どこいく|国内・海外旅行のおすすめ情報メディア
2019/02/11

イギリスで人気のおすすめブランド20選!安く買える?【メンズ/バック】

紳士の国で有名なイギリス。日本と同じ島国であるイギリスが生み出したのは蒸気機関車だけではなく、ファッション業界においてもイギリス発祥のブランドが多数あるのです。
今回は、おすすめのイギリスブランドを20個取り上げてみました!
メンズ用、レディース用で分けているので男女ともに読んでいただける内容となっております。

Large luigi manga 457597 unsplash

有名ブランドがたくさんあるイギリスってどんな国?

イギリスの文化と歴史の魅力

イギリスという国について、簡単に紹介していきます。
国についてわかれば、よりブランドに対する愛着も湧きますね。

イギリスとは

イギリス旅行費用 アイキャッチ

普段わたしたちはイギリスと呼んでおりますが、正式名称は英語では「United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland」、日本語では「グレート・ブリテン及び北部アイルランド連合王国」と呼ぶ場合と「グレート・ブリテン及び北アイルランド連合王国」があります。
法文での呼び名と条約などでの呼び方が違うのです。

島国として成り立つイギリスは、グレートブリテン島のイングランド、ウェールズ、スコットランドそして北アイルランドで構成されています。
それぞれの地域には首都を持っていて、それぞれロンドン、エディンバラ、カーディフ、ベルファストで、中でもロンドンがイギリスとしての首都の役割を担っています。

イギリス紳士の文化はどこから?

イギリス マナー

イギリスと言えばジェントルマン=紳士のイメージがありますが、それはどこからやってきたのでしょうか?

もともとのジェントルマンとは、教養があって礼儀正しくて、社会に仕えて社会的弱者を助ける人です。
この社会的弱者が女性になり、いわゆるレディーファーストという言葉も生まれるくらいになったのです。

現在のイギリスではステレオタイプの黒いハットをかぶってステッキを持つというイギリス紳士は少なくなりましたが、レディーファーストのイギリス人の割合はとても多いです。
今やイギリス紳士とは見た目ではなく、内面で決まるともいえます。

イギリスへの行き方

イギリス旅行費用 ベストシーズン

イギリスへの行き方はやはり飛行機が主流となっています。
直行便も数多くあり、国内からはブリティッシュエアウェイズ、ANA(全日空)、JAL(日本航空)の3種類から選べます。
日本からの直行便だと約12時間でヒースロー空港(ロンドン)へアクセスできます。
運賃は時期にもよりますが、約10万円~約15万円程度でいけます。
乗継便を使えばより安く行けますが、その分時間がかかるのが難点です。

パックツアーなどで行けば、直行便に格安に乗れるプランもあるのでいろいろな旅行会社のプランを確認してみましょう。

<下に続く>

ハイブランドやカジュアルも!イギリスのおすすめブランド5選!【メンズ】

イギリスについて少しわかったところでイギリスのおすすめのブランドを紹介していきます。
カジュアルなものから、ハイブランドまであるのでお好みのテイストや、予算から参考にしてください!

おすすめのブランド①:dunhill (ダンヒル)

dunhillはイギリスを代表する高級ブティックで、アルフレッド・ダンヒルによって1893念に創業しました。
創業時は自動車旅行用品を売っていましたが、現在ではスーツなどの衣類や、バッグなどの小物類やアクセサリーなどのメンズ向けファッションアイテムを中心に販売しております。
しばしばビジネスシーンで見かける方も多いのではないのでしょうか?
現在はサッカー日本代表の公式サプライヤーもしています。

ロンドンにあるBordon House (ボードン・ハウス)がdunhillの本店になります。
ぜひ、本店ならではのおもてなしを体感してみましょう。
機能的でエレガントなデザイン上質のレザー製品やエンジンターン柄などを展開するdunhillはわたしたちを魅了してやみません。

dunhill
住所:Bourdon House, 2 Davies St, Mayfair, London W1K 3DJ イギリス
電話番号:+44 20 3425 7300
営業時間:10:00 ~ 19:00
定休日: 水曜日
URL:dunhill

おすすめのブランド②:Paul Smith (ポール スミス)

Paul Smithもまた、イギリスを代表するブランドです。
デザイナーで創業者でもあるSir Paul Smithは、「ひねりのあるクラッシック」をデザインのテーマにしていて、彼は伝統的でありながらもどこか遊び心がある、そんなデザインをしてイギリスの紳士服のイメージを一新してきました。
ブランドのシンボルともなっている鮮やかなストライプ柄や写真などのプリント技術を応用してメンズウェアに取り入れたパイオニアでもあるのです。

時代の先陣を切るPaul Smithの世界観にどっぷりとつかってみてはどうでしょうか?

Paul Smith
住所:9 Albemarle St, Mayfair, London W1S 4HH イギリス
電話番号:+44 20 7493 4565
営業時間:10:00 ~ 18:00 (月~水)
     10:00 ~ 19:00 (木~土)
     12:00 ~ 18:00 (日)
定休日:なし
URL:Paul Smith

おすすめのブランド③:FRED PERRY (フレッド ペリー)

一度目にしたことはありませんか?月桂樹のロゴのポロシャツを。
それこそがFRED PERRYです、こちらもまたイギリスを代表するブランドです。
イングランド出身の通称「テニスの神様」であるFred Perryによって1952年に立ち上げられました。

ブランド創設当初はテニスウェアをメインに販売しておりましたが、次第にモッズと呼ばれる若者に好んで着られたことを皮切りに、現在ではスポーツテイストのあるファッションブランドとしての地位を築いています。
FRED PERRY
住所:9 Henrietta St, London WC2E 8PW イギリス
電話番号:+44 20 7836 3215
営業時間:10:00 ~ 19:00 (月~土)
     11:00 ~ 17:00 (日曜日のみ)
定休日:なし
URL:FRED PERRY

おすすめのブランド④:TOPMAN (トップ マン)

今まで挙げてきたブランドがハイブランド気味なのでここで低価格のブランドを紹介いたします。
TOPMANは世界20か国以上で展開するファストファッションのブランドです。
日本でも展開しておりましたが2015年に撤退してしまいました。
レディースのTOPSHOPのメンズ版と聞くとイメージがつきやすいかもしれません。

低価格かつファッション性の高い服が豊富に販売されているので、世界中にファンの多いブランドとなっております。
また現在では日本での展開がないので、人と被らない洋服を探している人にはうってつけのブランドとなります。

TOPMAN
住所:214 Oxford St, London W1C 1DA イギリス
電話番号:+44 844 848 7487
営業時間:09:30 ~ 21:00 (月・火)
     09:30 ~ 22:00 (水~金)
     09:00 ~ 21:00 (土曜日)
     11:30 ~ 18:00 (日曜日)
定休日:なし
URL:TOPMAN

おすすめのブランド⑤:Mackintosh (マッキントッシュ)

雨の降る日が晴れの日よりも多い国では、その国ならではの工夫が先人によってなされてきました。
それがレインコートです。

1823年にCharles Rennie Mackintoshによって発明された2枚の生地の間に溶かした天然ゴムを塗り、圧着し熱を加えた防水布がイギリス全土に衝撃を与えました。
それまでに雨を防ぐ方法が限られていたので、瞬く間にMackintoshのゴム引きコートが広まっていきました。
今でもイギリスではレインコート=Mackintoshとして知られており、その功績は計り知れません。

現在のコレクションでもゴム引きコートは重要な位置を占めており、時代に応じた変化を遂げています。
Mackintosh
住所:19 Conduit St, Mayfair, London W1S 2BH イギリス
電話番号:+44 20 7493 4667
営業時間:10:00 ~ 18:00 (月~土)
     12:00 ~ 17:00 (日曜日)
定休日:なし
URL:19 Conduit St, Mayfair, London W1S 2BH イギリス

<下に続く>

花柄にタータンチェック!イギリスのおすすめブランド5選!【レディース】

イギリスの有名ブランドはメンズだけのものではありません。
レディース用にも多数ブランドがあります。
それでは、レディースのおすすめブランドをご覧ください。

おすすめのブランド①:Cath Kidston (キャス キッドソン)

Cath Kidstonは、イギリスのデザイナーCatherine Isabel Audrey Kidstonの名前を冠したブランドです。
特徴としては、イギリスを象徴するクラシックなデザインをモダンでポップな感覚と融合させた製品が数多くあり、特に小花やバラ、野イチゴをモチーフにしたインテリアや雑貨は幅広い年齢層の女性から支持を得ています。

日本でも数多くのお店でその商品を手にすることができますが、本国の品ぞろえはそれ以上にあるので、ぜひとも本国のイギリスでのラインナップの数々を見ていただきたいです!

Cath Kidston
住所:French Railways House, 178-180 Piccadilly, St. James's, London W1J 9ER イギリス
電話番号:+44 20 7499 9895
営業時間:10:00 ~ 20:00 (月~土)
     12:00 ~ 18:00 (日曜日)
定休日:なし
URL:Cath Kidston

おすすめのブランド②:Burberry (バーバリー)

Burberryと言えばチェック!というイメージの方も多いことでしょう。
加えてコートも、人生で一度は手にしてみたいブランドとしてとても人気があります。

キャメル地に黒・白・赤で構成されたバーバリーのチェックは細くて清楚な色合いが特徴で、「ヘイマーケットチェック」または「バーバリークラシックチェック」として知られています。
この色のマフラーやブランケットを持っている人も多いのではないでしょうか?

Burberry
住所:121 Regent St, Mayfair, London W1B 4TB イギリス
電話番号:+44 20 7806 8904
営業時間:10:00 ~ 20:00 (月~土)
     11:30 ~ 18:00 (日曜日)
定休日:なし
URL:Burberry

おすすめのブランド③:Primark (プライマーク/プリマーク)

洋服が大好きな女性にとって夢のようなブランドを紹介します。
Primarkは低価格でありながらファッショナブルなまさにファストファッションを代表するブランドです。
さらに、他のファストファッションで見られがちな耐久性がないものではなくしっかりとした生地が特徴です。

リリースのスパンがとても短いので、行くたびに新着の洋服と出会うことができます。そしてイギリス全土にも当然ショップがあり、店舗ごとに置いている商品は若干違えども、好みの洋服と出会うこと間違いなしです!

Primark
住所:14-28 Oxford St, Fitzrovia, London W1D 1AU イギリス
電話番号:+44 20 7580 5510
営業時間:08:00 ~ 22:00 (月~土)
     12:00 ~ 20:00 (日曜日)
定休日:なし
URL:Primark

おすすめのブランド④:TOP SHOP (トップ ショップ)

TOPSHOPは、メンズブランドで紹介したTOPMANのレディースラインになります。
こちらもファストファッションのブランドになります。
しばしばH&MやZARAと比較されることが多いですが、TOPSHOPはややストリート色が強いのが特徴的です。
また、2010年にはメイクラインを始めるなど洋服だけにとどまらず進化をし続けているのも気になるところです。

こちらも日本ではお目にかかれなくなってしまったブランドなので、イギリスへ行く際には、買い物リストに入れましょう!

TOP SHOP
住所:MSU1, 1 New Change, London EC2V 6AH イギリス
電話番号:+44 20 7248 0180
営業時間:09:00 ~ 20:00 (月~金)
     10:00 ~ 19:00 (土曜日)
     12:00 ~ 18:00 (日曜日)
定休日:なし
URL:TOPSHOP

おすすめのブランド⑤:Inverallan (インバーアラン)

近年日本でも人気になりつつあるInverallanは職人の手編みによって作られるなんとも温かみのあるアランニットのブランドとなっております。
アランニットはスコットランドで長らく使用されてきた漁師のためのニットです。
独特の網目は漁師が使っていたロープがモチーフになったと言われています。

1着にかかる金額は高いですが、ハンドメイドであることと1枚着るだけでぬくぬくなのはポイント高いです!
ちなみに直営店はなく、インターネットでの販売のみとなっております。
Inverallanを取り扱っている代表的な店舗を住所に載せました。

End. (エンド クロッシング)
住所:59 Broadwick St, Soho, London W1F 9QS イギリス
電話番号:+44 20 7287 3676
営業時間:10:00 ~ 20:00 (月~土)
     11:30 ~ 18:00 (日曜日)
定休日:なし
URL:Inverallan

<下に続く>

小物もおしゃれに!イギリスのおすすめブランド5選!【バッグ/財布】

お買い物に行くとどうしても洋服だけでなく、小物も欲しくなりますね。
ここではバッグと財布にフォーカスを当てて紹介していきます。

おすすめのブランド①:Vivienne Westwood (ヴィヴィアン ウェストウッド)

Vivienne Westwoodは王冠と地球をイメージしたオーブのロゴでおなじみのブランド
斬新なデザインのファッションブランドとして有名です。

日本でもその人気は絶大で、Vivienne Westwoodの財布を持っている方も多いのではないでしょうか?
日本では特に財布のブランドとして有名ですが、バッグも奇抜なデザインから、シンプルなデザインまであり、それぞれの好みに合わせて選べるのもいいですね。

Vivienne Westwood
住所:44 Conduit St, Mayfair, London W1S 2YL イギリス
電話番号:+44 20 7439 1109
営業時間:10:00 ~ 18:00 (平日、土)
     10:00 ~ 19:00 (木曜日)
     12:00 ~ 17:00 (日曜日)
定休日:なし
URL:Vivienne Westwood

おすすめのブランド②:Anya Hindmarch (アニヤ ハインドマーチ)

1993念に創立したAnya Hindmarchは、数多くあるイギリスのブランドの中では比較的新しいブランドとなっております。
主に取り扱っているのはバッグなどの革製品で、ポップな色遣いが特徴です。

今シーズンはバッグに目玉をあしらったデザインをリリースしており、ますますブランドが提唱するポップさに磨きがかかっています。
その中でも「Be A Bag」が人気で、顧客が持ち込んだ写真や絵をバッグに転写するという画期的なサービスなのです。
自分だけのバッグって、それだけで旅の思い出になりますし、見るだけでイギリスの風景も思い出せそうですね。

Anya Hindmarch
住所:118 New Bond St, Mayfair, London W1S 1EW イギリス
電話番号:+44 20 7493 1628
営業時間:10:00 ~ 18:30 (平日、土)
     10:00 ~ 19:00 (木曜日)
     12:00 ~ 17:00 (日曜日)
定休日:なし
URL:Anya Hindmarch

おすすめのブランド③:GLOBE TROTTER (グローブ トロッター)

このレトロなスーツケースを見たことがある方、すごく多いのではないでしょうか?
カラーリングが豊富でどんな時代にでもマッチするこのレトロなトランクケースにあこがれる人も多いことでしょう。

このブランドの特徴はなんといっても、100年以上変わらず一貫してハンドメイドにこだわり続けています。
ハンドメイドの製品はより一層愛着がわきます。
移動の際にできた傷や、経年変化による革の変化も持ち主とともに時を刻んでいるのです。

GLOBE TROTTER
住所:35 Albemarle St, Mayfair, London W1S 4JD イギリス
電話番号:+44 20 7529 5950
営業時間:10:00 ~ 18:00 (平日、土)
     10:00 ~ 19:00 (木曜日)
定休日:日曜日
URL:GLOBE TROTTER

おすすめのブランド④:Brady (ブレイディ)

このぽってりした形のバッグ、とてもかわいいですよね。
こちらはBradyのバッグで、もともとはフィッシャーマンズバッグとして使われていました。
Bradyは1887年発祥の老舗ブランドです。

漁師さんたちがとった魚を入れるためのバッグとして使われるくらいなので、耐久性は抜群です。
もちろん防水性にも優れています。
使い込むごとになじんでくる天然皮革もたまりません。

Bradyには直営店舗がないので、ロンドンの取扱店舗の住所を載せました。

The Place London(ザ プレイス ロンドン)
住所:27 Connaught St, London W2 2AY
電話番号:020 7262 5616
営業時間:10:30 ~ 19:00
定休日:日曜日
URL:Brady

おすすめのブランド⑤:Alexander McQueen (アレクサンダー マックイーン)

天才デザイナーのAlexander McQueenによって立ち上げられたブランドです。
またこのブランドは、Lady GagaやRihannaなど独特のファッションスタイルを貫くアーティストから支持されるほどの人気を博しています。

そんな日本でも人気が高いAlexander McQueenですが、バッグももちろん魅力的です。
ラグジュアリーな魅力がふんだんに詰まったAlexander Mcqueenのバッグをぜひ手に取ってみてください。
そうすればこの魅力があなたにも伝わるでしょう。

Alexander McQueen
住所:27 Old Bond St, Mayfair, London W1S 4PD
電話番号:020 7355 0088
営業時間:10:00 ~ 18:30 (平日、土)
     10:00 ~ 19:00 (木曜日)
     12:00 ~ 18:00 (日曜日)
定休日:なし
URL:Alexander McQueen

<下に続く>

日本未発売も!イギリスのおすすめブランド5選!【コスメ】

おすすめのブランド①:Rimmel London (リンメル ロンドン)

約180年続く世界最古のコスメブランドの一つとして地位を占めるこのブランドは、Eugene Rimmel(ユージン・リンメル)によって立ち上がりました。
1834年にロンドンにて創業し、彼はさまざまな新製品を開発しました。

トレンドを生み出す力に優れていたRimmelは、若々しさ、色彩、エネルギー、過去の偉大な業績すべてを融合し、ストリート風のイメージを打ち出してロンドンのコスメブランドの代名詞となりました。
そのブランドイメージは「Get the London Look」に集約されています。

直営店がなかったので、ロンドンを代表するドラッグストアの住所を入れました。

Rimmel London
住所:Unit C9-C11 381 Oxford Street West one centre West one Centre Shopping Centre, Mayfair, London W1C 2JS イギリス
電話番号:+44 20 7629 7314
営業時間:07:00 ~ 22:00 (平日)
     08:00 ~ 22:00 (土曜日)
     11:00 ~ 19:00 (日曜日)
定休日:なし
URL:Rimmel London

おすすめのブランド②:Burberry Beauty (バーバリー ビューティー)

Burberry Beautyは先ほど紹介したラグジュアリーブランドのBurberryのコスメブランドとして誕生しました。
日本でも人気でしたが、2017年12月31日をもって国内での販売が終了してしまいました。
それでも、海外では依然としてBurberry Beautyのコスメが買えるので、この際イギリスで買いましょう!

このブランドの魅力ポイントを挙げるとパッケージの高級感、洗礼さ、仕上がりがきれい!の3つがあります。
バーバリーチェックの入ったコスメがポーチに入っていれば、テンションが上がりますね。

Burberry Beauty Covent Garden
住所:BURBERRY BEAUTY BOX
2A THE MARKET BUILDING
COVENT GARDEN
LODNON WC2E 8RF

電話番号:+44 20 3618 3982
営業時間:10:00 ~ 20:00 (月~土)
     12:00 ~ 18:00 (日曜日)
定休日:なし
URL:Burberry Beauty

おすすめのブランド③:Butter London (バター ロンドン)

Butter Londonは2005年に誕生した新鋭のコスメブランドです。
特にネイル用品が有名で、色、品質、性能を犠牲にしないでさらに毒素も含まないネイル用品と販売することから人気に火がつきました。
この哲学は、他の部分のメイクアップ用品にも受け継がれており、顔や唇、そして目のためのメイクアップにも同じことが言えます。

日本でも購入することはできますが、同じ買うならお膝元のイギリスで買うのが一番です。
直営店はないので、販売店のM&S(マーク アンド スペンサー)の住所を記載しております。

M&S London Victoria Cardinal Place
住所:Cardinal Place, Victoria St, Victoria, London SW1E 5JE イギリス
電話番号:+44 20 7828 5190
営業時間:08:00 ~ 21:00 (平日)
     09:00 ~ 21:00 (土曜日)
     11:00 ~ 17:00 (日曜日)
定休日:なし
URL:Butter London

おすすめのブランド④:Charlotte Tilbury (シャーロット ティルベリー)

Charlotte Tilburyは2013年に立ち上げられたロンドン出身のメイクアップアーティストのCharlotte Tilburyのブランドです。
近年、メイクアップアーティストがブランドを立ち上げている傾向がありますが、このブランドも例外ではありません。

Vogueなどの有名雑誌やスーパーモデルたちのメイクを担当するなど、業界では知らない人はいないと言われるくらいすごいメイクアップアーティストです。
そんな彼女が提唱するコスメはありそうでなかった!を手に入れられること。
例えばMagic Creamはお肌が蘇るという理由から大人気のコスメです。
ほかにも彼女のメイクアップアーティストとしての経験がうかがえる製品がたくさんあります。
Charlotte Tilbury Covent Garden
住所:11 JAMES STREET
COVENT GARDEN
LONDON
WC2E 8BT

電話番号:+44 20 3846 9469
営業時間:10:00 ~ 21:00 (月~土)
     10:30 ~ 18:00 (日曜日)
定休日:なし
URL:Charlotte Tilbury

おすすめのブランド⑤:LUSH Cosmetics (ラッシュ コスメティックス)

LUSH Cosmeticsは、日本でも人気のボディショップのLUSHのメイクアップブランドです。
新鮮で環境にやさしい素材を使い、ハンドメイドで作り上げるLUSHの美学をそのまま化粧品にも適用しましたので、当然肌に優しいつくりとなっています。

日本でも人気でさまざまな製品が買えますが、やはりお膝元ならではの商品ラインナップも気になるところ。
イギリスでも行ってみて日本のものとの違いを確かめてみるのも面白いかもしれませんね。
LUSH Cosmetics
住所:175-179 Oxford St, Soho, London W1D 2JS イギリス
電話番号:+44 20 7789 0001
営業時間:10:00 ~ 21:00 (月~土)
     11:30 ~ 18:00 (日曜日)
定休日:なし
URL:LUSH Cosmetics

<下に続く>

安くブランドを買おう!イギリスのおすすめアウトレット3選!

やっぱりブランド物を買うなら安く手に入れたい!と考える人も多いのではないでしょうか?
今日本ではアウトレットモールで買い物することが定番化されましたが、それをイギリスでも実践してみましょう!

では、イギリスのアウトレットスポットをみていきましょう。
イギリスには、以下のアウトレットスポットがあります。

  1. BICESTER VILLAGE (ビスタービレッジ/バイチェスタービレッジ)
  2. London Designer Outlet (ロンドン デザイナー アウトレット)
  3. York Designer Outlet (ヨーク デザイナー アウトレット)

続いて、イギリスのアウトレットスポットを、それぞれ詳しくみていきます。

BICESTER VILLAGE (ビスタービレッジ/バイチェスタービレッジ)

Bicester Villageはオックスフォード近郊にあるアウトレットモールで、ロンドンからも日帰りでアクセスできる位置にあります。(ロンドンから電車で約50分)
ここではイギリス発祥のブランド(BurberryやAnya Hindmarchなど)はもちろんのこと、海外ブランドも含めて120店舗以上も集まっているので一日中ショッピングを楽しむことができます。

商品はすべて定価の30~50%以下で購入できるため、ついついたくさん買いすぎるってことも予想できます。
しかし免税対応もしてもらえるので、気軽にお買い物ができますね。

BICESTER VILLAGE
住所:Bicester OX26 2AE
電話番号:+44 1869 366266
営業時間:09:00 ~ 19:00 (平日)
     09:00 ~ 20:00 (土曜日)
     10:00 ~ 19:00 (日曜日)
定休日:なし
URL:Bicester Village

London Designer Outlet (ロンドン デザイナー アウトレット)

London Designers Outletはロンドン市内にあるアウトレットです。
サッカーの聖地でもあるウェンブリースタジアムからすぐ隣の位置にあります。
先ほどのアウトレットモールよりランドンからのアクセス面は抜群です。

店舗数やイギリス発祥のブランドの数は少なくても(Dr. MartensやSuperdry
極度乾燥(しなさい))、NIKEやThe North Face
と有名どころは抑えていて、アウトレット価格での買い物ができるのでサクッと買い物したい人はこちらが向いているのではないでしょうか?
だいたい1時間半くらいあれば全部見て回れる大きさとなっております。

London Designer Outlet
住所:Wembley Park Blvd, Wembley HA9 0RX イギリス
電話番号:+44 20 8912 5210
営業時間:10:00 ~ 20:00 (月~土)
     10:00 ~ 19:00 (日曜日)
定休日:なし
URL:London Designer Outlet

Glouster Quays Outlet(グロスター キーズ アウトレット)

ここまでずっとロンドンにフォーカスを当ててきましたが、少し方向性を変えてみましょう。
イギリス第2位の人口を持つバーミンガム(ロンドンから電車で約1時間半)近郊にあるGlouster Quays Outletもまた多様性が際立つアウトレットモールです(バーミンガムから電車とばすで約1時間)。
ここでは毎日最大70%の割引率を受けられるサービスや、さまざまなイベントが催されているので、ショッピングだけでなくイギリスの日常生活も垣間見れます。
また、イギリスで人気の日本料理店のWagamamaも出店しているので、イギリスで考えられている日本料理を楽しんでみるのもいいですね。

Manchester Designer Outlet
住所:St Ann Way, Gloucester GL1 5SH イギリス
電話番号:+44 1452 338933
営業時間:10:00 ~ 20:00 (平日)
     10:00 ~ 19:00 (土曜日)
     10:00 ~ 17:00 (日曜日)
定休日:なし
URL:Gloucester Quays

<下に続く>

現地で買うとイギリスのブランドは安いの?

イギリス ポンド

国が違えば当然物価も異なります。
日本とイギリス間ではどうなるのでしょうか?
イギリスの物価でも特にロンドンは、世界一高く、天井知らずです。
現在の為替レート(2/7現在)は1£(ポンド)=142.43円です。

この物価が今後のイギリスのEU離脱でどれだけ変化するかということも見逃せません。
あくまで現時点の状況ですので、為替レートは旅行前・旅行中ともに随時確認していきましょう。

ただ、イギリス発祥のブランドをイギリスで購入する分については、日本より割安で購入できることが多いです。
あらかじめしっかりとリサーチして目星を付けておきましょう!

<下に続く>

イギリスで人気のおすすめブランド20選! まとめ

イギリス観光

イギリスにはメンズ・レディースともにそれぞれの個性を主張するブランドが多数ありますね。
今回挙げたリストはほんのごく一部なので、まだまだたくさんいいブランドがイギリスにはあります。
FUDGEなどの雑誌のおしゃれスナップでよく撮影されるエリアがあるわけですから、当然おしゃれなブティックも多数存在します。
イギリスで買い物してより一層おしゃれになっちゃいましょう!

Thumb 45413339 296376170978438 8293943338793435136 n
written by

国内・海外旅行のおすすめ情報メディア「どこいく」の編集部です!
毎日参考になるおでかけ情報を発信しています!

関連記事
おすすめ記事
Dokoiku add line image
どこいくの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line