どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/11/29

在住歴8年の駐在妻が教える!アブダビの人気おすすめ観光地29選!

アブダビは世界一お金持ちが多いとても豊かな人達が住んでいるといわれ、中東諸国の経済の中心であったり、観光地としても美しくとても人気があります。
裕福な人がたくさん住んでいるアラブの国なので、ちょっと訪れるのにはハードルが高いと感じるかもしれませんが、一度アブダビを訪れるとアラビアンナイトを思わせる神秘的な世界の魅力の虜になるそうです。
今回はそんなアブダビの観光の魅力やおすすめの観光スポットを在住歴8年の駐在妻Seikoさんにお聞きしました!
アブダビ観光に行かれる方や検討中の方は必見です。

Large image5 2  min
本記事のコメンテーター

アブダビの観光の魅力と基本情報

null
提供:@seiko6038

在住歴8年の駐在妻、Seikoさんだからこそわかるアブダビの観光の魅力は?

A. オイルマネーで数々の豪華な建物やラグジュアリーで優雅な雰囲気を味わえる街、それがアブダビの魅力!

Seikoさんのコメント
また、ちょっと足を延ばしてみれば、一面砂漠のオアシスの世界に飛びこむことも。
ラクダに乗ったり、現地のアラブ料理を堪能しながらベリーダンスの鑑賞、アグレッシブな砂漠ドライブなど楽しみ方はいろいろあります。

他にもインスタ映えするオシャレスポットや数多くのラグジュアリーな体験ができる豪華なホテルがありますので、お気に入りのホテルを見つけて、ホテルライフも満喫してください!

\アブダビの基本情報/

地名 アラブ首長国連邦
時差 -5時間
フライト時間 10時間 成田・東京
言語 アラビア語
通貨 ディルハムDh(Dirham)とフィルス(Fils)3.40Dh=100円
ベストシーズン 11月~3月がベストシーズン
気候 年間を通じて晴天が多く、雨はほとんど降らない。6月~9月は酷暑で湿度も1%になるので、ほぼ外出は不可能。
<下に続く>

在住歴8年の駐在妻が厳選!アブダビのおすすめ観光地13選

Qasr Al Watan(監修者提供)
提供:https://www.instagram.com/seiko6038/

ここでは在住歴8年の駐在妻、Seikoさんがおすすめするアブダビの観光地を13個ご紹介します。
Seikoさんがおすすめする観光地は以下の13つです。

  1. シェイク・ザイード・グランドモスク
  2. エミレーツパレス
  3. アブダビ宮殿
  4. キャピタルゲート
  5. オブザベーション・デッキ・アット300
  6. サーディヤットビーチ
  7. マスダールシティー
  8. Qusr Al Hosn
  9. コルニッシュ
  10. The Souk at Quryar Al Beri
  11. ルーブルアブダビ
  12. ダウ船クルーズ
  13. Qasr Al Sarab Desert Resort by Anantara

それではそれぞれの観光地を詳しく見ていきましょう。

シェイク・ザイード・グランドモスク

グランドモスク
グランドモスク(監修者提供)
グランドモスク(監修者提供)
グランドモスク(監修者提供)
グランドモスク(監修者提供)グランドモスク(監修者提供)
グランドモスク(監修者提供)
グランドモスク(監修者提供)
グランドモスク(監修者提供)
グランドモスク(監修者提供)
グランドモスク(監修者提供)
グランドモスク(監修者提供)
グランドモスク(監修者提供)
グランドモスク(監修者提供)
グランドモスク(監修者提供)
グランドモスク(監修者提供)
グランドモスク(監修者提供)
グランドモスク(監修者提供)
グランドモスク(監修者提供)
グランドモスク(監修者提供)
グランドモスク(監修者提供)

シェイク・ザイード・グランドモスクのおすすめポイント!

Seikoさんのコメント
真っ白の大理石でできたモスクが圧巻!
イスラム宗教上女性は肌の露出を避けるためにアバヤ(民族衣装の一種)の着用か前髪を覆うスカーフの着用が義務付けられており、モスクでアバヤを借りることができますが、せっかくなのでちょっとおしゃれな自分用のアバヤを購入して、真っ白な大理石のモスクと黒のアバヤのコントラストを活かした自撮りをするのがおすすめです!

モスク内に入ると、まず出迎えてくれるのは可愛らしいお花柄模様のペインティングにステンドグラス調の扉からの木漏れ日♪
これでもテンションが上がりますが、扉の向こう側に入ると、煌びやかな豪華なシャンデリアに世界最大のペルシャ絨毯が視界にどびこんできて別世界が体験できます!
シャンデリアは直径10メートル・高さ15メートル・総重量9トン。
華やかで繊細なシャンデリアには目を奪われ、色使いもキレイで見惚れちゃいます!!
また、ペルシャ絨毯は1枚でひかれている大きさでは世界最大!
手触りはフカフカなので、是非腰を落として触ってみて!!(2019年11月現在はセキュリティーの関係上絨毯の上は歩けませんが、一番前まで行くと手に触れることはできます)

また、モスクのサンセットは圧巻で、変わりゆく空を眺めながらライトアップされていく様子を観るのはため息が出るほどの美しさです!
余裕があれば是非モスクの道路の反対側のWahat Al Karamaで見てください。

アラブ首長国連邦アブダビの有名な観光スポットはといえば、シェイク・ザイード・グランドモスクです。
白亜のモスクは、アブダビの青い空と白のコントラストが美しく、強い太陽の陽射しに照らされた大理石が輝いてとても美しいです。

モスク内は、世界最大のシャンデリアと手織りのペルシャ絨毯が床一面に敷かれています。
実際にご覧いただいたらわかりますが、細かい手仕事と熟練の業が光ります。

ちなみにシャンデリアはおよそ7億円で、装飾はすべてスワロフスキーを使っていて重さは12tです。
このペルシャ絨毯のお値段は、約9億円に相当するそうです。

キブラの壁には金色が眩しいミブラーフで、見るものすべてに圧倒されます。
モスクを囲むように水が張ってあり、夜になるとライトアップされると、神秘的な雰囲気がありとても美しいです。

Seikoさんのコメント
観光後は、対岸沿いのSoukのレストランのテラスで美味しいレバノン料理とビールを堪能しながらモスクの景色を楽しむのもおすすめ!

シェイク・ザイード・グランドモスク/Sheikh Zayed Grand Mosque

エミレーツパレス

エミレーツパレス(監修者提供)
エミレーツパレス(監修者提供)
エミレーツパレス(監修者提供)
エミレーツパレス(監修者提供)
エミレーツパレス(監修者提供)
エミレーツパレス(監修者提供)
エミレーツパレス(監修者提供)
エミレーツパレス(監修者提供)
エミレーツパレス(監修者提供)
エミレーツパレス(監修者提供)

エミレーツパレスのおすすめポイント!

Seikoさんのコメント
アブダビ唯一の7つ星ホテルになっている宮殿です!
ラグジュアリーな空間を楽しむならば、カフェでまったりするのがおすすめ!
人気なのは、24金の金粉が散りばめられたカプチーノ。

カフェの奥の階段を下がっていくと裏千家の家元から皇太子へ寄贈されたお茶室があります。
日程が合えば現地のエミラティーの学生さんにお茶を教えている様子が拝見できます。

宿泊者ならばビーチでラクダがお出迎えしてくれるのでラクダに乗ってホテルを違った角度から見れますよ。
プールも大人のゆったり雰囲気と子供用のスラーダーがあるのとで分かれているので、ファミリーもカップルも満喫できます!
サンセットも素晴らしいです♪

アブダビにあるエミレーツパレスは総工費30億円といわれ、アブダビを代表する七つ星のホテルで、宮殿のような外観でその姿だけでもひと目見ようと観光客が訪れる観光地になっています。
少しでも宮殿の雰囲気を味わいたい観光客は、パレス内のカフェを利用する人がおられ、このカフェの人気メニューは「エミレーツパレス・カプチーノ」で24金の金粉が乗っているスペシャルなカプチーノです。

夜になるとエミレーツパレスは夜空に輝くように金色に輝いて見えるそうで、昼間より一層豪華に見えます。
噴水がパレスの美しさを引き立てていますが、アブダビ財力を見るようなちょっと風変わりな形の建築物が多くあります。

アブダビ宮殿(Qasr Al Watan)

Qasr Al Watan(監修者提供)
Qasr Al Watan(監修者提供)
Qasr Al Watan(監修者提供)
Qasr Al Watan(監修者提供)
Qasr Al Watan(監修者提供)
Qasr Al Watan
Qasr Al Watan
Qasr Al Watan
Qasr Al Watan
Qasr Al Watan
Qasr Al Watan
Qasr Al Watan
Qasr Al Watan
Qasr Al Watan
Qasr Al Watan
Qasr Al Watan

Qasr Al Watan)

アブダビ宮殿のおすすめポイント!

Seikoさんのコメント
2019年2月にようやくアブダビで唯一、宮殿の内部を一般公開された場所です。
溜息が出るような煌びやかな大理石に描かれたイスラミック調のデザインが素晴らしい!
国賓のおもてなしや晩餐会・首脳会議の様子等国のトップの様子や歴史を短時間で見学できます。

待合室から宮殿までバスで移動する際に通ってくる庭園は手入れが行き届いていて素晴らしく、庭園周りの建物も写真映えするものばかりです。
バスを下車してすぐに宮殿に入るのではなく、庭園も散策して外側の景色も堪能してみて♪

またアブダビ宮殿と言えば図書館も外せません!
図書館は宮殿内部からは直接アクセスできず、一旦カフェ・ギフトショップの脇の出入り口から外に出て、宮殿の裏側の建物に入口があります。
図書館のメインには天井高の壁一面に棚が覆われ、美しく整列されえた本に目を奪われます!
奥には本を閲覧できる机とイスがあるので、ゆっくりと本を読むことができます。

アブダビ宮殿はアラブ首長国連邦の大統領官邸の中にある、豪華な内装が魅力の宮殿です。
中には金色の卵のようなオブジェがあり、とてもインスタ映えすると観光客に人気があります。

また、カスルアルワタン図書館 はQasr Al Watanアブダビの宮殿の中にあり、5万冊以上もの本や資料が保管されています。
アラブ首長国連邦の憲法や法律などの歴史文書にもアクセスすることもでき、他に歴史に地理、UAEの社会、経済、政治などの資料も見ることができます。

館内にはレストラン、カフェ、ギフトショップなどがあり、夜なると建物の正面に光と音のショーが映し出され、ショーの内容はカスル・アル・ワタンの国家のビジョンなどを映し出しているそうです。

カスルアルワタン図書館 /Qasr Al Watan Library

キャピタルゲート

キャピタルゲート(監修者提供)
キャピタルゲート(監修者提供)
キャピタルゲート(監修者提供)
キャピタルゲート(監修者提供)
キャピタルゲート(監修者提供)
キャピタルゲート(監修者提供)
キャピタルゲート(監修者提供)

キャピタルゲートのおすすめポイント!

Seikoさんのコメント
アブダビには変わった建築物も多く、キャピタルゲートはその代表格です。
建築好きの方なら一目見てみたくなる構造ですのでぜひ足を運んでみて!

グランドフロアーにはアートギャラリーがあり、UAE国内の画家の方の作品が多く展示されているので是非立ち止まって鑑賞してみてください。
ギャラリーショップも併設しております。

また、エレベーターを上がるとホテルのレストラン・カフェもあるので、アブダビの街をゆっくり眺めながらお茶も楽しめます。

アブダビでひと際目がひくのはキャピタルゲートで、アブダビのピサの斜塔と呼ばれている建物で、傾斜18度で本物のピサの斜塔よりも4倍以上も傾いているそうです。
この変わった形をしている建物はアブダビ・ナショナル・エキシビジョン社の設計によるもので、世界でもっとも傾いた塔としてギネス世界記録にも登録されています。

35階建てで、アブダビのランドマーク的存在で、キャピタルゲートの写真はよくアブダビを紹介する絵はがきにもなるほどで、見かけたらキャピタルゲートの写真を撮ることを忘れないように注意してください。

オブザベーション・デッキ・アット300

オブザベーション・デッキ・アット300(監修者提供)
オブザベーション・デッキ・アット300(監修者提供)
オブザベーション・デッキ・アット300(監修者提供)
オブザベーション・デッキ・アット300(監修者提供)
オブザベーション・デッキ・アット300(監修者提供)
オブザベーション・デッキ・アット300(監修者提供)

オブザベーション・デッキ・アット300 のおすすめポイント!

Seikoさんのコメント
地上300メートルの高さから天気が良くて空気が澄んでいれば、アブダビの市街や少し離れた島まで一望できます!
観光地の位置確認もできて楽しみがきっと広がるはず。

また、チケット代金にはコーヒー・紅茶等の飲み物代金は含まれているので、(一部予算オーバーの物もアリ)ガラス越しの席から自分の好きな景色を楽しみながら、ゆっくりと時間を過ごすことができます!
アフタヌーンティーを楽しむ際は14時からで予約は必須です。

サンセットを堪能しながら豪華なティータイムを過ごすのがおすすめです!

アブダビには複数高層ビルが建っていますが、エティハド・タワーズの74階にあるオブザベーション・デッキには地上300mの展望台があります。
天気のとても良い日には、近くの島々やアブダビ市街が一望できる観光客に人気の観光スポットになっています。

ガラス越しの向こう側には、アブダビの高層ビル群が素晴らしく圧巻される光景です。
展望フロアは人気のレストランがあるので、景色を眺めながら食事や軽食などをとることができます。

アブダビの街並みを眺めながら、ゆっくりと優雅にティータイムをお過ごしください。

サーディヤットビーチ

Sadiyyat Public Beach(監修者提供)
Sadiyyat Public Beach(監修者提供)
Sadiyyat Public Beach(監修者提供)
Sadiyyat Public Beach(監修者提供)

サーディヤットビーチのおすすめポイント!

Seikoさんのコメント
見渡す限り青い空と透き通った海!!
まるでリゾート地にいる気分になれるくらい最高のビーチです。
波も穏やかで、遠浅なので、のんびりとお散歩しながらくつろげるのが最高です。

また、朝早い時間ならばビーチでヨガをすると気持ちよくリラックスでき、身体が軽くなるのでおすすめです!
ビーチの入場は有料なのでご注意を。

ペルシャ湾を望む白い砂浜のビーチは、とても美しいと好評の観光地で、青い海と白い砂、エメラルドグリーンの海の色がとても綺麗で、眺めているだけでも気持ちが良くなります。
海は遠浅で、のんびりと浜辺でくつろぐことができ、砂浜は綺麗で南国のリゾートにいるような気分が味わえます。

ビーチエリアのすぐ近くには、ウミガメの産卵が見られる場所があり、運が良かったらウミガメに出会うことができます。
アブダビの綺麗なビーチで、太陽の光を浴びて輝く白いビーチでセレブな気分を味わってみてはいかがでしょうか。

サーディヤットビーチ

マスダールシティー

マスダールシティー(監修者提供)
マスダールシティー(監修者提供)
マスダールシティー(監修者提供)
マスダールシティー(監修者提供)
マスダールシティー(監修者提供)
マスダールシティー(監修者提供)
マスダールシティー(監修者提供)
マスダールシティー(監修者提供)

マスダールシティーのおすすめポイント!

Seikoさんのコメント
こちらでは、電気エネルギーの歴史についての展示がされており、実際に体験しながら見られるのが面白いです。
また、全自動運転の電気自動車に乗車して大学構内を走れるので是非見つけたら乗車してみて!!

2006年から始めた実験都市プロジェクトで、アブダビの最先端技術を使い、アブダビ政府の資本で運営された会社が開発し、再生可能なエネルギーを使ってできたモデル都市です。
街全体がSF映画の世界にいるような感じで、観光客の人気を集めています。

マスダールシティでは、全自動運転の電気自動車を使った交通システムを実験的に使用するなど、予定より少し開発が遅れているようですが、他では絶対に体験できない近未来の世界がここアブダビにあります。

マスダールシティ/Masdar City

Qusr Al Hosn(アルホスン宮殿)

Qusr Al Hosn(監修者提供)
Qusr Al Hosn(監修者提供)
Qusr Al Hosn(監修者提供)
Qusr Al Hosn(監修者提供)
Qusr Al Hosn(監修者提供)
Qusr Al Hosn(監修者提供)
Qusr Al Hosn
Qusr Al Hosn
Qusr Al Hosn

Qusr Al Hosnのおすすめポイント!

Seikoさんのコメント
昔のアブダビの歴史的展示物が多く展示されていて、伝統工芸の実演も間近で見ることができます。
また、伝統的なアラビックコーヒーの淹れ方・スパイスの調合の仕方の実演があり、実際に試飲することができますので、その時間に合わせて訪れるのがおすすめです!

タイミングが合えば、ゲートの外で伝統的なアラブの踊りを観ることもできるので、音楽や歌声が聞こえてきたら係員の方にお伝えして是非外で鑑賞してみてください!

観光が終わったら、敷地内の真ん中にあるカフェやChildren Libraryが入っている建物の中にもカフェがあるので、休憩がてらにお茶を楽しんでみてはいかがでしょうか。

アブダビで最も古いといわれている建物で、ここはアブダビ誕生に欠かかすことのできない歴史的重要な場所で、1760年サンゴと石で造られています。
建物内部はアブダビの歴史について詳しく学ぶことができます。

アラブの人の文化や考え方などのルーツを知ることができる、とても興味深い展示物が多いです。
見張り台の役割があり、外壁が太陽の光を浴びると反射するので、目印の代わりになったといわれています。

その後、改築され現在の姿になっていますが、建物の外壁の老朽化が進んで、改修作業が進んでいます。
毎年夏になると、アラブの国の伝統文化を紹介する催しがあり、世界中各地から観光客がアブダビに集まっています。

カスル・アル・ホスン

コルニッシュ

コルニッシュ
コルニッシュ
コルニッシュ
コルニッシュ

コルニッシュのおすすめポイント!

Seikoさんのコメント
こちらのパブリックビーチ内は有料ですが、トイレ・シャワーが利用でき、パラソルやデッキチェアー(有料)も使えるのでビーチでも快適に過ごせます。

また、シェイド付きの遊具もありますので、お子さんも安全に遊ばせることができます。

アブダビのコルニッシュ・ロードはアブダブの美しい海沿いの海岸線に作られた道で、綺麗に整備されているので観光客も散歩しやすい観光スポットになっています。
近くにはレンタサイクルもあるので、サイクリングを楽しむこともでき、アブダビの中でとても砂浜が白くて綺麗と評判なコルニッシュ・ビーチを眺めながらのサイクリングは気持ちのいいものです。

アブダビ自慢の白いビーチでは外国人観光客ものんびりと過ごしていたり、週末は家族連れ、観光客でたくさんの人で賑わいますので、ゆっくりと過ごしたいときは平日がおすすめです。
コルニッシュ・ロード辺りはアブダビでも人気のレストランやお洒落なカフェもあるので、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海を眺めながら過ごすには最適の場所です。

コルニッシュ/Corniche

The Souk at Quryar Al Beri

The Souk at Quryar Al Beri
The Souk at Quryar Al Beri
The Souk at Quryar Al Beri
The Souk at Quryar Al Beri
The Souk at Quryar Al Beri
The Souk at Quryar Al Beri
The Souk at Quryar Al Beri
The Souk at Quryar Al Beri

The Souk at Quryar Al Beriのおすすめポイント!

Seikoさんのコメント
グランドモスクの対岸にあるスーク(イスラム世界の市場のこと)です。
このスークは市場というよりは小さなショッピングモールのような場所です。

お隣の同じ敷地内にあるShangre-La Hotel Quryat Al Beriからベネチアンな雰囲気のあるゴンドラでスークまでお買い物へ行くのがおすすめ!
まるで遊園地のアトラクションのような雰囲気が味わえます。

アラビアンな雑貨やジュエリー、アバヤ等のお店もあるのでお買い物をすることも。
対岸のグランドモスクを眺めながらテラスでお茶をするのもおすすめです!
The Souk at Quryar Al Beri

ルーブルアブダビ

ルーブルアブダビ(監修者提供)
ルーブルアブダビ
ルーブルアブダビ
ルーブルアブダビ
ルーブルアブダビ
ルーブルアブダビ
ルーブルアブダビ

ルーブルアブダビのおすすめポイント!

Seikoさんのコメント
サディヤット島の中にある美術館です。
ひときわ目立つシンボルが特徴的!
建築家ジャン・ヌーヴェルが設計を手掛け、パリの別館とも位置づけされていると言われ、フランスの著名博物館から多くの作品を借りてきているため充実した展示内容。
にも拘らず、パリに比べ格段に空いているのでゆっくり鑑賞でき、写真撮影も問題ないので、心ゆくまま堪能することができます。

建物や天井のデザインも素晴らしく外を歩いた際に光がたくさん入ってきて、木漏れ日の様な優しい光に癒されます!
Louvre Abu Dhabi

Qasr Al Sarab Desert Resort by Anantara

Qasr Al Sarab Desert Resort by Anantara
Qasr Al Sarab Desert Resort by Anantara
Qasr Al Sarab Desert Resort by Anantara
Qasr Al Sarab Desert Resort by Anantara
Qasr Al Sarab Desert Resort by Anantara
Qasr Al Sarab Desert Resort by Anantara
Qasr Al Sarab Desert Resort by Anantara
Qasr Al Sarab Desert Resort by Anantara
Qasr Al Sarab Desert Resort by Anantara
Qasr Al Sarab Desert Resort by Anantara
Qasr Al Sarab Desert Resort by Anantara
Qasr Al Sarab Desert Resort by Anantara
Qasr Al Sarab Desert Resort by Anantara
Qasr Al Sarab Desert Resort by Anantara
Qasr Al Sarab Desert Resort by Anantara
Qasr Al Sarab Desert Resort by Anantara
Qasr Al Sarab Desert Resort by Anantara
Qasr Al Sarab Desert Resort by Anantara
Qasr Al Sarab Desert Resort by Anantara
Qasr Al Sarab Desert Resort by Anantara
Qasr Al Sarab Desert Resort by Anantara

Qasr Al Sarab Desert Resort by Anantaraのおすすめポイント!

Seikoさんのコメント
せっかくアブダビに来たのならば、少し遠いですが砂漠の真ん中にあるラグジュアリーなホテルに宿泊してみてはいかがでしょうか?
マッサージで身体を芯からほぐしてもらい、サンセットラウンジやプールサイドから刻々と変わっていく燃えるような夕陽と空のコントラストを堪能して滞在するのがおすすめ!
オプショナルツアーでDessert Safari,Camel rideも体験できるので、一石二鳥♡
Qasr Al Sarab Desert Resort by Anantara

ダウ船クルーズ

ダウ船クルーズ(監修者提供)
ダウ船クルーズ(監修者提供)
ダウ船クルーズ(監修者提供)

ダウ船クルーズのおすすめポイント!

Seikoさんのコメント
夜景を楽しむのにおすすめ!
アブダビの島の端のMina港から出航します。
伝統的なアラビック料理を味わいながら、船上デッキからはコーニッシュ通りの夜景を一望できますので、対岸沿いから普段の景色を楽しむことができます。
2時間でお料理付きです。(Mina港~BreakwaterでUターンしてMina港に戻る)

<下に続く>

アブダビで人気のおすすめ観光地16選

砂漠

ここでは先ほど紹介しきれなったアラブ首長国連邦アブダビの観光地を16個ご紹介します。

  1. フェラーリ ワールド・アブダビ
  2. Umm Al Emarat Park
  3. ヤス・ウォーターワールド
  4. 鷹の病院
  5. 円形ビル
  6. ワーナーブラザーズワールド・アブダビ
  7. アブダビ文化遺産村
  8. アルジャヒリ・フォート
  9. ヤス・マリーナ・サーキット
  10. マナラット・アル・サディヤット
  11. エミレーツパーク動物園
  12. サディヤット島
  13. ヤスモール
  14. マングローブ・ラグーン公園
  15. グリーン・ムバザラー公園
  16. エミレーツ国立自動車博物館

それではそれぞれの観光地を詳しく見ていきましょう。

フェラーリワールド・アブダビ

フェラーリの世界初フェラーリのテーマパークがアブダビにあります。
世界中から観光客が押し寄せるアブダビでも大人気の観光地で、テーマパークというと子供向けと思われますが、アブダビのフェラーリワールドは大人が十分楽しめる人気の観光地です。

フェラーリのこれまでの歴史や体験型施設もあり、一番の人気は、フォーミュラー・ロッサというジェットコースターで時速は240㎞のスピードが出ます。
他にも絶叫マシーンがあり、大人も子供も安心して乗ることができるアトラクションもあるので、一日中遊んでも時間が足りないくらいです。

フェラーリワールド・アブダビ/Ferrari World Abu Dhabi

Umm Al Emarat Park

アブダビのオアシスそのものといった感じの公園で、美しい公園内には、至る所にアラブのオブジェが飾られていて、ヤシの木がいっぱい生い茂るパーク内は、砂漠にあるオアシスのようです。
定期的にマーケットも開かれているようです。

陽射しが強い昼間などは、子供たちは噴水で水遊びをして遊ぶ姿を見かけますが、食べ物や飲み物などを売っているお店もあるので、木陰でゆっくりと過ごすことができます。
アブダビの街の中にあるオアシスといった感じの公園で広い敷地には、動物園や水族館、ウォーターパークもあるので一日中過ごせるアブダビおすすめの観光地です。

Umm Al Emarat Park

ヤス・ウォーターワールド

ウォーターワールドは、アブダビで人気があり、砂漠の国の贅沢感たっぷりのヤス・ウォーターワールドは、大規模な水のテーマパークになっています。
ウォータースライダーも1人用から6人乗りまで種類が豊富で、他に流れるプールやサーフィンができる波のプールなど色々と楽しむことができます。

比較的午前中は空いているようで、早めの時間に訪れることをおすすめします。
アブダビの砂漠のましてや砂漠の真ん中で水遊びができるなんて、とても贅沢な感じがしますが、日本では絶対無いような規模の大きさの、世界一の規模を誇るアブダビのウォーターワールドをお楽しみください。

ヤス・ウォーターワールド

鷹の病院

世界でも類がない珍しい鷹専門の鷹のための病院があります。
アブダビやアラブの人達にとって鷹は家族と同じように思っていて、とても鷹を大切にします。

鷹専門の病院は、鷹の博物館にもなっているので、観光客も鷹を身近に感じができるとアブダビの人気の観光地となっています。
世界最大規模で最新の設備が備わっている病院で、アラブの人が鷹をどれだけ愛しているのか、手厚い待遇からよくわかります。

怪我をおった鷹や病気になってしまった鷹を治療する施設や入院する施設があり、観光客も病院内を見学することができますが、観光客向けのガイドツアーもあるので、参加することをおすすめします。
敷地内はたいへん緑が多く、敷地内の庭園では実際に自分の腕に鷹を止まらせることや、タイミングが良かったら生まれての鷹の赤ちゃんにエサをあげることができます。

普段の私たちの生活の中で鷹と触れ合うという機会がないので、ここアブダビの鷹の病院で、他ではできない珍しい貴重な体験をすることができます。

鷹専門の病院

円形ビル

アブダビの街で、ひと際目立つ円い形をしたビルが目に入ってきます。
特別な建物ではなく普通の本社の普通のオフィスビルでアルダー社という企業の本社ビルです。

世界でもたいへん珍しいとされる円形の建物で、アラブ諸国ではアブダビが初めてで、高さが110mの23階建て、世界でもっとも素晴らしい企業のオフィスだと国際建築教会が世間に公表しました。

普通の企業の本社ビルなので観光客は中に入ることはできませんが、外から写真を撮ることはできます。
アラブ首長国連邦アブダビには、ちょっと変わった形のビルが建ち並んでいますが、アブダビの街は見ているだけでも、SFの世界にいるような、またCGのような光景に驚かされるばかりです。

アルダー本社ビル/Aldar HQ Building

ワーナーブラザーズワールド・アブダビ

アブダビにあるワーナーブラザーズワールド・アブダビは世界最大の空調設備が整った室内テーマパークで、バットマンやスーパーマン、ワンダーウーマンやたくさんの人に人気のあるバックスバニーやスクービードゥーフレッドフリントストーンなどが広さ165万平方フィートの室内に集合しています。
広大な室内には29台の最先端の乗り物や家族で楽しめる参加型のアトラクションなどがあり、
面白いライブなども行われています。

ワーナーブラザーズの代表的な盾のマークを踏むと、6大陸の摩訶不思議なアドベンチャーの世界に引き込まれるような錯覚に捕らわれます。
ちょっと変わったイベントなどもあるそうです。

飽きることなく大人も子供も楽しむことのできるアブダビ自慢の最先端のアトラクションが体験できるパークです。

ワーナーブラザーズワールド・アブダビ

アブダビ文化遺産村

エミレーツパレスの近くにあるアブダビ文化遺産村は、アブダビ近郊にあった砂漠の村を再現したもので、当時の人の暮らしなど紹介している観光スポットです。
今のアブダビの姿からは想像しにくい、当時砂漠の村の生活の模様や、アブダビの砂漠の村の様子がわかるなど、実演、体験コーナーがたくさんあるので、観光客にも人気の観光スポットです。

アブダビの文化遺産村は、屋内ではなく野外に展示物が多くあり、日中などは暑さ対策や水分補給などの注意が必要です

昔のアブダビは砂漠地帯にあって、砂漠が日常生活の一部だったので、ヤギの毛で作られたテント、キャンプファイヤーなどの砂漠の村だった頃のアブダビがどのような感じだったのか、伝統文化などを主に忠実に再現しています。

実演コーナーもあり、アブダビの女性が伝統的な織物を織る姿を実演していたり、職人さんが金属加工して作ったアクセサリーや陶芸など行っていたりと色々と楽しむことができます。
お土産コーナーには、アラブの香辛料にスパイス、ハーブ、手作り石鹸などがあり、見るだけでも楽しいです。

Seikoさんのコメント
観光地の「アブダビ文化遺産村」を訪れたあとはBreakwaterを訪れて、アブダビの街の対岸からの景色を堪能するのもおすすめ!
違った景色を楽しむことができます。

文化遺産村/Heritage Village

アルジャヒリ・フォート

アブダビから車で約1時間半アル・アインの街にあるアル・ジャヒリ・フォートは、世界遺産に登録されたオアシスにあり、アラブ首長国連邦の中で唯一世界遺産です。
アル・ジャヒリ・フォートは初代のシェイク・ザィードが1898年っみ建てたもので、最も大きな要塞となります。

アル・アインオアシスには博物館を初め、歴史的施設が多く建てられています。
博物館にはアル・アイン、アブダビの1950年頃の写真が多く展示されていて、砂漠からの近代的な街に発展した経過を知ることができます。

アル・アインというのはアラビア語で「泉」という意味で、その名前の通りに、古くから水と緑に恵まれた、人が住み発展してきたオアシスです。
アル・アインの街は歴史と緑の街としてアブダビとちょっと違った感じのする、古き良きアラブといった雰囲気があります。

アルジャヒリ・フォート

ヤス・マリーナ・サーキット

アブダビのヤス・マリーナ・サーキットはF1アブダビグランプリの開催地としても有名なサーキットで、気軽のF1を体験することができる人気の観光スポットです。
F1レースファンだけでなく、観光客にも人気のあるサーキットで、大音響の迫力あるスピード感に大興奮で楽しむことができます。

施設も綺麗に整備されているので、とても快適に過ごすことができ、女性も十分楽しめます。
色々な体験コースなどもあるので、レベルによって好きなコースを選ぶことができ、運転トレーニングを受けることができ、レースのライセンスコースなどもあり、運転の初心からベテランの上級者まで楽しめる設定になっています。

アブダビにあるヤス・マリーナ・サーキット場は普通のサーキット場と規模自体が全然違うので見るだけでも圧倒される迫力があります。
実際にサーキットを走ったなら、忘れられない刺激的な体験をすることになり、アブダビ旅行の良い思い出になることでしょう。

ヤス・マリーナ・サーキット/Yas Marina Circuit

マナラット・アル・サディヤット

「啓発する場所」の意味がある、進化し続ける「未来に重点を置いた施設がここアブダビにあります。
ここを訪れた観光客をワクワクさせると大人気のアブダビに住む人にも大人気の観光地で、2030年完成予定のサディヤット島の開発についてやアブダビでの建設中の博物館の模型による展示や説明、これからのアブダビの発展していく過程を見ることができます。

アブダビの歴史や芸術作品の展示、昔から今の、先の近未来のアブダビの姿をこの施設で学ぶことができます。
最新技術が素晴らしいエデュケーションエリアでは、近未来のアブダビを見ることができます。

マナラット・アル・サディヤット/Manarat al Saadiyat

エミレーツパーク動物園

エミレーツパーク動物園には、1700頭以上の動物が飼育されており、アブダビに住んでいる子供たちや観光客にもたいへん大人気の動物園で、整備された動物園内は非常に見やすいと観光客に好評です。
アブダビの動物園のエントランスはアラビアンナイトを思わせる雰囲気があってその向こう側には、ホワイトタイガーなどキリンやクマ、ライオンなど、野生動物の迫力ある姿をすぐ傍で見ることができます。

動物園の他に水族園や爬虫類を飼育しているコーナーもあり、動物園と隣接しているホテルでは、朝になるとキリンたちがすぐ傍で朝食を食べる姿を見ることができるので、観光客にも好評です。

エミレーツパーク動物園/Emirates Park Zoo

サディヤット島

アブダビにあるサディヤット島は2020年までに一流の美術館と学校や住居など作るというアラブ首長国連邦アブダビの芸術と文化をテーマにした大規模な開発です。
推定総工費は270億ドル、日本円で約2兆7600億円になります。

あまりの巨額で、世界でも最大級のアブダビの開発プロジェクトになります。
アブダビにあるサディヤット島の最大の見どころは美術館の「ルーブル・アブダビ」で、2017年11月にオープンしたフランス国外初めてのルーブルの別館になります。

展示コレクションで有名なのが、レオナルド・ダ・ヴィンチの「ミラノの貴婦人の肖像」です。
レオナルド・ダ・ヴィンチの現存する絵画は20点もないといわれている中の、貴重な作品がひとつアブダビにあります。

他にゴッホやモネなど、厳選された絵画が展示されています。

ヤスモール

アブダビヤのスモールはアブダビの大型ショッピングモールで、店舗がおよそ370店、60店舗の飲食店などがあり、その広さに圧倒されてしまいますが、モール内には警備員やスタッフなどが多く配置しているので、観光客も安心して買い物を楽しむことができます。
モール内には映画館に子供用のプレイルームもあるので、家族で1日中飽きずに過ごすことができます。

フードコートもあるので、アブダビでしか食べれない料理など味わってみてはいかがでしょうか。
アブダビ内のヤスモールのみ出店しているお店を出しているという店舗もあるので、アブダビの地元の人にもとても人気のある観光スポットです。

ヤスモール/Yas Mall

マングローブ・ラグーン公園

マングローブ・ラグーン公園
マングローブ・ラグーン公園
マングローブ・ラグーン公園
マングローブ・ラグーン公園

ジャングルのような探検をしてみたい方におすすめなのが、アブダビのマングローブ・ラグーン公園で、マングローブが生い茂る川をボートやカヤックに乗りこんで探索します。
知識と経験豊富な観光ガイドがサポートしてくれるので、カヤックを漕ぐ自信のない人でも大丈夫です。

川の周辺には野鳥がたくさん生息しているので、バードウォッチングを楽しむことができたり、フラミンゴが水浴びをしているところに遭遇するかもしれません。
また川沿いにはプロムナードもあるので、歩いて散歩する観光客もおられ、レストランやカフェもあるので夕陽を眺めながらのディナーは最高に素敵な時間を過ごすことができます。

マングローブ・ラグーン国立公園/Eastern Mangrove Ragoon National Park

グリーン・ムバザラー公園

自然豊かでアブダビの人たちも良くここを訪れる、温泉も湧き出ている温泉プールもある観光スポットです。
熱めの温泉が噴水のように湧き出しており、その温泉がプールに注がれています。

温泉といっても日本の温泉とは違いがあるので、どのようなものか経験できます。
公園はとても広くピクニックが楽しめるエリアがあるので、食料などを持ってこなくても、販売しているので購入することもできます。

周辺は岩山ですので、岩山を利用した滑り台もあるので、面白いのでぜひチャレンジしてください。

グリーン・ムバザラー公園/Green Mubazzarah Park

エミレーツ国立自動車博物館

この博物館では、シェイク・ハマッド・ビン・ハムダーン・アル・ナヒヤンが所有している約200台の車を展示しています。
首長のメルセデスのレインボーコレクションや:世界一大きなトラック*なども展示されています。

首長のコレクションがお披露目されている、車好きではなくてもコレクションを拝見するのにおすすめのアブダビ観光スポットです。

エミレーツ国立自動車博物館
<下に続く>

在住歴8年の駐在妻が厳選!アブダビ観光でおすすめのグルメ3選

ここではアブダビ駐在妻のSeikoさんが厳選しておすすめするアブダビ観光におすすめのレストランを3つご紹介します。

  1. Casper & Gambini’s
  2. Bill’s Farm
  3. Pacifico TIKI Dining & Lounge

それではそれぞれのお店を詳しく見ていきましょう。

Casper & Gambini’s(イタリアン)

Casper & Gambini’sのおすすめポイント!

Seikoさんのコメント
朝食・昼食・夕食の時間もそれぞれ対応しているレストランです。 
カジュアルな雰囲気で気軽に楽しめるので、子連れでもOK!
夜はシーシャ(水たばこ)をテラス席で吸っている方が多いので、煙はありませんが甘ったるい匂いがするので、この匂いが苦手な方や子連れの方は屋内の方がベストです!!
私のおすすめメニューは、「Sea Bream Fillet」です。オーブンで表面を焼いて、スチームさせたことにより表面はカリカリ、中はもっちりとした鯛の切れ身が絶品です!
特にレモンガーリックバターソースで酸味と甘味が引き立ちます。
Casper & Gambini's

Bill’s Farm(ステーキハウス)

Bill’s Farmのおすすめポイント!

Seikoさんのコメント
昼食・夕食の時間で対応しているレストランです。
こちらもカジュアルな雰囲気で気軽に楽しめるので、子連れでもOK!

屋外で肉を焼くデモンストレーションもやってくれるので、目の前で焼いてくれるのを観るのは迫力があるかも。
私のおすすめメニューは、「Lamb Shashlik 250g」です。
こんがりと表面を焼いて、中は肉汁がギュっと閉じ込められており、うま味が溶け込んでいてブラックペッパーが効いているので、パンチのきいたお味。
一口サイズに切ってあるので食べやすいです。

Pacifico TIKI Dining & Lounge

Pacifico TIKI Dining & Lounge
Pacifico TIKI Dining & Lounge
Pacifico TIKI Dining & Lounge
Pacifico TIKI Dining & Lounge

Pacifico TIKI Dining & Loungeのおすすめポイント!

Seikoさんのコメント
アブダビではイスラム教の影響で通常のレストランではアルコールは提供されませんが、こちらのレストランは例外であり、ホテルでもないのでサービス税もチャージされないので地元の人には大人気のレストランです。

カジュアルな雰囲気で楽しめ、ランチタイムは子連れでもOK!  
夜は曜日によって、レディースナイト・ライブ演奏・シーシャ(水たばこ)を吸う方も多いので、かなり盛り上がりますので、ナイトタイムを充実させたい方にもおすすめです。

私のおすすめメニューは、「Lobster Risotto」と「Paella Pescador」です。
魚介のうま味がギュっと閉じ込められており、ロブスターのリゾットは濃厚なクリームにパルメザンチーズがマッチングしていて美味です。
また、パエリアは酸味のきいた味わいで、saffran seasoningのスパイスによって、味が一層引き立ちます。
Pacifico TIKI | Dining & Lounge
<下に続く>

アブダビ観光ではイスラム文化を尊重するのが大切!

アブダビの夕暮れ

アラブ首長国連邦アブダビはにはしっかりとイスラムの伝統が根付いて、生活様式や着る服装も食べ物も、毎日の出来事も関係があります。
アブダビの文化と伝統と宗教とは切っても切り離せないものですが、外国人に対してはドレスコードも自由で、女性もエスコートなしで車を運転したり、外を自由に歩き回ることもできます。

アブダビの観光地では、人物の写真を撮る場合は、特に女性は許可を取る必要があります。
すべて黒いアバヤで身を包んでいる、目だけ出している女性へカメラを向けるのは止めるようにします。

厳格なイスラム教徒の女性なので、撮影は遠慮し、政府関係の建物など、空港などは撮影禁止のところが多いです。
子供や女性限定の公共の場所でも、カメラの撮影は禁止になっている場所があるので注意が必要です。

モスクを観光する時のマナーは?

モスク

モスクは観光客も中に入ることができますが、イスラム教にはコーランから解釈されたシャリーア法という法律があって、観光客には注意が必要になります。
体のラインが出る服は避けて、なるべく露出の多い服装は避けるようにし、女性は髪の毛が隠れるようなスカーフのヘジャブを使用します。

モスクでは男性と女性は別の場所で礼拝をするので女性用は別の部屋にあり、イスラム教のモスクでは入ってはいけないエリアがあります。
礼拝場所には入れないモスクもあるので、注意が必要です。

金曜礼拝はイスラム教同士の結びつきを深くするための大切な日で、健康な成人はモスクでの礼拝の義務があるので、金曜はモスクの周辺などは無人になっていたります。
金曜礼拝が行われている時間帯は、観光客はモスクにはいれないのでご注意ください。

カフェも開いてない?ラマダンの時期の観光には注意!

ラマダン

Seikoさんのコメント
ラマダンの際は、イスラム教徒の方は日の出から日の入りまで飲食・唾を飲み込む行為も禁止されております。(子供・妊婦さんは除く)
外国人は特に厳しい規制はありませんが、不用意にイスラム教徒の方の前で飲食をする行為は控えてください。

ラマダン期間中は日没までお店が閉まっているところが多いので、訪れる際には開いているかどうか確認してから出かけるようにしましょう。

ラマダン期間中の午後は、皆さん疲れや空腹との戦いにもピークがきていますので、車を運転する際やタクシーに乗車する際は特に気をつけましょう。

ラマダン中は食事はしない、水分も摂らない、赤ちゃんや病気の人、工事現場の人と旅行者は例外で日中レストランなどは、入口にカーテンをするなど観光客を対応するお店もあります。
営業しているお店の方が少ないのですが、近年営業しているお店も増えてきているそうです。

ラマダン中はイスラム教徒の人達は、日の出前から日没まで断食をします。
ラマダン機関は特別な期間なので、ラマダン中はムスリムの前では飲食をするのを慎むなどの配慮が必要になります。

中東のイスラム国家は、不適切な行動があれば、刑罰の対象となることもあるので気を付けてください。

<下に続く>

アブダビ観光で気になる治安は?

Seikoさんのコメント
治安は東京よりも良く、こちらの方は夜に活動をし始める文化ですので、夜の出歩きも比較的に安全です。
しかし、外国だということを忘れずに、不用意に薄暗い路地等を歩かないようにしましょう。
<下に続く>

アブダビ観光で気になる物価は?

Seikoさんのコメント
物価は日本の約2~2.5倍とも言われております。
ホテルでもお酒が飲めるレストラン等ではサービス税・消費税がかかるのでかなり高額です。
しかし現地のもので安く購入できるものもあります。
<下に続く>

アブダビ観光のベストシーズン

Seikoさんのコメント
ベストシーズンは、11月~2月中旬頃です。
この頃の気温は25℃前後になりますので、日中は半袖でちょうど良い気候です。
朝晩は少し冷え込むので、薄手の上着があるとよいです。

2月後半~3月になりますと30℃を超えてきますので、少し汗ばんできます。
4月になると40℃を超えてきますので、春休みの頃はすでに暑さが厳しいです。
<下に続く>

アブダビの人気おすすめ観光地のまとめ

アブダビモスク

砂漠の中のオアシスのアブダビは、街にあるすべてが想像を絶する絢爛豪華であったり、これまで見たこともない形をしていたりと、アブダビにあるものすべてに圧倒されます。
アブダビの観光も規模の違いに驚かされっぱなしになりますが、アブダビで新しいものに出会ったり、世界の最先端をいく砂漠の国で今までに経験したことのないことがアブダビで出来そうなところです。

きっとアブダビで素晴らしい体験ができる忘れられない旅になること間違いなしです。

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line