どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/01/02

プラハ城の見どころは?スタバや衛兵交代も!行き方や入場料、開館時間

東欧のチェコ共和国の代表的な観光スポットのプラハ城は、世界で最も古くて大きなお城としてギネス認定されています。
定番の修道院や美術館、衛兵交代など魅力に詰まったプラハ城の見所から、スタバやおすすめのレストランとホテルまでを紹介します。

Large prague 2041008 1280

プラハ城があるチェコってどんな国?

チェコの橋
プラハ城は、その名前の通りチェコの首都であるプラハに立つお城です。
かつては、ボヘミア国王や神聖ローマ皇帝の居城でしたが、現在はチェコ共和国の大統領府のある場所となっています。

チェコへの行き方

日本からチェコへの直行便はありません。
飛行機の場合、ヨーロッパの主要都市などで乗り継いでチェコへと行くことができます。

しかし、ヨーロッパ内は国際列車が非常に充実しているので、電車での移動がおすすめです。
ドイツのベルリンからは陸路で5時間、オーストリアのウィーンからは4時間半から8時間となります。

夜行電車も多く走っているので、昼間はチェコの周辺諸国を観光した後に夜に寝ながらチェコへ移動する方法もおすすめです。
ヨーロッパの鉄道に乗り放題のユーレイルパスもあるのでお得に電車の旅が楽しめます。

チェコの通貨や物価

チェコの通過はコルナで、2018年12月現在は、1コルナ約5円です。
チェコは徐々に物価が上がりつつあるので最新情報は事前に確認する必要がありますので注意してください。

品物 価格
ミネラルウォーター(500ml) 8,90~19,90コルナ(約45~100円)
コーヒー 25~75コルナ (約115~345円)
ビール 20~75コルナ(約100~400円)
タクシー初乗り 40コルナ~(約200円~)

チェコの通貨はコルナ。物価は安い?日本と比較【交通費|食費】チェコの通貨はコルナ チェコの通貨は「コルナ」と言います。
EUなのですが、ユーロではありま...

チェコの人種や治安

チェコ人は、スラヴ系民族の人が多数を占めています。歴史的背景から、ロマと呼ばれる人種の人も3%程度いるのですが、ロマの人たちは差別を受けることも多いため問題になっています

ロマの人というのは、もともとは移動系民族であったため家をもつことがありませんでした。
ジプシーという言葉でも知られているのですが、ジプシーは差別的な意味が込められることがあるため、ロマと呼ばれることが多くなりました。

近年は、ロマ出身でも定住していたりするのが、ロマの人はチェコの公用語であるチェコ語が母語ではないです。
そのため、子どもたちが差別を受けたりすることも多く、チェコの問題として重要視されています。

チェコは、日本と比較すると治安が良い国とは言えません
特に、プラハ本駅周辺と通り抜けられる公園は近づかないようにすることが望ましいです。
朝方や昼間などの明るい時間帯は人も多くなり治安はよくなるのですが、夕方から酔っ払いが多くなるので注意する必要があります。

ヨーロッパの周辺諸国と比較するとスリの被害は多くないですが、日本と比較すると非常に多いです。
リュックサックは避け、バッグなどの貴重品は胸の前に抱えるなどの対策は心がけましょう。

チェコで英語は通じる?言語、公用語は?挨拶や会話で使える言葉、単語20選チェコの言語、公用語は何?? チェコの公用語はチェコ語です。
国民の96%(約1060万人)...

<下に続く>

プラハ城ってどんなお城?

プラハ城は世界で最も古くて大きいお城

世界で最も古くて大きなお城としてギネス認定されています。

プラハ城は、お城だけてなく城内の教会、宮殿、火薬党、さらには使用人の家までを含めた集合複合施設のようになっています。
そして、それ全てをプラハ城の一部と呼びます。

一般的なお城とは少し違って、色んな建物や施設が集まって出来た複合施設のようになっています。
非常に広いので、プラハ城だけでも見応えが十分にあります。

プラハ城の歴史

プラハ城が今の形となるまでには長い年月がかかりました。
9世紀から14世紀までの6世紀かけて建設された非常に大きなお城です。

最初は聖母マリア教会が建てられたことをきっかけに、修道院がお城の中に建てられたことに始まり、ロマネスク様式の宮殿が建てられ、ゴシック様式で王宮が再建されました。
その後、広大なゴシック教会が建設されて今の形となりましたが、大火や戦争などの長い歴史を経ましたが、再建を繰り返し、今の形となりました。

<下に続く>

プラハ城への行き方は?

チェコ・プラハの夜景

プラハ城への行き方①:トラムでまっすぐ

プラハ城までの一番簡単な行き方は、トラムで向かう方法です。
マロストランスカー駅やマラーストラナ広場から、22番のトラムに乗車し、プラズスキーフラドで降りるとプラハ城の北門近くへでます。

プラハ城への行き方②:地下鉄の駅から徒歩

マロストランスカー駅からトラムに乗ることもできますが、マロストランスカー駅から歩いてプラハ城まで向かうこともできます。
階段などもあるのですが、15分ほど歩く必要があるので、足腰に自信のない方や妊娠中の方はトラムに乗ることがおすすめです。

プラハ城への行き方③:街を散策しながら徒歩で

プラハの街並み散策をしながらお城まで行くことのできる徒歩でのアクセスもおすすめです。
街の中心部からは徒歩15分程度でプラハ城まで行くことができます。

城下町として栄えていたプラハ旧市街地を眺めながらの道のりは非常に面白いです。
道は平坦ではなく、階段を上る必要もあるので体力がある方であればおすすめです。

<下に続く>

プラハ城のチケットはどこで買えるの?

プラハ城のチケットは、プラハ城中庭などにあるインフォメーションセンターや、美術館、旧王宮、黄金の小路で購入することができます
チケットを購入しなくても、敷地内に入って大聖堂などの外観を眺めることは可能なので、外観だけであれば無料で観光できます。

<下に続く>

プラハ城の開館時間は?

プラハ城は、城内の観光場所によって開館時間が異なります
プラハ城の敷地内は、6時から22時までとなります。
プラハ城庭園は、10時から18時までですが、冬季(11月から3月)は閉館となるので注意が必要です。

その他のプラハ城内の教会や美術館などの施設は、夏季(4月から10月)9時から17時、冬季(11月から3月)は9時から16時までとなります。
聖ヴィート大聖堂は、日曜日の午前中はミサのため観光客向けには開館していませんので注意しましょう。

<下に続く>

プラハ城の入場料は?所要時間はどれくらい?自分に合ったコースを選ぼう!

プラハ城の見学コースは3種類あります。

場料 コース名 コース内容
一般:350コルナ Aコース 聖ヴィート大聖堂、旧王宮、聖イジー教会、黄金の小路、ダリボルカ塔、常設展「プラハ歴史物語」、火薬塔、ロジュンベルク宮殿
一般:250コルナ Bコース 聖ヴィート大聖堂、旧王宮、聖イジー教会、黄金の小路、ダリボルカ塔
一般:350コルナ Cコース 聖ヴィート大聖堂、旧王宮美術館

Aコース

プラハ城の見所全てに入館できるコースで、見て回るにはおよそ半日は要します
それぞれの施設への入館は1度きりとなりますが、チケットは2日間有効なので、プラハ城をじっくりと見て回りたい人におすすめです。

Bコース

一番人気のコースで、所要時間はおよそ3から4時間となります。
プラハ城のメイン見所を抑えて効率的に観光したい方におすすめです。

Cコース

外観だけでは寂しいけどあまりお金も時間もかけられない方におすすめなのがCコースです。
プラハ城の最大の魅力である聖ヴィート大聖堂と、歴史を垣間見ることができる旧王宮美術館聖堂に入館できます。

<下に続く>

プラハ城の衛兵交代は見ごたえあり!

プラハ城の正面玄関の目の前にある、フラッチャニ広場では衛兵交代を見ることができます。
ノーベル平和賞受賞に繋がった、オバマ元大統領の核兵器廃絶を宣言したスピーチ「プラハ演説」をしたのもフラッチャニ広場です。

そのフラッチャニ広場で毎時実施される衛兵交代は非常に見応えがあります。
盛大な楽器の演奏と足並みのそろった行進は多くの観光客を魅了します。

<下に続く>

プラハ城のスタバにも寄ってみよう!

スタバ

プラハ城のすぐ近くには、スターバックスプラハ城店があります。
スタバのプラハ城店は、世界一美しいスタバとも称されています。

外観もプラハ城の景観を崩さないように設計されていて、とても美しいです。
プラハ城の見学の途中で一息つくのにおすすめです。

<下に続く>

教会やステンドグラス!プラハ城の見どころ7選

プラハ城の見どころ①:聖ヴィート大聖堂

プラハ城のメインとも言える聖ヴィート大聖堂は、高さ約125m幅は約60mととても大きく、600年ほどの歳月を経て完成しました。
10世紀にはロマネスク様式の教会として建設されたのですが、その後ゴシック様式の大聖堂と改築され、1929年に現在の姿となりました。

大聖堂内は、色鮮やかで大きなステンドグラスがとても美しいです。
中でも観光客を多く引き付けているのは、チェコの代表的な画家、アルフォンス・ミュシャが制作したミュシャのステンドグラスです。

プラハ城の見どころ②:旧王宮

王宮という名からイメージする豪勢さはあまりなく、パステルイエローの可愛らしい色合いの建物です。
16世紀まで歴代のボヘミア王の住まいとなっていました。

一番の見所は、ヨーロッパ最大のホールだった、ヴラディスラフホールです。
花びら模様のような美しいデザインの天井が魅力的で有名です。

プラハ城の見どころ③:聖イジー教会

聖イジー教会は、プラハ城内に現存する最古の教会です。
外観は赤煉瓦で印象的な可愛いらしい教会です。

920年頃に建設され、その後973年にボヘミアでは初めての女子修道院として、聖イジー修道院が併設された、長い歴史を持ちます。

プラハ城の見どころ④:黄金の小路

その名前とは裏腹に、とても可愛らしい街並みが続く黄金の小路は、かつて錬金術師を住まわせていたと言われています。
お土産やさんなども多くあるので立ち寄ってみる価値があります。

この黄金の小路の最大の見所は、変身」などの有名な小説を書いたプラハ生まれのフランツ・カフカの家です。
小説「変身」の不気味さとは正反対の青くて可愛らしい家が特徴です。

プラハ城の見どころ⑤:ダリボルカ塔

中世に牢獄として使われていたダリボルカ塔は、プラハ城の中でもダークな一面をもつ観光場所です。
様々な拷問器具がずらりと並んでいて、不気味さが際立ちます。

プラハ城の見どころ⑥:国立歴史博物館

国立歴史博物館はプラハ最大の博物館で、図書館も併設されているため、観光客だけでなく地元の方にも愛されているスポットです。
チェコの歴史と、プラハ城の長い歴史を学ぶことができます。

博物館の外観もとても美しいので入館しなくても観光を楽しめます。
特に夜はライトアップされていて非常に幻想的でロマンチックです。

プラハ城の見どころ⑦:ローゼンベルク宮殿

プラハ城の火災があり多くの家が焼失してしまったため、当時の貴族であったローゼンベルク家が宮殿を建てました。
女帝マリア・テレジアの時代にバロック様式に改築され、貴族の女性のための居室としても利用されたりと長い歴史があります。

ビーダーマイヤー様式やネオ・ロココ様式の貴族の女性の部屋が再現されています。
ローゼンベルク宮殿は、2010年4月から一般公開された比較的新しい見所です。

<下に続く>

プラハ城周辺でランチが食べられるおすすめレストラン5選!

ランチ

では、プラハ城周辺でランチが食べられるおすすめレストランをみていきましょう。
プラハ城周辺でランチが食べられるおすすめレストランには、以下のレストランがあります。

  1. テラスウズラテーストゥドニェ
  2. ロブコヴィッツ パレス カフェ
  3. ロカル・ドロウハー
  4. ウ コツォウラ
  5. レッドライオン

続いて、プラハ城周辺のレストランを、それぞれ詳しくみていきます。

プラハ城周辺のレストラン①:テラスウズラテーストゥドニェ

ミシュランを取った店としても知られていて、お料理も非常に美味しいですが、その一番の魅力はテラス席からの景色です。
旧市街地が一望できるので、晴れた日にテラス席でのんびりと食事を楽しむのがおすすめです。

テラスウズラテーストゥドニェ
住所:U Zlaté studně 166/4, 118 00 Malá Strana, チェコ
電話番号:+420 257 533 322
営業時間:7時00分~23時00分
定休日:なし
URL:http://www.terasauzlatestudne.cz/

プラハ城周辺のレストラン②:ロブコヴィッツ パレス カフェ

プラハ城内のロブコビッツ宮殿内にあるカフェなので、ランチや一休みしたい時に最適です。
屋内にも席はありますがテラス席からはプラハ市内を一望できるのでテラス席がおすすめです。

ロブコヴィッツ パレス カフェ
住所:Jiřská 3, 119 00 Praha 1, チェコ
電話番号:+420 233 312 925
営業時間:10時00分~18時00分
定休日:なし
URL:lobkowicz.com

プラハ城周辺のレストラン③:ロカル・ドロウハー

地元の人にも愛されているチェコ伝統料理のお店です。
価格も非常にリーズナブルで、回転率も良いので待つことはほとんどありません。

ロカル・ドロウハー
住所:Dlouhá 33,110 00 Staré Město, チェコ
電話番号:+420 734 283 874
営業時間:11時00分~1時00分
定休日:なし
URL:lokal-dlouha.ambi.cz

プラハ城周辺のレストラン④:ウ コツォウラ

チェコの伝統的な料理が楽しめるレストランです。
夜はバーとして営業しているため、チェコのビールもたくさん取り揃えているので観光帰りに立ち寄るのにおすすめです。

ウ コツォウラ
住所:Nerudova 205/2, 118 00 Malá Strana, チェコ
営業時間:12時00分~22時00分
定休日:なし

プラハ城周辺のレストラン⑤:レッドライオン

2009年に改装されたルネサンス様式のホテルに併設されたレストランです。
ホテルレストランなので、お値段はお高めですが洗練されたチェコ料理を楽しむことができます。

レッドライオン
住所:Nerudova, 236/41, Prague 11800, チェコ
電話番号:
営業時間:8時00分~22時00分
定休日:なし
URL:http://www.ucerveneholva.cz/

<下に続く>

プラハに泊まってゆっくりプラハ城を観光しよう!おすすめのホテル5選!

ホテル
では、プラハにはどのようなホテルがあるのでしょう。
プラハには、以下のホテルがあります。

  1. グランド ホテル ボヘミア
  2. フォーシーズンズ ホテル プラハ
  3. マンダリン オリエンタル プラハ
  4. ヒルトン プラハ オールド タウン
  5. インターコンチネンタル プラハ

続いて、それぞれのホテルを詳しくみていきます。

グランド ホテル ボヘミア

1927年創立した、90年近くの歴史のある五つ星ホテルです。
共和国広場近くなので、早朝に旧市街広場まで散歩をしたりすることもでき、観光にも非常に便利です。

部屋によっては、プラハ城と夜景を一望できるのでハネムーンなどにおすすめのホテルです。
ホテルにはレストランやバーもあるので、ゆっくりと滞在を楽しむことができます。

グランド ホテル ボヘミア
住所:Králodvorská 652/4, 110 00 Staré Město, チェコ
電話番号:+420 234 608 111
URL:http://www.grandhotelbohemia.cz/

フォーシーズンズ ホテル プラハ

フォーシーズンズ ホテル プラハの一番の魅力は立地です。
カレル橋のすぐ隣なので観光にも非常に便利な上、部屋によってはカレル橋とプラハ城の夜景を楽しむことができます。

フォーシーズンズ ホテル プラハ
住所:Veleslavínova 1098/2a, 110 00 Praha 1 - Staré Město-Staré Město, チェコ
電話番号:+420 221 427 000
URL:fhttps://www.fourseasons.com/prague/

マンダリン オリエンタル プラハ

マンダリンオリエンタルホテルは、プラハ城のふもとに佇んでいます。
元は14世紀に建てられた修道院でしたが、修復されホテルとしてオープンしました。

もともとは修道院だったこともあり、ルネッサンス時代の礼拝堂をそのまま活用したスパなど、ホテル内の随所の建築が非常に趣があります。
宿泊すること自体が観光になってしまう魅力的なホテルです。

** マンダリン オリエンタル プラハ**
住所:Nebovidská 459/1, 118 00 Malá Strana, チェコ
電話番号:+420 233 088 888
URL:(mandarinoriental.com)[https://www.mandarinoriental.com/prague/mala-strana/luxury-hotel/presentation?htl=MOPRG&eng=google&src=local]

ヒルトン プラハ オールド タウン

プラハにはヒルトンホテルが2つありますが、おすすめは旧市街にあるヒルトン プラハ オールド タウンです。
安定のヒルトンブランドのホテルだけあり、ジム、屋内スイミングプール、スパセンター、サウナなども利用できるのでおすすめです。

ヒルトン プラハ オールド タウン
住所:V Celnici 7, 110 00 Nové Město, チェコ
電話番号:+420 221 822 100
URL:https://www.hilton.com/

インターコンチネンタル プラハ

ショッピングにも便利なパリ通りにあるインターコンチネンタルホテルは、部屋も広く観光客に人気があります。
どの部屋も快適に過ごすことができるのですが、部屋によってはブルタバ川を眺めることができます

インターコンチネンタル プラハ
住所:Pařížská 30, 110 00 Staré Město, チェコ
電話番号:+420 296 631 111
URL:https://www.icprague.com/

<下に続く>

歴史のあるプラハ城観光

チェコの眺め

ギネス認定もされているプラハ城は、時間が限られている人は外観だけなら無料で楽しむことができます。
魅力に詰まった非常に広いお城なので、レストランやカフェなどを利用して休みながら、時間が許すのであれば数日間かけてじっくりと楽しむこともできます。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line