どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/07/06

ナポリの人気観光地15選!おすすめの日数やモデルコース、グルメ

イタリアの美しい景色で有名なナポリですが有名なゲーテの名言があるように、生きている間に一度は訪れたい憧れの街ですよね。
ナポリ発祥のグルメも多く景色だけでなく食事も楽しむことが出来ます。

今回はそんなナポリの人気観光地15選とおすすめの日数やモデルコースさらに、おすすめのグルメをご紹介します。
実際に訪れた方の口コミや感想を掲載!!

Large photo 1517803840554 a6356b0ebe87

死ぬ前に観光しておきたいナポリってどんなところ?

イタリアの国旗
イタリアの南部に位置しているナポリは、イタリア第三の観光都市でもあり「ナポリを見てから死ね。」という言葉もあるくらい美しく魅力たっぷりな観光地です。
ナポリの街には世界遺産にも登録されている建築物や彫刻が多く、工業都市ではありますが自然が豊かなのも特徴で地中海に面したナポリ湾は本当に死ぬ前には観光に来たい場所です。

港町でもあることから新鮮な海産物を使った料理がおいしく、ナポリで育ったトマトは宝石のように美しくマルゲリータなどに使うと鮮やかな赤色が際立ちます。
そして日本のようにはっきりとした四季があり季節ごとに、街並を変えるナポリを見るのも観光の楽しみの一つでしょう。

<下に続く>

ナポリのおすすめ観光地15選【青の洞窟/穴場/お城】

イタリアらしい風景

では、ナポリの観光地をみていきましょう。
ナポリには、以下の観光地があります。

  1. 青の洞窟
  2. カステロ・デル・オーボ
  3. サンテルモ城
  4. ポンペイ
  5. プレビシート広場
  6. スカッパナポリ(旧市街)
  7. サンタ キアーラ教会
  8. ウンベルト1世のガッレリア
  9. ポジリポの丘(サンタルチア港)
  10. ヌオーヴォ城
  11. エルコラーノ遺跡
  12. ドゥオーモ サン・ジェンナーロ
  13. ナポリ国立考古学博物館
  14. サン・カルロ劇場
  15. サンセヴェーロ礼拝堂

続いて、ナポリの観光地を、それぞれ詳しくみていきます。

ナポリの観光地①:青の洞窟

本当に美しく神秘的な青の洞窟は、文句なしでナポリ一のおすすめ観光地であり一番の観光スポットと言えるでしょう。
自分の目で見ると本当に感動しますし、写真でもその美しさは衰えることを知りませんので、一眼レフをお持ちの方は忘れずに持って行きましょう。

ナポリの中ではもちろん世界各国の観光地の中で、生きている間に一度は訪れたい観光名所です。

青の洞窟の口コミ

30代/女性

ハネムーンでイタリア旅行をしたのですが、その中でも一番行きたかったのが青の洞窟です。
行けるかどうか当日までわからないということでかなりドキドキしていましたが、無事に行くことができました。
洞窟の入り口は思っていたよりもだいぶ小さく、船から小さなボートに乗り換えて入っていきます。
それだけでなく、身をかがめないと頭をぶつけてしまいそうなくらい小さいです。
洞窟の中に入ると、一面真っ青で本当に幻想的でした。
ボートはぐるっと一周してくれて、こぎ手の方がおすすめのフォトスポットを教えてくれました。
一回見たら忘れられないくらいきれいな場所でした。
行くことができて本当に良かったです。

30代/女性

2018年4月に初めて訪れました。
新婚旅行のフリー日に選んだカプリ島コースで、観光ガイドブックにあるような洞窟の中での幻想的な風景を見てみたいと思い行きました。
当日は風が強く波が高く洞窟内に入ることができませんでしたが、島一周のクルージングで、青の洞窟の入り口まで近づけたり、島周囲の青い海や独特な山肌などを間近で見ることができました。入れなかったのは残念ですが、とても満足しました。
島の観光や食事も含めて、半日ほどかかりました。
天候に左右はされますが、入れなくても満足できるので、まずは行く価値があると思います。

30代/女性

"一度は見て欲しい景色です。天候によって見れない日が多く見るためには運も必要です。その分見ることが出来たら嬉しさも倍増です。
え?あそこから入るの?という驚きもありつつ、洞窟の中はとてもきれいで感動しました。"

青の洞窟
住所:Via Grotta Azzurra, 80071 Anacapri NA, イタリア
電話番号:+39 081 837 5646
営業時間:9時00分~17時00分

ナポリの観光地②:カステロ・デル・オーボ

イタリアナポリの歴史あるお城の観光地と言えば、といえばカステロ・デル・オーボを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
かなり有名な建物で卵城とも呼ばれ、ナポリの海近くのこの要塞には呪いがかけられており、この卵が割れるときに城もナポリも滅びると言い伝えられています。

城自体非常に大きくインパクト抜群なので、外からまず外観を楽しみさらに中に入りその歴史に触れてみるとさらにナポリが好きになりますよ。

カステロ・デル・オーボ
住所:Via Eldorado, 3, 80132 Napoli NA, イタリア
電話番号:+39 081 795 6180
営業時間:9時00分~18時30分
URL:http://www.comune.napoli.it/casteldellovo/

ナポリの観光地③:サンテルモ城

ナポリの丘の頂上にあることからナポリの街を一望できる観光スポットです。
ナポリのいい所は街だけでなく、美しい曲線の海岸も魅力で海も一緒に眺めることが出来ます。

ここの眺めをさらに美しく見せてくれる観光季節は、やはり春、夏の時期なのでこの時期に観光に来た方はぜひサンテルモ城からナポリを眺めてみましょう。
もちろん秋の紅葉した季節や、雪化粧したサンテルモ城も素敵です。

サンテルモ城
住所:Via Tito Angelini, 22, 80129 Napoli NA, イタリア
電話番号:+39 081 229 4449
営業時間:8時30分~19時30分
URL:http://www.polomusealecampania.beniculturali.it/index.php/il-castello

ナポリの観光地④:ポンペイ

ナポリの観光を考えている人に知らない人はいないであろうボンペイ遺跡は、ナポリ内の人気の観光地1,2を争うの観光地なのではないでしょうか。
ローマ帝国時代の79年、ヴェスヴィオ火山の噴火で埋もれてしまった悲しい過去は今尚遺跡として生き続けています。

周辺にはまだ小さな集落もありますし、ナポリの方は非常にお話好きなのでそちらにも寄ってみてください。

ポンペイ
住所: イタリア 〒80045 ナポリ ポンペイ

ナポリの観光地⑤:プレビシート広場

フェルディナンド1世の騎馬像があるプレビシート広場は雰囲気が非常によく異国情緒抜群な観光地です。
時々映画撮影などもしているようなので運が良ければ、観光時に出会えるかもしれませんし結構広いので大きな写真を取りたい方にもおすすめです。

この広場は世界各国からの観光客も多く、中には結婚式をあげているカップルもいたり多くの人で賑わっています。

プレビシート広場
住所:Piazza del Plebiscito, 80132 Napoli NA, イタリア

ナポリの観光地⑥:スカッパナポリ(旧市街)

こちらの観光地は映画やジブリの世界などでも見たことのある風景でスカッパナポリに実際に観光に来ると、映画など世界の中に入り込んだような感覚になります。
このナポリの下町とも呼べる旧市街は世界遺産にも登録されている観光地で、ぜひゆっくりと街並を眺めながら観光してください。

スカッパナポリ(旧市街)
住所:Vico Paparelle Al Pendino, 13, 80134 Napoli NA, イタリア

ナポリの観光地⑦:サンタ キアーラ教会

中庭の柱がとても可愛く印象的なサンタ キアーラ教会は、第二次世界大戦後、ゴシック様式で再建されて以来多くの観光客に人気があります。
大きな教会ですがゆっくりと見学することができるので、観光の休憩がてら来てみるのもおすすめです。

ぜひマヨルカ焼の遊歩道を歩きメルヘンチックな絵本の中に入り込んだような、体験をしてみてください。

サンタ キアーラ教会
住所:49/c, Via Santa Chiara, 80134 Napoli NA, イタリア
電話番号:+39 081 797 1224
営業時間:9:30〜17:00
URL:https://www.monasterodisantachiara.it/

ナポリの観光地⑧:ウンベルト1世のガッレリア

モザイク画やガラス張りの天井が美しいウンベルト1世のガッレリアは、なんと商店街なのです。
天気のいい日は、お日様の光が明るく差し込みその美しさはきっとインスタ映えすること間違いなしの観光地。

ブランド店なども数多いので観光だけではなく買い物を楽しみたい方はおすすめの観光地です。
しかしブランド品購入後はブランド袋は絶対に持って歩かないように、注意してくださいね。

ウンベルト1世のガッレリア
住所:Via San Carlo, 15, 80132 Napoli NA, イタリア
電話番号:+39 081 795 1111
営業時間:24 時間営業

ナポリの観光地⑨:ポジリポの丘(サンタルチア港)

ポジリポの丘は世界三大夜景の一つであり、死ぬ前にぜひ見たい夜景の一つでもある観光地です。
停泊する船の明かりが非常にいい役割を果たしてくれるおかげで港の夜景が、いっそう美しいものになるのでしょう。
しかし夜は治安が悪いので必ずタクシーを使用して観光することをおすすめします。

ポジリポの丘(サンタルチア港)
住所:Via Felice Minucio - Via Orazio, 80122 Napoli NA, イタリア

ナポリの観光地⑩:ヌオーヴォ城

ヌオーヴォ城は現在市立美術館として使用されており、ナポリ海岸の美しい景色を見たいならここがおすすめの観光地です。
外観はルネッサンス建築で、イタリアらしい作りがかっこいいお城で、外から見るにもおすすめのです。

ヌオーヴォとは新しい(nuovo)を意味し、城(castel)でnuovo castelとイタリア語で言いますが卵城と区別するためにこのような名前がつけられたそうです。

ヌオーヴォ城
住所:Via Vittorio Emanuele III, 80133 Napoli NA, イタリア
電話番号:+39 081 795 7722
営業時間:8時30分~18時30分
定休日:日曜日

ナポリの観光地⑪:エルコラーノ遺跡

ボンペイよりも小さな街だったエルコラーノもヴェスヴィオ火山の大噴火により、無くなってしまった街の一つです。
2000年も前の話ですが当時の豊かさが感じられる遺跡の数々は世界遺産に登録されており非常にロマンを感じる感動的な観光地ですのでボンペイ遺跡だけではなく、ナポリを訪れたのなら是非こちらも観光してみてください。

エルコラーノ遺跡
住所:Corso Resina, 80056 Ercolano NA, イタリア
電話番号:+39 081 777 7008
営業時間:8時30分~18時00分
URL:http://www.ercolano.beniculturali.it/

ナポリの観光地⑫:ドゥオーモ サン・ジェンナーロ

ナポリの守護聖人サン・ジェンナーロの教会で非常に有名な観光地で年に2回お祭りも開催され多くの地元民や観光客で賑います。
しかしお祭りの時はもちろんですが、普段もこの辺りは治安がよくない地域ですので、観光の際は十分に注意してくださいね。

ドゥオーモ サン・ジェンナーロ
住所:Via Duomo, 147, 80138 Napoli NA, イタリア

ナポリの観光地⑬:ナポリ国立考古学博物館

ポンペイ遺跡やエルコラーノ遺跡を観光する前後どちらかに訪れてほしいナポリ国立考古学博物館は、ヴェスヴィオ火山の大噴火後にもまだ形のある絵画や彫刻などが展示してあります。
他にもファルネーゼコレクションが多く展示してありナポリの歴史が勉強できる観光地です。

旅行は観光だけでなくその土地の歴史を知ることのできる貴重な機会なのでぜひ、訪れましょう。

ナポリ国立考古学博物館
住所:Piazza Museo, 19, 80135 Napoli NA, イタリア
電話番号:+39 081 442 2149
営業時間:9時00分~19時30分
定休日:火曜日
URL:http://cir.campania.beniculturali.it/museoarcheologiconazionale/

ナポリの観光地⑭:サン・カルロ劇場

サン・カルロ劇場は使われている劇場では最古の劇場になり1737年から今までずっと現役の、歴史ある劇場です。
その長い歴史の中には数々のオペラなどが公演され劇場内を観光するだけでもいいですが、ぜひ観光時間を調整して、オペラやバレエを観てみてはいかがですか?

サン・カルロ劇場
住所:Via San Carlo, 98, 80132 Napoli NA, イタリア
電話番号:+39 081 797 2331
URL:https://www.teatrosancarlo.it/it/

ナポリの観光地⑮:サンセヴェーロ礼拝堂

サンセヴェーロ礼拝堂は非常に人気の観光地でその理由はクリスト・ヴェラートの存在と言っても過言ではないでしょう。
クリスト・ヴェラートとは大理石で作った、ベールでおおわれたキリストの遺体のことでなぜこんなにも柔らかな質感のベールを、正反対の素材である大理石で表現できるのかと理解に苦しむと思います。

サンセヴェーロ礼拝堂
住所:Via Francesco de Sanctis, 19/21, 80134 Napoli NA, イタリア
電話番号:+39 081 551 8470
営業時間: 9時00分~18時30分
定休日:火曜日 定休日
URL:https://www.museosansevero.it/

<下に続く>

“ナポリの人気観光地15選!おすすめの日数やモデルコース、グルメ”のまとめ

イタリアの風景
太陽の光が降り注ぐナポリは春に観光に訪れると本当に、太陽の輝きが眩しさを増します
そんな街での有名な観光地を巡りおいしいイタリア料理を本場で食べれば、長いフライトも苦にならないほどの思い出がたくさんできるので、是非春のうちにナポリ観光に出かけましょう。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line