どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/11/29

シンガポール在住者が教える人気のおすすめ観光地23選!

日本から飛行機で飛ぶことおよそ7時間。
東南アジアのマレー半島の先に位置するシンガポールは、東京都23区を合わせたほどの小さい国ですが、ぎゅっと魅力的な観光地がたくさん詰まった都市です。
近代的なイメージがあるシンガポールですが、実は様々な文化が融合してきた歴史や文化が感じられる奥深い国なんです!

今回はそんなシンガポールの観光の魅力やおすすめの観光スポットをシンガポール在住の松尾愛理紗さん、Banbiさん、そしておまる部長さんの3人にお聞きしました!
シンガポール旅行に行かれる方や興味のある方は必見です!

Large architecture buildings city 777059 3
本記事のコメンテーター
Thumb image26 1 Thumb image3 1 Thumb ios %e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f
松尾愛理紗さん

instagram:https://www.instagram.com/me_ke_arisa/?hl=ja
シンガポール在住歴2年8ヶ月、渡航歴10ヵ国(イギリス、アメリカ、オランダ、ポルトガル、ベトナム、インドネシア、韓国、タイ、オーストラリア、マレーシア)
なかでも、ホーチミンへの渡航回数は5回を超える。
シンガポールのローカルライフを編集したPOCHI.BOOKを自費出版中。
POCHI.BOOK VOL.3は春先に出版予定!

おまる部長さん

instagram: https://www.instagram.com/yuki.omarubucho/

2017年からシンガポールに住んでおり、在住3年目。カフェや話題の新スポット巡りが好きで、美味しそうなお店を探しては開拓しています。海外旅行も趣味で、現在はアジア中心に気軽にぶらりと行けるところをリピート訪問して楽しんでいます。

渡航 15ヶ国
韓国、台湾、香港、シンガポール、マレーシア、ベトナム、タイ、オーストラリア、ドイツ、イタリア、フランス、イギリス、オーストリア、ロシア、アメリカ合衆国

Banbiさん

instagram: https://www.instagram.com/banbi4649/
シンガポール駐在、2年目。
シンガポールに住み始めてから、インスタ映えスポットを求め街ぶらが趣味に。日本では味わえない多民族国家の文化を体験中。
数秘カウンセラー兼ガイドもやっています。

旅行歴
アメリカ(ロサンゼルス、ハワイ)、韓国、香港、台湾、ベトナム、インドネシア、マレーシア、ベトナム、オーストラリア、イタリア、ドイツ、スイス

シンガポールってどんな国?観光の魅力はどんなところ?

シンガポール

さて、シンガポール観光に行く前にシンガポールはどんな国なのか解説!
シンガポールはマレー半島の端に位置する小さな国です。

面積約720平方メートルと東京都23区を合わせたほどの広さとなっています。
シンガポールの人口は、2017年現在で約561万人で、そのうちシンガポール人・永住者は7割ほど。

そのほかは在住外国人などとなっており、観光客や外国籍の永住者も含めると非常に多国籍な環境となっています。
シンガポールの国語はマレー語となっていますが、公用語で英語、中国語、マレー語や南インドの言語であるタミール語が話されています。

同じように、シンガポールで信仰されている宗教も様々。
一般的に、シンガポールでは、仏教、イスラム教、キリスト教、道教やヒンズー教が信仰されており、シンガポールの街なかを観光していくと、様々な宗教施設が見られます。

このように、様々な国からの移民で成り立っているシンガポールに観光すると、コミュニティごとにで形成された街も多々あるのでそれらのエリアを観光してみるのもおすすめです。

これから詳しくご紹介しますが、シンガポールには、多くの観光スポットがあるので、日数としては、最低限3日は必要です。
観光のためにゆっくり時間が取れるという方は5日ほどあればゆっくりシンガポール観光ができるのではないでしょうか。

Q.シンガポール在住の松尾愛理紗さんが教える観光の魅力とは?

A.他民族国家ならではの豊かな文化が魅力的!

松尾愛理紗さんのコメント
東京23区ほどの小さい国土でありながら世界に誇る空港を持ち、多民族国家でありながら、それぞれがうまく融合しあい尊重し合いながら暮らしているシンガポール。

シティエリアは近未来でテクノロジーが進んでおり、景色も街も美しく緑も豊か。
多民族国家だからこそ生まれたシンガポールのローカルフードは、ここでしか食べることができないものばかりです。

きらびやかなシンガポールの表情も、地味なシンガポールの表情も、両方に触れてこそ観光が充実すると思います。

アフタヌーンティーやハイティーはもちろんですが、ホーカーセンターでローカルに混じってローカルフードを食べたり、街に繰り出して、各民族の衣装やファッションにも注目してみてくださいね。

Q.シンガポール在住のBanbiさんが教える観光の魅力とは?

A.コンパクトにエンターテインメントが詰まった国、それがシンガポール!

Banbiさんのコメント
何と言っても治安がいいので外に慣れていない方でも安心できると思います。
そして多民族国家ならではの文化が詰まっているので、歩くだけで色々な世界を旅した気分に慣れるのも魅力。

近代的な街とカラフルな建物はインスタ映えスポットの宝庫です。
ぜひ楽しい、可愛い、美味しい時間をぜひシンガポールで堪能してください。

Q.シンガポール在住のおまる部長さんが教える観光の魅力とは?

A. 海外旅行初心者でも楽しみやすい!

おまる部長さんのコメント
シンガポールではアジア地域では数少ない公用語が英語の国なのですが、流暢に話す必要はなく必要最低限の英会話、もしくは究極英単語単位でもシンプルに伝えたいことが言えればなんとかなるというのが魅力です。
海外旅行初心者の方にも楽しみやすいと思います。

また、たくさんの宗教や文化が交わりつつも人々が穏やかでとても治安のいいところも魅力です。
リトルインディアから少し歩けばアラブ・ストリートに到着、といったように、国土面積が小さく観光名所も密集しているのでコンパクトに効率よく観光ができます。

また夜も街中が明るくてライトアートなどのイベントも定期的にやっており、夜のお散歩が楽しいです。
もちろん油断は禁物ですが、異文化を楽しみつつ安全で綺麗で居心地の良い空気感を、ぜひ街歩きで体感してみてください。
<下に続く>

国土の狭いシンガポールはエリアを把握して上手に観光!

オーチャードエリア

松尾愛理紗さんのコメント
シンガポールいちの繁華街。
ハイブランドや有名レストランも軒を連ね、5つ星ホテルも多く並ぶ利便性の高いエリア

マリーナエリア

松尾愛理紗さんのコメント
マリーナベイサンズをはじめマーライオンパーク、ガーデンズバイザベイなど、シンガポールのアイコンが勢ぞろいしているエリア

セントーサ島

松尾愛理紗さんのコメント
USSやカジノ、人工ビーチがあることで有名。
シンガポールで南国リゾート感を味わうならセントーサ島がおすすめ!

カトンエリア

松尾愛理紗さんのコメント
パステルカラーのショップハウスで有名なエリア。
シンガポールの東に位置しており、のどかな雰囲気が流れている。
<下に続く>

在住者のおすすめ順!シンガポールの人気観光地15選!

シンガポール 観光

ここではシンガポール在住の松尾愛理紗さん、Banbiさん、おまる部長さんがおすすめするシンガポールの観光地を15個ご紹介します。
ここで紹介するスポットは以下の15つです。

  1. マリーナ・ベイ・サンズ
  2. マーライオンパーク
  3. シンガポール動物園
  4. ガーデン・バイ・ザ・ベイ
  5. ラッフルズ・ホテル
  6. ボタニックガーデン
  7. ナショナルギャラリーシンガポール
  8. 天天海南鶏飯
  9. リトルインディア
  10. アラブストリート
  11. オーチャードロード
  12. ジュエル・チャンギエアポート
  13. ヤ・クン・カヤ・トースト
  14. カトン地区
  15. チョンバル

それでは、上記の観光地について詳しく見ていきましょう!

マリーナ・ベイ・サンズ

マリーナベイサンズ
マリーナベイサンズ
マリーナベイサンズ
マリーナベイサンズ
マリーナベイサンズ

マリーナ・ベイ・サンズのおすすめポイント!

松尾愛理紗さんのコメント
シンガポールの代名詞とも言えるマリーナ・ベイ・サンズ!
はじめての観光でシンガポールを訪れる方におすすめしたいです。

雑誌やガイドブックに掲載されている写真よりも何倍もダイナミックなので、そのダイナミックさを味わうためにもMRTで地下から中に入るのではなく、タクシーやマーライオンパークから徒歩でいくなど、地上のルートで足を踏み入れるのがおすすめです。
思わず「うわ〜」と声が出てしまうと思います。

シティエリアに宿泊される方は、空港からシティエリアに向かうタクシーの窓から見えるので、思わず胸が高鳴るでしょう。マリーナ・ベイ・サンズの写真は遠目からマーライオンとコラボレーションする形で撮影するのが定番ですが、間近で見れば見るほど大迫力なので、ぜひいろんな角度から写真をとってみてください!
私のおすすめのアングルは、マリーナ・ベイ・サンズのプールの腹の部分。
(下から煽るように撮ると鯨のように見えてきて、かっこいいです!)
毎晩行われるレーザーショーも実物ですよ。

マリーナ・ベイ・サンズのショッピングモールから眺める夜景も南国情緒があって観光気分を味わうことができます。
おまる部長さんのコメント
なんといっても宿泊客だけが利用できるインフィニティ・プールが有名ですが、宿泊客でない方も楽しめる要素がたくさんあります。
ホテルのふもとには有名ブランド店や話題のグルメ店が並び、ミュージカルが楽しめるシアター等もあるショッピングモール「The Shoppes」が隣接しています。
そしてその中には開放的なスペースでアフタヌーンティなどを楽しめるシンガポールの紅茶ブランド「TWG」のカフェがあることでも有名です。

毎日行われている光と噴水のショー「スペクトラム」はどなたでも見れて迫力抜群なので、ぜひマリーナベイサンズ側から見てみてください!

マーライオン公園の向こう岸にそびえ立つのが、あの有名な絶景インフィニティプールを屋上に持つ高級ホテル、マリーナ・ベイ・サンズです。
マリーナ・ベイ・サンズは、2010年に開業後、今ではすっかりシンガポールを象徴する観光スポットとなっていますね。

建物は、独立した高層ビル3棟が屋上部で連結されたユニークなスタイル。
地上200メートルの絶景を見下ろす屋上のインフィニティプールは、シンガポールに観光に来たら、誰でも1回は行ってみたいと思う場所の1つではないでしょうか。

しかしながら、このインフィニティプールは、宿泊者以外の観光客は利用することができません。
プールの利用可能時間は朝6時〜夜11時まで利用できます。

早朝は観光客の姿はあまり見られないので、ビーチチェアやシンガポールの景色を独り占めできるかもしれません。
夜は寒いので、ジャグジーで温まりながらシンガポールの夜景を眺めるのも贅沢ですね!

マリーナ・ベイ・サンズはシンガポールの高級ホテルとして知られていますが、やり方次第ではお得に宿泊できるかもしれません。
土日を避けたり、シンガポール観光のオフシーズンである10月〜3月に予約を入れる、複数のホテル予約サイトの値段を比較してみる、など試してみてください。

1人あたり2万円ほどで宿泊できるケースもあるようです。
マリーナ・ベイ・サンズには、巨大ショッピングモールやカジノも併設されているほか、夜には、大迫力の噴水ショーも観光の目玉です。

朝から晩まで飽きることのないシンガポールのラグジュアリーな体験を得られるのが、ここマリーナ・ベイ・サンズです。

マリーナ・ベイ・サンズの口コミ

40代/女性

シンガポールといえばマリーナベイサンズ。ここに宿泊して屋上プールに入るのが旅の最大の目的でした。プールは宿泊していればいつでも入ることができます。夕日を見ながらの景色は最高です。食べ物飲み物も充実していて水着のままプールサイドで食べることができます。

マリーナ・ベイ・サンズ
住所:10 Bayfront Ave, Singapore 018956
電話番号:+65 6688 8868
URL:Marina Bay Sands Singapore

マーライオン

マーライオン

マーライオンのおすすめポイント!

おまる部長さんのコメント
まさに「シンガポールに来たぞ!」と実感できるスポット!

シンガポールのシンボルであるマーライオンはもちろん、マリーナベイ越しにマリーナベイサンズ、金融街のビル群など近未来チックな光景も楽しめる開放的なスポットです。

マーライオン周辺は昼間〜夜にかけて混雑しやすく記念撮影するのにもひと苦労なので、個人的には爽やかに散歩ができて撮影も快適にできる、人が少ない朝早めの訪問がおすすめです!(日がのぼる朝7時過ぎ以降をおすすめします。)
Banbiさんのコメント
日中のロケーションもいいですが、日没後もおすすめです!
ネオン輝くビル群と目の前に見えるマリーナベイサンズがサイトアップされとても都会的な景色に変わります。

時期によってはプロジェクションマッピングが行われていることがあり、カラフルで存在感のあるマーライオンを見ることができたらラッキーです。

シンガポールのシンボルといえば、マーライオン。
ということで、シンガポールに観光に来たからには、マーライオン像を見にマーライオン公園への観光はマストです!

ここのマーライオンは世界的にも有名で、常に観光客でいっぱいです。
マーライオンは、上半身がライオン、下半身が魚となっていますが、どういった由来があるのかご存知でしょうか。

昔、マレーシアの王子様が、対岸にあるシンガポールを目指し航海に出たところ、海が荒れ始めたそうです。
そこで、王子が自分の王冠を海に投げ入れたところ波が静まり、無事にシンガポールにたどり着くことができ、その後この国を治めたそうです。

シンガポールに到着したときに王子様が出会ったのが、ライオン。(実はトラだったという説も。)
そこで、海を表す「マー」(「マーメイド」と同じ)と「ライオン」をくっつけて「マーライオン」となったそうです。

シンガポール観光の定番スポットですので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。
マーライオン像の後ろには、小さなマーライオン像が設置されています。

こちらのかわいいマーライオンは近くで見ることもできます。
観光客に密かに人気のあるかわいいお顔も必見です。

マーライオンの口コミ

20代/女性

大学の卒業旅行で、初の海外ということで、色々ワクワクして向かいました。マーライオンを初日は遠目で見て、二日目に近くへ行って見ました。思ってるより小さいよ、と言われていたので、期待せずに行ったら、観光客に囲まれて埋もれていたので、最初どこにあるのか分かりませんでした。本当に思ったより小さかったけれど可愛かったです。

20代/女性

子どもが中学生になり初めての海外旅行、安全で近場ということでシンガポールを選び、シンガポールならばマーライオンを見に行かなくては‼️と行きました。様々な国の観光客でにぎわっていました。口から水が出ていて、写真の角度で水を受けるように映る工夫をして撮影をしました。

30代/女性

2012年9月に初めて訪れました。
シンガポール自体が初めてだったので、ベタな観光地を回りたい!ということで、マーライオンを見に行きました。
噂で散々ガッカリする観光地というのは聞いていましたが、現物を見れたことは満足です。マーライオン自体は想像通りですが、そこから眺めるまわりのマリーナ地区やマリーナベイサンズといった景色は、まさにシンガポールの象徴といった感じで、見る価値がありました。
マーライオンでの滞在時間は30分弱ほどでした。
一度は訪れてみるとよい場所かなと思います。

20代/女性

2017年8月に訪れました。
初めてのシンガポールで、シンガポールといえばなんといってもマーライオン!というイメージがあったので絶対に行きたかった場所です。

マーライオンが吐き出す水を口で受け止める写真を撮影したくて行きましたが、お昼時だったので観光客の数がすごく、みんなベストスポットで写真撮影するのでとても時間がかかりました。
でも最終的に色んなポーズが撮れて満足することができました。

マーライオンパーク
住所:One Fullerton, Singapore 049213
URL:VisitSingapore.com

シンガポール動物園

シンガポール動物園
提供:@yuki.omarubucho

シンガポール動物園のおすすめポイント!

おまる部長さんのコメント
シンガポールの動物園といえばナイトサファリが大人気ですが、個人的には昼間の動物園がとってもおすすめ!
動物にストレスを与えないよう、しっかりとスペースに余裕を持った自然豊かな空間になっており、広大なジャングルに迷い込んだような世界観と共に、のびのびとした動物の姿を楽しむことができます。
写真撮影ももちろん可能ですが、フラッシュ撮影は厳禁です。

シンガポール動物園は敷地面積がとても大きく、たくさんの動物と出会うことができ、1日中じっくりと動物を観察したい方におすすめです。
リバーサファリは2〜3時間程度あればしっかりと見て回ることができ、パンダや海洋生物中心に観察できます。
また、ほとんどのエリアが屋内もしくは屋根付きなので天候をあまり気にせず観察を楽しむことができます。
シンガポール動物園

ガーデン・バイ・ザ・ベイ/シティ・マリーナエリア

ガーデン・バイ・ザ・ベイ
ガーデン・バイ・ザ・ベイ
ガーデン・バイ・ザ・ベイ
ガーデン・バイ・ザ・ベイ

ガーデン・バイ・ザ・ベイのおすすめポイント!

松尾愛理紗さんのコメント
マリーナ・ベイ・サンズに隣接してるため、セットで観光するかたも多いと思います。
日中は青空と植物のコントラストがとっても美しいのですが、時間に融通が利くのであれば夕方から夜にかけてのタイミングに行ってみてください。
サンセットとライトアップが混ざり合うマジックアワーの時間は、まるで映画の中の世界に溶け込んだような美しさ。
人気のライトショーは、大胆に床に寝転びながら楽しむのがローカル流。

植物が多いこともあり高温多湿です。
水分補給に気をつけて、なるべく涼しい服装でいくことをおすすめします。
おまる部長さんのコメント
マリーナベイサンズの裏側にある巨大ガーデン「ガーデン・バイ・ザ・ベイ」内で最も有名なのは屋外エリアにあるスーパーツリー・グローブ。
巨大なツリーにはりめぐらされた電飾で、素敵な夜景やライトショーが楽しめます。
スーパーツリー・グローブのある屋外エリアは基本的に無料で見れますが、クリスマス期間は特別なイベントをやっており、有料となる場合もあるのでご注意ください。

また、入場料は決して安くないですがフラワー・ドームとクラウドフォレストの壮大な世界観は植物園と一言でくくるにはもったないほど迫力満点です!
最近増設されたフローラル・ファンタジーも、フォトジェニックなスポットとして話題です。
Banbiさんのコメント
近代都市を思わせるスーパーツリーは圧巻!
音楽に合わせて毎日開催されているナイトショーは神秘的な夜の森を旅するようです。

おすすめは芝の上に寝っ転がっての鑑賞です。
ショー前後は大変混み合いますので、少なくとも15分くらい前には待機して置いたほがゆっくり楽しめると思います。

近未来的な奇抜な木のオブジェが印象的なガーデン・バイ・ザ・ベイ。
広い敷地内では、様々なテーマの施設や庭園の観光に楽しむことができます。

園内に入ると目に入ってくるのは、巨木、スーパーツリーです。
9~16階建ての高さがある木の形をした垂直庭園で、今やシンガポールを象徴する観光アイコンの一つとなっているのではないでしょうか。

スーパーツリーを結ぶ空中散策路OCBCスカイウェイは、まるで空中を歩いているかのような体験ができます。
植物園全体を見下ろしながら観光できるのでおすすめです。

夜は、美しく光り輝くスーパーツリーのショーを、観光客にはうれしい、なんと無料で楽しむことができます。
19時45分と20時45分の1日2回開催され、10分間のショーですが、見ごたえ抜群。

壮大な音楽とそれに合わせて光が変化していくスーパーツリーの中に立つと、まるで別世界にいるようです。
そして、シンガポールに観光に来たら、ガーデン・バイ・ザ・ベイにあるクラウドフォレストには必ず行きましょう。

ここは、雲霧林と呼ばれる、世界でも珍しい生態系、最も生物多様性豊かな森を再現した植物園です。
ドーム内に入ると、目に入ってくるのは落差35メートルの迫力満点の滝。

シンガポールの屋外の暑さとはうってちがい、ひんやり涼しく、屋外観光の合間の一休みとして最適です。
水が滴る植物の姿はとてもフォトジェニックで、ジブリ作品の中に迷い込んだような世界観が広がります。

クラウドフォレストと共通チケットで入場できるのが、フラワー・ドーム。
こちらは、広いドーム状の屋内に地中海地域の涼しく乾燥した気候を再現し、シンガポールのほか世界中の植物が植えられています。

きれいな花を見ると和みますね。
シンガポール観光の思い出として、インスタ映えもバッチリです。

ガーデン・バイ・ザ・ベイ
住所:18 Marina Gardens Dr, Singapore 018953
電話番号:+65 6420 6848
営業時間:
ベイ・サウス・アウトドア・ガーデンズ
(午前5時~午前2時)
ドーム&OCBCスカイウェイ
(午前9時~午後9時)
ファーイースト・オーガニゼーション・チルドレンズ・ガーデン
(火曜日~金曜日:午前10時~午後7時、週末、祝祭日:午前9時~午後9時)
定休日:なし
入場料や利用料:
温室(フラワードーム+クラウドフォレスト):S$28
OCBCスカイウェイ:S$8
URL:ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

ラッフルズ・ホテル/シティ・マリーナエリア

ラッフルズホテル
ラッフルズホテル
ラッフルズホテル
ラッフルズホテル
ラッフルズホテル

ラッフルズ・ホテルのおすすめポイント!

松尾愛理紗さんのコメント
イギリス植民地時代から人々に親しまれているラッフルズホテル。
およそ約2年半の改装を経て、この夏ついにリニューアルオープンしました。
シンガポールで暮らしている人たちもその全貌に興味津々で、オープンを今か今かと待ちわびていたほど。

真っ白な外観、コロニアル建築、息を飲むほど美しいエントランスやロビー。別の国に来たのでは、と錯覚してしまうほど違う空気が流れています。

宿泊客のみがホテル館内に入ることが許されていますが、観光客でも外周をお散歩したり、お土産ショップやアフタヌーンティーを楽しむことができます。
極上の時間が流れているので大人な女子旅にぴったり。

ちなみに、ラッフルズホテルのお手洗いは、シンガポールで一番綺麗だと在星日本人からの評価も高いです。
Banbiさんのコメント
シンガポールを代表するラッフルズホテルはコロニアル・スタイルの優雅な外観とホスピタリティーの高さでセレブも魅了する憧れのホテルです。
特別な時間を味わえます!

ここでのアフタヌーンティーは別格で、美しい歴史的建造物、白を基調とした茶器、目からも美味ミールで特別な時間を堪能できます。

もう一つ有名なのが、シンガポールスリング
せっかくシンガポールに来たならシンガポールスリング発祥のロングバーで本場のシンガポールスリングを楽しんでみてはいかがでしょうか?

白亜の建物が美しいこちらのホテルは、シンガポールで歴史と伝統を持つ由緒あるラッフルズ・ホテル。
過去多くの著名人に愛され、「白亜の貴婦人」「東洋の真珠」などと称される世界屈指の名門ホテルです。

宿泊できれば存分にサービスを満喫できますが、宿泊するには少し敷居が高い…という観光客の方でも十分楽しむことができます。
ラッフルズホテルのロングバー発祥と言われているシンガポール・スリングをオーダーしてみましょう。

当時女性がお酒を飲むことはよろしくないとされていた時代に、人前でも飲みやすいように作られたとされるシンガポール・スリング。
シンガポール・スリングは、ジンベースにチェリーブランデー、パイナップルジュースやライムジュースなどを加えたトロピカルな味で、見た目もピンクでかわいらしいカクテルです。

このロングバーのもう一つの名物は、ピーナッツ。
ここのピーナッツは、無料、そしておかわり自由です。

名物となっている理由、それは、ロングバーでは、食べ終えたピーナツの皮を床に捨てても問題ないということです。
シンガポールでポイ捨ては厳禁となっていますが、ここでは問題なし。

郷に入ったら郷に従え、で観光客であることは忘れて、シンガポール人の常連客っぽく振る舞ってみるのも楽しいですよ。
また、ラッフルズホテルのギフトショップは、値段は少々お高めではありますが、ラッフルズホテル観光の思い出としてオリジナル商品が充実しています。

ここでしか手に入れることのできないシンガポールスリングや紅茶など特別な方へのシンガポール観光のお土産としていかがでしょうか。

ラッフルズ・ホテルの口コミ

40代/男性

2019年の4月28日にラッフルズ・ホテルのバーに行きました。
海外旅行自体が初めてだったので、当然初めての訪問です。

ここのバーに来たら、ラッフルズ・ホテル発祥のシンガポールスリングを飲みます。
かなり飲みやすい味でしたが結構酔いがきます。

お酒自体を味わって飲むのはいいですが、いかんせん値段が高く、私はシンガポールスリングと赤ワインそれぞれ一杯づつだけ飲んで58ドルかかりました(日本円にして約5200円)。
あとは雰囲気を楽しむのがいいようです。

ラッフルズ・ホテル
住所:1 Beach Rd, Singapore 189673
電話番号:+65 6337 1886
営業時間:24時間
定休日:なし
入場料や利用料:なし※宿泊料金は別
URL:Raffles Hotel Singapore

ボタニックガーデン/シティ・マリーナエリア

ボタニックガーデン
ボタニックガーデン
ボタニックガーデン
ボタニックガーデン
ボタニックガーデン
ボタニックガーデン
ボタニックガーデン
ボタニックガーデン
ボタニックガーデン

ボタニックガーデンのおすすめポイント!

おまる部長さんのコメント
広大な敷地面積を誇る、世界遺産にも登録された自然豊かで美しい公園です。
入場料などは特になく気軽に自然とふれあうことができますし、野生の動物たちの姿を見ることもしばしば。

また、食事を楽しめるおしゃれなカフェやレストランがあるのも魅力です。
シンガポールの日中はとても暑いですが、ボタニックガーデンは木々に囲まれているからか直射日光を避けて歩けるスポットが多く、昼間でも意外と快適に散歩を楽しめます。
Banbiさんのコメント
シンガポールの国花である蘭を楽しめるのがこのナショナル・オーキッド・ガーデンです。
蘭の種類もさることながら、自然の中で咲いている蘭本来の姿が見れるのは赤道直下のシンガポールならではです。

特に黄色の蘭で作られたのアーチは幻想的でかつ亜熱帯の雰囲気を作り出しています。
ボタニックガーデン全体を見て回ると半日はかかってしまうので、オーキットガーデンを中心に前もって聞くところを決めておく方が得策です。

松尾愛理紗さんのコメント
シンガポールは、コンクリートジャングルな国と言われることも多いですが、政府によって植物の割合や景観がコントロールされていることもあって、驚くほどに植物が多いんです。
繁華街を歩いていても、ヤシの木や背の高い大きな木、色鮮やかなトロピカルなお花が目に入るので、その景色に癒される人も多いと思います。
都会にいながらにして、植物の美しさに触れられることもシンガポールの魅力の一つです。

そしてここボタニックガーデンはそんなシンガポールの植物の美しさを感じられるスポット!
朝の散歩で行くのがおすすめです。
夜明けと同時にランニングやヨガ、犬の散歩などをする近隣の人たちも多いそうです。
朝がおすすめの理由は、日が昇り始めると、まるでサウナのように蒸し暑くなってしまって体力を奪われてしまうから。

シンガポールの日の出は年中7時です。
9時には太陽が昇り日差しが強くなるので、それまでに行くことをおすすめします。

世界遺産に興味のある方であれば、シンガポール唯一の世界遺産であるボタニックガーデンへの観光はいかがでしょうか?
2015年にシンガポール初の世界遺産として登録されたボタニックガーデンは、東京ドーム約13個分という広大な敷地内に様々な熱帯植物が植えられている観光スポットです。

ボタニックガーデンの始まりは、1822年と歴史が深く、当初は実験植物園として開設されたのが始まりで、今では観光向けの施設となっています。
開設当時は、特にゴムの木やランの研究所として東南アジアのゴム生産において重要な役割を果たしてきました。

自動車産業が振興してからは、世界的にゴムの需要が増え、この植物園は、シンガポールを含む東南アジアにおけるゴム生産に大きく貢献し世界の自動車産業に影響を与えたされ、2015年に世界遺産登録となりました。
また、敷地内にはナショナル・オーキッド・ガーデンであは、約6万株ものランを鑑賞することができます。

ランはシンガポールの国花であり、世界市場に出回るランの約15%がシンガポール産であることはご存知でしょうか。
有料ではありますが、ここシンガポールで長年研究されてきた歴史に想いを馳せながら、色とりどりのランに癒やされてはいかがでしょうか。

ここボタニック・ガーデンは、オーチャードロードから徒歩5分という場所にあります。
ショッピングや観光に疲れたらこちらで一休みという選択肢もあります。

敷地内では無料のコンサートも開かれていたり、観光客やシンガポール市民の憩いの場になっているので、自然に癒やされたくなったらぜひボタニックガーデンへ!

ボタニックガーデン
住所:1 Cluny Rd, Singapore 259569
電話番号:+65 6471 7138
営業時間:5AM–12AM
定休日:なし
入場料や利用料:なし(ただし国立洋ラン園のみ有料)
URL:Singapore Botanic Garden

ナショナルギャラリーシンガポール/シティ・マリーナエリア

ナショナルギャラリーシンガポール
ナショナルギャラリーシンガポール

ナショナルギャラリーシンガポールのおすすめポイント!

松尾愛理紗さんのコメント
コロニアル建築の外観も美しい上、館内も静かで涼みやすいので、アートにあまり興味がない人でも、一度足を運んでしまえば必ず楽しめると思います。

一度にたくさんのアートを見ることができるほか、子供がアートに触れることができるスペースもある為、子連れ旅行にもおすすめ。

いつ行っても、落ち着いた空気が流れているので、ゆったり型の観光をお好みのかたにもぴったりです。
Banbiさんのコメント
旧最高裁と旧市庁舎という歴史的建築物がそのまま美術館になっているのが魅力です。
留置所や法廷もそのままの形でアートになっているところも面白いですし、日本とシンガポールとの間の歴史も学ぶことができます。

とにかく大きい美術館なので見て回るのに2時間は見て置いた方がいいと思います。
ギャラリーの最上階にはマリーナエリアを一望できるバーがあり、夕暮れの街がライトアップされて行く姿を楽しみながらの一杯は最高です。

アートに関心のある方が観光するならこちらがおすすめ!
実はシンガポールは国を挙げてアート振興に取り組んでいるため、今東南アジアの中でも芸術方面で注目を浴びています。

2015年にオープンしたナショナルギャラリーシンガポールは、シンガポールの旧市庁舎と旧最高裁判所を活用した現代アートの美術館です。
2つの建物の間を連結させるようにして新たに改築された建物で、間の吹き抜けは広く、そして心地の良い空間となっています。

2つの建物を利用していることもあり、展示品を見て回るのにはとても時間がかかります。
じっくり見るのであれば1日はかかるほどの広さなのでスケジュール管理には気をつけましょう。

美術鑑賞だけでなく、子連れでも安心の家族で楽しめるようなワークショップやコーラス、楽器演奏などといったイベントが毎日開催されているので、歩き回った観光後の一休みとしても最適。
イベントの開催情報は公式ホームページでチェックできるので、確認してみてくださいね。

また、ナショナルギャラリーシンガポールには、飲食店もあります。
屋上のルーフトップバーの「スモーク・アンド・ミラーズ」では、マリーナベイを含むシンガポールの景色を見渡すことができ、夜に行くととてもロマンチックな時間を過ごすことができるのでおすすめの観光地の一つです。

ナショナルギャラリーシンガポールの口コミ

40代/女性

訪れた日が建国記念日(8月9日)で入場は無料でした。
歴史的建造物ということもあり建物がとても大きくて立派です。内部も広々した空間は、見ごたえがあります。
美術品の鑑賞ぐらいの気持ちで訪れたのですが驚きました。
展示エリアには人も少なくて、ゆっくりと鑑賞できましたが展示数多いので全て見るには時間が必要です。

ナショナルギャラリーシンガポール
住所:1 St Andrew's Rd, Singapore 178957
電話番号:+65 6271 7000
営業時間:10AM–7PM
定休日:なし
入場料や利用料:
大人 S$20
子ども S$15(7~12歳 ※6歳以下は無料)
シニア S$15 (60歳以上)
URL:National Gallery Singapore

天天海南鶏飯/チャイナタウン

天天海南鶏飯
天天海南鶏飯
天天海南鶏飯
天天海南飯店(マックスウェル・フードセンター
天天海南飯店(マックスウェル・フードセンター

天天海南鶏飯のおすすめポイント!

Banbiさんのコメント
シンガポールのチキンライスを食べるなら絶対に間違いないお店!
安くて美味しいチキンライスが食べられます。
肉厚ジューシーなのにちゃんと柔らかなチキン、何と言ってもチキンエキスをしっかり吸ったお米が美味しいんです。

人気店でごはんどきは長蛇の列になので、少し時間をずらして行くとスムーズに購入できます。
また、ここはマックスウェルフードセンターというホーカーの中にあるので、チキンライス以外にもフライドオイスターや豆花と言ったシンガポールの食卓の味も堪能できます。
おまる部長さんのコメント
ローカルの方にも観光客の方にも愛される天天チキンライス。
ランチ・ディナータイムは大行列になるので、時間帯をずらして遅めの昼食もしくは早めの夕食で訪問することをおすすめします。
(平日の夕方6時頃に行ってみたときは並ばずに購入できました。)

売り切れの場合は営業時間に関係なくクローズしてしまうのと、月曜定休日ということにご注意ください。

シンガポールのローカルフードの1つとして有名なチキンライス。
そして、天天海南鶏飯(ティエン・ティエン・ハイナニーズ・チキン・ライ)は、ミシュランガイドにも掲載されるほど超有名店です。

シンガポールチキンライスは、茹で鶏とその茹で汁で炊いたご飯と付け合せの野菜という至ってシンプルな一品。
シンガポール人それぞれに、自分のお気に入りのお店を1軒持っているというほどとてもポピュラーなローカルフードです。

シンプルな味わいだからこそ、その旨味を最大限に引き出すのは相当なテクニックが必要なのかもしれません。
この天天海南鶏飯のチキンライスは、鶏肉はしっとり茹で上がり、ご飯はしっかり鶏肉の味と生姜で風味豊かに炊きあがっています。

これを甘辛ソースと一緒に食べると病みつきに!
金額は以下のとおり。

サイズ 価格
Sサイズ S$3.5
Mサイズ S$5.0
Lサイズ S$7.8

場所は、チャイナタウンにある三大ホーカー(屋台街)として有名なマックスウェルセンター内。
長蛇の列が目印です。

天天海南鶏飯
住所:18 China St, #01-01, Singapore 049560
電話番号:+65 9691 4852
営業時間:10AM–7:30PM
定休日:月曜日
入場料や利用料:なし
URL:天天海南鶏飯

リトル・インディア/リトル・インディア

リトルインディア
リトルインディア
リトルインディア

リトル・インディアのおすすめポイント!

松尾愛理紗さんのコメント
シンガポールは国土が小さいことで有名。
ですが、中華系だけではなく、マレー系やインド系などの人たちも数多く暮らしています。

リトルインディア駅で下車して、リトルインディアの街を歩くとそこはもはやインド。
看板や道ゆく人、街の匂いなど、全てがシティエリアとは異なる世界。
同じ国なのに、シティエリアから15分ほどで異世界を体験できることに驚くはず。

リトルインディアには24時間営業の巨大スーパー「ムスタファセンター」があるのでお土産購入に立ち寄るのもおすすめです。
街中ではフォトジェニックな写真もたくさん撮影できるほか、サリーの色鮮やかさも刺激的です。
おまる部長さんのコメント
たくさんの文化が交わるシンガポールの中でも、リトルインディアエリアにいる時が、一番異国情緒を味わえる気がします。
街並み、お買い物スポット、グルメまで全てインド仕様になっており、新鮮に感じる方が多いと思います。

リトルインディアの街並みを楽しんだら、MUSTAFA CENTRE(ムスタファセンター)に立ち寄るのはマストです。

シンガポールで人気のお土産向けのお菓子やコスメなど、他店よりも安い価格設定になっていることが多く、お得に買い物ができます。アーユルヴェーダ石鹸も人気です。

店内はとても広く商品は雑多に置かれているのでぜひ時間に余裕を持って見てみてください。
日曜日は特に人が多くなるので避けることをおすすめします。
Banbiさんのコメント
インスタ映えスポットも多いリトルインディアですが、なんでも揃うムスタファセンターがあります。

日本では珍しいアーユルヴェーダ石鹸やリップ、ホワイトニングの歯磨き粉も売っていてばらまき用のお土産として人気です。

もちろん、マーライオンのお菓子やグッズ、カヤジャムといったシンガポールらしいアイテムもあります。
24時間営業なのでお土産探しの時間がとれな時はここで十分!

多国籍国家で様々な文化が見事に融合するシンガポールは観光客にとって魅力的。
そんな多国籍国家シンガポールの約1割を占めるインド系住民が作り上げたリトルインディアは、インド系住民による生活の場となっています。

インドカレー、インド料理やスパイス、アーユルヴェーダ、プチプラ雑貨が欲しくなったらリトルインディアを観光しましょう。
シンガポールのリトルインディア観光における、おすすめグルメは、南インドのインドカレーがおすすめです。

私達に馴染み深い濃厚こってり、具材も肉類が中心の北インドカレーとまったく違い、南インドのカレーは水分が多くサラサラで、ココナッツミルクや魚介や豆を使ったカレーがメインです。

リトルインディアのMRT駅からすぐのLittle India Arcadeでは、観光には最適な、見て回って楽しい雑貨屋さんや衣料品やさんなどたくさんのお店が集まっています。
エスニックなピアスや布製品など、雑貨が好きな方にとってはまるで天国。

インド・アーユルヴェーダ石鹸は手頃な価格で、リトルインディアの観光の思い出として、そしてバラマキ土産にもぴったりです。
本場アーユルヴェーダのトリートメントを受けたい方は、アーユルヴェーダの診療所を探してみましょう。

専門のドクターがあなたの体質に最適なオイルを調合して施術してくれます。
庶民的な雰囲気で日本のエステのような整ったサービスではないのであしからず。

施術後のオイルはその場で洗い流すことはないので、体中ベタベタになります。
観光の最後に診療所に行くなど、計画をしてから行きましょう。

リトル・インディア

住所:48 Serangoon Rd, #02-07, Singapore 217959
電話番号:+65 6295 5998
営業時間:9AM–10PM
定休日:なし
URL:Little India Arcade

アラブストリート/アラブストリート

アラブストリート
アラブストリート
アラブストリート
アラブストリート
アラブストリート
アラブストリート
アラブストリート

アラブストリートのおすすめポイント!

松尾愛理紗さんのコメント
シンガポールでいちばん大きいとされているサルタンモスクがあるエリア、アラブストリート。
異国情緒溢れるカラフルでエキゾチックなウォールアートも数多くあり観光で来た多くの若者で賑わっています。

昼はモスクやストリートの観光、夜はお酒を飲む場所として楽しんでいる人も多いようです。

モスク周辺ではヒジャブを被っている人や礼拝に訪れた信者の方などの服装にもぜひ注目してみてください。
Banbiさんのコメント
金色に輝くモスクと通りにはランプや絨毯、香水などを扱うお店が並んでいてアラビアンナイトの世界が広がっています。
雑貨は可愛いの宝庫です。

路地のあちらこちらにウォールアートがあり、どこもかしこもインスタ映えスポットです。
ウォールアートは人物と一緒に取るのがおすすめ!
インスタ映え間違いなしの写真が取れます。

デザイナーショップやcafe、Barが並ぶハジレーンも色合い豊かなショップが多いので歩くだけで絵になるスポットです。

アラブストリートはリトリインディアと同様にまるでシンガポールにいながら別の国に観光に来たような錯覚になります。
アラビアンチックな小物がたくさんあってどれもお土産に最適!

アラブストリートは、シンガポール在住のイスラム教を信仰するマレー系やアラブ系移民の居住地として政府から割り当てられた地域です。
なので、観光地という反面、イスラム教徒住民の生活の場でもあります。

アラブストリートの目玉であるサルタン・モスクは金色のドームが目印。
シンガポール最古の、そして最大のモスクとしてイスラム教徒の人々の祈りの場となっています。

モスク巡りで観光する際には、イスラム教の教えに従い、肌の露出した格好は避けるようにしましょう。
上着や羽織ることのできるスカーフを一枚持っていくと便利です。

また、アラビアンストリートでシンガポール内のおしゃれな観光エリアとして人気のハジ・レーン(Haji Line)へ足を伸ばしてみましょう。
ここには、おしゃれなカフェや雑貨屋、そして壁にグラフィックと、まさにインスタ映えな観光スポット。

シンガポール観光に出かける前に異国情緒溢れるおしゃれなカフェでゆっくりコーヒーでもいかがでしょうか。

アラブストリート
<サルタン・モスク>
住所:3 Muscat St, Singapore 198833
電話番号:+65 6293 4405
営業時間:
土〜木 AM10:00〜PM12:00、PM2:00〜PM4:00
金   PM 2:30〜PM4:00
定休日:なし
入場料や利用料:なし
URL:Sultan Mosque

オーチャードロード/シティ・マリーナエリア

オーチャードロードのおすすめポイント!

おまる部長さんのコメント
お買い物スポットとして有名なオーチャードロード。
たくさんの百貨店やショッピングモールがずらりと並んでおり、お土産の調達やグルメを楽しむのにぴったりのスポットです。

また、ドンキや東急ハンズ、無印良品など日本から出店しているお店もたくさんあり、旅行中に普段使っている日用品が必要になった時にも便利です。
高島屋の地下2階はグルメ系のお土産を調達するのに人気のスポットです!

シンガポールのショッピングエリアといえば、ここオーチャードロードで間違いなし。
オーチャードロード周辺には、高級ブランドから日系デパートまで様々なショップがあり、一日で回りきれないほど。

オーチャードロードのシンボル的ショッピングセンターが、「アイオン・オーチャード」。
観光客にとってうれしいことに、高級ブランドからローカルショップまで入っているのでシンガポールおすすめのお土産もここで一気に揃えることができます。

アイオン・オーチャードには、シンガポール生まれの紅茶ブランドTWGの店舗が入っています。
おしゃれなパッケージが素敵なシンガポール定番のお土産です。

フードコートで一休みしたり、日系デパートのスーパーでばらまき土産を買うなど、ウインドウショッピングだけでも楽しいオーチャードロード。
雨の日のショッピング巡りは予定変更しがちですが、ここオーチャードロードは、地下でお店がつながっているので、雨を気にせずショッピングできるのが安心です。

アイオン・オーチャード
住所:2 Orchard Turn, Singapore 238801
電話番号:+65 6238 8228
営業時間:10AM–10PM
定休日:なし
URL:Ion Orchard

ジュエル・チャンギエアポート

ジュエル・チャンギエアポート
ジュエル・チャンギエアポート
ジュエル・チャンギエアポート
ジュエル・チャンギエアポート
ジュエル・チャンギエアポート
ジュエル・チャンギエアポート
ジュエル・チャンギエアポート
ジュエル・チャンギエアポート

ジュエル・チャンギエアポートのおすすめポイント!

Banbiさんのコメント
これが空港?と感動すること間違いなし、商業施設とは思えない迫力です。
シンガポールの有名店、レストランが揃っているので、買い忘れ、食べ忘れがあっても大丈夫です。

ドームの中心を流れる滝と森のような庭園は楽園のような景色ですので一度足を運んで見てください。
マイナスイオンで癒される感覚になります。

夜にはライトアップショーもあるので、ぜひ虹色に輝く滝を楽しんください。
松尾愛理紗さんのコメント
2019年8月にオフィシャルオープンした JEWEL CHANGI AIRPORTはシンガポール最大のショッピングモールでありながら駅直結、資生堂がスポンサーとなっている室内の巨大な滝も見ごたえ抜群
滝は夜になるとライトショーがありますが、映画のような壮大な景色を味わいたいなら、植物とのコントラストが美しい日中に見ておくのが良いです。

モールそのものも1日あっても全部まわりきれないほどの大きさのため、行きたい場所を時事前にチェックしてから回りましょう。

島内ではカトンエリアにしかない、ミシュランを獲得した人気ジェラートショップ Birds of paradise も入店しているので、フライト前に立ち寄ってみて。
シンガポール・チャンギ国際空港

ヤクンカヤトースト/チャイナタウン

ヤクンカヤトースト
ヤクンカヤトースト
ヤクンカヤトースト
ヤクンカヤトースト
ヤクンカヤトースト
ヤクンカヤトースト
ヤクンカヤトースト

ヤクンカヤトーストのおすすめポイント!

おまる部長さんのコメント
ヤクンカヤトーストの定番のカヤトーストは、薄くてバリバリとしたかための食感の茶色いトーストの食感と、はさまれたバターのコクとカヤジャムの優しい甘みがやみつきになります。

分厚いふわふわパンタイプのカヤトーストも用意されているのでぜひお好みで楽しんでみてください。

また、本店以外は炭火焼ではないですがシンガポール内には1駅に1つあると言えるくらいたくさん店舗があり朝早くから営業しているお店も多いので、時間短縮をしたい方は宿泊ホテルの近くの店舗を探してみてもいいかもしれません。
松尾愛理紗さんのコメント
シンガポールを代表するローカルフードの一つ、カヤトースト。
シンガポールのローカルフードは挑戦しにくい、という声もよく聞きますし、カヤトーストも観光客にとってはハードルが高いとされているそうです。

ヤクンカヤトーストは島内屈伸のローカルカフェで、ローカルの憩いの場として老若男女に人気。
カリカリに焼かれた茶色いパンに、ココナッツやコンデンスミルク、パンダンリーフなどを混ぜて作ったジャム、バターを挟んで食べるのですが、ジャムの甘さとバターの塩気がベストマッチ!

チェーン店なのでどの街に行っても見つけることができますが、昔ながらの雰囲気を味わいたいなら、チャイナタウンの店舗へ。

シンガポールの定番朝ごはんといえば、カヤトースト。
カヤトーストに馴染みのない方もいらっしゃると思いますが、カヤトーストとは、カヤジャムと呼ばれるココナッツミルクと卵、砂糖にパンダンリーフを煮詰めたジャムをたっぷりトーストにつけたもの。

カヤトーストにバターを挟めて食べるのが一般的なスタイルですがですが、お店によっては、スチームされたふわふわパンやフランスパン、卵をつけたりなど、様々な組み合わせを楽しむことができます。
このヤクンカヤトーストは、シンガポールのほか東南アジア諸国でチェーン展開をする有名店。

観光スポットではありませんが、カヤトースト初心者はまずはここでカヤトーストを食べてみましょう。
観光スポットであるチャイナタウンからほど近いファーイーストと呼ばれる商業施設内に位置するのは、ヤクンカヤトーストの本店。

古い中国伝統家屋を再現したレトロな雰囲気でシンガポール定番のカヤトーストを食べるのは特別感が感じられます。
本店では、ほかの店舗では味わえない炭火で焼いたカリッカリのトーストが出てきます。

カリッカリのトーストにトロットロの半熟卵と一緒に食べるとそれはまた格別!
ここ本店では、コーヒーやお茶も昔ながらの素敵なカップで提供されます。

シンガポールに観光に来たからには、カヤトーストとコーヒーでゆったり朝を迎えてみてはいかがでしょうか。
場所は、チャイナタウンから近いので、チャイナタウンの観光の際にぜひ立ち寄ってみてくださいね。

ヤクンカヤトースト
住所:18 China St, #01-01, Singapore 049560
電話番号:+65 6438 3638
営業時間:月〜金7:30AM–7PM、土7:30AM–4:30PM、日8:30AM–3PM
定休日:なし
入場料や利用料:なし
URL:ヤクンカヤトースト

カトン地区/イーストエリア

カトン地区
カトン地区

カトン地区のおすすめポイント!

Banbiさんのコメント
パステルカラーのおうちが並んでいるのがクーンセーン通り。
カラフルな街並みに目がいってしまいますが、プラナカンのタイルも色々なデザインもぜひ見てみてください。
こちらの邸宅には住人がいらっしゃいますので、迷惑にならないように気をつけてください。

これ以外にも色使いが可愛く、見ているだけでときめく建物が点々とあるので散策して見てください。

シンガポールの観光ガイドブックを眺めると、カラフルな素敵な街カトン地区が目に飛び込んできます。
それらの町並みはただ「かわいい」だけではない、シンガポールの歴史と文化の象徴となっています。

それは「プラナカン文化」と呼ばれ、15世紀後半から、マレーシアやシンガポールに移住してきた中国系移民(プラナカン)が築き上げたものです。
プラナカン文化は、マレーや中国の文化とヨーロッパの文化が見事に融合している、シンガポール独特の文化と言えます。

ここでご紹介するカトン地区では、パステルカラーが印象的な町並みを見ることができます。
カトン地区の建築物は、バロック様式などの西洋の建築様式にどことなくアジアの雰囲気が感じられます。

かつてシンガポールは、東西の交易の要衝だったことから、このような東西の文化の融合が見られる貴重な場所となっています。
カトン地区を観光すると、お土産にピッタリのプラナカンをモチーフにした雑貨屋さんを多く見つけることができます。

その中で今回ご紹介するのは、Rumah Bebe(ルマー・ビビ)。

外観からしてかわいいこちらのお店には、ビーズの刺繍がほどこされた雑貨やサンダル、プラナカン女性の伝統民族衣装サロン・ケバヤなど女子のハートをくすぐる商品がたくさん。
サロン・ケバヤは、シンガポール航空のCAのユニフォームにも採用されているんですよ!

ここRumah Bebeは、カトン地区観光の中心地イーストロードで一際目を引くブルーの外観が目印です。
シンガポールのプラナカン文化について、もっと知りたい!という方は、ネットで調べるとプラナカン博物館の情報が出てきますが、2019年4月1日から2021年半ばまで改修工事が行われているようなので、注意してくださいね。

カトン地区

住所:113 E Coast Rd, Singapore 428803
電話番号:+65 6247 8781
営業時間:9:30AM–6:30PM
定休日:月曜日
入場料や利用料:なし
URL:Rumah Bebe

チョンバル

チョンバル
チョンバル
チョンバル
チョンバル
チョンバル

チョンバルのおすすめポイント!

松尾愛理紗さんのコメント
シティエリアにありながら、のどかな空気が流れるおしゃれな町としてローカルにも人気のエリア、チョンバル。

見所は、庶民の台所として早朝から活気が溢れているチョンバルマーケットと、軒を連ねる人気カフェ、戦前に建てられたという公団(HDB)。

オーチャードエリアの繁華街とは異なり、ローカルの人たちの暮らしぶりにも触れることができるエリアなので、ローカルフードを試すなら絶好の場所だと思います。
チョンバルマーケットの2階はホーカーセンター(食堂)になっているのですが、どのストール(店)で食べてもハズレがないので、怖がらずに挑戦してみてくださいね。

オススメのカフェは、自家製アイスクリームとワッフルが絶品のCreamier
ここのワッフルは、オーダー後に焼いてくれるので、あたたかいワッフルとアイスクリームのひんやりした感覚がやみつきになります。
ローカルにもシンガポールいち美味しいと人気なので、時間があれば立ち寄ってみてください。
わたしのお気に入りのフレーバーは、アールグレイラベンダーとバニラです。
チョンバル
<下に続く>

シンガポールで人気のおすすめ観光スポット8選

ここでは先ほど紹介しきれなかったどこいく編集部がおすすめするシンガポールの観光地を8つご紹介します。
ここで紹介する観光地は以下の8つです。

  1. スカイパーク
  2. シンガポール・フライヤー
  3. クラーク・キー
  4. シンガポール国立博物館
  5. ラオパサフェスティバルマーケット
  6. シー・アクアリウム
  7. ユニバーサル・スタジオ・シンガポール
  8. ナイトサファリ

それではそれぞれの観光スポットを詳しく見ていきましょう。

スカイパーク/シティ・マリーナエリア

シンガポールに観光に来たけど、マリーナ・ベイ・サンズに宿泊するための金銭的余裕がない!けど、屋上からのあの絶景を眺めたい!という方は、マリーナ・ベイ・サンズ57階にあるスカイパーク展望台に行ってみましょう。
ここは入場料を払えば宿泊者でない観光客でもシンガポールの絶景を楽しむことができます。

入場料は以下のとおりです。

種類 価格
大人 S$23
子ども (2 歳~12 歳) S$17
シニア(65 歳以上) S$20

 ※2歳未満は入場無料

残念ながら、展望台にいる観光客は、あの有名なインフィニティプール自体は横からチラッとしか望むことはできませんが、地上200メートルからの景色は存分に楽しむことができます。
マリーナ・ベイ・サンズには、スカイパーク展望台のほかにも、宿泊者以外の観光客でも利用できる展望レストランがあります。

そこでドリンク一杯を頼めば、展望台の入場料よりもお得に楽しむことができます。
夕暮れ時にグラスを傾けながらシンガポールの絶景を眺める…優雅な時間ですね!

スカイパーク
住所:1 Bayfront Ave, Singapore 018971
電話番号:+65 6688 8868
営業時間:9:30〜22:00
入場料や利用料:上記のとおり
URL:Marina Bay Sands Singapore

シンガポール・フライヤー/シティ・マリーナエリア

シンガポールフライヤーは、2008年に完成したアジア最大の観覧車。
完成当時は、世界最大の観覧車でしたが、今もシンガポールにおける世界最大級の観覧車として迫力は健在。

最高高さは165mまで上昇します。
このシンガポールフライヤーの観光の目玉はなんといってもその景色!

また景色?と思われた方、ちょっと待ってください。
このシンガポール・フライヤーでは、シンガポールのマリーナ側とシティ側を360度一気に楽しめてしまうというなんとも贅沢な時間を過ごせてしまうのです。

乗車時間は30分間。
定員28名乗りの巨大ゴンドラですので、ゆっくり贅沢な時間を過ごすことができます。

このシンガポールフライヤーを特におすすめしたいのが、観光に来たカップルの方々。
シンガポールフライヤーでは、飲み物付き乗車プランや贅沢に観覧車内でディナーを楽しめるプラン、贅沢な貸し切りプランなどを用意しています。

シンガポールの日没は一年を通して19時前後になっています。
夕暮れ時や、日没後の観光がおすすめです。

お二人だけのシンガポール観光の素敵な思い出づくりにいかがでしょうか。

シンガポール・フライヤー
住所:https://goo.gl/maps/JPcFfvrHbkHQis679
30 Raffles Ave, Singapore 039803
電話番号:+65 6333 3311
営業時間:8.30am – 10.30pm
定休日:なし
入場料や利用料:大人 S$33、子ども S$21、シニア S$24
URL:http://www.singaporeflyer.com

クラーク・キー/シティ・マリーナエリア

シンガポール観光の夜遊びスポットといえばここ、クラーク・キー。
シンガポール川沿いにレストラン、バーやクラブが軒を連ね、個性的なお店が多く、ついついお店をはしごしたくなってしまいそうな雰囲気です。

川沿いはオープンエアで食事ができるレストランが並んでいます。
川面に揺れるライトアップや夜景を見ながらの観光を楽しみながら、川沿いの心地よい風をふかれての食事は楽しめること間違いなし!

また、クラーク・キーのメインストリートであるクラーク・ストリートは観光客でとっても賑やか。
色鮮やかにライトアップされた天井を見ながら、お好みのお店を探してみてください。

クラーク・キーで楽しめるのはお酒や食事だけではありません。
なんと観光アトラクションもあるんですよ!

その名もジーマックス・リバース・バンジー。
いわゆる「逆バンジー」です。

3人乗りの椅子が一気に上空へと突き放されます。
お酒を飲みすぎる前に利用することをおすすめします!

クラーク・キー
住所:3 River Valley Rd, Singapore 179024
電話番号:+65 6337 3292
営業時間:10.00am – 10.00pm
URL:Clarke Quay

シンガポール国立博物館/シティ・マリーナエリア

海外旅行に来たら、観光する前にその国の歴史や文化を知りたいと思う方も多いはず。
そんな方は、このシンガポール国立博物館にくれば、シンガポールの歴史が一気に丸わかりです。

博物館のメインギャラリーはSingapore History Galleryです。
日本を含む諸外国から統治されてきた歴史を持つシンガポールですが、統治以前から統治後そして独立した現代に至る歴史が時系列で展示されています。

この博物館は、展示品のみならず、その建物自体も1887年に建築されたシンガポール最古の博物館であり、優雅でエレガントな建築にはうっとりしてしまいます。
当時は図書館と博物館が併設された建物だったそうで、正面中央部には、ステンドグラスが施されたドーム状の天井がとても美しく、こちらもチェックしてみてくださいね。

せっかくシンガポールの博物館に来たのに、英語の解説が読めない…なんていう観光客の方にも安心の日本語によるガイドツアーも開催されています。
予約不要でしかも無料です!

日本による統治の歴史があるシンガポール。
シンガポールと日本の歴史をより深く知ることができる、シンガポール国立博物館へ足を運んでみてください。

\シンガポール国立博物館の入場料金/

常設展のみ 特別展のみ 常設展と特別展
大人 S$15 S$18 S$26
子供(6歳まで) 無料 無料 無料

シンガポール国立博物館
住所:93 Stamford Rd, Singapore 178897
電話番号:+65 6332 3659
営業時間:
シンガポール歴史ギャラリー:午前10時~午後6時
シンガポール・リビング・ギャラリー:
午前10時~午後8時、午後6時~ 午後8時入場無料

定休日:なし
URL:National Museum of Singapore

ラオパサフェスティバルマーケット/シティ・マリーナエリア

シンガポールでローカルグルメを味わいたい!という方はぜひラオパサフェスティバルマーケットへ!
ここは、シンガポールでも有名なホーカーズ(屋台街)です。

このホーカーズは、シンガポールのビジネス街ど真ん中にあり、ランチ時はビジネスマンの胃袋を満たしてくれます。
もちろん、観光客も大歓迎。

ここのおすすめの一つは、ラクサ。
ラクサはシンガポールを始め、インドネシアやマレーシアなど東南アジアで広く食べられている麺料理。

魚介ベースのココナッツカレー風味で、香辛料や唐辛子でピリッとするものの、ココナッツミルクのおかげでまろやかな味。
その他には、フライドホッケンミーというシンガポール名物のシンガポール版焼きそば。

玉子麺またはビーフンを魚介スープで炒めプリップリのエビやイカが入っています。
たくさんの屋台の中から自分のお気に入りのお店やローカルフードを探すのも楽しい!

シンガポール人に混ざって食べると、観光客ではなく、まるでシンガポールの住人になったみたいでワクワクしてきます。
ホーカーズは基本的に自由席なので、先に席を取っておくことをおすすめします。

お昼時はとっても混むので、ランチタイムは避けたほうがベターです。

ラオパサフェスティバルマーケット
住所:18 Raffles Quay, Singapore 048582
電話番号:+65 6220 2138
営業時間:Open 24 hours
定休日:なし
入場料や利用料:なし
URL:Lau Pa Sat Festival Market

シー・アクアリウム/セントーサ島

シンガポールのうだるような暑さを回避するためにシンガポールの観光アイランドに位置する水族館へ観光に行ってみてはどうでしょうか。
この水族館は2012年のオープン当時、世界一の施設の広さとアクリルパネルの水槽の大きさでギネス認定されました。

ここシー・アクアリウムの目玉は、オープン当時ギネスに認定された巨大水槽。
パネルの高さが8.3メートル、幅36メートルの水槽に、800種類もの魚たちが優雅に泳いでいる姿を観察することができます。

そのほか、迫力ある12種200匹以上のサメが泳ぐシャークシーや、高さ8mの巨大円柱形からは360度から魚を観察できるなど見てて飽きない展示で見応えがあります。
常設展示のほか、時期によっては親子で楽しいイベントが開催されているのでチェックしましょう。

水槽の前で寝袋に入って一夜を過ごすオーシャンドリームというイベントは、魚好きにはたまらないですよね!
夜の水族館に泊まれるなんて日本ではなかなか体験できません。

そのほか、ハロウィーンの時期には、子ども向けにクイズスタンプラリーが開催されるなど、観光客向けに体験型プログラムも充実しているので、思い出に残る体験ができそうですね。
最新のイベント情報は、ぜひ公式サイトからチェックしてください。

シー・アクアリウム
住所:8 Sentosa Gateway, Sentosa Island, Singapore 098269
電話番号:+81 3 6273 4066
営業時間:10AM–7PM
定休日:なし
入場料や利用料:
大人 (13〜59歳) S$40
子ども (4〜12歳) S$29
シニア(60歳〜) S$29
URL:S.E.A. Aquarium

ユニバーサル・スタジオ・シンガポール/セントーサ島

シー・アクアリウムがある観光アイランド、セントーサ島に日本でもおなじみのユニバーサル・スタジオ・シンガポール(USS)があるのをご存知でしたでしょうか。
ユニバーサル・スタジオ・シンガポールは、日本にはないアトラクションがたくさんあるので、USJで遊びなれている方もきっと楽しめるはず。

ユニバーサル・スタジオ・シンガポールは、USJと比べるととってもコンパクト。
半日いれば主要なアトラクションは回れてしまうんです。

平日は比較的空いていますが、混み合う祝日でも入場料とは別でエクスプレス・パスを購入しておけば、優先的にアトラクションに乗ることができます。
エクスプレス・パスは、各アトラクションに1回のみ優先的に乗れるもの、そして回数無制限で乗れるものと2種類あるので要チェックです。

おすすめアトラクションは、トランスフォーマーの世界を体験できるトランスフォーマー・ザ・ライド。
USJのスパイダーマンのアトラクション同様、3Dメガネを装着するアトラクションで、迫力満点です。

また、バトルスター・ギャラクティカも要チェックです。
絶叫系が好きな方にとっては大好物の王道ジェットコースターで、HUMANは一般的な着席して乗るコースター、そしてCYLON足元のステップがないタイプのコースターです。

2つのコースターは、同時にスタートし、途中交差する場面があるので、スリル満点です。
**ユニバーサル・スタジオ・シンガポールは、先にも紹介したとおり、USJほど広くはなく、半日観光を計画することができます。

限られた日数で観光するには時間管理が大切です。
時間を有効に使い、シンガポール観光を思いっきり楽しみましょう!**

20代/女性

3月の春休みの時期に行きました。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンには無いスリリングなアトラクションも多く、現地の人よりも観光客が多い印象でした。また、待ち時間がとても短く、ジェットコースターも15分程度待てば乗れます。

ユニバーサル・スタジオ・シンガポール
住所:8 Sentosa Gateway, Singapore 098269
電話番号:+65 6577 8888
営業時間:
月〜木 10AM–7PM
金〜土 10AM–10PM
日   10AM–8PM
定休日:なし
入場料や利用料:
大人(13〜59歳)  S$76
子ども(4〜12歳) S$56
シニア(60歳〜) S$38
URL:ユニバーサルスタジオ・シンガポール

ナイトサファリ/シンガポール郊外

シンガポールのナイトサファリは世界初の夜間専用サファリとして開園し、観光客に大人気の観光スポットとなっています。
シンガポール中心部からは距離があるとはいえ、タクシーで約30分かからない程度ですが、毎年130万人ほどの多くの観光客を惹きつけています。

このナイトサファリでは、約100種900体の夜行性の動物が生活しています。
中には、マレートラ、アジア象、アジアライオンなど絶滅の恐れのある貴重な動物をここシンガポールで見られるので必見です。

ナイトサファリでは、トラムで巡るコースと徒歩で巡るコースがあります。
トラムは、観光客向けに日本語音声イヤホンガイドを申し込むことができるので、解説を日本語で聞きたいという観光客の方は別で申し込みが必要です。

できるだけ自然に近い状態で展示をしているのが、ここナイトサファリのコンセプト。
薄暗い中でのサファリは冒険気分を味わえます。

サファリのほかには、観光客向けに迫力満点のファイヤーショーが1日に3〜4回開催されますので、公式サイトでスケジュールをチェックしましょう。
また、パーク外にはレストランもいくつかあります。

サファリ観光前に食事を済ませるか、観光後にレストランで食事をすることもできますので、時間に合わせて利用してくださいね。

50代/男性

夜にサファリパークを専用のカートに乗って回るものです。
夕方行くと、短めのアトラクションもやっているので、夕食を食べながらショウを見て、動物を見に行きます。

暗くなるとよく見えないので早めの時間に行くのがおすすめです。
また、歩いて観れる場所もあるので時間をかけて自分のペースで見るのもおすすめ!

30代/女性

2012年9月に初めて訪れました。
シンガポールの観光名所を調べていて、ナイトサファリが有名とのことで、動物好きとしては興味があり、行ってみました。
乗り物に乗って回ることも、歩いて回ることもでき、日本ではなかなか見られない近さで夜の動物たちを見ることができてとても楽しかったです。また、現地民謡のようなショーもあり楽しめました。
2時間ほどの滞在だったかと思いますが、子供はもちろん、大人も日本ではなかなか見れないのでぜひおすすめです。

40代/女性

夜8時ごろに動物園に到着しましたが、入場チケットの受付は長蛇の列でした。
なんとか最終の時間にトラムに乗ることができました。
園内は思っていた以上に暗くて、何の動物だったかわからない時もありました。
スマホで撮った写真はほとんど暗闇しか写りませんでした。
時間がなかったので少しだけですが、歩いて一部の動物を見に行くこともできました。
動物のショーもあり楽しい夜の時間が過ごせました。
チケットはやはり事前予約しておけば良かったと思いました。

ナイトサファリ
住所:80 Mandai Lake Rd, Singapore 729826
電話番号:+65 6269 3411
営業時間:7:30PM–12AM
定休日:なし
入場料や利用料:
大人 S$49
子ども(3〜12才) S$33
URL:Singapore Night Safari

<下に続く>

シンガポール観光のベストシーズンは?

Banbiさんのコメント
シンガポールは常夏(日本の7月くらいの気温です)で外は暑いのですが、建物内(バス含む)の冷房が体調を崩してしまうほど寒いことがあります。
一枚羽織れるものを持ち歩く事をおすすめします。
(こちらの考え方で冷えていることが最高のおもてなしだそうです)

11月〜3月まで雨季に入りますのでこの時期は折りたたみ傘が欠かせません。
一日中雨が降るということはないのですが、スコールのように突発的にはげしい雨が降ります。たいていの場合は40分くらいで止むことが多いです。
松尾愛理紗さんのコメント
年中を通して夏ですが、乾期と雨季があります。
毎年旧正月前は気温が少し下がり、旧正月が開けると30度を超えるような天気が続きます。

雨は一瞬で止みますが、乾期と雨季を問わずほとんど毎日どこかのタイミングで雨が降るので、折り畳み傘をお忘れなく。
おまる部長さんのコメント
紫外線が非常に強いので、日焼け止め・日傘・帽子などで対策してください。

1年中外は暑いですが、屋内は夏の日本よりも強めにクーラーがきいている施設がほとんどなので、薄手の羽織ものを持っていくことをおすすめします。


近隣国の森林火災や焼畑によって起きる深刻なヘイズ(煙害)が数年に1度ですが起きているので、その際は屋内で楽しめるスポットを巡ることをおすすめします。
<下に続く>

シンガポール観光で気になる治安は?

松尾愛理紗さんのコメント
治安は良好、夜街を歩いていても全く問題ありません。
ホーカーセンターなどに行った際は、まず席を確保してから店に料理をオーダーしに行きますが、席を確保する際は、カバンは席に置かずにポケットティッシュなどを置いて席を確保しておきましょう。

\シンガポールの治安について詳しく知りたい方はこちら!/

シンガポールの治安はいい?悪い?観光時に注意するべき犯罪や安全点を紹介  【治安の前に】シンガポールってどんな国? 東南アジアに位置する「シンガポール」はどんな国でし...

<下に続く>

シンガポール観光で気になる物価は?

Banbiさんのコメント
シンガポールは物価が高いと言われますが、東京と同じくらいだと思います。
(私は地方出身なので東京に行くといつも物価が高いと感じでいました。)

ただ、レストランではメニュー額に消費税7%、サービス税10%が加算されるので高くなると思います。
そして、酒税が高いためアルコールの価格も高いです。
外食の際は気をつけておいた方が良いポイントだと思います。

\シンガポールの物価について詳しく知りたい方はこちら!/

シンガポールの通貨はシンガポールドル。物価は高い?日本と比較【交通費|食費】シンガポールの通貨はシンガポールドル シンガポールの通貨はシンガポールドルです。
アメリカド...

<下に続く>

シンガポール観光で知りたいシンガポールの言語事情

松尾愛理紗さんのコメント
この国では、公用語はマレー語とされていますが、マレー語を話す人はほとんどおらず、ニュースチャンネルや新聞などを含む人々のメインの言語は英語がメインです。
日本語はあまり通じないので、英語もしくは中国語が話せるとベターです。

\シンガポールの言語事情について詳しく知りたい方はこちら!/
シンガポールで英語は通じる?言語、公用語は?挨拶や会話で使える言葉、単語20選シンガポールの言語、公用語は何?? p-insta:(https://www.instagra...

<下に続く>

シンガポール観光の注意点

Q.治安や物価以外にシンガポールの観光で気を付けた方がいいことはありますか?

Banbiさんのコメント
公共交通機関内は飲食禁止です。
その代わり、携帯電話の通話は可能で日本と真逆なので気を付けて!
おまる部長さんのコメント
22時半から朝7時まで公共の場での飲酒が禁止されているので、その時間帯はスーパーやコンビニなどではお酒が買えません。
遅い時間帯は許可されている飲食店内か、早めの時間に購入しておいてホテルの部屋などでお酒を楽しみましょう。
<下に続く>

【番外編】シンガポール観光で買うべき!在住者おすすめのお土産

魚の皮チップス
@banbi4649

Q.在住者のBanbiさんがおすすめするシンガポールのお土産は?

Banbiさんのコメント
シンガポール人に人気のスナックがあります。
魚の皮チップスです。
味はソルティーエッグといって塩漬け卵の黄身味でこちらの方は大好きです。
日本人には好き嫌いが別れると思うのですが、ネタになるお土産になるのではないでしょうか。

\シンガポールのお土産について詳しく知りたい方はこちら!/
シンガポールで人気のお土産おすすめ22選!【お菓子・雑貨】シンガポールのお土産におすすめのお菓子12選 TWGの紅茶 postitem:(9053)...
<span class='card
content_footer'>どこいく編集部

<下に続く>

自然、アート、歴史と文化の溢れるシンガポール観光に行こう!

シンガポールの観光地

近代的な観光地のほか、様々な文化が融合した社会や歴史も同時に感じられる観光スポットもたくさんある魅力的なシンガポール。
どんな人でも受け入れてくれるようなそんな温かい雰囲気が流れている多国籍国家シンガポールで、日本では得られない観光の思い出をたくさん作ってくださいね!

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line