どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/12/06

在住者が教える!トロントで人気のおすすめ観光スポット28選

トロントは、カナダ最大の都市です。
トロントは移民が多い地域としても知られていて、その移民の多さによって生み出された多様な文化が特徴的です。
また、トロントには都市ならではの観光地や郊外には自然も多く、日本からの観光客も年々増えています。
今回はそんなトロントの観光の魅力や、おすすめ観光スポットを、トロント在住のAiri Okamotoさん、Hirokoさん、Nanakoさんの三人にお聞きしました。
トロント旅行に行かれる方やご興味がある方は必見です!

Large image54 1  min
本記事のコメンテーター
Thumb image32 2 Thumb image11 1 Thumb image47 2
Hirokoさん

instagram:https://www.instagram.com/2hiii7kooo/
日本社会が窮屈でギリホリで飛び出して来たカナダ。
親切で温かいトロントで、マルチなカルチャーを肌で感じ、自分らしくのびのびとストレスフリーに過ごしています!
休日はバレエ、ジャズダンスに通っています。
トロントで購入出来る良いスキンケアやコスメ、美味しいお店を探す事が好きです!
在住歴: 2年
渡航歴:オーストラリア、ニュージーランド、韓国、北京、上海、カナダ(バンフ、モントリオール、ケベックシティ)、NYC、シカゴ

Airi Okamotoさん

Instagram https://www.instagram.com/airi0kamoto/

トロント在住5年目。
ワーホリでトロント留学し、カナダの人々の優しさと自由なライフスタイルの虜に!
現在は平日は留学カウンセラー( https://www.instagram.com/mapleedujapan/ )、休日はパフォーマーとして活動中。
ミュージカル、ダンス、旅行、ディズニーlover♡

カナダ(トロント/モントリール/ケベック/オタワ/バンクーバー etc..) /NY/メキシコ/オーストラリア/台湾

Nanakoさん

instagram:https://www.instagram.com/na__urblists/
2014年日本の高校卒業後、18歳の時にカナダに住み始めました。トロントにある大学で経営学部を卒業し、2019年9月からトロント発のベンチャー企業で働き始めました。

私にとって旅行とは色々な新しい出会い見つけつつ、自分を見つめ返しリフレッシュできる最高なものです。

他にもフィットネスやヨガ、写真、読書、カフェ巡り等が趣味で、様々な分野からインスピレーションをもらう、バランスの取れたライフスタイルを送るよう心がけています。

在住歴:カナダ、5年8ヶ月(バンクーバー8ヶ月/ トロント5年)
旅行歴:9ヵ国
カナダ(バンクーバー、トロント、ヴィクトリア、ジャスパー、バンフ、イエローナイフ、ケベック、モントリオール、オタワ、ウィスラー )
アメリカ(ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコ、シカゴ、シアトル、マイアミ、オーランド、ラスベガス、アリゾナ、ボストン )
メキシコ(メキシコシティ、グアダラハラ、カンクン )
その他(ソウル 、上海 、バリ島 、ロンドン 、パリ 、フランクフルト)

トロントの基本情報と観光の魅力

CN Tower
提供:@na__urblists

トロントは、カナダ最大の都市で日本で例えるなら東京のような大都会の場所です
トロントの街中にはビジネス街、大型商業施設、観光地も多く、日本人留学生や移住者もたくさん暮らしています。

トロントの街を歩いていると、アジア系、南米系など、日本では想像できないほど様々なバックグラウンドをもった方々を見かける事でしょう。

トロントでは英語が基本ですが、様々な言語や文化が交じり合っている街でもあります。

また夏は過ごしやすく、冬は寒さが厳しいことでも有名です。

トロント在住のAiri Okamotoさんだからこそわかる観光の魅力は?

A.世界平和の縮図と言える街、それがトロント!

Airi Okamotoさんのコメント
NYよりも移民が多いと言われる事もあるほど、様々な文化が混ざり合ってる街とコミュニティを思いっきり楽しんでください!

歴史を残しながらも、時代の変化をポジティブに受けて入れていくオープンマインドなトロントだからこそ、いつ訪れても新しい発見、出会いがあるはずです。

実はトロントはNY、ロンドンにつぐミュージカル世界3大都市の1つでもあります!エンターテイメントが好きな方はぜひ劇場にも足を運んでみてください♪

トロント在住のHirokoさんだからこそわかる観光の魅力は?

A.都会と自然が味わえて海外旅行初心者でも楽しめる!

Hirokoさんのコメント
都会と自然を両方味わうことの出来るトロント。
夏場はとにかく過ごしやすく自然が綺麗です!
現地の人達が短い夏を思う存分エンジョイしている姿を見ると、きっとあなたも楽しめるはず♪

移民が多く、様々な人種が混ざりあっているトロント。
海外旅行に慣れておらず英語が心配な方でも大丈夫!
トロントの人達はとても優しく、どんな英語でも理解してくれます!
治安も良く、夜中に1人で歩いていても大丈夫です。
トロントの夏を是非一度体感してみてください!

トロント在住のNanakoさんだからこそわかる観光の魅力は?

A.都市の多様な文化とローカルな雰囲気が魅力的!

Nanakoさんのコメント
多文化の都市、トロント。
大都市であると同時に、すぐ近くで自然に触れ癒されることができるのも魅力的です。

観光スポットも多々ありますが、地元民と観光客が混じっており、ローカルの雰囲気を味わうことができます。

エリアによって雰囲気が全く違うのもトロントの特徴。
是非主要スポットを訪れた後は、隠れ家的な地元のカフェを開拓したり、色々な文化の料理を食べてみたりと、トロントの色々な面を探してみてください。

初めて来たのに、何かホームのような暖かさを感じさせてくれるそんな街です。

\トロントの基本情報/

トロント観光の基本情報
時差 -14時間(サマータイム時は-13時間)
フライト時間 約12時間(直行便あり)
言語 英語、フランス語
通貨 カナダ1ドル=約82円
ベストシーズン 6月〜8月頃
気候 夏は涼しく、冬は-20度を下回ることもある
<下に続く>

在住者が選ぶ!トロントで人気のおすすめ観光スポット21選

ここではトロント在住のAiri Okamotoさん、Hirokoさん、Nanakoさんが厳選しておすすめするトロントの観光スポットをご紹介します。
ここで紹介するスポットは以下の21つです。

  1. CN Tower
  2. CF Toronto Eaton Centre
  3. Niagara Falls
  4. University of Toronto
  5. Waterfront Toronto
  6. Toronto Islands
  7. Rogers Centre
  8. High Park
  9. St. Lawrence Market
  10. Yonge-Dundas Square
  11. Art Gallery of Ontario
  12. Kensington Market
  13. Toronto City Hall&Nathan Phillips Square
  14. Toronto Reference Library
  15. Thomas Fisher Rare Book Library
  16. Osgoode Hall
  17. Union Station
  18. Scarborough Bluffs Park
  19. Distillery District
  20. Graffiti Alley &Queen Street West
  21. China Town

続いて、トロントの観光地を、それぞれ詳しくみていきます。

CN Tower

CN Tower
 CN Tower
CN Tower
CN Tower
CN Tower
CN Tower
CN Tower
CN Tower
CN Tower
CN Tower
CNタワー(監修者提供)
CNタワー(監修者提供)
CNタワー(監修者提供)

CN Towerのおすすめポイント!

Hirokoさんのコメント
トロント市内が一望でき夕日〜夜景が特におすすめです。
展望デッキまで上ると一部床が透明になっているので、真下を見下しスリルを味わう事が出来ます!
写真映えスポットです!
雲が多いと真っ白で何も見えないので、天気予報を確認して行く事をおすすめします。
Nanakoさんのコメント
トロントのシンボルといえば、CNタワーです!
ユニオンステーションの近くに位置し、地元民からも愛されています。
トロントに長年住んでいる私でも、ついつい見かけると写真をとってしまうような、そんな愛着の湧くランドマークです。

晴れた日の日没の時間帯に行くと、綺麗なサンセットが見れるのでおすすめです。
日没後の夜景も絶景なので、日が沈む少し前に行って、サンセットを見たあと夜景を見るのがベストだと思います!

360度回転するレストランが常設されているので、旅の思い出に訪れてみてはいかがでしょうか。

CNタワーは、トロントでも有名な観光地です。
高さ553.33メートルあり、トロント市内の遠くからでも見渡すことができます

最寄り駅からも近いため、雨の日のトロント市内観光としてもおすすめです。
CNタワーの展望台からは、トロント市内を一望でき、回転レストランも併設されています。

エッジウォークという高さ約356メートル時点から、空中散歩ができるアクティビティもあり、観光客や留学生にも人気があるアクティビティのひとつです。
またタワーの近くには、ロジャーズ・センターやウォーターフロントなど徒歩圏内に観光地や飲食店も多くあります。

ちなみにタワーの料金は主に3つに分かれており、チケットはインターネットでも事前購入可能です。

CNタワー入場料 大人 子ども
General Admission 38ドル 28ドル
General Admission + SkyPod 53ドル 43ドル

※General Admissionは入場券のようなもので、タワーに上る人全員が必要。346メートルのLookout Levelまで行くことができます。
General Admission + SkyPodは、447メートルまで行ける追加料も込みの料金。

その他にも回転レストラン料金がットのものや、予め日時を指定して並ばなくてよいものもあります。

CNタワー

CF Toronto Eaton Centre

Eaton Centre
Eaton Centre
Eaton Centre
Eaton Centre

CF Toronto Eaton Centreのおすすめポイント!

Airi Okamotoさんのコメント
トロント のショッピングモールと言えばEaton Centre!
100%ナチュラルのエッセンシャルオイルを売っている”Saje”とカナダのお茶屋さん”DAVIDs TEA”が私のおすすめです♪

またEaton Centreから直結しているカナダの百貨店、Hudson's Bayにもオリジナルのカナダグッズが売っているのでぜひ立ち寄ってみてください。
Nanakoさんのコメント
とても大きなショッピングモールです。
私自身も特に衣類や友人へのプレゼントを買いに行く際には必ずチェックしに行きます。
Nordtrorm、Hudson's Bay というデパートも併設しているので、高級ブランドの買い物もできます。

大きなフードコートも地下階にあるので、買い物に疲れたら一休みできます。
日本にまだ進出していないブランドの店舗も数多くあるので、チェックしてみてください。

クリスマス時期には、モールの真ん中あたりに巨大なクリスマスツリー、そしてあちこちに鹿のオブジェが立ち並びます!

トロントのダウンダウンにあるイートンセンターは、日本でいう大型商業施設です
230以上ものお店が入っており、高級ブランド、海外ファッション、コスメ、本屋、スターバックス、アクセサリー店、フードコートなど多数あります。

カナダで有名なRootsというファッションブランドや、ZARA、H&Mなどのカジュアルでお手頃なお店もたくさん入っています。
規模は小さいですが、トロントの観光土産が買えるお店も数店舗あり、観光客や留学生にもおすすめのお店です。

そのため、ショッピング好きな人は是非訪れたい観光スポットのひとつです。
地下鉄のダンダス駅とクィーン駅から地下で直結しているので、天候に関わらず快適にアクセスが可能です。
イートンセンターは、一駅分の長さありますので、両端が駅と直結している形となります。
また、クィーン方面(南側)から、「PATH」と呼ばれる地下街がUnionあたりまで続いており、お店や飲食店等が最近さらに進化していっています。

CFトロントイートンセンター

Niagara Falls

Niagara Falls
Niagara Falls
Niagara Falls
Niagara Falls
Niagara Falls
Niagara Falls
Niagara Falls
Niagara Falls
Niagara Falls
Niagara Falls
Niagara Falls
Niagara Falls
Niagara Falls
Niagara Falls
Niagara Falls

Niagara Fallsのおすすめポイント!

Hirokoさんのコメント
教科書で見ていた巨大な滝をかなりの間近でしかも上から見る事が出来ます。
さらに船に乗って下から攻める事も可能です!
滝の水しぶきが強すぎてもはや雨が降っているような感覚です!

カナダ側、アメリカ側に滝が1つずつあり、長い橋を歩いてアメリカに渡る事が出来ます。
日本では考えられない経験ですよね!

因みにカジノの中にあるバッフェが美味しくておすすめです。
カジノをしなくても入る事が出来ます。
写真付き身分証が必要です。
Airi Okamotoさんのコメント
トロントから約2時間とデイトリップにぴったりなので、2ヶ月に1度は訪れています。

時間のある方はちょっと足を伸ばしてイギリス風の小さな可愛い街『ナイアガラ・オン・ザ・レイク』にもぜひ訪れてみてください!1日観光ツアーでワイナリーなどとあわせて訪れるのもおすすめです。

カナダとアメリカをつなぐレインボーブリッジを歩いてアメリカに渡りアメリカ側からのナイアガラの滝を楽しむこともできます♪
(US側にいく際はパスポートをお忘れなく。陸からの入国はETAは必要なし!)
Nanakoさんのコメント
トロントに来られた際は是非いって欲しいのがナイアガラの滝。
特に夏の時期のクルーズをおすすめします。
滝の真下まで行くことができ、迫力満点です。

滝のすぐ近くには、テーマパークのようなエリアがあり、ショッピングや食事、アクティビティーを堪能できます!
また、時間に余裕があれば、近くのワイナリーを回るツアーに参加するのもとても楽しいです。
ローカルのアイスワインは絶品で、お土産としても大人気です!

滝の向こう側はアメリカなので、国境を間近に見ることもできます。
夜になるとライトアップされるので、とてもロマンチックな雰囲気です。

極寒の冬には流氷をみることができ、時には滝全体が凍ることもあります!
とても寒いですが、見応えのある絶景です!

ナイアガラの滝は、トロントから観光用バスで約2時間程です。
トロント内ではありませんが、トロント観光の一環として訪れる人が多く、日帰りでの観光も可能です。

トロント市内から毎日バスが出ており、観光客もよく利用しています。
またレンタカー等持っている人なら、個人で訪れることもでき、トロント市内から約1時間半程で着きます。

日帰り観光でも、ナイアガラの滝をゆっくりと見たり、飲食店、お土産店、小さな遊園地などもあります。
ホテルもあるので、日程に余裕がある観光客は宿泊も可能です。

日本からもナイアガラの滝を含めたトロントの観光ツアー旅行が出ており、日本人にも人気の観光地のひとつです。

ナイアガラの滝

University of Toronto

University of Toronto
University of T library
University of Tronto

University of Toronto のおすすめポイント!

Airi Okamotoさんのコメント
校舎がおしゃれ&中心の講堂前にある芝生のエリアがとにかく広く、映画などから想像する海外大学のキャンパスそのままです!

講堂も迫力がありますが、ふりかえるとCNタワーが見えるので芝生エリアでCNタワーを入れて写真をとるのがおすすめです。

図書館や食堂など、ハリーポッターの映画に出てくるような重厚で素敵な作りの建物がたくさんあるのでぜひ訪れてみてください♪

トロント市内にキャンパスを持つトロント大学は、カナダでも屈指の名門校で世界的にも有名な大学です
トロント大学のキャンパス内には、美術館、博物館、図書館もあります。

大学ですが敷地内には緑も多く、観光客もたくさん訪れています。
キャンパス内を歩いていると、様々な国籍の学生を目にし、カナダ人の他、留学生も多い大学。

大学のグッズが買えるお店もあるので、カナダで大学生になった気分でキャンパス内をゆっくりと散歩してみるのもおすすめです。

トロント大学

Waterfront Toronto

Waterfront Torontoのおすすめポイント!

Airi Okamotoさんのコメント
まるで海のようなオンタリオ湖を眺めながらゆったりできる
トロントニアンの憩いの場。

お昼も良いですがサンセットの時間を狙って訪れるのもおすすめです。
カナダのオタワ発祥のお菓子、ビーバーテイルのお店もあります。

ウォーターフロントからは、目の前に広がるオンタリオ湖を一望できます。
冬は寒いので夏の時期が観光しやすいです

ただ冬は寒い分、オンタリオ湖全体が凍っている景色もなかなか綺麗です!

この周辺には、観光客用の高級ホテル、女性観光客に人気のおしゃれなカフェ、飲食店も多くあります。
のんびりと歩いている人や、ジョギングをしている地元民などもおり、観光客にも人気の場所となっています。

ウォーターフロントトロント

Toronto Islands

Toronto Islands
Toronto Islands
Toronto Islands
Toronto Islands
Toronto Islands
Toronto Islands
Toronto Islands

Toronto Islandsのおすすめポイント!

Hirokoさんのコメント
フェリーで向かう時から既にワクワクが始まっているトロントアイランド!
島に着くと全く別世界で、ちょっとしたバケーションを味わう事が出来ます。
芝生やビーチで寝っ転がったり、バーベキューしたり、ピクニックしたり、泳いだり、4人乗り自転車で島を一周したり、一日中満喫できます!

自転車レンタルは身分証と現金のデポジットが必要です。
おすすめはオリンピックアイランドから見るダウンタウンの景色。
ポストカードにも選ばれる場所です!
昼間、夕日、夜景の三種類をゆっくり眺めてみては?
Airi Okamotoさんのコメント
フェリーのチケットは事前にオンラインで購入しておくとスムーズです。
思いっきり遊びたいなら日中がベストですが、カップルの方は少し遅めの時間に行くのがロマンティックでおすすめです♪

夜景スポットとしては、フェリードック近くの湖畔から見えるトロントが私の1番のお気に入りです。
Nanakoさんのコメント
夏季にトロントに来られる際は是非トロントアイランドに行っていただきたいです!
市内からアクセスもよく、半日あれば十分楽しめるのも魅力です。

フェリーからトロントの街を一望することができ、絶好の写真スポットです!
一番よく見かけるトロントのイメージ画像のような気がします。

自然豊かなトロントアイランド、夏には花も沢山咲いていて綺麗ですし、ビーチで泳ぐこともできます。

トロントアイランドは、複数の島からなっており、トロント市内からフェリーで約10分程で着きます。
観光客や地元民にも人気がある場所で、日帰り観光でのアクセスが可能

トロント島内では、ハイキング、バーベキュー、サイクリングなど思い思いに過ごすことができ、公園やカフェなどもあります。
都会での生活を忘れて自然を感じることができるスポットなので、週末を利用して訪れる留学生もたくさんいます。

トロントの島からは、大都会のトロントを一望できる場所もあり、写真スポットとしても有名です。

トロント島

Rogers Centre

Rogers Centre
Rogers Centre
Rogers Centre
Rogers Centre
Rogers Center
Rogers Center

Rogers Centreのおすすめポイント!

Hirokoさんのコメント
トロントの野球チーム、ブルージェイズはなんとメジャーリーグなんです。
野球が全く分からない方でも、ゲームを生で観ると十分楽しめます!
たまにメジャーリーグで活躍している日本人選手がトロントで試合をしているので、運が良ければ見る事が出来ます。

折角の観光であれば、ブルージェイズのユニフォームを着て応援してみては?
よく見る可愛い着こなしは、オーバーサイズのユニフォームにデニムのショートパンツの組み合わせです!
事前にチャイナタウンでレプリカを安く購入する事も可能です!

ロジャース・センターは、CNタワーの隣にある大きなスタジアムです
野球の試合や、国際会議、コンサート会場などとして使われています。

夏のシーズンには野球の試合も多く開催されており、屋根は開閉できるようになっています。
またギフトショップなども併設されており、観光客にも人気のスポットです。

ロジャース・センター

High Park

High Park
 High Park
High Park
High Park

High Parkのおすすめポイント!

Airi Okamotoさんのコメント
ガーデンや湖、ドックパーク、無料動物園など、のんびりと散策するだけでも色々と楽しみながらリラックスできます。

年中通して違った楽しみ方ができますが、私の1番のおすすめは毎年夏に2ヶ月に渡って公園内の野外劇場で行われるシェイクスピア公演(Shakespeare in Highpark)!

自然の中でのお芝居はとても幻想的で客席との一体感もありお芝居に詳しくない人でも楽しめる事間違いなしです。
Nanakoさんのコメント
ダウンタウンの観光に疲れたら、是非一休みしに訪れてみて下さい。
公園の中には大きな池もあり、水際の景色も楽しめます。

5月頃には日本から送られたという桜が沢山咲き地元民で溢れています。
秋になると、あたり一面落ち葉で埋めつくされとても気持ちいい散歩スポットです!
紅葉もとても綺麗です。

ハイパークは、トロント市内からアクセスも良いので個人での観光客にも人気のスポットです。
春には、トロント内でも桜の名所として有名で、トロントに移住しいている日本人も毎年のように訪れているという人もいます

晴れた日のちょっとした観光や、散歩にもおすすめの公園で、トロントの都会でリラックスできる場所です。
トロントの大都会にありながら、たくさんの木々が植えられており1周約1時間くらいの大きさです。

ハイパーク

Yonge-Dundas Square

Yonge-Dundas Squareのおすすめポイント!

Nanakoさんのコメント
トロントのタイムズスクエア、というようなスポットです。
常に沢山の人で賑わっています。

イートンセンターの出入り口でもあり、大きなH&Mが目印です。

沢山の電光掲示板であふれていて、トロントの都会の雰囲気を写真に収めるのにぴったりです。
南西には広場があり、イベントやポップアップがよく行われています。

すぐ近くにショッピングモール、レストラン・バー、映画館等が沢山あり、地元民の待ち合わせスポットでもあります。
夏季には、ダンダススクエアの北東に位置するアディダスが入っている建物の3階にあるJack Astor’s(レストラン兼バー)のパティオ(テラス席)から、全体を見渡すことができ、お気に入りなので毎年夏には必ず行きます!

ヤングダンダススクエアは、アメリカのニューヨークで例えるなら、タイムズスクエアのような場所です
トロントで最も活気がある場所で、1年中若者や観光客を中心に賑わっています。

目の前にはイートンセンターの大型商業施設や、映画館などのエンターテーメント施設、飲食店も多く、小さな広場ですが、イベントも多く開催されています。

ヤングダンダススクエア
Art Gallery of Ontario
Art Gallery of Ontario
Art Gallery of Ontario
Hirokoさんのコメント
ゆっくり作品を楽しむのも良し、作品を見て絵を描くのも良し、何でもありな空間です。
なんと写真撮影がOKなので、おしゃれをしてお気に入りの作品と写真を撮影する事がおすすめです!

毎週水曜日の午後6時以降は入館料無料です。
冬場はコートが重いのでクロークに預ける事が可能です。

オンタリオ美術館も、博物館と並んでトロント観光の定番スポットです
カナダにおける著名なアーティスト作品がたくさん並んでおり、普段あまり美術館に訪れない観光客でも興味を持てる内容になっています。

建物も内観もおしゃれで、ゆっくりと鑑賞したい人にもぴったりの観光場所です。
お土産店やカフェも併設されています。
\オンタリオ美術館の入場料/

大人 子ども
25ドル 25歳以下無料
オンタリオ美術館

Kensington Market

Kensington Market
Kensington Market
Kensington Market
Kensington Market
Kensington Market
Kensington Market
Kensington Market
Kensington Market

Kensington Marketのおすすめポイント!

Hirokoさんのコメント
移民が多いトロントならではの多国籍フードがカジュアルに安く味わえる場所。
Jimmy’s Coffeeはトロントで有名なおしゃれで美味しいコーヒーショップです。
なんとあのShawn Mendesもお気に入り!

毎月最終週の日曜日は歩行者天国となり路上パフォーマンスが沢山ありとても賑やかです。
演奏と共にサルサを踊りだす通りすがりのラティーノ達や、大縄跳びに見知らぬ人だけど参加をする人達…日本では見る事のない雰囲気、光景だと思います!

また、ウォールアートが多くアーティストが路上で作品を販売している事もあり、あなただけの一品が見つかるかも?
Nanakoさんのコメント
市場では、様々な食材を売っていて、歩いているだけで楽しい気分になります。
様々な種類の野菜、肉、魚、チーズ、調味料、お菓子等が所狭しと並んでいて、沢山試食もあるので試して見てください。

地元民と観光客が交わるスポットの一つです。
普通に食料品を買いに来る人から、大きなカメラを抱えて来る人もいる、そんな面白い場所です。

カナダのお土産屋さんもあります。

ケンジントンマーケットは、カフェ、レストラン、古着店などが集まった通りです
インスタ映えするような壁やスポットも多く、トロントの地元民や観光客にも人気のスポットです。

スイーツ店などもあるので、カフェ好きな女性観光客におすすめの場所で、トロントのダウンタウンからアクセスも抜群。
近くには公園もあり、そこからCNタワーも一望できます。

イベントなども時々開催されていて、週末は特にたくさんの人が集まるエリアとなっています。

ケンジントンマーケット

Toronto City Hall&Nathan Phillips Square

Nathan Phillips Square
Toronto City Hall&Nathan Phillips Square
:Toronto City Hall&Nathan Phillips Square
Toronto City Hall&Nathan Phillips Square
Toronto City Hall&Nathan Phillips Square
Toronto City Hall&Nathan Phillips Square

Toronto City Hall&Nathan Phillips Squareのおすすめポイント!

Hirokoさんのコメント
トロントの文字のオブジェクトがあり、まさに写真映えスポット!
おすすめはロゴの中に入って写真撮影です!

冬は綺麗なクリスマスツリーとスケートリンクがありとても綺麗です。
スケートシューズはレンタル可能で気軽に滑る事が出来ます。
ニューイヤーはここでライブがあり、花火が上がり盛大に盛り上がります。
Airi Okamotoさんのコメント
TORONTOの文字モニュメントがあり、記念撮影に絶対に外せないスポットです。
冬はモニュメント前の水場がアイススケートリンクになり、ウィンタースポーツを楽しむ事もできます♪

毎月何かしらのイベントやコンサートが開催されているので訪れる前にぜひチェックしてみてください!
Nanakoさんのコメント
”TORONTO”の文字があるスポットです!
トロントを訪れた際は是非写真を撮ってもらいたいです。
実は、日によって文字の色が違います。

冬季には、スケートリンクができ、シューズをその場で借りてスケートを楽しむことができます。
催し物もよく開催されているので、立ち寄ってみて下さい。

ニューイヤー、カナダデイには花火が打ち上げられるスポットでもあり、大勢の人で賑わいます。

トロント市庁舎は、イートンセンターからも徒歩圏内なのでショッピングやお土産選びと併せた観光が可能です。
市庁舎の目の前には、大きな広場があり様々なイベントが行われています。

また冬の時期になると、アイススケート場としても使用されています。
TORONTOと書かれた大きな文字の前で、記念写真を撮っている観光客も多く、夜になるとライトアップも

旧市庁舎などレトロな建物もあり、徒歩での観光ができるので個人での観光客にもおすすめのスポットです。

トロント市庁舎周辺

Toronto Reference Library

Toronto Reference Libraryのおすすめポイント!

Nanakoさんのコメント
様々な目的で訪れる人がいるパブリックライブラリー。
開放感がある空間で、私もよく勉強、仕事、読書をしに行きます。

インスタグラム等の写真スポットとしても人気です!
滞在する期間が短くても、ぜひ最上階に上って館内全体を眺めてみてください!

トロントリファレンスライブラリーは、公共の図書館です。
5階建ての大きな図書館で、トロント市内では最大の大きさとなっています

本を読むだけではなく、勉強スペースなどもたくさん用意されているため、留学生の勉強先としても最適な場所。
無料で使えるインターネットも完備されているので、観光客にも大変便利ですね。

またカフェスペースもあります。
駅から徒歩約2分とアクセス環境が良いので、雨の日の観光や、少し時間が余ったときの観光としてもピッタリです。

トロントリファレンスライブラリー

Thomas Fisher Rare Book Library

Thomas Fisher Rare Book Library
Thomas Fisher Rare Book Library
Thomas Fisher Rare Book Library
Thomas Fisher Rare Book Library
Thomas Fisher Rare Book Library

Thomas Fisher Rare Book Libraryのおすすめポイント!

Hirokoさんのコメント
トロント大学の図書館の中にある小さな展示用図書館。
薄暗い空間の中で周りを見渡すと、壁一面に本がぎっしり。
誰もが知っているあのハリーポッターの世界に入ったかのような感覚になります。
是非ハリーポッターファンには行ってみてほしい場所です!
Thomas Fisher Rare Book Library

Osgoode Hall

Osgoode Hall
Osgoode Hall
Osgoode Hall

Osgoode Hallのおすすめポイント!

Hirokoさんのコメント
元々弁護士を育成するロースクールとして建設されたこの建物は、とても歴史を感じられる美しいデザインです。
特におすすめするポイントは、入った瞬間可愛い〜!と思わず言ってしまうような天井とパープルの照明を使用した空間です。
もう1つは個人的にハリーポッターの大ファンなのでこの図書館です。螺旋階段がさらに物語に出てきそうな雰囲気を作り出しています。
ハリーポッターファンには是非行ってみてほしい場所です!
Osgoode Hall

Union Station

ユニオン駅
ユニオン駅

Union Stationのおすすめポイント!

Hirokoさんのコメント
オンタリオ州以外にも通じる電車が通っている比較的大きな駅です。
駅周りも広々としており、”カナダ最大の都市トロント”を感じる事が出来ます。
建物が歴史のある美術館のような造りになっており、入った瞬間から神秘的な雰囲気が漂っています。

Scarborough Bluffs Park

Scarborough Bluffs
Scarborough Bluffs
 Scarborough Bluffs
Scarborough Bluffs
Scarborough Bluffs Park

Scarborough Bluffs Parkのおすすめポイント!

Hirokoさんのコメント
ダウンタウンから電車で1時間程の距離の所にある公園です。
ピクニックやバーベキューをしている人が多く、周りが湖の為ちょっとした島のような雰囲気があります。
プライベートのような小さなビーチもありおすすめです。

Distillery District

Distillery District
Distillery District
Distillery District
Distillery District
Distillery District
Distillery District
Distillery District
Distillery District
Distillery District
Distillery District
distillery district(監修者提供)
distillery district(監修者提供)
distillery district(監修者提供)
distillery district(監修者提供)

Distillery District のおすすめポイント!

Hirokoさんのコメント
レストランやショップ、アート作品もあり写真映えスポットです。
赤レンガの建物で雰囲気も良くデートにおすすめです。
クリスマスの時期にはクリスマスマーケットが行われ沢山の人で賑わっています。
Airi Okamotoさんのコメント
ハリウッド映画ロケ地としても頻繁に使われ、『シカゴ』や『X-Man』の撮影もここで行われました!

冬は毎年恒例のクリスマスマーケットも開催されています。
SOMAというトロント発祥のチョコレート屋さんが特におすすめです!
ディスティラリー・ディストリクト

Graffiti Alley &Queen Street West

Graffiti Alley &Queen Street Westのおすすめポイント!

Airi Okamotoさんのコメント
Queen Street Westはトロントのおしゃれ街。
ローカルの人たちにも人気のカフェや雑貨屋さんがずらりと並んでるので要チェック!
Graffiti Alleyは路地裏にあるので日中に訪れて、お気に入りのグラフィティを見つけてください

China Town

China Townのおすすめポイント!

Airi Okamotoさんのコメント
お菓子などトロント土産の定番を買うならチャイナタウン!
ショッピングモールと売っているものは全く同じですが、断然安く購入できます。

たくさん買う時は交渉によっては、現金払いでさらに割引してくれる事も♪
チャイナタウン
<下に続く>

どこいく編集部が選ぶ!トロントで人気のおすすめ観光スポット7選

ここでは先ほど紹介しきれなかった、どこいく編集部が選ぶトロントの観光スポットをご紹介します。
ここで紹介するスポットは以下の7つです。

  1. Ripley's Aquarium of Canada
  2. St. Lawrence Market
  3. Royal Ontario Museum
  4. Casa Loma
  5. Toronto Zoo
  6. Yorkdale Shopping Centre
  7. Canada's Wonderland

それではそれぞれのスポットを詳しく見ていきます。

Ripley's Aquarium of Canada

Aquarium
Aquarium

リプリー水族館は、CNタワーのすぐ隣にあるためCNタワー、ロジャーズセンターなどと併せた観光もおすすめです。
カナダ国内でも有名な水族館で、様々な海の生き物たちが展示されています。

トンネルになった水槽や、ニモなどたくさんの見どころやイベントもあり、子どもから大人まで大人気の室内観光スポットです。
水族館では珍しく、平日、週末共に夜11時まで開いているので、夜ご飯を食べた後や、ショッピングの後でも観光が可能です

またCNタワーとセットになったお得な入場券も発売されています。

\リプリー水族館の入場料/

大人 子ども
39ドル 13ドル
リプリー水族館

St. Lawrence Market

St Lawrence Market
提供:@na__urblists

セントローレンスマーケットは、地元民や観光客にも大人気の市場です
果物など新鮮な食材が、スーパーより安く手に入るとあって頻繁に訪れているトロントの地元民もいます。

建物もおしゃれで、外国らしい雰囲気があるマーケットです。
また冬のクリスマスの時期になると、イベントも多く開催されているので、冬にトロント観光に来た時は是非訪れたいスポットです。

セントローレンスマーケット

Royal Ontario Museum

ROM
提供:@na__urblists

ロイヤルオンタリオミュージアムは、カナダ国内でも最大級の大きな博物館です
美術、カナダの歴史、恐竜など様々な展示品があり、トロントの観光地としても定番のひとつとなっています。

また毎月第三月曜日の夕方5時半〜は営業時間を8時半まで延長し、無料で入場可能です。
地元民だでなく、観光客も対象なので時間があれば是非この日に訪れてみてください。

\Royal Ontario Museumの入場料/

大人 子ども
23ドル 14ドル
ロイヤルオンタリオミュージアム

Casa Loma

Casa Loma
Casa Loma

トロント郊外にあるカーサ・ローマは一般的にお城と呼ばれていますが、昔大富豪が建てた豪邸です
中は広くいくつもの部屋に分かれており、美しいインテリアも飾られています。

外には庭園があり、色とりどりの綺麗な花や噴水も!
写真スポットとしても人気があり、タイミングが良ければ結婚式の写真を撮っているカップルに出くわすこともあります。

映画にも出てきそうな観光スポットで、女性観光客には特に人気がある場所です。
ここでウェディング撮影をしているのもよく見かけます!

\Casa Lomaの入場料/

大人 子ども
32.49ドル 22.15ドル
カーサ・ローマ

Toronto Zoo

トロント郊外にあるトロント動物園は、地元の子どもたちに人気の観光スポットです
トロント市内からは車で約30分程で、広い敷地内に様々な動物たちが飼育されています。

パンダ、キリン、ライオンなど動物園で定番の人気動物から、小さな動物や鳥たちも!
週末を中心にイベントも開催されています。

安めの飲食店なども入っているので、観光客でも手ぶらで訪れることが可能です。

\トロント動物園の入場料/

大人 子ども
29ドル 19ドル
トロント動物園

Yorkdale Shopping Centre

ヨークデールショッピングセンターは、約270店のお店が入った大きなショッピングモールです
海外ファッションブランド、カナダブランド、一流ブランド、アクセサリー、本屋、雑貨、飲食店などたくさんのお店が入っており、イオンモールのような場所です。

平日は、イートンセンターよりお客さんが少ないのでゆっくりと買い物をしたい人にもピッタリの観光を兼ねたショッピングスポットです。
またトロント空港からも近く、バスで約20分で着きます。

トロント空港、トロント市内から共にバスが出ており、バス停を降りたら目の前がショッピングモールなので大変便利な場所にあります。

ヨークデールショッピングセンター

Canada's Wonderland

Canada’s Wonderland
Canada’s Wonderland

カナダズワンダーランドは、カナダ最大規模の遊園地です
トロント市内から車で約1時間から1時間半の距離なので、旅行日程に余裕がある人や、長期滞在している留学生にもおすすめの場所。

ジェットコースターなどの絶叫系、ウォーターパーク、子ども向けの乗り物など約70以上ものアトラクションが揃っています。
夏休みなどを中心にイベントやショーも開催されており、北米エリアでも人気の遊園地となっています。

\カナダズワンダーランドの入場料/

大人 子ども
42.99ドル 39.99ドル
カナダズワンダーランド
<下に続く>

在住者が教える!トロントのグルメの魅力とおすすめカフェ&レストラン4選

Q.トロントのグルメの魅力は?

Airi Okamotoさんのコメント
トロントにはチャイナタウンだけでなく、リトルイタリー、グリークタウンなど様々な文化を楽しめるエリアが存在します。
カナダ料理というものはほとんどありませんが、いろんな国のグルメが楽しめるのがトロントのグルメの魅力です!
カナダのレストランは、食べきれなかった場合は持ち帰りOKなので、店員さんに言ってボックスをもらってください♪
Nanakoさんのコメント
「カナダの代表的な食べ物は?」とよく聞かれるのですが、実質移民国家なのでこれと言ったものはありません。
強いていうならプーティーン!
ポテトフライにチーズ、グレービーソースがかけられています。

トロントでは、アジアンフードの人気も高く、色々なところでレストランを見つけられます。
旅の中で洋風の食べ物に飽き飽きして困る、と言ったことはないと思います!

以下では、トロント在住のNanakoさんとHirokoさんが厳選しておすすめするトロントでおすすめのカフェ&レストランをご紹介します。

ここで紹介するお店は以下の4つです。

  1. Tim Hortons
  2. Bang Bang Ice Cream & Bakery
  3. Pilot Coffee Roasters
  4. Bellwoods Brewery

それではそれぞれのお店を詳しく見ていきます。

Tim Hortons

Tim Hortonsのおすすめポイント!

Airi Okamotoさんのコメント
カナダに来て絶対に外せないのがカナダ人が愛するカフェ、Tim Hortons!
コーヒーにシュガー2、ミルク2のダブルダブル(英語ではダボダボという感じて発音します)がカナディアンの定番オーダー。
ぜひドーナッツと一緒に一息つきたい時に試してみてはいかがでしょうか?

\Tim Hortonsについて詳しく知りたい方はこちら!/
カナダで人気のドーナツ、ティムホートンズ!おすすめメニューや値段カナダ全土にあるドーナツチェーン店ティムホートンズってどんな店? p-insta:(https...

Bang Bang Ice Cream & Bakery

Bang Bang Ice Cream & Bakeryのおすすめポイント!

Hirokoさんのコメント
インスタ映えな見た目と最高の味!
ワッフルは注文ごとに焼き上げモッチモチ!
人気店で常に行列が出来ています。

このお店があるOssington Avenueはおしゃれな路面店やカフェが多い事で有名です。
Ossington Avenueはダウンタウンから少し西側に位置しています。

近くにTrinity Bellwoods Parkがあり夏場はこれでもかという位の人が日光浴をしていて、その光景はまさにピクニック天国です。
Bang Bang Ice Cream & Bakery

Pilot Coffee Roasters

Pilot Coffee Roastersのおすすめポイント!

Hirokoさんのコメント
同じくOssington Aveにあるおしゃれでコーヒーが美味しいカフェです。
コーヒー1つにAppleのPCで仕事をしているおしゃれな雰囲気の人々をよく見かける場所です!
Pilot Coffee Roasters

Bellwoods Brewery

Bellwoods Breweryのおすすめポイント!

Hirokoさんのコメント
同じくOssington Aveにあります。
色んな種類のビールを飲み比べる事ができるのですが、料理も美味しくてついつい長居してしまう場所。

白を基調とした空間で夏場はオープンテラスがあり雰囲気が最高です!
夕方5時頃から常に行列が出来ているお店なので、早めに行く事をおすすめします。
Bellwoods Brewery
<下に続く>

Q.トロント観光で気になるカナダのチップ事情は?

Kensington Market
提供:@2hiii7kooo

Hirokoさんのコメント
カナダはサービスに対して支払うチップ文化があります。
ファーストフードやカフェは支払う必要はありませんが、レストランやバーでは基本消費税抜きの価格の15%がチップとなります。
もしサービスが失礼だった場合は必ずしもチップを15%支払う必要はありません。

また、日本と違い少額でもカードで支払う人が多いです。
私がとても助かるなと感じる事は、友人とのお会計の際にセパレートの価格をそれぞれカードで支払える事です。
チップについても10%、15%など選択すれば自動的に計算されますし、とても便利です!

\カナダのチップ事情について詳しく知りたい方はこちら!/
カナダのチップの相場!州ごと消費税事情、ホテルなどでの払い方を紹介!【チップの前に】カナダの通貨は? カナダでは、カナダドルが採用されています。
2019年7月...

<下に続く>

Q.トロント観光のベストシーズンはいつですか?

Niagara Falls
提供:@na__urblists

Airi Okamotoさんのコメント
ベストシーズンは春ー夏ー秋(5月下旬から9月末もしくは10月半ばまで)です。

トロントの春と秋は一瞬で終わります。
冬が長いからこそ日本では想像できないほど、トロントニアンは全力で夏を楽しみます!!
サマータイムも導入されるので長い時は夜の9時近くまで明るいです。

ただトロントでは日本のように公園やビーチなどの公共の場でお酒を飲む事は法律違反なので気をつけてください!

夏はカラッとしていて過ごしやすいですが日差しが強いのでサングラス、日焼け止めは忘れずに!
また外は暑くても建物の中は本当に寒いので羽織れるものを持ってると◎。

冬にトロントを訪れる場合は暖かいしっかりとしたダウンジャケット、帽子&手袋は必須です。
ただ冬の建物の中はジャケットを着ていられないほど、とにかく暑いです。
ジャケットの下は厚手のセーターなどを着ると汗だくになってしまうので、薄手のトップスをおすすめします!
Nanakoさんのコメント
ベストシーズンは、6月から9月です。
季節の移り変わりは年によって多少ずれますが、やはり夏に訪れるのをおすすめします。
地元民はパティオ(テラス席)で飲食するのが大好きで、暖かくなってくるとカフェ、レストラン、バーがこぞってパティオをオープンします。

長く寒い冬が終わると、短い夏をみんな精一杯楽しむので、街全体がハッピーでおおらかなムードに包まれます!

カナダトロントのベスト観光シーズンは、夏の時期に当たる6〜8月頃です
9月の後半を過ぎると、夜は涼しくなってしまいます。

冬は、毎日のように雪が降り、真冬にはマイナス20度を下回ることもあります。
そのためトロントの観光シーズンとしては、夏がピッタリです。

<下に続く>

Q.トロントの治安や観光するうえで気をつけた方がいいことについて教えてください!

ダウンタウン
提供:@na__urblists

Hirokoさんのコメント
トロントはとても安全です!
ただ、お店で席を取るために荷物を置いて席を離れるのは危ないのでやめましょう。
留学生の友人数名からナイトクラブでお財布を擦られた話を聞きました。
貴重品の入った鞄は必ず体の前へ、常に意識をして下さい。

とは言え殆どの人はそう言った経験もないので安心して来てください!
Airi Okamotoさんのコメント
トロントの街は場所にもよりますが基本的にはとても安全です。地下鉄、バス、ストリーカーのシステムもとても充実しています。(地下鉄の運転が終了した後も始発までナイトバスが走っています。)
ただ夜遅い時間の人通りが少ない場所への出歩きは避けた方が無難です。
Nanakoさんのコメント
基本的に治安のいいトロントですが、やはり夜道などは危ないので、観光していて夜遅くなった際はタクシーで宿泊先まで帰られた方がいいかと思います。
Uber、 Lyftなどのサービスも充実しているので、事前にアプリをダウンロードしておくと便利だと思います。

ホームレス等が特にダウンタウンに多いので、大きな声で叫んでいる人を見かけたり、小銭を求められることもあるかと思います。人に危害を加えることはほぼないのですが、できるだけ近寄らず、話しかけられても視するのがベストです。

\カナダの治安について詳しく知りたい方はこちら!/
カナダの治安はいい?悪い?観光時に注意するべき犯罪や安全点を紹介【治安の前に】カナダってどんな国? カナダは、アメリカ大陸北部に位置している国です。
移民大...

<下に続く>

トロント観光で気になるカナダのインターネット事情

カナダ

海外旅行中、スマホでインターネットが使えるかどうかは、重要なポイント。
トロントの中心部の場合、インターネット環境は整っていて、駅やカフェの大半で無料のWifiに接続できます。
しかし、ナイアガラの滝などの郊外の観光地に行く場合や、常にスマホをインターネットに接続させておきたい方は、カナダのSIMカードを購入する必要があります。

カナダのSIMカードはAmazonでも購入可能です。

「北米」「中南米」「南米」 6か国 15日間周遊 定額データ通信 プリペイド SIM カード 海外国内通信専門店どこでもネット
3980円

\カナダのSIMについて詳しく知りたい方はこちら!/
カナダのSIMカード情報まとめ!Amazonで人気のプリペイド型も紹介カナダで役に立つ「SIMカード」とは? Simカードとは全てのスマートフォンの端末で電話、メ...

<下に続く>

トロント観光で気になる空港から市内への行き方 トランジットでも観光できる!

CN Tower
提供:@na__urblists

Nanakoさんのコメント
空港からUP Expressという列車が出ていて、約25分乗っているとダウンタウン(Union Station) に到着します。

とても便利なので、トロントの空港で長めのトランジットがある際もすぐにダウンタウンを観光することができます!

トロント旅行に行くときに気になるのが空港から市内への行き方。
トロントのピアンソ空港から、ダウンタウンへ行くにはUPエクスプレスという列車に乗って行くのが便利です!
UPエクスプレスを使えば、空港からダウンタウンまでわずか25分で到着します。
本数も、始発が5:30から、終電が1:00まで、15分ごとに発着しているので、便利。
料金は大人片道12.35ドル、往復24.70ドルです。

空港から市内へのアクセスが良いため、トランジットでトロントを観光することも十分可能です。
空港で荷物を預かってくれるサービスもあります。
トランジットの観光の場合、CNタワーやロジャースセンターなど、ユニオン駅から近い定番の観光地を見て回るのがおすすめ。
ダウンタウンを散策するだけでも、トロントの雰囲気を味わえて楽しめます。
トロントのピアンソ空港でトランジットの時間に余裕がある場合は観光も検討してみてください。

<下に続く>

トロントの観光に必要な日数は?

カナダ

トロント観光に必要な日数としては1週間〜10日間前後で日程を組む人が多く、トロント観光だけでなく、ナイアガラの滝、ニューヨークなど複数都市を観光する人が多い傾向にあります。

日本から観光ツアー旅行も増えており、トロント市内やナイアガラの滝など観光客が多い場所なら個人での旅行もおすすめです。

<下に続く>

トロント観光で都市文化と自然を楽しもう!

カナダ 国旗

カナダのトロントは、どの年代にもおすすめの観光地です。
北米でも有数の都会なので、買い物スポットも多く、逆に自然を楽しみたい人にも是非おすすめしたい場所です。

観光グルメスポットも多く、移民が多い街なので安くアジア系の料理を味わえるエリアや、ティムホートンズなど安いカフェも揃っています。
トロントを訪れた際は、国際色豊かな街、都会らしいビル、一歩ダウンタウンを離れると地元らしい街並みなど、ここトロントでしか味わえない光景を存分に楽しんで下さい!

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line