでアクセスの問題はありせん。

それにヨーロッパLCCを活用するならこのサウスエンド空港と呼ばれるほどよく用いられるゆえに情報として知っておくことに損はありません。

それに格安の航空チケットをゲットできるならこちらの空港を活用することとは多くなります。

空港設備/施設

かなり小さい空港ですが、最低限のお店はあります。

ただ長時間の待ちはかなりキツイものがあります。

  • 交通:Greater Anglia、シャトルバス、鉄道、ナショナル・エクスプレス・コーチ、ルート7、8、9、ロンドンタクシー
  • 飲食:Bourgee Southend Airport、Arnold & Forbes Cafe Kitchen
  • 宿泊:Skylark Hotel、Holiday Inn、プレミア・イン・サウスエンド
  • ショップ:WH Smith 書店とお土産
<下に続く>

ロンドン・サウスエンド空港から市内へのアクセス

では、ロンドン市内へのアクセス方法をみていきましょう。
ロンドン・サウスエンド空港には、以下のアクセスがあります。

  1. Greater Anglia
  2. シャトルバス
  3. 鉄道
  4. レンタカー
  5. ルート7、8、9
  6. ロンドンタクシー

続いて、それぞれのアクセス方法について詳しくみていきます。

鉄道

Olympicに応じて開通された鉄道です。

空港から直通なのでアクセスの点では最も便利です。

  • 所要時間は55分(ロンドン・リバプール・ストリート駅 まで)
  • 費用:16ポンド(2280円)

レンタカー

サウスエンド空港からレンタカー会社から車を借りることが可能です。

ただ、競合するレンタカー会社がないので値段は割高です。

  • 所要時間はロンドン市内まで1時間半ほど(込み具合による)
  • 費用:1週間で18000円~38000円
<下に続く>

ロンドンの空港にはどんな免税店があるの?免税手続きは?

免税店

A 免税店

ロンドンの空港にはロンドンならではのブランドも扱った多くの免税店があります。

イギリスに来たのでここで英国ならではのスタイリッシュなアイテムを手に入れることもできます。
空港には以下のような免税店があります。

  • Bulgari
  • Chanel
  • Paul Smith
  • Omega
  • Burberry
  • Dunhill
  • Gucci
  • Dior
  • Link of London
  • L.K. Bennett

さらに多くの免税店が存在します。

B 手続き

イギリスでは付加価値税がかかるので、割と購入金額は高めなので驚きです。
実際に、20%もの付加価値税がかかるので驚きだと思います。

それで免税手続きをすることが可能ですが、そのための様々な条件があります。
まずお店に規定されている最低購入金額以上の購入をする必要があり、買ったものはEUの外へ3か月以内に持ち出すことも求められます。

さらに未使用の状態で持ち出す必要もあります。
そしてそれを免税手続きの時に商品を提示することが求められます。

手続き

  1. 購入するお店(タックスフリーショッピング)で必要身分証明書passportを提示し申請書類を作成。
  2. 空港VATの取り扱いコーナーにて作成した書類と商品を税関に見せます。
  3. 承認(スタンプ)を得たなら書類を手続きカウンターにあるポストにて投函します。

*払戻金は現金での還付金、クレジットカードへの払い込み、小切手と3通りあります。
 現金の場合はVATカウンターにて書類提出の時に払い戻されます。
 クレジットには1、2ヶ月後に払い戻されます。

<下に続く>

ロンドンの空港からの移動にも便利!イギリスのブラックキャブはどんなタクシー?

イギリスの伝統ある街に走るタクシーといえばブラックキャブです。
特にロンドンといえばこちらのブラックキャブですが、ただのタクシーではなく意外にも多くのメリットもあります。

まず、ブラックキャブの運転手はまず厳しい試験に合格した有能なドライバーであるというです。

それで、車のお洒落さに相応する運転技術と確かな安心でロンドン市まであるいは市内を移動することが可能です。

ロンドンの町の住み済みを運転手は把握しているので住所さえ伝えれば目的地まで的確に案内してくれます。

ブラックキャブのキャパ自体は5人までとなっています。

TAXIランプがオレンジ色に光っていたら空車であることのしるしとなります。

乗車する手順は以下のような方法があります。

  1. タクシー乗り場:TAX RANKで空港から乗ることも可能です。
  2. 予約もできます。ロンドンタクシー
  3. 料金はメーター制
<下に続く>

イギリスの歴史と英国のプライドを感じ取る

イギリス旅行費用 ベストシーズン

イギリスの空港にたどり着くなら驚くほど国際色豊かな空港であってここが玄関口で小さなイギリスの国へと訪れるビジネスマンや芸術家それに移民の方がお見えになります。

空港だけでも生きている人のパワーを感じることができます。

空港での手続きで苦労することもあり得ます。
しかし、前もって情報を得ておくなら問題を小さくすることができます。

それに旅でのプロセスがうまく行かないことも旅の一部でもあります。
ロンドンはそのような旅の苦労に色をつけることもあります。

だからこそ良い思い出となるために正確な情報をしっかりと自分のものにして旅の醍醐味でもある人との触れ合いを十分に楽しみたいものです。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line