どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/09/05

モロッコ・カサブランカで人気のおすすめ観光地&名所10選!

リゾート地として多くの人が訪れる、異国情緒溢れるモロッコ最大の商業都市カサブランカ。
写真やテレビなどで見たことはありませんか。

美しい装飾の建物、バカンスで賑わうビーチリゾート、色彩の空間に引き込まれる街並み、文化が溶け合い、生み出された情緒あふれる街は、一度は行ってみたい憧れの場所です。
70年程前に、映画の舞台ともなった場所です。

そんな異国情緒溢れる街、カサブランカを紹介します。

Large john weinhardt xijil3cosis unsplash 2

カサブランカ観光の基本情報

カサブランカ4

モロッコ カサブランカ観光の基本情報
時差 -8時間
フライト時間 東京(成田)から約18時間(1か所以上乗り継ぎ)
言語 アラビア語、ベルベル語、フランス語 
通貨 ディルハムDH(1DH=11.0円)/2019年9月2日
ベストシーズン 5月〜9月
気候 地中海性気候。ただし、沿岸部に位置するため温暖。年間を通して晴れの日が多い。夏は晴天が続き、雨が少なく乾燥する。冬は比較的温暖で雨が降る。夏は21度〜27度ぐらい、冬は9度〜17度ぐらい。夏は晴天が続くので日焼け対策を。

アフリカ大陸北西部の先端に位置し、ジブラルタル海峡を挟みスペインに面した国、モロッコ王国(通称:モロッコ)。
カサブランカは、そのモロッコの商業・金融の中心地でもあり、観光都市としても有名な地です。

70年程前にアメリカの映画「カサブランカ」でその名もよく知られた都市。
今も尚人々を魅了してやまず、年間約11万人の観光客が訪れます。

カサブランカという呼び名は、ポルトガル語やスペイン語からきています。
ポルトガル語で「Casablanca」、スペイン語で「Casa Blanca」と書き、意味は「白い家」。

それは以前、この国がポルトガルの影響を受けた国であり、スペイン領であったことに由来しています。
古い街並みに並ぶ白い壁の建物は、この街の美しさを際立たせています。

モロッコはまた、フランス領でもありました。国の公用語は、アラビア語とベルベル語ですが、フランス語も話され、学校でも教えられています。

カサブランカの街は、アラブ文化、ベルベル文化、ヨーロッパの文化が混じり合い、美しい街並みを作り出しています。
モレスク建築と呼ばれた建物は、アラブ・イスラム文化とキリスト教・ラテン文化、近代のヨーロッパ文化が混じり合い生み出された美しい装飾が施され、カサブランカ観光でぜひ見ておきたいポイントです。

スパイスを使った美味しい料理もあります。
ポットのような形をしたタジンを用いて料理をする「タジン鍋」や粒にした小麦粉を使った「クスクス」などは、モロッコの代表的な料理です。

街並みを観光しながら、美味しいものもぜひ味わってください。

<下に続く>

カサブランカ観光で人気のおすすめスポット10選

カサブランカ8

  • ハッサンモスク2世
  • ムハンマド6世広場
  • オールド・メディナ(メディナ旧市街)
  • カサブランカ港
  • コルニッシュ通り
  • カサブランカのビーチ(アイン・ディアブ、ララミリアム・ビーチ)
  • アンファ・プレイス
  • ニュー・メディナ
  • セントラル・マーケットプレイス
  • リックス・カフェ

\カサブランカ観光で人気のおすすめスポットマップ/

ハッサンモスク2世(Mosquée Hassan 2)【イスラム教の文化に触れる】

ハッサンモスク2世は、カサブランカにあるイスラム教徒が礼拝を行う場所(モスク)です。
サウジアラビアのメッカ、アブダビに続く、3番目に大きなモスクです。

岬の上に立ち、敷地の半分は海。
大西洋を広く眺めることができます。

アフリカの中で最大のモスクには多くのイスラム教徒が集まり、10万人以上の人が礼拝できます。
建物の中には2万5千人もの人が入れます。

約200mのミナレット(モスクの塔)と呼ばれる高くそびえる塔は、世界で2番目に大きなミナレット。
聖地メッカに向けてレーザー光線も伸びるそうです。

また、建物には美しい様式も施されています。水汲み場には、美しくカットされたタイルが組み合わされています。

毎週金曜日は礼拝の日です。
観光で訪れる時は、礼拝を妨げないように気をつけてください。

\ハッサンモスク2世への行き方/

ハッサン2世モスク

ムハンマド5世広場(Place Mohammed 5)【街の憩いの場で一息】

ムハンマド5世広場は、メディナの入り口に位置する広場です。
噴水を中心にして作られ、街の中心的な広場であり、カサブランカの観光スポットの一つです。

周りにある建物は白く美しく、青い空に映えます。
ここは地元の人たちの憩いの広場になっており、周りには市役所や郵便局などが集まっています。

3つの池の上にある噴水は、近くの劇場とのコラボレーションで作られました。
カサブランカの観光スポットの一つです。

\ムハンマド5世広場/

ムハンマド5世広場

オールド・メディナ(Old Medina/メディナ旧市街)【色彩の世界を体験】

ムハンマド5世の広場近くに広がる、城壁に囲まれた旧市街。
色とりどりの世界の中に、住民の生活も垣間見れる通りは、カサブランカの観光スポットです。

白い壁に塗られた青や紫、黄色、様々な色の壁は、色彩の世界へと引き込んでくれます。
色鮮やかな世界に、心が踊ります。

街の中は、まるで迷路のようになっています。
絵画のような通りもあり、見ていると道を忘れてしまいそうになります。

市場もあり、買い物も楽しめます。
スパイス、ドライフルーツ、アルガンオイルやモロッコの雑貨など、モロッコならではの品々に出会えるカサブランカの観光スポットです。

\オールド・メディナへの行き方/

オールド・メディナ

カサブランカ港(Port de Casablanca)【大西洋の海の幸を味わう】

カサブランカは湾岸都市。
大西洋に面した大都市です。

商業ハブの都市であり、大型貨物船や客船が港には並んでいます。
大きく活気のある港はカサブランカの観光スポットです。

カサブランカ港は1934年に完成。
マラケシュ、ラバトなどの主要都市と鉄道で結ばれて、流通も発達しています。

また、カサブランカ港には、大西洋で取れたイワシ、たこ、カラマラ、えびなど様々な魚が集まってきます。
その魚を売る魚市場もあり、賑わいを見せています。

近くには、レストランもあり美味しいシーフード料理を食べられます。
夜景も綺麗で、美しい景色を見ることができる観光スポットです。

\カサブランカ港への行き方/

カサブランカ港

コルニッシュ通り(Boulevard de la Corniche)【のんびりと過ごす海岸通り】

コルニッシュ通りは、大西洋の海岸沿いにある美しい街並みのビーチリゾート
カサブランカの海岸沿いに長く伸びる観光スポットです。

地元の人々や観光客の憩いの場。
様々な人に開かれ、多くの人が集う通りです。

周辺にはカフェ、レストラン、クラブなどが並んでいます。
伝統的なモロッコ料理を楽しんだり、ナイトライフを楽しんだりできる観光スポットです。

また、道沿いの遊歩道をゆったり散歩したり、海に伸びるハッサン2世モスクを眺めることができます。
のんびりとカサブランカの海を眺めながら、ゆったりとしたひと時を楽しんでください。

\コルニッシュ通りへの行き方/

コルニッシュ通り

カサブランカのビーチ(アイン・ディアブ、 ララミリアム・ビーチ)【大西洋のスケールを感じる夏リゾート】

カサブランカのコルニッシュ通りには、リゾートビーチが広がっています。
大西洋を一望しながら、ビーチでのんびりと過ごせる、カサブランカの観光スポットです。

アイン・ディアブはカサブランカにあるビーチリゾートの一つ。
カサブランカのビーチの中で最も人気があるビーチです。

浜辺の近くにはレストランが並びます。
広場も広がり、大西洋をゆったりと眺められます。

ララミリアム・ビーチは、アンファ・プレイスの近くにある大きなビーチです。
地元の人にも人気のあるビーチで、人々の日常の姿にほっこりさせられる、心地よい観光スポットです。

広い大西洋を眺めながら、ゆったりとビーチ観光を楽しんでください。

\アイン・ディアブへの行き方/

アイン・ディアブ

\ララミリアム・ビーチへの行き方/

ララミリアム・ビーチ

アンファ・プレイス (Anfa Place)【海と一緒に楽しむショッピング】

アンファ・プレイスは、カサブランカで人気のショッピングセンター
海沿いにあり、ビーチに来た観光客も楽しめる
観光スポットです。

アンファ・プレイスの近くには、ララミリアム・ビーチがあります。
アンファプレイス徒歩で数分のところにあるので、ここで買い物をして、ビーチに出かけても良いかもしれません。

最上階には、フードコートもあります。
屋上に登って海を眺めることもできます。

ショッピングの途中で、ゆったりとした時間をここで過ごすのも良さそうです。

\アンファ・プレイスへの行き方/

アンファ・プレイス

ニュー・メディナ(New Medina)【文化の融合を感じる空間】

ニュー・メディナは、フランス領の時代に整備された地区で、「ハボス(Habous)」地区と呼ばれるカサブランカの観光スポットです。
フランスの影響を受けながらも、アフリカ西北部のマブレブの文化を残したカサブランカの芸術的な地区です。

街にはアール・デコ調の美しい建築物が並びます。
フランスの文化の影響が垣間見られます。

カサブランカの法廷であったマハクマデュパシャの中庭には、アラベスク調のスタッコスタイルの様式が残っています。
ニュー・メディナは、フランス文化、イスラム文化、マグレブ文化の芸術感じることができる、カサブランカの観光スポットです。

街にはマグレブの文化が残る商店が並び、職人、お土産屋さんなどが集まっています。
アルガンオイル、陶器、モロッコ・スイーツなど、買い物も楽しめる観光スポットです。

\ニュー・メディナへの行き方/

ニュー・メディナ

セントラル・マーケットプレイス(Central market Place)【地元の人と買い物を楽しむ】

セントラル・マーケットプレイスは、カサブランカの中央市場
新鮮な野菜や果物、魚介類、香辛料など様々な物が売られる観光スポットです。

レストランも並び、モロッコの料理を味わえます。
露店で生牡蠣や魚料理を食べさせもらえるお店もあるようです。

地元の人が利用する市場で、買い物を楽しめます。
地元の雰囲気を味わいたい方はぜひ行ってみてください。

\セントラル・マーケットプレイスへの行き方/

セントラル・マーケットプレイス

リックス・カフェ(Ricks Cafe)【映画『カサブランカ』の雰囲気に浸る】

リックス・カフェは映画「カサブランカ」の雰囲気が楽しめるレストラン、バー、カフェです。
名前は映画「カサブランカ」の主人公「リック」の名前から取られたそうです。

店内には、映画の音楽「As Time Goes By」がピアノメーカー「プレイエル」のピアノ演奏で流れています。
雰囲気が大変よく、映画の気分を味わいたいヨーロッパの観光客に人気の観光スポットです。

\リックス・カフェへの行き方/

リックス・カフェ
<下に続く>

カサブランカ観光の治安は?

セキュリティー

カサブランカは、治安が悪い地域ではありません。
かといって、気を抜いていてはいけません。

観光客はやはり狙われやすいものです。
海外を旅する上で気をつけなければいけないことに気をつけていれば、カサブランカで楽しく観光をすることができます。

まず、スリや引ったくりに気をつけること。
観光客を狙ったスリや引ったくりは、本当によく聞く話です。

人が集まる観光スポット、人気スポットはもちろんです。
簡単に財布やスマートフォンなどの貴重品を、すぐ取られてしまうようなところに不用意に入れいていてはいけません。

カバンのチャックを開けた所、ズボンの後ろやジャケットの表にあるポケットなどに入れていて、知らないうちに取られていたということは、よくある話です。
絶対に取られないように自分で防備しておくことは重要です。

次に、人通りの少ないところや夜道も一人で歩くときは気をつけること。
観光客にとて、観光地はよく知らない土地ですから、何かあっても対応ができなくなってしまいます。

カサブランカには、スラム街や、浮浪者や物乞いのいる場所もあります。
そういった所にむやみに入ったり、関わったりしないようにしましょう。

それから、観光地の文化も知っておくと良いでしょう。
カサブランカはイスラム教の都市ですので、女性は肌の露出は控えた方が良いでしょう。

女性はスカーフやショールなどを持っていると役に立ちます。
モスクを見学する時には必要になります。

また、イスラム教にはラマダンという断食の時期があります。
食事だけでなく、他にも制約されることがあります。

ラマダンの時期にカサブランカを観光するときは、カサブランカで生活する人々のことを考え、気持ちを損なわないように配慮しながら観光しましょう。

<下に続く>

カサブランカ観光のベストシーズンは?

カサブランカ6

カサブランカの観光シーズンは、6月〜8月。
しかし、バカンスの間は多くの観光客で賑わいます。

カサブランカ観光のベストシーズンは、5月や9月でしょう。
3月〜5月は、自然が美しく、気温もそれ程高くなく過ごしやすい時期です。

6月〜8月になると、気温が上がり日差しが強くなります。
ただ、こちらの夏は乾燥し、日本のような蒸し暑さはありません。

この時期は、海水浴、リゾートビーチを楽しむのに丁度良い時期です。
ヨーロッパの人たちは、バカンス期間にあたるので、カサブランカをよく訪れます。

9月〜11月は、気温が徐々に下がり過ごし易い時期になります。
9月はまだ、暑さが残っています。

12月〜2月は、気温は下がりますが、偏西風の影響で比較的過ごしやすい冬となります。
雨が降ったり、日によっては冷え込んだりします。

5月、9月は夏に近いため気温も程よく上がっている頃。
観光客も少ないのでカサブランカ観光におすすめの時期です。

<下に続く>

カサブランカ観光の所要日数は?

旅

カサブランカは2泊3日ほどで街を観光することはできます。
カサブランカ観光を満喫するなら、他の街も訪れながら、4泊5日あると良いでしょう。

1日目 マラケシュ観光。
カサブランカの南、商業の街として有名であり、市場で買い物を楽しんだり、メディナの街並みを楽しむことができる。

2日目 フェズ観光。
カサブランカの東。文化の中心地として知られる街で、迷宮都市として有名であり、世界遺産にもなっています。

3日目〜5日目 カサブランカ観光。
ビーチリゾートを楽しんだり、街並みを楽しみながら買い物をしたり、ゆったりとした時間を過ごせます。

もし、1日プラスできるなら、マラケシュの後に、サハラ砂漠の観光もしてみてください。

<下に続く>

カサブランカは、アラブの文化とベルベル文化、ヨーロッパの文化が混じり合った美しい街だった

カサブランカ 街並み

カサブランカは、商業・金融の中心地
そして、歴史の過程の中で、アラブ文化とベルベル文化、ヨーロッパの文化が混じり合った観光地です。

情緒溢れる観光スポットが多くあります。
また、街の明るさと活気を感じる観光スポットも多くあります。

美しい建物や街並み、イスラム教のモスク、ビーチリゾート、可愛い雑貨や美味しい料理。
日常を忘れ、ゆったりと過ごせる空間が多くある観光地、カサブランカ。

ゆったりとした時間を過ごしたい方はぜひ、カサブランカを観光してみてください。
情緒溢れるカサブランカの街の明るさと活気の中で、情緒に触れてください。

また、カサブランカだけでなく、合わせて 他の街も観光するとより旅を満喫できるのではないでしょうか。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line