どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/11/07

【2020年】岡山でおすすめの初日の出スポット17選【混雑状況/日の出時間】

お正月、新年を迎えて元旦には「初日の出」を見に行く人も多いのではないでしょうか。
新たな年の幕開けを美しい日の出とともに迎える、そんな人も多いでしょう。

今回は“岡山県”で見られる、おすすめの初日の出スポットを紹介します。
初日の出が見られる超有名スポットから穴場スポットまで、幅広く計17選をまとめました。

Large snow mountain 4021279 1920

岡山の初日の出スポット:鷲羽山【家族連れにもおすすめ】

「鷲羽山」は岡山でおすすめの初日の出スポットとして、超有名で毎年多くの人が訪れる場所になります。
標高は133m、岡山県倉敷市に位置し瀬戸内海に面しています。

遠望した姿は鷲が羽を広げているように見えると言われ、「鷲羽山」の名の由来となっています。
標高は133mと女性でも登りやすく、家族連れにも人気の高い初日の出スポットです。

山頂から見るご来光には、毎年多くの人が訪れている人気スポットになります。
鷲羽山へのアクセスはJR児島駅から車で15分、または瀬戸中央自動車道児島ICから車で10分です。

アクセスには車が基本的に必須ですので、遠方から訪れる方はご注意ください。
JR駅からはバスも運行されていますが、初日の出の特別運行などはありません

鷲羽山
駐車場 バス45台(無料)
乗用車366台(無料)
日の出時刻 7時10分~7時15分
例年の人出 約3,000人
鷲羽山
<下に続く>

岡山の初日の出スポット:王子が岳【日の出・夕日の名スポット】

瀬戸内海国立公園に位置している「王子が岳」は初日の出のみならず、日の出・夕日が美しく人気の高いスポットになります。
標高は235mで、個性的な奇岩・巨岩が重なる山容をしているのが特徴です。

王子が岳の山頂までは登山道路が整備されているので、ファミリーでも訪れやすい点がおすすめポイントになります。
ペットの同伴も可能なので、ペットともに散歩を楽しむ地元民も多いです。

疲れたときには喫茶や売店も備わった、王子が岳パークセンターもあります。
アクセスには車が必要なので、ご注意ください。

JR駅からバスもありますが、1時間かかるのであまりおすすめは出来ません。
210台が停められる無料駐車場があり、王子が岳を訪れる方はそちらをご利用いただくことが可能です。

王子が丘
駐車場 210台(無料)
日の出時刻 7時10分~7時15分
例年の人出 -
王子が丘
<下に続く>

岡山の初日の出スポット:黒沢山【車で登れる山道が整備】

秋の冷えた早朝に現れる“雲海”が見られることで有名な「黒沢山」も岡山の初日の出スポットとしておすすめです。
標高約650mと上で紹介した山々と比べると高めですが、山頂近くまで車で登る道が整備されています。

八合目駐車場では甘酒やみかんがいただけることもあり、家族連れも楽しむことが出来るでしょう。
地元の町内会などがサービスで振る舞っているもので、地元の暖かさに触れられる良い機会でもあります。

“雲海”が見られる気象条件などが揃えば、初日の出にも雲海を見ることが可能です。
雲海から登る元旦のご来光は最高に神秘的なものでしょう。

公共交通機関に初日の出の特別運行は無く、アクセスには車が必須になりますので、ご注意ください。

黒沢山
駐車場 100台
日の出時刻 6時30分~7時
例年の人出 -
黒沢山
<下に続く>

岡山の初日の出スポット:日の出海岸【釣りスポットしても有名】

岡山県南で日の出の名所として知られる「日の出海岸」も、初日の出スポットにおすすめになります。
日の出海岸の海岸線・港は釣りスポットとしても有名で、釣り人には多く名を知られているスポットでもあります。

日の出は島々の間から昇り、その光景は素晴らしいものです。
昇る日の出の絶景から「日の出海岸」の名が付いたとされ、その名の通りの絶景を見ることが出来ます。

アクセスには車が必須で、日の出の時間帯の公共交通機関の運行はありませんのでご注意ください。
タクシーなどの利用はタクシー会社によっては可能です。

岡山県玉野市を走るタクシー情報などを事前に調べておきましょう。
釣り人にも人気のスポットなので、互いに目的を邪魔しないよう気を配りましょう。

日の出海岸
駐車場 あり
日の出時刻 7時10分頃
例年の人出 -
日の出海岸
<下に続く>

岡山の初日の出スポット:経ヶ丸山頂【地元に愛され続ける】

「経ヶ丸山頂」は岡山県井原市内一の代表的な初日の出スポットです。
眼下には山々の眺望と瀬戸内海が見え、春には桜の名所として、夏・秋には美しい夜空が美しい、四季に渡って楽しめるおすすめスポットになります。

初日の出スポットとしてもその眺望は人気です。
地元の方々もご来光を拝みに訪れる、地元に愛され続けるスポットなのです。

元旦の経ヶ丸山頂では初日の出が昇り始める頃に、井原鏡獅子太鼓の和太鼓演奏が始まり場を盛り上げます。
ご来光と同時に和太鼓も最高潮を迎え、神々しい初日の出がお目見えします。

そして万歳三唱の温度がなされて、ご来光を共にしたみんなで新年を祝うのが恒例行事となっています。
アクセスには車が必須で、普通車150台分の駐車場が利用可能です。

経ヶ丸山頂
駐車場 150台
日の出時刻 7時10分~7時15分頃
例年の人出 -
経ヶ丸山頂
<下に続く>

岡山の初日の出スポット:福山山頂【幸福の山】

「福山」は連なる「幸山」とともに“幸福の山”として、長く地元の方々に愛され続けてきた岡山おすすめのスポットです。
標高約300mの低山で、登山口毎にある数種のハイキングコースはファミリーにも人気です。

1234段の階段をひたすら上っていく登山コースもあり、体力づくりにもおすすめのスポットになります。
元旦にはみんなで福山山頂でご来光を拝む催しも開催され、多くの地元民・観光客参加します。

マイカップ持参で甘酒無料、限定800枚の限定絵馬の配布などサービスが受けられます。
アクセスには車を利用するか、またはJR駅から徒歩で訪れることも可能です。

元旦の日には臨時駐車場が設けられ、車でお越しになる方はそちらを利用することが出来ます。

福山山頂
駐車場 臨時駐車場有(総社市清音出張所)
日の出時刻 -
例年の人出 -
福山山頂
<下に続く>

岡山の初日の出スポット:鬼ノ城【桃太郎伝説に登場】

“日本100名城”に数えられる「鬼ノ城」は、初日の出スポットとしてもおすすめな場所です。
標高392mの山頂には、600年代創建とされる「鬼ノ城跡地」があります。

日本で超有名な伝説“桃太郎伝説”に出てくる、鬼の城のモデルと言われている古代山城となります。
激坂のある鬼ノ城山は自転車乗りの力試しの場としての人気も高いスポットです。

普段から観光客の多い人気観光地ですが、初日の出を拝む元旦にはより多くの人が訪れ混雑が予想されます。
鬼ノ城までのアクセスも、離合が出来ないほど細い道を通る必要があり注意が必要です。
通行できる車種や車幅の規制もあります。

車幅2.1m以内・全長7m以内の普通車または小型バスで、安全運転を心がけて訪れましょう。

鬼ノ城
駐車場 普通車30台
日の出時刻 -
例年の人出 -
鬼ノ城
<下に続く>

岡山の初日の出スポット:弥高山公園【四季折々の自然を満喫】

岡山県と広島県との県境に位置する、標高654mの山頂から拝む初日の出は神秘的な美しさがあります。
「弥高山公園」では、春には10万本のツツジ、梅雨にはアジサイ、秋は紅葉、と四季折々の自然を満喫できます。

ハイキングにも手頃な標高で、広大な敷地にはキャンプ場やバンガロー村などアウトドア施設の充実しているためファミリー層に人気です。
駐車場から弥高山山頂までは徒歩20分ほどで登れるのも、おすすめする良いポイントですね。

目前に広がる山々と雲の合間から昇るご来光は、とても神々しく神秘的な雰囲気に包まれます。
天候の条件が合えば、“雲海”とともに初日の出を見られる可能性もあります。

無料の駐車場、24時間解放のトイレなども、子供連れにはありがたいでしょう。

弥高山公園
駐車場 普通車200台、大型バス可
日の出時刻 -
例年の人出 -
弥高山公園
<下に続く>

岡山の初日の出スポット:牛窓オリーブ園【日本のエーゲ海を一望】

“日本の夕焼け100選”にも選ばれている、夕焼けの美しさで有名な「牛窓オリーブ園」も高知のおすすめ初日の出スポットになります。
牛窓オリーブ園は、オリーブの成木2000本を栽培する日本最大規模のオリーブ園です。

瀬戸内市の特産品であるオリーブを栽培しているとともに、牛窓オリーブ園山頂広場からの眺望は“日本のエーゲ海”とも呼ばれています。
元旦は6時30分頃に開園し、初日の出を見に来た人たちを受け入れています。

オリーブ香るポタージュスープが振る舞われ、訪れた人たちの冷えた身体を温めます。
“日本のエーゲ海”を眺めながら昇ってくる初日の出は、神秘的で力強さも感じられるでしょう。

また山頂広場まで行かなくとも、展望台から眺める朝日も美しいですよ。

牛窓オリーブ園
駐車場 普通車85台
バス7台
日の出時刻 -
例年の人出 -
牛窓オリーブ園
<下に続く>

岡山の初日の出スポット:竜天天文台【瀬戸内海を見渡す】

40cmの反射望遠鏡などが備わった「竜天天文台」は、元旦になると初日の出を迎える催しが開催されます。
竜天天文台には、視聴覚室や40cm反射望遠鏡などのある天文台のほか、キャンプ場などもあります。

標高470mの地点にある野外観測所場からは、瀬戸内海から山々まで見渡すことが可能です。
竜天天文台へは観望料として大人200円・子供100円が必要になります。

新年元旦にある「初日の出を迎える会」では、この野外観測場から初日の出を見ることが出来ます。
竜天天文台へのアクセスは、通常であればJR・バスで行くことが可能です。

ただし、正月の特別運行や運休などがないか、の確認は欠かせないのでご注意くださいね。
車でお越し予定の方も駐車場情報のチェックは大切です。

竜天天文台
駐車場 普通車10台
バス(要相談)
日の出時刻 7時12分頃
例年の人出 -
竜天天文台
<下に続く>

岡山の初日の出スポット:大芦高原【初日の出まつりが開催】

大芦高原温泉“雲海”やキャンプ場で有名な「大芦高原」では、元旦に“初日の出まつり”を開催しています。
大芦高原の高台で初日の出を見るこの祭りでは、コーヒーや甘酒、豚汁などの冷えた身体を暖めるものなどが販売されます。

初日の出まつりは大芦高原キャンプ場にて行われます。
朝5時30分にテント村が開園し人が集まります。

日の出を迎えた後に、7時頃に祝砲が上がり新年を祝う催しです。
大芦高原キャンプ場屁のアクセスには車が必須です。

ただし、大芦高原キャンプ場にある無料駐車場は40台分です。
知り合い同士で乗り合わせたり、タクシーを呼ぶなどして訪れるのもおすすめになります。

初日の出を迎えた後、大芦の温泉で身体を温めるのもおすすめですよ。

大芦高原
駐車場 40台(無料)
日の出時刻 -
例年の人出 -
大芦高原
<下に続く>

岡山の初日の出スポット:雲海の里長丸【美しい雲海とともに】

標高300mの高台の集落「長丸」も、岡山でおすすめの初日の出スポットになります。
「長丸」の集落は“雲海の里”として知られ、毎年時期になると美しい雲海を見ることが出来ます。

毎年1月には“雲海まつり”が開催されています。
初日の出も雲海の上に昇る幻想的な朝日を見ることが、気象条件によっては可能です。

真っ白な雲海が朝日のオレンジに染まる光景は、この世と思えない幻想的な雰囲気です。
“雲海と大山の見える丘”「雲海の里長丸」は、岡山でおすすめの初日の出スポットになります。

おすすめ初日の出スポットの中でも穴場的スポットです。
アクセスは車のみ、駐車スペースも少ない(20台)穴場スポット「雲海の里長丸」はおすすめになります。

雲海の里長丸
駐車場 20台(長丸ふれあいセンター)
日の出時刻 -
例年の人出 -
雲海の里長丸
<下に続く>

岡山の初日の出スポット:虫明地区【日本の朝日百選】

“日本の朝日百選”に認定された「虫明地区」から見る初日の出はおすすめになります。
「虫明地区」の朝日は“あけぼのの里”とされ、立春から201日目の9月1日前後がもっとも美しい、と言われています。

日本の朝日百選にも選ばれる虫明地区の初日の出も、とても美しいものです。
虫明漁港東方の海から昇る初日の出は神々しさがあります。

虫明漁港ではカキ養殖が盛んで、海には無数のカキいかだが浮かんでいます。
朝日に照らされたカキいかだとその影が、初日の出により一層の神秘さを醸し出します。

アクセス方法は、早朝のため車以外の選択肢はありません。
初日の出に間に合う公共交通機関の運行はなく車で訪れるしかないので、ご注意くださいね。

虫明地区
駐車場 公共の駐車場はなし
日の出時刻 7時10分頃
例年の人出 -
虫明地区
<下に続く>

岡山の初日の出スポット:秋葉山【低山ながら絶景が楽しめる】

標高247.4mの「秋葉山」は、登山の山として親しまれている低山です。
低山ながら山頂からの眺望は美しいので、人気の山となっています。

山頂からは備中平野を緩やかに流れる高梁川・瀬戸内海を見渡すことが出来ます。
空気が澄んだ日には、四国の山々も見ることが出来るでしょう。

初日の出を迎えるスポットとしても、その眺望はおすすめになります。
低山なので登山へのアプローチもしやすくおすすめです。

岡山百名山のひとつでもあり、日頃から多くの登山客が訪れ、山頂からのその眺望を楽しんでいます。
また、山頂には洋鐘(ベル)が設置されており、ファミリーやカップルが登頂記念に鳴らしています。

アクセスには車で麓まで来て、徒歩で山頂まで登っていくコースになります。
山頂までは30~60分あればたどり着けるでしょう。

秋葉山
駐車場 なし
日の出時刻 7時12分頃
例年の人出 300人
秋葉山
<下に続く>

岡山の初日の出スポット:岡山いこいの村 【日本の朝日百選・虫明に立つ】

“日本の朝日百選”に選ばれる虫明地区にある宿泊施設「岡山いこいの村」も、岡山でおすすめの初日の出スポットになります。
岡山いこいの村といえば、“日本のエーゲ海”と称される瀬戸内の海が一望できる虫明漁港を眼下に望む絶景です。

宿泊してそのまま日の出を迎えることも可能で、岡山の初日の出スポットとしておすすめになります。
県内屈指の初日の出スポット“虫明地区”に建つ「岡山いこいの村」は、岡山で新年を迎える観光客にもおすすめです。

<虫明の迫門の曙見る折ぞ都のことも忘れにけり>と平忠盛も詠う、絶景の朝日を望むことが出来ます。
ちょっと出て歩いたところにある広場から見ると、より一層美しい初日の出を見ることが出来るでしょう。

岡山いこいの村
駐車場 40台(無料)
日の出時刻 7時10分頃
例年の人出 -
岡山いこいの村
<下に続く>

岡山の初日の出スポット:神道山【福福だいこん】

「神道山」は、春には桜のピンクが、梅雨にはツツジ・サツキが咲き誇り、秋には紅葉が楽しめる、自然豊かなスポットです。
神道十三派の一つである黒住教の本部がある今村宮が建つ山になります。

三が日には毎年4万5千人を越える参拝客が訪れ、新年のお祝い・祈願を行います。
今村宮のある神道山では、初日の出を迎える催しも行われます。

午前零時からは神道山・大教殿にて“歳旦祭”が厳かな雰囲気のなか始まります。
日の出時刻の15分前からは日拝所にて“元旦日拝式”が始まり、初日の出を迎え拝む神事が行われます。

終了後には神道山名物“福福だいこん”が参拝客に振る舞われます。
神社があるので駐車場は広くありますが、込み合うことを予想することが大切です。

神道山
駐車場 普通車300台
バス150台
日の出時刻 -
例年の人出 -
神道山
<下に続く>

岡山の初日の出スポット:津山城跡【日本さくら名所100選】

“日本さくら名所100選”に選ばれている桜の名所「津山城跡」は、初日の出スポットとしてもおすすめです。
現「鶴山公園」として整備された津山城跡から見る初日の出は、高さ45mの石垣がそびえる城跡から望めます。

甘酒が振る舞われたり、正月遊びコーナーとして企画も開催されるので子供も楽しめるスポットです。
ぜんざいや牛そずり鍋などの販売も行われ、冷えた身体を温める食べ物も食べることが出来ます。

津山城跡の敷地内に入るには開門を待つ必要があり、新年初開門は6時ですのでご注意ください。
また、入園料として大人300円が必要になるので、準備しておきましょう。

津山城跡は、毎年春4月1日~15日に行われる津山さくらまつりも人気でおすすめです。

津山城跡
駐車場 あり
日の出時刻 7時12分頃
例年の人出 -
津山城跡
<下に続く>

岡山で新年を迎えるおすすめの初日の出スポットを紹介

新たな年の幕開けと希望を感じさせる「初日の出」のおすすめスポットの紹介をしていきました。
今回は【岡山県】のおすすめ初日の出スポットです。

全国的にも有名なスポットから穴場スポットまで、幅広い場所・スポットをまとめました。
美しく神秘的な初日の出は、新年が良い一年となる、そんな予感を持たせてくれるでしょう。

るるぶ岡山 倉敷 蒜山'20 (るるぶ情報版地域)
1078円

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line