どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/01/24

ダルエスサラームのおすすめ観光地とホテル!過去の事件や治安、対策

タンザニア連合共和国は、東アフリカに位置するインド洋に面した国です。

タンザニアの経済の中心地、ダルエスサラームは郊外にサファリ有り、海岸沿いにはビーチ有り、町は活気有りの観光地も多いタンザニアきっての大都市です。

スワヒリ語と英語を公用語としているので、英語が通じるのも観光客にはありがたいところ。
ダルエスサラームの歴史や治安、おすすめ観光地などの情報をお届けします!

Large tanzania

タンザニアの首都だったダルエスサラームはどんなところ?

現在のタンザニアの首都はドドマですが、1973年に首都がドドマに遷都されるまではダルエスサラームが首都と定められていました。
とは言えど、鉄道や交通の中心、金融の中心などを担うダルエスサラームは実質的な首都の機能を担っています。

そんな大都会でありながら海もサファリも楽しめるダルエスサラームはどんなところなのか見ていきましょう。

ダルエスサラームの地理

東アフリカに位置するタンザニアのダルエスサラーム(Dar es-Salaam)は、タンザニア東部にある国内最大の街です。

気候は熱帯性で、年間を通して平均気温が30度前後と暑く、またインド洋に面しているため湿度も高いのが特徴です。

熱帯特有の気候のためなどの害虫も多いので、外出の際や夜休むときなどには虫除けスプレーや蚊帳などで防ぐ必要があります。
また、タンザニアに生息する蚊はマラリアを媒介するので、肌の露出をさける・夜間には外出しないなどの工夫も必要です。

(現在のところマラリアにはワクチンがありません)

ダルエスサラームの歴史

ダルエスサラームの建設は、1865年ごろになります。
アラブ人王朝のザンジバル・スルタン国王であるマージド・ビン・サイードによってインド洋の臨めるこの地に離宮が建設されました。

アラブ系、インド系の商人が多数移住し、アラビア語で平和の家・平和の地を意味するダール・アッサラームからダルエスサラームと言う地名となりました。
こうして、香辛料や奴隷貿易で国が栄えていきます。

1880年代にはヨーロッパの国々によるアフリカ分割によって、アフリカの各地域の植民地化が進みました。
1887年にはドイツの支配下に置かれましたが、第1次世界大戦でドイツが破れるとイギリスによって統治されるタンガニーカ(Tanganyika)という国家となり、ほかのイギリス統治の国々同様に、インド系の移民が増えました。

タンガニーカは1961年にイギリスから独立し、ザンジバル王国(Zanzibar、現在ではザンジバル諸島) と併合し1965年にはタンザニア連合共和国として建国され、首都がダルエスサラームに定められました。
タンザニアは独立・建国されてからまだ半世紀あまりなのですね。

ダルエスサラームの人口

ダルエスサラームはタンザニアで最大の都市で、人口は約436万人ですが近隣の農村からの流入によって年々人口が増加しています。
東京都の約2.5倍の面積に、東京都の約半分弱くらいの人が暮らしているということになりますね。

<下に続く>

国際空港もあるダルエスサラームへの行き方は?

ダルエスサラームにはジュリウス・ニエレレ国際空港があり、タンザニアへ乗り入れる際の空の玄関口となっています。
ジュリウス・ニエレレはタンザニアの初代大統領の名前です。

ヨーロッパ系の航空会社でジュリウス・ニエレレ国際空港へ乗り入れているのはブリティッシュエアウェイズ、KLMオランダ航空、スイス航空です。
その他にはトルコ航空、アラブ系ではカタール航空、エミレーツ、エジプト航空、またアフリカの航空会社ではルワンダ航空、南アフリカ、ケニア、エアマラウイ、エアジンバブエ、エアタンザニア(とその系列)、など各社が運航しています。

日本から行く場合は、成田からエミレーツ航空を利用してドバイ(アラブ首長国連邦)経由でダルエスサラームへ入るか、カタール航空でドーハ経由でダルエスサラームへ入る方法が乗換えが少なく、便利です。

<下に続く>

「平和の港」と言う意味のダルエスサラームの治安は?

平和の家、平和の地、と呼ばれているダルエスサラームですが、アフリカ南東部にあって人口の多いダルエスサラームは治安が悪いことで有名です。
安宿は強盗宿として有名ですし、特に引ったくりやスリ、強盗被害が後を絶ちません。

欧米系だけではなくアジア系の観光客も現地では目立つ存在です。
どの国でも言えることですが、日本のような安全感覚で外を歩くと昼夜問わず被害に合いやすいと言えますので、十分に気をつけましょう。

特にダルエスサラームでは観光客を狙ったタクシー強盗被害が横行しています。
流しのタクシーだけでなく、駅前やバス停前のタクシーで運転手が身分証などを見せてきたような場合でも、安全とは限りませんので極力タクシーには乗らない方が賢明といえます。

<下に続く>

ダルエスサラームで実際に起きた事件!

タンザニアは外務省の海外安全ホームページでも危険レベル1~2に指定される地域があります。
人口の多いダルエスサラームでは貧困層の都市への流入が多くなっていると共に被害件数も増加しているので、頻発している事件例をいくつかご紹介します。

タクシー強盗

観光客相手に最も多いのがタクシー強盗です。
目的地と全く違う場所に連れて行かれ、更に仲間が乗り込んできて金品やカード、パスポートなど有り金全部を奪われるケースです。

またタクシーを捜しているといかにもいい風を装って話しかけてきて、身内や友人がタクシーをやっている、他より安く乗せてやる、などと交渉してきます。
乗ってしまうと、次々に家族だ、友人だと人が増えキャッシュカードなどは盗まれた上、ATMまで連れて行かれて番号を聞き出されて限度額いっぱいまで引き出されてしまいます。

「殺すぞ」などの脅し文句も言って来ますし、実際に逃げようとして暴行された例もあります。
白昼堂々の事件も多い上、警察官なども当てになりませんのでタクシーはできるだけ利用しないほうが良いでしょう。

もしどうしても車が必要な場合は、Uber(ウーバー)を使うほうが多少は安心と言えます。
Uberは利用する際に運転手の免許証や車のナンバー、車種を登録する必要がある為、事件を起こしても身元が割れやすいのでタクシーよりは犯罪率が低いと言えます。

ただ国によっては免許や車の登録システムの曖昧さなどもありますので、特に向こうから話しかけてきたような車には絶対に乗らないようにくれぐれもご注意下さいね。

両替詐欺

タンザニアの通貨はタンザニア・シリングTZS=(Shillingi ya Tanzania)ですが、タンザニアシリングの一番大きい額の貨幣は10000タンザニアシリングです。

一見してゼロが多いので大金のようですが、それでも約500円ほどなので、両替した現地通貨を持つとたいそうかさばるうえ、見間違いやすくなります。

そのため両替所で金額をごまかされる被害は日常となっています。
両替所以外にも闇両替商のような商売も多く、両替をしてやると言って近づいてきては手持ちがないから待っているように言われ、そのままお金を持ち逃げされるケースが多発しています。

または、両替商を紹介すると言われフレンドリーに両替をしてくれた後「大金を持ち歩くと危ないからちゃんとポケットに隠せ」と言われて親切に札束を二つ折りにしゴムで留めてくれたと思ったら、10000シリング札が全部1000シリング札だったと言うような詐欺がとても多くなっています。

ちゃんと目の前で金額を確認したにもかかわらず、外側だけが高額紙幣で中が全部小額紙幣だったという手品のような両替詐欺ですが、ゴムで止める瞬間にすり替えてしまうらしく、全く気づかない事も多いのだとか。
ATMでのスキミング被害も多いので気をつけたいですね。

薬物強盗

薬物強盗はかなりたちが悪い犯罪ですが、ダルエスサラームでも頻発しています。
旅行中に親切に色々教えてくれたり、バスやチケットの入手を手伝ったりご飯をおごってくれたりして心を許してしまった相手に睡眠薬を盛られてしまうケースです。

おごって貰ったビールなどの飲み物、ご飯に睡眠薬が入っていたりバスに乗り合わせた乗客からすすめられたお菓子が睡眠薬入りで、食べたとたんに意識をなくし、カバンごと盗まれてしまったケースもあります。
かなり強い薬で数日入院が必要なケースなどもありますので、どんなに親切でも旅先で出会った見知らぬ人には注意したほうが良いでしょう。

<下に続く>

ダルエスサラームで事件に巻き込まれないための対策は?

どの外国の都市でもいわれる事ですが、例えば金品を目に付くところに出さないと言うのは基本です。
ダルエスサラームでは車に乗っているときでさえ、信号待ちの際に止まっている車の窓から侵入されあっという間に携帯電話をとられてしまったり、カーブでスピードを落としたときにあっという間に手に持っていたものを盗まれてしまったりもします。

万が一に備えて、なるべく現金やカードは分けて持つこと、また被害額を抑える為にカードはデビットカードに分けて持つなどの工夫も必要です。
また、必要以上に親切にしてくる相手に気を許さないようにしましょう。

<下に続く>

治安対策をしたら!ダルエスサラームでおすすめの観光5選!

では、次にダルエスサラームの観光地を見ていきましょう。
海もありサファリも楽しめるダルエスサラームには以下のような観光地があります。

  1. ムブディア島
  2. 自然と野生動物のツアー/ブレイクダウンサファリ
  3. ウェットンワイルド・ウォーターパーク
  4. ファーマーズマーケット/オイスターベイショッピングセンター
  5. キガンボニ大橋

続いて、ダルエスサラームの観光地をそれぞれ詳しく見ていきます。

ダルエスサラームの観光地①ムブディア島

ムブディア島はダルエスサラームからわずか1時間ほどで到着する島で、まさに地上の楽園といったっ風貌のリゾートです。
ダルエスサラーム近郊のビーチの賑やかさはなく、静かで落ち着いた海ではシュノーケリングも楽しめます。

ムブディア島/Mbudya Island
住所: Tanzania Mbudya Island 

ダルエスサラームの観光地②自然と野生動物のツアー/ブレイクダウンサファリ

ダルエスサラーム近郊のミクニ国立公園、タンザニア最大のラウハ国立公園、クイーンのボーカリストでもあったフレディマーキュリー生誕の地ザンジバル(ザンジバル諸島)、コンゴとの境にある淡水湖・タンガニーカ湖を巡るツアーなどいくつものサファリツアーをアレンジしてくれるブレイクダウンサファリがおすすめです。
シマウマやライオンを間近で見ることが出来たり、生と死を感じる迫力のサファリツアーは観光客にたいそう人気があります。

ブレイクダウンサファリ/Breakdown Safari
電話番号: +255 782 675 451
URL:Breakdown Safari ホームページ

ダルエスサラームの観光地③ウェットンワイルド・ウォーターパーク

一日ゆっくり遊びたいならホテルも併設のウェットンワイルド・ウォーターパークがおすすめです。
スライダーや噴水などの施設のほかにゆっくりできるバーやレストランもあり、そのままビーチへも出られます。

Kunduchi Wet 'N' Wild Water Park
住所: Kunduchi Water Parks Ltd, Dar es Salaam 00361, Tanzania
Kunduchi Water Parks Ltd, Dar es Salaam 00361, Tanzania
電話番号: +255 688 058 365
営業時間: 9:00-17:30
定休日: なし
入場料や利用料: 12,000.00タンザニアシリング
URL:Kunduchi Wet'N'Wild Water Parl

ダルエスサラームの観光地④ファーマーズマーケット

ココビーチに程近いオイスターベイショッピングセンターで毎月最終土曜日にタンザニアの名産品が並ぶファーマーズマーケットが開かれています。
人気の自然派食品やオーガニック製品、化粧品など生産者の顔の見えるタンザニアの製品を購入できます。

タンザニアの隠れた名品である蜂蜜やタンザニア産のチーズ、バオバブの木から採れるオイルで作った石鹸やラムネに似た食感のバオバブの種のお菓子など珍しいものも並びます。

オイスターベイショッピングセンター・OysterBay Shopping Center
住所: Toure Dr, Dar es Salaam,Tanzania
営業時間: 8:00-19:00
定休日: 日曜日
入場料や利用料: なし

ダルエスサラームの観光地⑤キガンボニ大橋

中国の建設会社によって建設されたキガンボニ大橋は2016年に開通した全長680メートル東アフリカ最長の橋です。
橋はダルエスサラームのシティセンターとタンザニア大学のあるキガンボニを繋ぐ往復6車線の橋ですが、サイドに歩行者用の通路もあり、ダルエスサラーム湾ののどかな眺めを見ることができます。

アップライトされた夜の眺めも美しいのでドライブコースにもおすすめですよ。

キガンボニ大橋/Kigamboni Bridge
住所: キガンボニ大橋

<下に続く>

安いYWCAや高級ホテルも!ダルエスサラームでおすすめホテル5選!

ダルエスサラームには以下のおすすめホテルがあります。

  1. スリップウェイホテル
  2. シークリフホテル
  3. シースケイプホテル
  4. イージーズプレイス
  5. YWCA Hostel

続いて、それぞれのホテルを詳しく見ていきましょう。

スリップウェイホテル

高級住宅地のマサキ地区にある高級ホテルですが、1泊1万5000円前後から宿泊できます。
屋外プール付で整えられたリゾート風の部屋は時間を忘れるほど快適です。

スリップウェイホテル/Hotel Slipway
住所: Slipway Road, Masaki Prninsula, Dar es Salaam, Tanzania
電話番号: +255 22 260 0893
定休日:-
URL: Hotel Slipway HP

シークリフホテル

高級住宅地のマサキ地区にあり、半島の先端の見晴らしの良い場所にある高級ホテルです。
お値段は1泊2万円前後ですが、重厚間のある落ち着いた雰囲気の部屋はシービューの立地のよさ。

屋外プール併設で、朝食やシーフードなどをふんだんに使ったレストランの食事もおいしいと評判です。
たっぷりリゾート感を味わうにはおすすめのホテルです。

シークリフホテル/Sea Cliff Hotel
住所: Toure Drive, Masaki , Dar es Salaam 00100,Tanzania
電話番号: +255 22 552 9900
定休日:-
URL: Sea Cliff Hotel HP

シースケイプホテル

シースケイプホテルは、ダルエスサラーム北部に位置するンベジ地区にある落ち着いた環境にあります。
高級ホテルですが街から少し離れているため1泊6000円~とお値段も比較的お手ごろです。

室内プール、屋外プールがあり、部屋は広くてゆったり出来ます。
ビーチまで徒歩2分と言うロケーションも嬉しい。

シースケイプホテル・Seascape Hotel
住所: Mbeki Beach Area, Dar es Salaam 38081,Tanzania
電話番号: +255 689 101 007
定休日:-
URL: Seascape Hotel& Conference Center HP

イージーズプレイス

中心部からは少し離れていますが、アフリカの暮らしをそのまま楽しめる民家型のホテルがシージーズプレイス。
ウェットンワイルドウォーターパークからは約14キロの立地です。

朝食やバーベキュー、アメニティ類もそろっておりプライベートバスルームやテレビ、Wifiもありますので雑踏を逃れてゆっくりするにはぴったりのホテルです。

イージーズプレイス/Eazy's Place
住所: Salasala Road 100 Kwa, Kipilipii, Dar es Salaam, Tanzania
電話番号: +255 754 339 851
定休日:--
URL: Eazy's Place HP

YWCA Hostel

い朴1500円前後のダルエスサラームのYWCAはいつも予約でいっぱいのバックパッカー御用達の宿泊所です。
お土産やさんやレストラン併設でタンザニアらしいカンガ(布)製品を買うことも出来ます。

YWCA Hostel
住所:azikiwe/ghana avenue street, Kivukoni, Dar es Salaam, Tanzania
電話番号: +255 22 212 1196
定休日:-
URL: YWCA のHP

<下に続く>

ダルエスサラームの主な移動手段は?

BRT

もともとブラジル生まれのBRT(Bus Rapid Transit)、都市型トランスポートシステムがダルエスサラームでも運用を開始しています。
専用レーンを走るBRTは渋滞緩和に便利と評判です。

利用方法は窓口で650タンザニアシリングのチケットを購入し、乗車券に記載されているQRコードを専用の改札にかざして通ります。
2時間以内の金額は一律です。

ダラダラ(路線バス)

従来の路線バスはダラダラと呼ばれスワヒリ語でバスの意味です。
ダルエスサラームではダラダラは市民の一般的な乗り物で、観光客にとっても重要な足となってくれます。

バスの停留所のサインのある場所、もしくは道路に人が集まっているところが乗り場です。
ダラダラの中には停留所の名前を伝えてくれるコンダクターが乗っているので、停留所名を言ったら降ります、と伝えましょう。

降りるときに料金を払いますが、スリなどに十分注意して下さい。
1回400タンザニアシリングですが、おつりを貰う場合もきちんと確認しましょう。

<下に続く>

ダルエスサラームは食事がおいしい!

海も近いダルエスサラームは、昔からアラブ系商人やインド系商人が暮らし食文化が非常に豊かです。
新鮮なシーフードを扱うレストランや、タンザニア料理のレストラン、アフリカらしいバーベキューのレストランや、タイ・中華料理・日本食レストランもあります。

タンザニアの主食は米とキャッサバ、とうもろこしに青バナナです。
キャッサバやとうもろこしは熱湯で練り上げ、お餅の様にしてたべます。

トマトやココナッツミルクでで煮た野菜や豆、炭火で焼いたアフリカ風バーベキューの肉などと一緒に食べます。

<下に続く>

安全で楽しい旅行をするために

日本とは全く違う文化の存在しているタンザニア・ダルエスサラームは活気のある街の雰囲気と高級リゾートの雰囲気が楽しめる観光地です。
2016年ごろから政府の方針によって仕事を失った郊外の人が、職を求めてダルエスサラームに流入していることによって、治安が不安定になっていますが旅行の際は細心の注意をして素晴らしい自然を満喫しましょう!

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line